今日は何の日 2月22日 明治38(1905)年 - 竹島が島根県に編入される。

takeshima_map_m.gif

【日本における竹島の認知】

1.現在の竹島は、我が国ではかつて「松島」と呼ばれ、逆に鬱陵島が「竹島」や「磯竹島」と呼ばれていました。

竹島や鬱陵島の名称については、ヨーロッパの探検家等による鬱陵島の測位の誤りにより一時的な混乱があったものの、我が国が「竹島」と「松島」の存在を古くから承知していたことは各種の地図や文献からも確認できます。

例えば、経緯線を投影した刊行日本図として最も代表的な長久保赤水(ながくぼせきすい)の「改正日本輿地路程(よちろてい)全図」(1779年初版)のほか、鬱陵島と竹島を朝鮮半島と隠岐諸島との間に的確に記載している地図は多数存在します。

takeshima_img70.jpg
昭和28年6月島根県と海上保安庁が合同で建てた領土制札

takeshima_img71.jpg
1905年(明治38年)2月22日島根県告示第40号



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
鴻池祥肇参院議員ぶら下がり全文・上「オバハンが紙に入ったもの出して来た。『無礼者!』ゆうて突き返した」



「森友学園」の籠池泰典理事長との面会について説明する自民党の鴻池祥肇参院議員=1日夜、東京都千代田区の参院議員宿舎「森友学園」の籠池泰典理事長との面会について説明する自民党の鴻池祥肇参院議員=1日夜、東京都千代田区の参院議員宿舎

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題に絡み、土地取引に関与したとの指摘を受けた鴻池祥肇参院議員が1日夜、都内で記者団の取材に応じ、


森友学園の籠池泰典理事長と面識があることを認めたうえで、口利きなどの関与は一切ないと強調した。詳報は以下の通り。


《冒頭、鴻池氏から発言》


 「森友学園の件で、あらぬ疑いが、ひょっとしたらマスコミの皆さんにあるのではと思って。きちっと話をしておかないとあかんと、そういうことでここに座らせていただいています」


 「どんな関係かといえば、何年前か忘れたけど、『講演に来てくれ』といわれて、講演に行きました。まぁ父兄の皆さんの前でしょうね、150人くらいいたかな。


そのときの子供たちの態度は素晴らしいと思った。教育勅語を全員で言ったり。思想的にもわしに合うなと思いました。


それから籠池さん自身と会っていないんだけれども、出入りを神戸事務所にするようになったようです」


 「政治家の事務所というのは宿命で、いろいろな人がやってくる。いちいち聞いてないし、できることはしてあげる。


だけど、鴻池の事務所は金融、カネ、不動産、最も苦手で大嫌いな話だから。ここ29年、30年やったことがない。そういうことは。しかし何かそういうことで依頼に来たと。


うちは不動産屋と違うぞと。ええ加減断れと。そういう話はしたことがある。報告があったから。うちは不動産屋と違いますからと断ったみたい」


「ところが、どうしても会いたいと。これも政治家の宿命や。どうしても会いたいということで、3年前の4月、私が委員会に出ているときに、委員会をちょっと失礼して5分だけ、質問もしていない一委員でしたから、(議員)会館事務所に戻って会いました」


 「夫婦で来ていたと思います。籠池さんと奥さんと。そのときに財務省か大蔵省かな、よう分からんけど、お願いの儀があるような風なことをちらっと聞いた。


同時に、紙に入ったものを『これでお願いします』ゆうて。オバハンの方が。一瞬でカネだと分かりましたよ。だからそれを取って『無礼者!』と言ったんだ。


男のツラ銭ではたく、政治家のツラを銭ではたくような。そんなん教育者ちゃう、帰れ、と。私は委員会室に戻りました」


 「ただ、それがカネであったか、コンニャクであったか。カマボコかういろうか知らん。確かめてへんから。


だからあれはコンニャクでしたというなら、そうかなと思わざるを得ないな。しかし、現実として私が手で持って投げ返した。


その後、出入り禁止やん、当然。ところが何か、報告か何かに1、2回行ってくれたよね、神戸の事務所に。それはそれでええやん、報告だと。水まくわけにはいかへんから」


「僕は思いましたよ。くそーと思って。すぐに投げ返したけど、歩きながら、俺の今までの人生でこんな汚物を投げられたようなことは初めてだけれども、反省しようと。


それは俺に貫禄と、それと徳がなかったのだと。『こいつなら金で動くかもしれない』と思われたことが腹が立ったけど、これは俺が徳がないんやと」


 「ずっと黙っとったんや。ところが今回この問題や。野党のある男が、関係しているようなこといいよった、わしに。してへんがな。『してるでしょうに、これ見てください』ゆうて、初めてパンフレット(を見た)。


