FC2ブログ
 
20050613133622.jpg


日本会議首都圏地方議員懇談会設立大会
―教育基本法改正に向けたシンポジウム

《シンポジウム・パネリスト》

松原 仁 衆議院議員
まつばら じん 
衆議院・拉致問題特別委員会理事、災害対策特別委員会理事、外務委員会委員など。

山谷えり子 参議院議員
やまたに えりこ 
参議院・外交防衛委員会委員、拉致問題特別委員会委員、少子高齢社会に関する調査会理事など。

松浦芳子 杉並区議会議員
まつうら よしこ 
はあもにい教育研究会代表、日本会議東京都理事など。杉並区議会・都市環境委員会委員。

犬伏秀一 大田区議会議員
いぬぶし ひでかず 
航空自衛隊防空指揮群予備自衛官。大田区議会議員・都市整備委員、地域活性化等調査特別委員。


三月六日、「日本会議首都圏地方議員懇談会設立大会」で国会議員、区議会議員をパネリストに教育基本法改正に向けたシンポジウムが行われた(パネリスト=松原仁衆院議員、山谷えり子参院議員、犬伏秀一大田区議、松浦芳子杉並区議、司会=椛島有三日本会議事務総長)。問題教員、偏向した教育現場の実態が明らかにされ、白熱した教育改革論議となった。以下シンポジウムの内容を掲載(文責・編集部)。


「危機的な教育の問題点とは」

●誇りある教科書から、誇りある青少年を

松原 今、日本の子供たちの多くが、自分に自信を持っていない。日米韓中の四カ国の高校生に対するアンケート調査で日本の高校生は他の三国と比べて、著しく自信がないことが分かりました。

今の教育問題解決の鍵は、自信を回復させることにあるのではないでしょうか。これは、学校現場だけに責任を帰する問題ではない。大人も自信がない。国の外交も自信が溢れてない。つまり日本の国に自信がないから子供たちにも自信がない。特に子供たちの自信を削いでいる原因は、歴史教科書の中身にあります。
 
昨秋、サッチャーの教育改革により教育荒廃を克服したイギリスに、調査団の一員として行ってきました

イギリスでは一九四四年以降、自虐的な教育が行われていました。イギリスは奴隷制に支えられている国家であり、ビクトリア王朝の時代の誇りは何も語られず、悪いことばかりしていたと記述された教科書を使っていました。

そのような教科書で子供たちが自信を持てるはずなどなく、自信がない人間が社会に対して責任を持てるわけがありません。サッチャー首相は思い切った教育改革を行い、自虐的な歴史教科書を廃し、ビクトリア王朝時代の誇りある歴史を徹底的に教育していきました。

我が国で、自虐的な教科書が使われている限り、子供たちはいつまでも自信を持てません。そんな子供たちが、国のために尽くそうとは思わないでしょう。歴史教科書の自虐的な内容を変えることが、日本の自信を甦らせる第一歩だと思います。

●暴走するジェンダーフリー教育、過激な性教育を許すな

山谷 私は三月四日、参議委員予算委員会で質疑に立ち過激な性教育の問題を取り上げました。大変な反響がありました。これにより自民党も漸く歪んだジェンダーフリー教育と過激な性教育が大変な問題だと気付いてくれました。

平成十二年にできた男女共同参画基本計画には、家庭科教育と性教育の充実が盛り込まれておりましたが、初めは何を意味しているのか分かりませんでした。しかし、実はそれが女性差別とは何の関係もないものであることが段々判ってきました。

例えば高校用の家庭科の教科書には、浮気や離婚の権利があることを強調し「A子さんとB男さんは結婚して二十年ですが、八年前から別居中です。きっかけはA子さんに好きな人ができたから。この二人は離婚できるでしょうか」と書いてあります。

また「祖母は孫を家族と考えていても、孫は祖母を家族と考えない場合もあるだろう。…犬や猫のペットを家族の一員と考える人もある」と。これでは「家庭科」なのか、「家庭崩壊科」なのか分かりません。

小泉総理は「初めて知った。こういう教育のあり方こそ、中教審で議論してもらいたい」と、ジェンダーフリー教育、性教育のあり方を中教審の日程にのせることを約束して頂きました。

