fc2ブログ
 

通常国会で憲法改正発議について代表質問!


令和5年度通常国会が始まりました。

1月25日衆議院において、日本維新の会の馬場代表及び、国民民主党の玉木代表が代表質問の中で憲法改正問題に言及、岸田総理の答弁がなされました。


馬場代表からは、国会における憲法改正発議と国民投票をいつやるのかという期限を切る発言がなされました。


岸田総理は答弁の中で、「憲法改正は先送りできない課題であり、こうした考えにいささかの変わりもありません」と述べました(詳細は下記)。憲法問題について先送りせず、これからの議論で具体的に示し、憲法改正発議と国民投票に道筋をつけることを、国民として注視して参りたいと存じます。


岸田首相、憲法改正「先送りできない」 衆参代表質問詳報

ひここ
令和5年度通常国会が始まりました。
1月25日衆議院において、日本維新の会の馬場代表及び、国民民主党の玉木代表が代表質問の中で憲法改正問題に言及、岸田総理の答弁がなされました。

馬場代表からは、国会における憲法改正発議と国民投票をいつやるのかという期限を切る発言がなされました。

岸田総理は答弁の中で、「憲法改正は先送りできない課題であり、こうした考えにいささかの変わりもありません」と述べました(詳細は下記)。憲法問題について先送りせず、これからの議論で具体的に示し、憲法改正発議と国民投票に道筋をつけることを、国民として注視して参りたいと存じます。


■1月25日衆議院本会議(インターネット中継より)

●日本維新の会 馬場伸幸代表
「国民投票をいつ実施するのか、ゴールを定め、国会発議に向けて意見集約を加速させるべき」

 衆議院憲法審査会は、昨年の通常国会において常会で過去最多16回の実質審議の場が持たれ、さきの臨時国会でも、ほぼ毎週の定例日に各党がテーブルにつきました。しかし、いつまでも漫然と意見の発表会をやっている猶予はありません。今国会では衆参両院の憲法審査会が足並みをそろえ、改憲項目を絞った上で、国民投票をいつ実施するのか、ゴールを定め、国会発議に向けて意見集約を加速させるべきだと考えますが、所見を伺います。
 総理は、来年9月末の総裁任期中の改憲実現を明言されていますが、国民投票実施には国会発議後60日から180日間必要であることを踏まえれば、遅くとも来年7月末までに国会発議をしなければなりません。それまでに国会発議を実現させると約束していただけますか。
 前国会の本院の憲法審査会では、緊急事態条項創設に関する各党見解の論点整理に入りました。
前国会の本院の憲法審査会では、緊急事態条項創設に関する各党見解の論点整理に入りました。今国会では少なくとも緊急事態条項創設の成案を得るべきではないでしょうか。自民党は具体的にどのように改憲論議をリードしていくお考えですか。総裁としての答弁を求めます。

●岸田首相答弁
「与野党の枠を超えてさらに積極的な議論が行われることを心から期待」

 憲法改正についてお尋ねがありましたが、私自身、総裁選挙等を通じて任期中に憲法改正を実現したいということを申し上げてまいりました。
 憲法改正は先送りできない課題であり、こうした考えにいささかの変わりもありません。
昨年の臨時国会では、衆議院の憲法審査会において、御指摘の緊急事態条項をめぐって各党の主張に関する論点整理が行われるなど、与野党の枠を超え、活発に御議論いただいたことを歓迎したいと思います。

 内閣総理大臣の立場からは、憲法改正についての議論の進め方、あるいは内容について直接申し上げることは控えなければならないと思いますが、憲法改正は最終的には国民の皆様による御判断が必要であり、そのための発議に向け今国会においても与野党の枠を超えてさらに積極的な議論が行われることを心から期待をいたします。

●国民民主党代表 玉木雄一郎代表
「緊急事態条項が、憲法改正に向けた最も現実的かつ最短のアプローチと考える。岸田総理の考えは?」

 国民民主党は昨年、緊急事態条項に関する包括的な憲法改正の条文案を各党に先駆けて取りまとめました。緊急事態においても制約してはならない権利を定めたり、国会機能を維持する規定を設けるなどバランスのとれた内容となっています。イデオロギー対立が起きにくい緊急事態条項、とりわけ議員任期の延長規定についての条文案で与野党の合意を得ることが、憲法改正に向けた最も現実的かつ最短のアプローチと考えますが、岸田総理の考えを伺います。

●岸田首相答弁
「御指摘のように緊急事態において、議員任期の延長を含め、国会の権能をいかに維持するかについては重要な論点」

 憲法改正についてお尋ねがありました。昨年の臨時国会では、衆議院の憲法審査会において御指摘の緊急事態事項緊急事態事項をめぐって各党の主張に関する論点整理が行われるなど、与野党の枠を超え、活発に議論をいただいたことを歓迎したいと思います。内閣総理大臣の立場からは、憲法改正についての議論の進め方、あるいは内容について直接申し上げることは控えなければならないと思いますが、御指摘のように緊急事態において、議員任期の延長を含め、国会の権能をいかに維持するかについては重要な論点であると考えております。憲法改正は最終的には国民の皆様による御判断が必要であり、そのための発議に向け、今国会においても与野党の枠を超えて、さらに積極的な議論御議論が行われることを心から期待をいたします。


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

来年5月には広島市で先進7カ国首脳会議
(G7サミット)の開催を
予定しており、
議長国としてロシアによる侵攻に対抗する
ウクライナを支援する姿勢
を明確にする狙
いもある


自衛隊法第116条の3は、防衛装備品を
他国に無償提供することを認めているが、

弾薬を含む武器は対象外としている。

改正案では殺傷能力のある防衛装備も提供
可能
とし、防衛装備移転三原則の運用指針
を書き換えることも検討する。



ウクライナ念頭、殺傷装備提供へ法整備
 通常国会に自衛隊法改正案

首相官邸の建物=東京都千代田区(斎藤良雄撮影)
首相官邸の建物=東京都千代田区(斎藤良雄撮影)

