FC2ブログ
 

自民「保守系」の危機-「安倍シンパ分断」の声も

●教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ(産経新聞 9月14日)

「安倍シンパ分断」の声も

衆院選自民党圧勝の陰で、党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的な「保守派」がガタガタになり、立て直しを迫られている。郵政法案に反対票を投じ公認を外されたり、落選したりしたケースが少なくないためだ。保守派のまとめ役を安倍晋三幹事長代理が担ってきたことから「安倍シンパの分断選挙になった」(自民党筋)との声もあり、「ポスト小泉」選びにも微妙な影を落としそうだ。(産経新聞)

「教科書議連」(日本の前途と歴史教育を考える議員の会)
古屋圭司会長(無所属で当選)
衛藤晟一幹事長(落選)
拉致被害者救出議連
平沼赳夫会長(無所属で当選)
古屋圭司幹事長
靖国議連(靖国参拝を支持する若手国会議員の会)
松下忠洋会長(落選)
古川禎久事務局長(無所属で当選)
国家基本政策協議会
森岡正宏会長(落選)
人権擁護反対議連
平沼赳夫会長
古屋圭司座長
城内 実前事務局長(落選)

一方、12日、政府は法務副大臣に公明党の富田茂之政務官を昇格させました。公明党は人権擁護法案を推進しており、人権擁護法案の行方が気になるところです。

「保守派にとっても安倍さんにとっても、大きなダメージだろう。保守系の議員連盟はみんな、ズタズタになった」

自民党関係者は現状をこう解説する。小泉純一郎首相は衆院選で郵政民営化の是非を問うたが、その“副作用”は教科書、拉致事件、首相の靖国神社参拝、教育基本法改正、人権擁護法案…とさまざまな分野に及ぶ。

安倍氏がかつて事務局長を務め、今も教科書記述の正常化などに取り組む自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」。会長の古屋圭司氏と幹事長の衛藤晟一氏が郵政法案に反対したため公認が得られず、古屋氏は無所属で当選したが、衛藤氏は落選した。

安倍氏の肝いりで設立された「平和を願い、真の国益を考え、靖国参拝を支持する若手国会議員の会」は、会長の松下忠洋氏と事務局長の古川禎久氏が郵政法案に反対。古川氏は無所属で当選したが、松下氏は落選の憂き目をみた。


【関連記事】
※首相の靖国参拝を支持する若手議員の会(118名)結成

「靖国議連」は首相の靖国神社参拝を支持し、中韓両国に対しても、今秋に議連の見解を示し、堂々と首相の靖国神社参拝を支持する構えでありました。

議連ではないが、与党の「教育基本法改正に関する検討委員会」の保利耕輔座長も「反対派」で、無所属で当選したものの、今後の自公間協議には関与できそうにない。超党派の「教育基本法改正促進委員会」も独自の改正案づくりなどの活動をしてきた。会長の亀井郁夫、中心メンバーの中曽根弘文両参院議員は十三日、特別国会で賛成に転ずることを表明したものの、先の通常国会では反対票を投じ、発言力低下は避けられそうにはない。



超党派の教育基本法改正促進委員会は最高顧問に森 喜朗氏(自民党・前総理大臣)・西岡武夫氏(民主党・元文部大臣)が名を連ねていますが、政府案に対して、委員会でまとめた要綱案を中西輝政京都大学教授により、条文案をまとめ、議員立法で提出する手はずとなっていましたが、今回の衆議院選挙となり、今後の展開が問われています。

安倍氏が「人権侵害の定義があいまい」などとして批判した人権擁護法案について反対活動を展開した城内実氏は郵政法案に反対して落選。この問題で、城内氏と連携したのが古屋、衛藤、古川各氏、そして超党派の「拉致議連」会長の平沼赳夫氏だった。



【関連記事】
※言論統制を招来せしめる人権擁護法案の廃案を訴える。

ご承知のように「反対議連」の活躍により人権擁護法案は阻止されました。しかし、臨時国会において必ず推進派の巻き返しがあるとの認識でそれに如何に対応するかも「反対議連」では会議を進められていたのでした。

拉致議連前会長の中川昭一経済産業相の入閣に伴い、空席となった会長への就任を平沼氏に要請したのが、中川氏と安倍氏。平沼氏も今回、郵政法案に反対し、無所属で当選した。古屋氏は、拉致議連の事務局長でもある。拉致議連サイドは「執行部は変更せず、一致結束していく」(関係者)と話しているが、影響力低下が懸念される。



【関連記事】
※拉致問題-経済制裁に踏み切れないのは何故か

小泉首相の拉致問題への冷淡さは周知の事実であり、横田ご夫妻をはじめとする「拉致家族会」の落胆は尋常ではない、それだけに今回衆議院選挙の結果、平沼・古屋氏らは無所属であったとしても役員人事を変えないとのことで、それほどの信頼を得ていることに他なりません。

安倍氏が顧問を務め、竹島切手発行などに取り組んできた議連「国家基本政策協議会」会長の森岡正宏氏も郵政法案に反対し落選。こうした事態に「自民党は保守政党ではなくなっていくんじゃないか」(閣僚経験者)との観測も出ている。(産経新聞)



先の保守系議連の母体は日本会議国会議員懇談会です。
会長   平沼赳夫氏(衆議院) 
会長代行 中川昭一氏(衆議院)
幹事長  鴻池祥肇氏(参議院)
事務局長 衛藤晟一氏(衆議院)