予算委員会では過激な性教育について、小学校三年生に「お父さんとお母さんは、こうやってセックスをするんですよ」と教えている図版を資料として配りました。また吹田市教育委員会が発行した小学校一、二年生用の副読本では「お父さんは、ペニスをお母さんのワギナにくっつけて、せいしが外に出ないようにしてとどけます」と書いてある。

小学校一、二年生ですよ。日教組は子供を歪め、壊す教育をしています。このような暴走を絶対に許してはいけません。

私の事務所には沢山の意見が寄せられていますが、それを是非、中山文科大臣に見て頂きたいと思い、大臣に「ご意見箱を作って下さい」とお願いしました。中山大臣は「わかりました。査察に入って徹底的に先生にヒヤリングする」とおっしゃいました。皆さん、どこの小学校のどの先生がどんな教育をしているのか、中山文科大臣に声を届けて下さい。
 
学習指導要領を逸脱し、親の気持ちを無視している教育現場の正常化をなしつつ、教育基本法を改正していかなければなりません。

●問題教員を変えなければ、現場は変わらない

犬伏 漫画家の本宮ひろ志氏が『国が燃える』(集英社『ヤング・ジャンプ』に連載)という作品の中で「南京大虐殺」のいかがわしい写真を、さらに捏造して漫画化していました。

これはなんとかしなければと思い、全国の四十七名の地方議員と連絡をとりあって、集英社に抗議しました。その結果、連載がいったん中止になりました。このように教科書以外で、子供たちが目にする雑誌にまで歪曲された歴史が書いてあるんです。

ただ、たとえどんなに良い教科書が採択されても、先生が悪くては駄目です。大田区の事例ですが、修学旅行中に先生二人が焼酎を飲んで酔って、女の子のお風呂に入り身体を触ったとか、PTAとお酒を飲んだ先生が酔っぱらって自転車を盗んでお巡りさんに捕まった。

ちなみにこの先生はある区で管理職試験に受かっていますので教頭か校長になってしまいます。それから政治団体の役員に就任した先生、成績を収めた記録媒体を電車の網棚の上に置き忘れてしまった先生、給食費六十四万円を盗んで懲戒免職になった教頭先生、担任する子供のお母さんに怪しげなメールを送る先生……大田区だけでもこんな事例は山ほどあります。規則を教えるべき先生が、規則を破っています。

我が国の教育の大失敗は、労働組合に教育を任せたことにあります。これをまず変えていかなくてはなりません。駄目な先生を排して、まともな先生を学校に送る。これが緊急の課題です。

●指導書もチェックが必要

松浦 議員の一番のメリットは予算委員会で資料請求ができることなんですね。議会の一般質問で「副教材として先生が使用する自習プリントは、誰がどのように決めるのか」という質問をしました。

すると「校長先生が決定し、教育委員会に届ける」という回答でしたので、全部の中学校の自習プリントの提出を請求しました。それを見て仰天しました。日本共産党綱領が資料として使用されていたり、「日本国民を欺いて世界征服に乗り出させた人とはどのような人々のことを指しているのか」という設問もありました。先人の生き様を否定する歴史教育が、一番の問題であると思っています。

今年は教科書採択の年ですので、私は小中学生の教科書を全部読みました。そこで驚いたのは、社会科や家庭科の教科書だけでなく、国語の教科書にも問題があるということです。杉並区が採用している東京書籍の『新しい国語』という教科書には、「ニュース番組を作成しよう」という課題の中で、「子供の権利条約」を学んでいます。そして「半分の故郷」という単元には在日韓国人の文章が載っていて、母と娘の次のような会話があります。

「日本人が朝鮮を植民地にし、文句を言う朝鮮人を牢屋に入れたり、拷問をしたり、朝鮮の人が望んでいる独立のための万歳運動で、おじいちゃんは死んでしまった。お母さんは九歳だった。お母さんを思って涙が出る」。これが日本人を育てる国語の教科書なんです。