政府がウクライナなど武力侵攻を受ける国に対し、殺傷能力がある防衛装備の無償
提供を可能とする法整備を行う方向で検討に入ったことが28日、分かった。

来年1月召集の通常国会に自衛隊法改正案を提出する方針。複数の政府関係者が明
らかにした。来年5月には広島市で先進7カ国首脳会議(G7サミット)の開催を
予定しており、議長国としてロシアによる侵攻に対抗するウクライナを支援する姿勢
を明確にする狙いもある。

自衛隊法第116条の3は、防衛装備品を他国に無償提供することを認めているが、
弾薬を含む武器は対象外としている。改正案では殺傷能力のある防衛装備も提供可能
とし、防衛装備移転三原則の運用指針を書き換えることも検討する。

現在の指針ではウクライナを名指しして防衛装備の提供を認めているが、広く「国際
法違反の侵略を受けている国」に対する供与を可能とする案がある。

同法改正案が成立すれば、政府はウクライナ政府と協議の上で提供可能な防衛装備を
検討する方針だ。政府内には、米政府がウクライナに供与している地対空ミサイル
「パトリオット」の提供を検討するよう求める声もある。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : 自衛隊

「非常に安定的かつ活発な議論がなされた。憲法
改正の具体的な項目について議論を進めていくこと
が重要だ」。自民の新藤義孝元総務相は憲法審終了後、
記者団を前に今国会をこう振り返った。

また、維新の馬場伸幸代表は記者団に「改憲の賛
否を問う国民投票(を実施する)時期の目標につい
て話し合いを始めるべきだ」と主張した。

ロシアによるウクライナ侵攻などが続く中、自民
や維新、公明党、国民民主党など改憲勢力が重視し
たのが緊急事態条項に関する議論だった。


同一視されかねない。立民重鎮は憲法審がスムーズに

開催されている現状について、「正直、党内に反対論
はあるが、そういう方々は完全な護憲派だ。そこに乗
っていたら議論ができなくなる」と語った。憲法を
巡る野党第一党の苦悩は続きそうだ。

改憲スクラム堅持で一歩前進 立民は護憲派対応に苦慮









衆院憲法審査会が今国会最後の定例日となる8日に開かれ、憲法改正手続きに関する国民投票法などを巡り、参考人への意見聴取が行われた。

自民党や日本維新の会など改憲勢力はこの国会でもスクラムを堅持。緊急事態条項新設などの必要性を改めて共有し、改憲案作りへ一歩前進した。

一方、立憲民主党は本格的な日程闘争を回避したものの、改憲論議の進展には慎重な姿勢を崩さず、どっちつかずの対応が目立った。

「非常に安定的かつ活発な議論がなされた。憲法改正の具体的な項目について議論を進めていくことが重要だ」。自民の新藤義孝元総務相は憲法審終了後、記者団を前に今国会をこう振り返った。

また、維新の馬場伸幸代表は記者団に「改憲の賛否を問う国民投票(を実施する)時期の目標について話し合いを始めるべきだ」と主張した。

ロシアによるウクライナ侵攻などが続く中、自民や維新、公明党、国民民主党など改憲勢力が重視したのが緊急事態条項に関する議論だった。

特に緊急時に限って国会議員の任期延長を可能とさせる憲法改正については、支持層に改憲慎重派を抱える公明も含めて前向きな論を展開。改憲の有力候補の一つであることを改めて印象付けた。

改憲案の取りまとめにむけてリーダーシップの発揮が期待される自民は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題など逆風に直面している。

自民重鎮は「うちが前面に出ると反発を食らう。阿吽(あうん)の呼吸で改憲論議は維新に引っ張ってもらい、自民は憲法集会などを通じて憲法改正への機運を醸成したい」と強調した。

中途半端な動きを見せたのは立民だ。政策実現で共闘する維新への配慮からあからさまな日程闘争は避けたが、改憲勢力が訴える憲法審の定例日開催に後ろ向きな構えを示す場面もあった。

立民の中川正春元文部科学相は8日の憲法審終了後、記者団を前に「落ち着いた議論が必要だと言い続けてきたが、議員任期延長に偏りすぎていた」と改憲勢力を牽制(けんせい)。党内や支持層に護憲派を抱える〝事情〟が透けて見える。

ただ、過度に足並みを乱せば護憲を掲げる共産党と同一視されかねない。立民重鎮は憲法審がスムーズに開催されている現状について、「正直、党内に反対論はあるが、そういう方々は完全な護憲派だ。そこに乗っていたら議論ができなくなる」と語った。憲法を巡る野党第一党の苦悩は続きそうだ。(太田泰、内藤慎二)



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■


立民と共産から改憲不要論 緊急事態条項めぐり衆院憲法審開催

配信

産経新聞


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
自民党や維新は、議員任期を延長しても、国会が壊滅的
な被害を受けて法案や予算案をさせる猶予がない場合、
内閣に法律に相当する緊急政令の制度や予算議決に当た
る緊急財産処分の権限を与える規定の創設を求めている。

国民民主も緊急政令を容認しているが、国会の事前承認
を基本とするなど制定を限定的にすべきだとの考えだ。

緊急事態条項、議論じわり加速 前向き4党の主張一致 憲法審査会

けんぽう
 衆院憲法審査会で緊急事態条項の創設を巡る議論が、じわりと加速している。前向きな自民、公明、日本維新の会、国民民主の4党の主張は一致する点が目立つ。立憲民主党は慎重で、共産党は反対しているが、公明は10日の自由討議で論点整理に入るよう求めた。どこがポイントになっているのかを探った。

 緊急事態条項とは、大規模自然災害などが発生した際、国会議員の任期を延長したり、内閣の権限を強化する「緊急政令」を制定したりする内容だ。公明の北側一雄氏は10日、「緊急事態条項の中でも、議員任期延長は多くの会派がほぼ共通の土俵に立っていると改めて痛感した」と述べ、衆院法制局に論点整理するよう求めた。そのうえで「もう具体的に(改憲)条項案のたたき台も念頭に置いた議論を進めたい」と踏み込んだ。