募金要項か、よく分かりません。そこに毎日問題になっている総理夫人の写真、理事長予定者の写真、平沼(赳夫)さんの写真や。かわいそうに、寝たままやで、あの人。


それが載ってて。面倒くさいから『ええやん、好きなようにさせてやれや』と言った。裏見てください。裏を見たら、総理夫人の隣に俺が写っていた。パンフレットに。けしからんと。何考えとんのやと。徹底せえと、そういうことは」


 「そういうことで、弁護士をすぐ呼んで、あれを取り消せと。謝罪せよと。いかなることで了解を得て、得てもしないやつを載せたのかということは、内容証明で、もうすでに(籠池氏側に)着いとる。


着いて7日たって、返事せえと。(でも返事が)来ない。だから今日の記者会見になった。来ないんだよ。


小池(晃参院議員)とか関係あらへん。政治家として、男としての生き様を、あいつに泥塗られた。そういうことだけです」


「だから、安倍さんも奥さんも気の毒や。のせられた。今回の件は『野党頑張れ』や、俺は。学校を作らせたらいかん。あそこの学校の要項を見たら、『日本人としての礼節を尊び、愛国心をはぐくむ教育』。生意気言うなと。


25年も30年もやった政治家に、それも男らしい生きてきた政治家によ。そやから貧乏しているわけや、俺は。それを金で動かそうという根性が気に食わん。文句あったら現れたらいいんだよ。いつでもどうぞ。もういっぺんけっ飛ばしたる。以上、終わり」


《以下、質疑応答》


 --籠池理事長夫妻が白い封筒を持ってきて…

 「白い封筒かは知らん」


 --封筒を持ってきて、「これでお願いします」と頭を下げた。それは今回の件で? 


 「知りません。きっとそうでしょう。借りるか、買うとか、安くしてくれとか、そんな話じゃないですかね。僕は嫌いやから、そんな話に耳は貸さない。それしかあらへんやん。オバハン、泣いて出しよったで、それを。オーオーと泣いて出しよった。気持ち悪いやろ」


 --最初に講演に行ったということだが、どういうきっかけで先方と知り合ったのか

 「知り合っていない。講演に行って初めて顔を見た」


--何がきっかけで講演に

 「確か僕の知り合いの誰かやな。行ったってくれるかゆうて。事務所通じて」


 --紹介されて?


 「行ったってくれと。僕はよく講演頼まれるんですよ。下手だけど。時間が合えば自分の思いを伝えるのも政治家の役目だから。いつも行ってますよ。


テレビ出てくれといわれたら出るし。『鴻池さん、あんたと同じ思想の幼稚園や』というわけよ。それでおもしろいなと思って。


そうしたら教育勅語やら、子供が行儀いいね、ピッとして。今から考えたら相当な教育をしているみたいだけど。感動したな、やっぱり。


だからきっと総理夫人も感動したんだと思うよ。あまりいじめたるなよ、かわいそうやから。総理夫人が一幼稚園のために動くか、そんなもん。頼まれたら行きますよ。


政治家の性(さが)ですよ、これは。何で行ったかゆうてもしゃあないやん。頼まれたから行ったんや。俺の思いを発信するために講演しているわけですよ」


 --今日、共産党の小池議員が質問で取り上げたペーパーだが、鴻池事務所のものか


 「いや、どんな紙持っとるか知らんけど、うちはオープンです! もう、天皇陛下だけはお越しにならんけど、どんな人でもうちの事務所に出入りする」


 --面会記録は取っているのか

 「面会記録、全部取ってる。うちは」

 --内容についても全部記録している

 「全部しとる。例えば、いつもは(地元の事務所から)送ってくるよ、それは。今日も、昨日も送ってきてる。誰が来て、どんな話したか。めんどくさいから見ないんや、俺は。任してる」

 --籠池氏側とどういう会話をしたかは

 「もう、おぞましい話や。そういう話は。不動産とカネはあかん。交通事故の依頼も『け飛ばせ』ゆうてる。あんのよ。政治家の事務所の性(さが)ですよ。あかんことはあかん!」

 --要望を受けて、財務省や国交省と交渉したことは

 「誰が?」


 --仲介したことは

 「誰が。俺がか? ない」


 --1回もない?

 「ない!」


 --会ったこともない

 「ない! 財務省なんて全然知らん、俺。どんな役所かも。どこにあるのかも知らん」


=(下)に続く




■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例