この単元の指導書を請求して見てみると、学習上の意義について、「日本は近代史の中で朝鮮半島をはじめアジア諸国を侵略した。とりわけ朝鮮については植民地として支配し、朝鮮民族に深く大きな傷を遺した。共感し追体験をする中から、作品が投げかける様々な問題を考えて行くことは、国際化している社会を考えて行く上で大きな意義がある」と書いてあるのです。日教組に入っていない先生であっても、この指導書通りに教えなくてはならないわけです。国語の教科書も指導書も見直さなければならないと思います。

いかにして教育を立て直すか

●イギリスに見る教育改革の二本柱

山谷 イギリスもかつてサッチャーが政権に就いた当初、教職員組合が強く、教育する内容は現場の教師に委ねられ、児童中心主義がはびこり、学力、モラルの低下に保護者や産業界は悲鳴を上げていました。

歴史教科書の内容も酷く自虐的なものでした。サッチャー教育改革は、それを根本の体制や法から変えていったのです。教科書では事実をバランス良く教え、全国共通テストもバランスよく学ばなければ点数が取れないものを作成し、そのテスト結果を学校ごとに公表しました。

成績が悪く改善されない学校は廃校にされました。十年間で約百九十校が廃校になり、その代わりに千二百校が新しい学校として甦りました。また不適格な教師を輩出する教員養成学部が六つ廃部になりました。徹底して教育の質の向上が図られたのです。

学力だけではなく宗教教育の改革も行われました。多宗教国家である国情にあわせて、キリスト教を中心としながら六つの宗教を国際教養宗教知識として教育し、また知識だけではなく小中学生には毎日お祈りや瞑想をさせています。

朝礼を見学しましたが、小学校低学年では先生が環境問題の絵本を読み、読み終えた後にローソクに火をつけて「環境問題について何ができるか。祈りか、瞑想か、沈思黙考かをしましょう」と言って、静かな時間が始まりました。

日本では、修学旅行で伊勢神宮に行く生徒数は、昭和五十年の頃、数十万人だったのが、今は十分の一に減少し、京都、奈良など仏閣を回る学校も十年で半分になりました。歴史、文化、日本人の宗教的情操感に全く触れず、遊園地に行ったり、中国の南京屠殺記念館や抗日記念館に行く学校もあります。
 
宗教的情操心、歴史、伝統文化は一体となって子供たちの魂を育てます。魂が育たなくては生きる力は湧きません。宗教教育は、学力とともに教育改革の二本柱だと思います。

●国の責任を明確にしたサッチャー教育改革

松原 いま日本の教育現場では、児童に責任を押しつけ、児童の勝手にさせておく、誤った児童中心主義がはびこっていますが、それは教師と社会の責任放棄に他ならない。

一方、さきほど触れられたように、サッチャーのイギリス教育改革では責任の所在が明確にされました。水準に達せず廃校にした学校に代わって、国の責任により新しい学校が作られました。教育内容も国が方針を出すようになりました。校長が人事権と財政権を持ち、さらにその校長を選ぶ権限を学校理事会が持っていました。

犬伏議員や松浦議員の話を聞いて、日本の学校には隠蔽体質があると感じました。これに対してイギリスの場合、学校理事会のチェックにより問題のある教師には辞めてもらいますし、教員養成学部もチェックされる。

また、親が学校を選択するので、不良校は淘汰される。良い意味での競争原理が働きます。実にダイナミックな教育変革が行われました。このサッチャー教育改革の成功を、日本的に取り入れることが重要だと思います。
 
イギリスではサッチャー教育改革の前夜にフォークランド紛争が起こりました。アルゼンチンが領土の一部を奪おうとしたが、サッチャーは領土を譲ることは、国の自信を失うことになるとの信念でフォークランド紛争に打ち勝った。

これがイギリスにおいてターニングポイントになったのです。日本では拉致問題で大きく国民の意識が変わり、国のあり方、愛国心の重要性が認識されつつあります。イギリスのひそみに習えば、この潮流を教育改革の大きな分岐点にするべきだと思います。

●教育改革ナンバーワンを目指して

松浦 杉並区は民間の機関から行政改革ナンバーワンとの評価を頂きましたが、私は教育改革ナンバーワンの区を目指して頑張っています。心強いことに現職の山田宏区長は先頭に立って教育改革に取り組み、今年を「教育立区元年」と名付けて三つのことに取り組んでおられます。