 自民は憲法9条への自衛隊明記や緊急事態条項など4項目の改憲条文イメージを掲げている。公明は9条改憲には否定的で、緊急事態条項に軸足を置いている。国会議員の任期は憲法45条と46条で、衆院4年、参院6年と定められている。自公を含めた4党は、緊急事態での国会議員の任期延長のため、憲法改正が必要との認識で一致している。延長するのは任期満了近くなどで「選挙の適正な実施が困難な場合」を想定している。

 では、緊急事態とはどのような状況を指すのか。①大規模自然災害②外部からの武力攻撃…



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

維新の矛先は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)
の問題を受け、憲法改正を訴える余裕がなくなった
と指摘される自民にも向かう。

馬場氏は先月27日の憲法審で、改憲実現への自民の
奮起を促す一方、「それでも進まないなら維新が突撃
隊となって改憲論議を引っ張っていく覚悟だ」と訴えた。

自民関係者は「うちが『結論を出そう』と呼びかけた
ら立民は蛸壺に入ってしまう。

自民が受け身で対応できるよう、維新にはもっと声を出
してほしい」と期待する。


維新が改憲論議リード 立民を牽制、共産を攻撃、自民を叱咤

衆院憲法審査会に臨む森英介会長=17日午前、国会内(矢島康弘撮影)
衆院憲法審査会に臨む森英介会長=17日午前、国会内(矢島康弘撮影)






















日本維新の会が今国会で改憲論議の「旗振り役」を務めている。憲法改正に慎重な立憲民主党に協力を呼びかける一方、改憲を「党是」と位置付ける自民党には主導権を発揮するべきだと発破をかける。自民と立民がともに党運営で弱みを抱える中、「第三極」の強みをいかし、来春の統一地方選や次期衆院選に向けて存在感を示す狙いもありそうだ。

「緊急事態条項の議論がかなり煮詰まってきている。憲法改正は必ずホットな話題になる」。維新の馬場伸幸代表は17日の衆院憲法審終了後の党会合で、改憲論議の進展に強い意欲を示した。

維新の存在感は先の通常国会に比べて高まっている。立民が憲法審をめぐり本格的な日程闘争を避けている理由の一つに、維新との政策実現を目的とした共闘関係を壊さないための配慮があるのは明らかだ。

一方、維新はそんな野党第一党の足元を見ている。支持層に護憲派も抱える立民は17日の憲法審で、改憲手続きに関する国民投票法改正の議論などを優先すべきだと主張した。維新幹部は「論点を拡散し、改憲テーマを絞り込ませないようにする魂胆が見え見えだ。しかし、改憲勢力のスクラムが崩れることはない。立民が背を向けるなら『さよなら』だ」と牽制(けんせい)する。

憲法審の開催にすら反対する共産党には容赦がない。馬場氏は先月27日の憲法審で、「維新が『憲法9条改憲の突撃隊』となっていることは明らか」とツイッターで発信した共産党の志位和夫委員長に反論。「SNS(交流サイト)といった土俵外でモノ申すのは止め、この場で堂々と意見表明されたらいかがか」と〝宣戦布告〟した。

維新の矛先は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を受け、憲法改正を訴える余裕がなくなったと指摘される自民にも向かう。馬場氏は先月27日の憲法審で、改憲実現への自民の奮起を促す一方、「それでも進まないなら維新が突撃隊となって改憲論議を引っ張っていく覚悟だ」と訴えた。

自民関係者は「うちが『結論を出そう』と呼びかけたら立民は蛸壺に入ってしまう。自民が受け身で対応できるよう、維新にはもっと声を出してほしい」と期待する。(太田泰、内藤慎二)

立民が議員任期延長に慎重論展開 孤立浮き彫り 衆院憲法審



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

えすよ

20221106at26S_p.jpg

今後5年以内に防衛力を抜本的に強化する方針
を重ねて示した。

観艦式には米国や韓国、フランスなど13カ国
が、艦船や航空機を派遣して参加した。


日本での国際観艦式は2002年以来、20年ぶり2回目 で、自衛隊機へのレーダー照射問題などで関係が冷 え込んでいた韓国海軍も参加した。


首相、北朝鮮発射「容認せず」 20年ぶり国際観艦式

配信

共同通信


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : 自衛隊

立憲民主党は28日午後、国会内で憲法調査会の
会合を開き、感染症の蔓延(まんえん)や自然災害
の発生といった緊急時に国会議員の任期延長を可能
とする憲法改正などについて議論した。泉健太代表
や中川正春調査会長らが参加した。

終了後、調査会の奥野総一郎事務局長は「来年の
通常国会に向けて議論が続く。理論武装と、われわ
れのスタンスを固める」と強調。改憲が必要か否か
など党の方針は決まっていないとしつつ、「いろい
ろな意見を踏まえ議論を進めたい」と述べた。


立民、緊急時の議員任期延長を議論 憲法調査会

立憲民主党の泉代表=28日午後、東京・永田町の党本部
立憲民主党の泉代表=28日午後、東京・永田町の党本部























立憲民主党は28日午後、国会内で憲法調査会の会合を開き、感染症の蔓延(まんえん)や自然災害の発生といった緊急時に国会議員の任期延長を可能とする憲法改正などについて議論した。泉健太代表や中川正春調査会長らが参加した。

終了後、調査会の奥野総一郎事務局長は「来年の通常国会に向けて議論が続く。理論武装と、われわれのスタンスを固める」と強調。改憲が必要か否かなど党の方針は決まっていないとしつつ、「いろいろな意見を踏まえ議論を進めたい」と述べた。

国会議員の任期は憲法に明記されており、改憲勢力は国政選挙が行えなくなる事態に備え、憲法改正によって延長を可能としておくべきだと主張している。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
日本維新の会の馬場代表は、記者団に対し
「来週以降、定例日には必ず憲法審査会
を開くことを求めていきたい。