日本会議首都圏地方議員懇談会としても、教科書・人権・靖国・ジェンダーなどの議員活動を展開してきましたが、これまで以上に保守系国会議員と連動し、全国の保守系地方議員と提携してまいりたいと思います。

【関連記事】
・一日も早い経済制裁の発動を!-国家主権を犯した拉致問題解決を-
・これは安倍つぶし-真正保守系議員の勝利を
・ホリエモンの正体ー真正保守議員の勝利を(その2)
・愚かにして重要な選挙-真正保守議員の勝利を(その3)
・公明党こそが「漁夫の利」を得るー平沼氏らがキャスティングボードを担う選挙勝利を
・教育改革-学校評価、国が基準
・拉致問題-経済制裁に踏み切れないのは何故か
・民主党はネオマルキスト!ーマニュフェストを読み解く

【時事問題関連記事】
【憲法問題】・天皇の元首規定の必要性についてー「新憲法―国民の声を聞く集い」
【靖国問題】・首相の靖国神社参拝「反対」論に反駁する
【歴史問題】・外務省の「歴史認識」を糾す-小堀論文
【教育問題】・子供たちを救うために-現場教師100人の声
【教科書問題】・これが学習指導要領に準拠した中学校歴史教科書選びの基準だ!
【ジェンダ問題】・明らかとなった男女共同参画社会基本法制定に向けた議事録の真相
【人権侵害問題】・言論統制を招来せしめる人権擁護法案の廃案を訴える
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉内閣の総決算

「最重要課題憲法改正だ」/自民・安倍幹事長代理が発言その通り。コインの裏表に過ぎない「米軍の核の傘による保護ー憲法9条死守の無条件平和主義」というヤルタポツダム体制の残滓を除去した上で日本の国家の基本的体制を立て直す最後のチャンスでしょう。先日アフガニス..

政権亡者、公明党を国政の場から追放しよう

今回の選挙結果は誰の予想をも超えたものだったようですが、自民党にとっても手放しで喜べる結果ではないと思います。中選挙区であれば、素直に喜べるでしょうが、これがall or nothingの小選挙区制度の怖いところです。今後の内政・外交の舵取り次第では、次の選挙で逆の結.

★ 民主党は何をしている! --選挙は「惨敗」ではない

ご存知のように、民主党は歴史的な退潮をみせた。改選時、177議席から64議席もの減少は、中選挙区制時代の自民党を含めてさえ、類例のない敗北である。おそらく、絶対比でみれば、戦前、1932年2月の総選挙、民政党の敗北以来ではないか?一昨日、岡田代表の辞意表明。各グ...

・自民党圧勝の裏に存在する不安  ~変わり始めた日本の流れを止めるな~

教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ:産経「安倍シンパ分断」の声も 衆院選自民党圧勝の陰で、党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的な「保守派」がガタガタになり、立て直しを迫られている。郵政法案に反対票を投じ公認を...

民主党再生の法、教えます。「マンガ嫌韓流」を読め。

壊滅的な敗北を喫した民主党は、なぜ、そうなったのか当事者が一番分かっていないようだ。なぜ、「政権交代を目指す」というスローガンが失敗に終わったのか考えた方がいい。「日本をあきらめない」というコピーが、支那や朝鮮半島の日本侵略の意図と重なって受け止められ、.

産経、さんざん小泉政権のちょうちん持ち記事書いといて、今更真の保守がいないと慌てるなよ

教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ「安倍シンパ分断」の声も 衆院選自民党圧勝の陰で、党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的な「保守派」がガタガタになり、立て直しを迫られている。郵政法案に反対票を投じ公認を外された

国際貢献への評価

 アンケートそのものが、その方法からして怪しいものもあるという話も聞く。が、このアンケートがそうかどうかはわからないので、とりあえず出ている結果からコメントを。...

左派共同戦線の戦術問題について

今回の総選挙結果をめぐって、活発な分析・討論が様々なブログでかわされています。討...

【保守】思想ではなく姿勢が問われる【壊滅】

いいえ私は♪ さそり座の女♪◆前原氏、代表選立候補で民主党内の世代間抗争がぼっ発 ネクスト防衛庁長官とか言ってた奴ね。まず画的に勝てないっつーか、この前原の写真で一言ボケろと言われたら「みんな死ねばいいんじゃない?」ってボケたくなるんだけど前原の....

小泉党の圧勝?

自民党が勝ったのは望ましい結果であるが、小泉純一郎が当選したことと、自民党だけで2/3の議席を確保できなかったことは残念である。今回の勝利は終わりの始まりとなる可能性がある。

小泉首相が人権擁護法案提出を約束

てっくさんのエントリーから引用させて頂きます。 この法案の内容は優れたブログが幾つもあるのでそちらをどうぞ。予想されたことなので、何も付け加える必要はありませんね。小泉 「政府与党内で、更に検討を進めまして、人権侵害被害者の実効的な救済を図る事を目的とす.

自民党のわが世の春と今後の火種

ポスト小泉 4人要職に 内閣改造、森氏見通し (産経新聞) - goo ニュース 勝てば官軍。何を言ってもやっても許されるような風潮ができつつある(という人もいるが、はるか昔から日本って国は勝てば何でも許されるという風潮はあると思う)が、そうなるといつものように余

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例