「杉並師範塾」「ゆびとま制度」「杉並区教育基本条例」です。「杉並師範塾」は全国から高い志を持った人材を募り、地域を愛し、教師であることに誇りをもった先生を育てる区独自の教師養成制度です。

毎年三十人の先生を一年間指導し、十九年には杉並区の各学校に配置することが決まっています。その財源は区で負担しなければなりませんが、財政難の時こそ教育が大事なのです。「ゆびとま制度」は、校長先生が自分の考え方に合った先生を採用することができるという制度で、校長の権限強化につながります。

全国で教育基本法改正の動きが活発になっていますが、「杉並区教育基本条例」は、国だけに任せずに、区独自の教育の条例を作ろうとする試みです。私が一般質問でイギリス教育改革の話を盛んにしましたところ、そのポイントも盛り込まれました。

今年の成人式で、山田区長は特攻隊の遺書を読みあげました。その式の国歌斉唱のとき起立しなかったある議員が、議場で区長に食って掛かりました。「(遺書の中にあった)忠孝とは何事か。全体主義に基づく教育を杉並でやるのか。先の戦争は、侵略なのか聖戦なのか、区長の見解を聞きたい」と。

これに対して区長が「侵略と聖戦の定義を教えて下さい。戦争とはどの時期のことをいっているんですか。日支事変のことですか、大東亜戦争のことですか」と逆に問い掛けると、議員は「大東亜戦争とは何事だ」と批判しましたが、区長は「当時使っていた名称です」と答え、敵の大将のマッカーサーが米上院で「あの戦争はセキュリティーが目的だった」と言ったことを話しました。

区長が変わると、ここまで変わるのかとつくづく感じております。これからも「杉並から日本を変える」という気持で頑張っていきたいと思います。

●学校の情報開示を!みんなで学校に行こう

犬伏 私は我が国の教育・国民・家庭・学校の全ての荒廃は、天皇陛下の素晴らしさを教えず、日の丸を蔑ろにしたことから始まったと思っています。ここを先ず変えねばなりません。

社会学の基本として、組織は権威の否定から崩れていきます。学校には、学校長より給料の高い用務員さんがおり、年八百万円もらっている給食のおばさんが沢山います。

教員は、「仰げば尊し」を歌わせず、教壇を取っ払い、生徒と仲良くすることが良い先生だと勘違いしています。これでは学校もクラスも崩壊します。

学校長自身にも問題があります。学校長は転勤するまでのおおむね三年間、学校で波風を立てなければ退職金が貰えます。また学校職員は都職員なので、ある学校で悪さをしても別の学校へ行ってしまえば分からなくなるのです。さきほど紹介しました給食費を使い込んで懲戒免職になった教頭は町田市から来ました。

大田区の四十二歳の保健体育の先生は、中学校一年生の期末試験で「受精をするための男性器の必要な長さについて、勃起したときの長さはどれぐらいか」という設問を出した。

そして中学三年生の女生徒に対するアンケート調査で「あなたは何歳で性交をすると思いますか。相手はどんな人でしょう」というアンケートをしている。このとんでもない先生も町田市から来ました。

しかし隠蔽体質のため、このような問題を区議会の所管である子供文教委員会の議員が聞いていないという現実があるのです。また修学旅行で酔って女子風呂に入った先生について、ある新聞社に電話をしたら、すぐ取材してくれました。

その結果、先生は懲戒免職になりましたが、私はPTAから文句を言われました。「推薦入学が駄目になったらどうするんですか」と。父兄には子供を人質に取られているという意識があるんです。

難しい問題ですが、とにかく学校の現場に足を運ばなければなりません。それから教育委員会の形骸化も大変な問題で、残念ながら面倒なことは避けて、穏便にやればいいという体質があります。

学校の隠蔽体質、教育委員会の形骸化を変えなければ教育は変わらないと思います。そのためには我々地方議員、地元の皆さん方にはどんどん学校を見に行ってもらいたいと思います。