来年の通常国会に向けて、各政党が具体的な
憲法改正項目の有無などを審査会に示し、
国民投票の実施を目標に議論していきたい」
と述べました。
国民民主党の玉木代表は、記者団に対し「先の
通常国会でできた、憲法審査会を定例日に開く
という基本的なルールや慣行をきちんと守って
議論を深めていきたい」と述べました。

国民 玉木代表「定例日に開くというルールや慣行守って議論を」

衆議院憲法審査会の野党側の筆頭幹事に就任した立憲民主党の中川 元文部科学大臣は、今後、審査会を毎週定例日に開くかどうかについて、議論の内容によるという考えを示しました。

衆議院憲法審査会は、ことしの通常国会ではほぼ毎週開かれ、自民・公明両党と、日本維新の会や国民民主党などは今の臨時国会でも同様の開催を目指す方針です。

13日は、今国会で初めてとなる審査会が開かれ、与野党の幹事の選任を行いました。

このあと、野党側の筆頭幹事に就任した立憲民主党の中川 元文部科学大臣は記者団に対し、「毎週、審査会を開くかどうかよりも、どのような議論をするかによって開くタイミングが決まる。憲法議論は、改憲ありきで対立する構図ではなく、国民の気持ちを一つにしていくことが必要で、『論憲』を尽くしていくのが党の基本だ」と述べました。
一方、与党側の筆頭幹事を務める自民党の新藤 元総務大臣は「丁寧な交渉をしつつ、積極的に審査会が開催できるように心がけたい。憲法改正は期限ありきではなく、しっかりとした議論の積み上げが結果として改正につながっていく」と述べました。

そして、13日は、次回の審査会の日程についての協議は行われず、与野党の筆頭幹事の間で調整を進めることになりました。

維新 馬場代表「定例日には必ず審査会開催を」

日本維新の会の馬場代表は、記者団に対し「来週以降、定例日には必ず憲法審査会を開くことを求めていきたい。来年の通常国会に向けて、各政党が具体的な憲法改正項目の有無などを審査会に示し、国民投票の実施を目標に議論していきたい」と述べました。

国民 玉木代表「定例日に開くというルールや慣行守って議論を」

国民民主党の玉木代表は、記者団に対し「先の通常国会でできた、憲法審査会を定例日に開くという基本的なルールや慣行をきちんと守って議論を深めていきたい」と述べました。


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

安倍元総理の遺志を受け継ぎ、自民党は憲法改正に着手し、とりわけて自衛隊明記と緊急事態条項の設置を推進すべきだ。

自民幹部は、来年の通常国会で「他党と意見集約を進め、改憲項目を絞っていきたい」と語る。

その場合は、先の通常国会で立憲民主、共産両党をのぞく5会派が必要性を主張した「緊急事態時に国会議員の任期延長を可能とする改正」などが有力視される。           



岸田首相、自民の改憲布陣「骨格」は維持へ 秋の臨時国会へ路線継続

第2次改造内閣が発足し記者会見に臨む岸田文雄首相=10日午後、首相官邸(春名中撮影)
第2次改造内閣が発足し記者会見に臨む岸田文雄首相=10日午後、首相官邸(春名中撮影)






岸田文雄首相(自民党総裁)は第2次岸田改造内閣の発足を受け、憲法改正に関わる布陣も「骨格」を維持する方向で検討に入った。党主導の改憲世論の喚起と、国会の議論を同時に進めて相乗効果を狙う路線を継続する。

そのため、国会の議論を取り仕切る衆院憲法審査会の森英介会長(自民)や新藤義孝与党筆頭幹事(同)、自民の責任者となる古屋圭司憲法改正実現本部長が続投する公算が大きくなっている。

首相は21日まで夏休みに入っており、秋の臨時国会に向け、憲法改正を含む政治日程に頭をめぐらしている。改憲の旗振り役だった安倍晋三元首相を失い、保守派からは推進力が失われるとの懸念が強いが、首相は「思いを受け継ぐ」と述べている。

改憲を進めるにあたり、首相は世論喚起と国会の議論促進を「車の両輪」と位置付ける。このうち国会議論を担うのが新藤氏だ。衆院憲法審で野党との交渉役を担う。

今年1~6月の通常国会では、緊急事態条項や9条などをテーマにほぼ毎週開催し、通常国会としては過去最多の16回を数えた。近年は開催が数回、ときにはゼロという通常国会が続いていたことを踏まえれば、前進したといえる。

一方、世論喚起を担う実現本部のトップは、昨年11月に就任した古屋氏が務める。今年2月、憲法集会を全国展開するための実務部隊を実現本部内に立ち上げ、開催費用の補助制度も設けた。開催は実質300カ所を超え、当初想定を上回るという。

首相は、集会を継続しながら秋の臨時国会で与野党の議論を深め、なお不十分な機運を盛り上げたい考えだ。

7月の参院選後の記者会見では、改憲を公約して勝利したと強調し、「今回示された民意を受け、臨時国会では与野党で一層活発な議論が行われることを強く期待する」と述べた。

広告

自民幹部は、来年の通常国会で「他党と意見集約を進め、改憲項目を絞っていきたい」と語る。

その場合は、先の通常国会で立憲民主、共産両党をのぞく5会派が必要性を主張した「緊急事態時に国会議員の任期延長を可能とする改正」などが有力視される。(田中一世)



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
昨日は日本会議地方議員連盟にて靖国神社昇殿参拝を行いました。

今年で三十年目にの年に安倍総理に黙祷をを行い、各人おのおの安倍総理の遺志を受け継ぐ誓いを捧げました。

近年、首相の靖国神社参拝は実現していませんが、首相の靖国神社参拝が毎年恒例となる国家であるべきです。

そのためにも憲法改正を実現して参りたいと存じます。


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

参院選で憲法改正に前向きな勢力が3分の2以上の議席
を得たことを踏まえ、改憲に向けた議論が進んでほしい
か尋ねたところ、69・3%が「進んでほしい」と回答し、
「進んでほしくない」は21・3%だった。


岸田内閣支持率62・4% 

安倍元首相「国葬」は賛否二分

岸田文雄首相(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相(矢島康弘撮影)






















産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は23、24両日に合同世論調査を実施した。岸田文雄内閣の支持率は、前回調査(6月18、19両日)比1・3ポイント減の62・4%で、政権発足以来10カ月連続で60%台を維持した。不支持率は前回調査比0・7ポイント増の30・9%だった。

参院選の街頭演説中に銃撃され、死亡した安倍晋三元首相の葬儀について、政府が「国葬」と決定したことについては賛否が割れた。「よかった」「どちらかと言えばよかった」が計50・1%で、「よくなかった」「どちらかと言えばよくなかった」は計46・9%だった。

参院選で憲法改正に前向きな勢力が3分の2以上の議席を得たことを踏まえ、改憲に向けた議論が進んでほしいか尋ねたところ、69・3%が「進んでほしい」と回答し、「進んでほしくない」は21・3%だった。

参院選で与党が改選議席の過半数を得た結果に関しては、「野党がもっと議席を獲得した方がよかった」が45・6%と最多で、「ちょうどよかった」は40・3%、「与党がもっと議席を獲得した方がよかった」は10・6%だった。

現状の物価高への政府の対応については「評価しない」が75・7%を占めた。岸田内閣に特に取り組んでほしい政策は「物価高対策」(36・8%)が最も多く、「景気や雇用」(31・8%)、「年金・医療・介護」(30・7%)、「新型コロナウイルス対策」(22・6%)-と続いた。

新型コロナの流行「第7波」については70・3%が「不安を感じる」と回答した。今夏に帰省や旅行をするかを聞いたところ、「帰省も旅行もしない」が68・8%を占めた。政府のコロナ対策を「評価する」との回答は49・2%で前回調査(65・4%)から急落した。

調査では内閣支持率に関し、答えが不明確な場合、「どちらかといえば」と再度質問して回答を得た。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

憲法改正しかない

安倍元総理のことば。
参議院選挙での出口調査で、憲法改正は45%が必要と回答。

憲法に自衛隊明記と緊急事態条項の達成が安倍元総理への弔いです。



安倍元首相の通夜に約2500人 両陛下が生花など贈られる

通夜会場となった増上寺には一般献花台も設けられ、多くの人が献花したり手を合わせたりした=11日午後、東京都港区(鴨志田拓海撮影)
通夜会場となった増上寺には一般献花台も設けられ、多くの人が献花したり手を合わせたりした=11日午後、東京都港区(鴨志田拓海撮影)






参院選の応援演説中に銃撃され、死去した自民党の安倍晋三元首相の通夜が11日、東京・芝公園の増上寺で営まれ、約2500人が参列した。また、天皇、皇后両陛下は同日、増上寺に侍従を派遣し、供物や生花などを贈られた。宮内庁が発表した。

通夜は昭恵夫人が喪主を務め、岸田文雄首相や細田博之衆院議長、山東昭子参院議長、麻生太郎自民副総裁や安倍派(清和政策研究会)所属の国会議員らが参列した。来日中のイエレン米財務長官や各国の外交官らも訪れたほか、一般用の献花台が設けられ、多くの人が安倍氏の死を悼んだ。神奈川県藤沢市から献花に訪れた自営業の40代男性は「日本を良い国にしようと頑張ってくれて、感謝の気持ちしかない」と語った。会場周辺には国内外の報道陣が集まり、多数の警察官が警備に当たった。

安倍氏の葬儀は12日に営まれ、葬儀の後、安倍氏の遺体を乗せた車両が首相官邸や国会周辺を巡り、最後のお別れをする予定。後日、東京と地元の山口県でお別れの会が開かれる。

また、岸田首相は11日、安倍氏の通夜に先立ち、官邸でブリンケン米国務長官の表敬訪問を受けた。ブリンケン氏は安倍氏が街頭演説中に銃撃され、死去したことに弔意を表明。岸田首相は「暴力に屈せず民主主義を守り抜く。安倍氏の遺志を継ぎ、日米同盟のさらなる強化に努めたい」と述べた。ブリンケン氏はバイデン米大統領から安倍氏の遺族に宛てた手紙を携えて来日。日本政府関係者によると、手紙は事務方を通じて遺族に渡された。米政府高官が岸田首相と直接面会し、安倍氏の死去について弔意を示したのは初めて。

ブリンケン氏は訪問先のタイから帰国する意向だったが、直前に予定を変更した。ブリンケン氏は、安倍氏が掲げた「自由で開かれたインド太平洋」構想を「先見性のあるビジョン」と評価し「米国などとの連携強化に多大な功績を残した」とたたえた。

一方、政府は同日、持ち回り閣議で安倍氏に従一位と日本の最高勲章に当たる大勲位菊花章頸飾を贈ると決めた。内閣府によると現行憲法下で大勲位菊花章頸飾を受ける首相経験者は、吉田茂、佐藤栄作、中曽根康弘各氏に続き4人目。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

自民党が憲法改正にようやく自信を持ち出したようだ。

「憲法ができたときと今の日本を取り巻く状況は変わってきている。中国、ロシア、北朝鮮に対する備えもしなければいけない。国民投票が実現して初めて憲法は国民のものになる」。

高市早苗政調会長は16日の記者会見で、憲法改正の重要性をこう強調した。

実際、ロシアのウクライナ侵攻で「憲法9条で国を守れるのか」といった懸念は強まっている。15日に会期末を迎えた通常国会では国際情勢の変化も背景に、衆院憲法審査会の開催が過去最多に及んだ。

自民関係者は「参院選後は改憲政党から『自民が議論をリードすべきだ』という声が出てくるだろう。次の臨時国会では改憲原案をつくる一歩手前の環境を整備しなければならない」と語る。


自民、改憲に問われる本気度 参院選公約発表

憲法改正は「大トリ」として、自民党の参院選公約の最後を飾った。「党是」の改憲実現に向けて、参院選で牽引(けんいん)力を発揮できる結果を残せるかが焦点となる。

「憲法ができたときと今の日本を取り巻く状況は変わってきている。中国、ロシア、北朝鮮に対する備えもしなければいけない。国民投票が実現して初めて憲法は国民のものになる」。高市早苗政調会長は16日の記者会見で、憲法改正の重要性をこう強調した。