松浦 次代を担う子供たちの心を輝かせるためには、大人が立派にお手本を示さなくてはいけないと思い、二十七年間、子供が三歳の時から活動して参りました。

しかし今お手本になる親もいないし、歴史上の立派な人物も教科書には登場しません。それが目標を持った子供たちが育たない原因の一つだと思います。そしてその根本には、占領下につくられた憲法と教育基本法の問題があると思います。郵政民営化より教育基本法改正こそ最優先なのではないでしょうか。

日本がどんなに素晴らしい国であるか。このことを子供たちに教えて行かなくてはならないと思います。、ぜひ皆様と情報を提供し合って、日本を変えて行きましょう。

犬伏 地方議員が日本を変えた好例をご紹介いたします。平成十四年に、私は、情報公開制度で大田区のある中学校の夏休みの出勤簿の開示請求をしました。

すると、なんと四十二日間の夏休みの間、三日間しか教員は学校に出ていないことが分かりました。教育公務員特例法に定められた自宅研修という制度で、自宅で研修していたというのです。

その中身は、来年度の予定を作っていたといったものです。これが新聞に載り、その記事を文部科学省の役人が見て、平成十五年度から全国の小中学校の教員の自宅研修が原則廃止になりました。

たった一枚の開示請求が、日本全国の教員のインチキ研修を変えたのです。たった一枚であっても情報は貴重です。そしてその情報は現場にしかありません。ですから皆さん、おかしいと思ったら、ぜひ開示請求をしてください。そこから現場は変わっていくのです。

山谷 昨日、私は盛岡に行きました。盛岡の小学校五年生の林間学校では、男女同じテントで寝させています。仙台でも百二十二校中三十三校、山形では三十六校中十九校が、沼津では十六校中九校が一緒に寝かせていました。

このように具体的な数字で迫らないと問題として受け止めてもらえません。ですから現場の皆様にはぜひ調べて頂き、力を繋げていって頂きたい。そうしないと、教育の正常化のスピードは上がりません。教育でおかしなことがあったらどんどん情報を寄せて頂きたいと思います。

松原 先日、広島の教育正常化の現場を視察して来ました。学校の規律が変わると駄目であった教師も変わってくるんです。だらしない格好をしてサンダル履きで出勤していた先生が、石川校長先生の自殺に始まる大きな是正措置のなかで、背広を着てネクタイを着用するようになった。

人間というものは弱い存在ですから、周りを見て自分はこれで良いだろうかと正されていくんです。国としては特に領土問題も含めて毅然たる外交姿勢を示すことが教育上も大きな影響力を持つと思います。現場と国家の両面から日本の教育の現状を打破して行きたいと思います。

【地方議会から「誇りある国づくり」提唱シリーズ】
(※詳細は下線をクリックして下さい)

?地方から「誇りある国づくり」の発信を(4月13日)
……藤崎よしのり会長(前墨田区議会議員)

?学校の情報公開から教育改革を(6月12日)
          ……犬伏秀一幹事長(大田区議会議員)
       松浦芳子副会長(杉並区議会議員)
 
?教育正常化・拉致問題解決で国の建て直しを(6月25日)
           ……松原成文事務局長(川崎市議会議員)

?感動の教育から、良き日本の再建を(10月18日)
           ……吉村辰明常任幹事(豊島区議会議員)

?誇りある市へ、市政の正常化を目指して(11月13日)
……大西宣也監査(町田市議会議員)

?自律自尊の意識改革を地方議会から(11月23日)
 ……上島よしもり常任幹事(世田谷区議会議員)

?異常なイデオロギーから行政・教育現場を守れ(12月16日)
……渡辺  眞常任幹事(日野市議会議員)

?地域から、日本の共同体を守れ(2月18日)
……島崎義司常任幹事(武蔵野市議会議員)

?立派な人材を育てる教育の実現を(3月17日) 
……栗山欽行常任幹事(狛江市議会議員)

?藤沢発、日本再生へ! (4月16日)
          ……三野由美子常任幹事(藤沢市議会議員)

?組合意識に乗っ取られた公共機関の正常化を! (平成18年9月16日)
……桜井秀三副会長(松戸市議会議員)

?知事が進めるジェンダー教育を阻止!(平成18年10月20日)
……伊能敏雄副会長(香取市議会議員)
  高木 仁幹 事(香取市議会議員)




■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例