実際、ロシアのウクライナ侵攻で「憲法9条で国を守れるのか」といった懸念は強まっている。15日に会期末を迎えた通常国会では国際情勢の変化も背景に、衆院憲法審査会の開催が過去最多に及んだ。自民関係者は「参院選後は改憲政党から『自民が議論をリードすべきだ』という声が出てくるだろう。次の臨時国会では改憲原案をつくる一歩手前の環境を整備しなければならない」と語る。

自民が参院選に勝利すれば首相は政策実現に集中できる「黄金の3年間」を手中に収める。自民重鎮は「政権運営が安定していれば改憲はできる」と明言。総裁任期中の憲法改正実現に意欲を示してきた首相の本気度が問われている。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

自民党の夏の参院選公約の全容が9日、判明した。

キャッチコピーは「決断と実行。」。


「日本を守る」と「未来を創る」をキーワードに、外交安全保障、原油高・物価高対策、憲法改正などの7本柱を掲げた。


同日の臨時総務会で了承され、16日に正式発表する。



自民の参院選公約全容判明 憲法改正「早期に実現」

自由民主党本部=東京都千代田区永田町
自由民主党本部=東京都千代田区永田町


自民党の夏の参院選公約の全容が9日、判明した。キャッチコピーは「決断と実行。」。「日本を守る」と「未来を創る」をキーワードに、外交安全保障、原油高・物価高対策、憲法改正などの7本柱を掲げた。同日の臨時総務会で了承され、16日に正式発表する。

外交安保では周辺地域の安保環境が不安定化していることを踏まえ、「NATO(北大西洋条約機構)諸国の国防予算の対GDP(国内総生産)比目標(2%以上)を念頭に、真に必要な防衛関係費を積み上げる」と説明。「来年度から5年以内に防衛力の抜本的強化に必要な予算水準の達成を目指す」との考え方を盛り込んだ。

北朝鮮による拉致問題には「全ての拉致被害者の即時一括帰国を求め、核・ミサイルの完全な放棄を迫る」と強調した。経済安保をさらに推進し、「新たな『国家安全保障戦略』に経済安全保障の観点を盛り込む」とも表明した。

岸田文雄首相が掲げる経済政策「新しい資本主義」の関連では、人材への投資を大胆に進める方針を示し、「〝脱炭素〟を成長の起爆剤にする」とした。

憲法改正では自民党が示している自衛隊の明記や緊急事態条項新設などの改憲4項目について「全国各地で対話集会などを積極的に開催し、憲法改正の必要性を丁寧に説明する」とした上で、憲法改正を「早期に実現する」と主張した。

原油価格や物価の高騰に対応するため、燃油価格の激変緩和策の継続と同時に「大きな影響を受ける業種への支援をきめ細かく行う」とした。新型コロナウイルス対策では「治療薬や国産ワクチンの確保、将来の危機に備えた司令塔機能の強化に取り組む」とし、コロナ禍で深刻なダメージを受けた経済立て直しの具体策として、ひとり親家庭や中小企業への支援、観光の需要喚起などを挙げた。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

欧米でも、保守でも左派でも安全保障問題は
共通に重要。わが国は、防衛に関して共通認
識ができないのが、憲法九条思想に洗脳され
ていると改めて感じる。この洗脳がウクライ
ナ危機によって解くことができるのか。

労働党党首のアルバニージー氏は23日朝に
首相に就任し、24日に東京で行われる日米
豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」首脳会
合に出席したい意向だ。


豪野党勝利、政権交代へ 

クアッド会合出席の意向

22日、勝利を祝う労働党のアルバニージー氏(中央)ら(AP)
22日、勝利を祝う労働党のアルバニージー氏(中央)ら(AP)















オーストラリアで21日行われた下院総選挙で、アルバニージー氏が率いる最大野党、労働党がモリソン首相の与党、保守連合を破り勝利した。

2013年以来約9年ぶりの政権交代となり労働党は第1党となることが確定したが、単独で首相を選出できる過半数の76議席を確保できるかどうかは不明だ。22日も開票作業が続いた。

労働党党首のアルバニージー氏は23日朝に首相に就任し、24日に東京で行われる日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」首脳会合に出席したい意向だ。

アルバニージー氏は21日夜、勝利を宣言し「首相として仕える機会を与えられ、光栄に思う」と述べた。クアッド出席に改めて意欲を示した。

選挙では、地球温暖化対策を訴える女性中心の環境連合「ティール無所属」が躍進。モリソン氏が所属する自由党の次世代リーダーと目されていたフライデンバーグ財務相がティールの新人に敗れ落選した。(共同)



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

ブレない共産党。現実を無視し、あくまでも憲法理念
を説く共産党に支援者が広がるとは思えない。

ロシアによるウクライナ侵攻に伴い「戦争か平和か、
日本の進路が問われる選挙」と位置づけ、憲法9条改
憲への反対や、核兵器禁止条約への参加などを掲げた。

志位氏は「戦争の心配のない東アジアへ、憲法9条
を生かす平和外交が大きな私たちの主張だ」と述べた。


共産が参院選公約の骨格「9条生かす平和外交を」

共産党の志位和夫委員長
共産党の志位和夫委員長















共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、夏の参院選で掲げる政策の骨格を発表した。

ロシアによるウクライナ侵攻に伴い「戦争か平和か、日本の進路が問われる選挙」と位置づけ、憲法9条改憲への反対や、核兵器禁止条約への参加などを掲げた。

志位氏は「戦争の心配のない東アジアへ、憲法9条を生かす平和外交が大きな私たちの主張だ」と述べた。

内政では「物価高騰から暮らしを守る」として、消費税率の5%への引き下げ、大企業の内部留保への課税、即時の「原発ゼロ」などを盛り込んだ。



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

自民党は4項目の改憲案の一つに現行の9条の
条文を残し、自衛隊を書き加える案を掲げている

「国防を担う組織に違憲論がある国家は正常で
はない。まず第一歩として(他党の賛同を得や
すい)自衛隊明記を行い、自衛隊は合憲か違憲
かという不毛な議論から卒業することには賛成する。

ただし、本来は9条を改正して国防軍の保持
を明記し、自衛隊法を廃止して他国のようにネ
ガティブ・リスト(やってはいけない例外を規
定)の国防軍法を制定すべきだ」

共産党は「自衛隊は違憲だが、急迫不正の主
権侵害が起きれば活用する」と主張している

「自衛隊は国民に信頼される組織になり、
『軍国主義の集団』などと言われた時代の違
憲論に国民は賛同しない。そのことに違憲論
者は気付いている。

だから『自衛隊は解消すべきだが当面は働
いてもらう』という矛盾した話になる。違憲
論は破綻している」


河野克俊元統合幕僚長 自衛隊違憲論
も合憲論も破綻

河野克俊元防衛省統合幕僚長(田中一世撮影)
河野克俊元防衛省統合幕僚長(田中一世撮影)

















--自民党は4項目の改憲案の一つに現行の9条の条文を残し、自衛隊を書き加える案を掲げている

「国防を担う組織に違憲論がある国家は正常ではない。まず第一歩として(他党の賛同を得やすい)自衛隊明記を行い、自衛隊は合憲か違憲かという不毛な議論から卒業することには賛成する。

ただし、本来は9条を改正して国防軍の保持を明記し、自衛隊法を廃止して他国のようにネガティブ・リスト(やってはいけない例外を規定)の国防軍法を制定すべきだ」

--共産党は「自衛隊は違憲だが、急迫不正の主権侵害が起きれば活用する」と主張している

「自衛隊は国民に信頼される組織になり、『軍国主義の集団』などと言われた時代の違憲論に国民は賛同しない。そのことに違憲論者は気付いている。だから『自衛隊は解消すべきだが当面は働いてもらう』という矛盾した話になる。違憲論は破綻している」

--一方で政府は、自衛隊は戦力ではなく「自衛のための必要最小限度の実力」なので憲法に反しないと解釈している

「発足当初の自衛隊は規模が小さく、米軍の中古装備を使っていた。戦力に満たないという理屈も通った。今は中国や北朝鮮の脅威に対応すべく防衛力を増強し、最新装備を導入しているのに『戦力に満たない』と言えるのか。合憲論も破綻している」

--国会では9条改正の議論が盛り上がらない

「問題は立憲民主党や共産党ではない。『自衛隊はすでに国民に認められており、苦労して改憲しないでもよいではないか』と考える、分厚い『まあいいんじゃない保守』だ。改憲を党是とする自民党内にそういう人が大勢いるから、議論が進まない。国防組織を中ぶらりんにしたいい加減な憲法を次世代に引き継ぐべきではない」(聞き手 田中一世)



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

 現代の国際法において、国家が武力を行使することは
一般に禁止されています。

ただし、その例外として自衛権の行使は認められています。
自衛権は、国連安全保障理事会の決定によらずに国家が
自ら武力を行使する場合の正当化根拠として、
国連憲章において唯一明示的に規定されているものです。

したがって、仮に日本がミサイル攻撃への対応として
自らの判断で敵基地攻撃を行うとすれば、国際法上は、
自衛権の行使としての正当化を図ることになるでしょう。

提言案を審議した4月26日の自民党総務会では、専守防衛
の見直しを求める声が複数上がった。

安保調査会長の小野寺五典元防衛相は「これについて議論する
なら憲法レベルでの議論の場が必要だ」と慎重な考えを示し、
その場を収めた。

専守防衛は憲法9条の規定に基づき、相手から武力攻撃を
受けたときに初めて防衛力を行使する受動的な防衛姿勢を指す。

その行使の態様や保持する防衛力については「自衛のための
必要最小限」とされる。

政府は相手に攻撃を躊躇させる手段として、相手領域のミサイル
発射拠点などを攻撃できる敵基地攻撃能力の保有を検討。

相手が攻撃に着手した後であれば自衛権の範囲内との見解を
示している。

だが、相手がミサイルなどを発射する前に攻撃するのは
専守防衛と矛盾しないかとの議論が国会などでなされてきた。

提言をまとめた安保調査会では、この際、専守防衛の名称
を「積極防衛」に変更したり、解釈を見直したりすべきだ
との意見も出た。



自民、専守防衛見直し論 
「必要最小限度」解釈修正

「国家安全保障戦略」など3文書改定に向けた自民党提言を受け取る岸田首相(右から2人目)。同3人目は小野寺五典安全保障調査会長=27日午後、首相官邸
「国家安全保障戦略」など3文書改定に向けた自民党提言を受け取る岸田首相(右から2人目)。同3人目は小野寺五典安全保障調査会長=27日午後、首相官邸

















政府は、日本の外交・安全保障政策の長期指針となる国家安全保障戦略(NSS)など「戦略3文書」の改定について、7月に見込まれる参院選後に本格的な検討作業に着手する構えだ。秋ごろには「最大の山場」(自民党幹部)となる公明党との協議を経て、年末の閣議決定を目指す。

自民党安全保障調査会が4月27日に岸田文雄首相に手渡した提言では、日本を取り巻く安保環境が厳しさを増す中、攻撃を躊躇(ちゅうちょ)させるため、相手領域内のミサイル発射拠点などを攻撃する能力として「反撃能力」の保有を求めた。また、防衛費も国内総生産(GDP)比2%以上を念頭に5年以内の水準達成を掲げた。

提言内容は参院選の自民公約に反映され、選挙戦で争点の一つとなりそうだ。政府は既に有識者ヒアリングを始めているが、参院選後に本格的な検討作業を始める。今後は令和5年度予算編成の考え方を示す「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」での記載や、8月末の5年度当初予算概算要求でどの程度関連予算が盛り込まれるかなどが焦点となる。

秋ごろには防衛力強化に慎重な公明との協議を控えており、政府案に理解が得られるかがポイントとなる。5年度当初予算案の編成と合わせ、政府は年末までに新たな戦略3文書の閣議決定を目指す。

戦略3文書はNSSのほか、防衛計画の大綱(大綱)、中期防衛力整備計画(中期防)からなる。

自民党安全保障調査会が政府の戦略3文書改定に向けて取りまとめた提言の決定過程では、「反撃能力」(敵基地攻撃能力)の保有をめぐり、憲法9条に基づく「専守防衛」の見直し論も一時浮上したが、保有する防衛力を制限する「必要最小限度」の範囲を柔軟に解釈すべきだと提起するにとどまった。改憲論議よりも現実への対応を優先した形だが、現行憲法の限界も改めて露呈した。

「専守防衛を維持したままでは対応に限界があるのではないか」

提言案を審議した4月26日の自民党総務会では、専守防衛の見直しを求める声が複数上がった。安保調査会長の小野寺五典元防衛相は「これについて議論するなら憲法レベルでの議論の場が必要だ」と慎重な考えを示し、その場を収めた。

専守防衛は憲法9条の規定に基づき、相手から武力攻撃を受けたときに初めて防衛力を行使する受動的な防衛姿勢を指す。その行使の態様や保持する防衛力については「自衛のための必要最小限」とされる。

政府は相手に攻撃を躊躇させる手段として、相手領域のミサイル発射拠点などを攻撃できる敵基地攻撃能力の保有を検討。相手が攻撃に着手した後であれば自衛権の範囲内との見解を示している。

だが、相手がミサイルなどを発射する前に攻撃するのは専守防衛と矛盾しないかとの議論が国会などでなされてきた。提言をまとめた安保調査会では、この際、専守防衛の名称を「積極防衛」に変更したり、解釈を見直したりすべきだとの意見も出た。

提言では専守防衛を維持した上で「必要最小限度の自衛力の具体的な限度は、その時々の国際情勢や科学技術等の諸条件を考慮し、決せられる」と記述。安保調査会の木原稔幹事長は「原則としての専守防衛を大きく変えるものではない。条件によって変わっていく」と説明した。

先制攻撃を禁じる国際法と専守防衛の違いは何か。国際法が認める自衛権行使の条件は、武力行使以外に自衛の手段がないこと(必要性)と、受けた攻撃に対してバランスのとれた形で行使すること(均衡性)だ。専守防衛は、さらに武力行使を「必要最小限度」にとどめるよう求める。

わかりやすく例えれば、国際法ではミサイルを100発撃たれたら100発撃ち返せるが、日本は相手が攻撃を中断するための必要最小限度が2、3発なら、2、3発で済ませなければならない。

しかし、敵基地攻撃能力を保有して相手に攻撃を躊躇させる場合、従来の「必要最小限度」では機能しない恐れがあり、提言は解釈修正を試みたといえる。

夏の参院選後に本格化する政府の戦略3文書改定作業では、敵基地攻撃能力の保有に慎重な公明党から理解を得ることも求められ、専守防衛をめぐる議論の行方が注目される。(市岡豊大)



■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
第24回憲法フォーラム開催

279484574_2155283814631660_6230813082420468073_n.jpg
279164791_2155283891298319_7955021930270497683_n.jpg
278859238_2155283971298311_4428596386205238875_n.jpg
278843765_2155284014631640_8700189688880143421_n.jpg
昨日5月3日、砂防会館にて第24回公開憲法フォーラムを3年ぶりに聴衆500名が入り、「憲法改正で危機突破をー各党は参議院選挙で改憲の必要性を訴えよー」のテーマのもと開催されました。

櫻井よしこ共同代表から基調講演ののち、各界からの織田邦男(元空将)、河田惠昭(関西大学特別任命教授)、松本尚(日本医科大学特任教授)より提言を頂きました。

その中で、織田氏はロシア軍の侵略で明らかになったこととして次のような提言がありました。

ロシア軍のウクライナ侵略で明らになったことは、ウクライナは日本と共通した●専守防衛●非核三原則堅持●集団防衛体制がないため、ロシア軍の侵略を許したのです。

しかし、ウクライナは当時のソ連時代に虐殺やウクライナ語禁止などの屈辱的支配を体験しているため、ウクライナ人はロシア侵略を許せないとする「独立の気概」は多くの国民に周知徹底されています。

また、日本のように必要最小限度の戦力という制約はないため、欧米から譲り受けた武器で終始徹底抗戦する構えです。

ウクライナ人の「独立の気概」がロシア軍と対峙を生み出しており。その気概こそが最も尊いものです。

軍事的にロシアと米国では圧倒的に米国が優位ではあるが、米国、NATO軍はロシアが「核」をちらつかせているため、応戦できていません。

一方、台湾情勢は軍事的にも中国が米国を圧倒している中、中国は必ず台湾に侵攻します。

その時否が応でも日本は戦闘に巻き込まれます。とりわけて、中国が尖閣に侵攻するならば、自衛隊はそれを阻止するが、米国は動くことができるのでしょうか

以上の提言を踏まえ、大事なことは、我が国は、憲法に「自衛隊」を明記して、自分の国は自分で守る国民の意思を示すことから着手すべきです。

ウクライナ人の「独立の気概」に学ぶときです。

・岸田文雄自民党総裁よりビデオメッセージ
・自民党 古屋圭司(憲法改正実現本部長)
・公明党 濱地雅一(憲法調査会事務局長)
・日本維新の会 足立康史(党政調会長)
・国民民主党 玉木雄一郎(党代表)

からの挨拶がありました。


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置

現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会


緊急事態条項を求める意見書



■7府県
2政令指定都市

(令和4年5月4日)


■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市

通称使用の拡充を求める意見書



■6府県
1政令指定都市

(令和4年5月4日現在)

■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市

憲法改正早期実現国会議員署名




■  422名  (令和4年5月4日現在)




憲法改正の国会論議を求める意見書採択可決





地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和4年5月4日)



■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)



辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例