FC2ブログ
 

「がんばろう、日本!国民協議会」と民主党の関係について

日本会議の会員の方から下記のような情報をいただきましたのでご紹介いたします。

1.「がんばろう、日本! 国民協議会」とは?

読者諸賢はここ数年、「がんばろう、日本! 国民協議会」という団体が都内および大阪、京都の駅頭で演説しているのを見かけた事がおありであると思います。

一見、保守系団体に見えるこの協議会が発行している機関紙や、主催するシンポジウムなどに参加しているのは民主党の若手・中堅議員のいわゆる民主党右派で、特に松下政経塾出身議員が多く参加しています。しかし、なぜか自民党議員は皆無です。

この団体については以前から関心を持っており、筆者の勤める会社近くの駅頭でもよく演説しているので何度かメンバーと立ち話をすることもあったのですが、最近別件で各種資料にあたっている内、この団体の素性が判ってきました。

「がんばろう、日本! 国民協議会」の実質的本体は「民主統一同盟」といいます。この団体の前身は、「マル青同(マルクス主義青年同盟)」で、分派というよりも組織が丸ごと名称変更しており、その経緯については日本共産党の『赤旗』ほかの出版物が詳しいのですが、下記で簡単に説明します。

かつて60年安保の際に活動していた左翼・共産同(ブント)はその総括を巡って諸派に分裂しました。その中で、武装闘争路線を堅持し毛沢東思想を指導理念としたグループがマルクス・レーニン主義派(ML派)です。このML派はさらに分裂し、赤軍派とマル青同(マルクス主義青年同盟)に大別されます。赤軍派とは数々の国際テロの主役だったあのグループであり、マル青同は内ゲバ殺人事件を多数引き起こしている有名な集団です。そのマル青同が組織名を変更したものが、「民主統一同盟」なのです。

2.民主党と「民主統一同盟」

彼らのホームページではトップに「国民主権の発展を~ 過去―現在―未来にわたって語りきる改革保守の政治潮流を!」とあり、保守系団体を装っているのですが、公安関係者によれば、その実態はいまだ毛沢東主義を信奉する極左集団であるという事です。衆院選後も民主党議員とともに“総括”を行っていますが、彼らの基本姿勢は自民党を「敵」と規定した活動であり、その対立軸として民主党を位置づけています。

彼らが真正保守派ではない(転向していない)証拠に、一貫して靖国神社の参拝に否定的であること、主催各行事に一切国旗掲揚していないこと、自民党議員との接点が全く見られないこと等が挙げられます。

また組織の要綱および機関紙の論説から窺えるのが、東アジアからアメリカの影響力を排除する外交を目指している事です。また要綱では「冷戦崩壊から十年を経過し、経済危機から構造改革に向き合いつつある東アジアは、自由・民主主義を自ら自身のものとしつつある」とうたい『東アジア共同体』を推進する姿勢なのです。

彼らのパネルディスカッションには頻繁に複数の中国人学者が登場しますが、民主統一同盟の『東アジア共同体』に対するスタンスはこれら中国人学者の見解に近いものです。その代表格が朱建栄・東洋学園大学教授で、この朱教授は中国政府の影響下にあると思われる「日本華人教授会議」の会長であり、中国政府のエージェントと言ってよい人物です。

次に、以下に挙げた民主党議員および民主党出身者はこの団体のセミナー、機関紙によく登場している人々です。彼らは憲法改正に肯定的であり、自主防衛の志向、有事立法に肯定的であることから保守系議員に分類されています。

そのため、彼らと自民党一部保守系議員による保守系新党結成により、政界再編を望む声が保守系論客の中にあります。しかし民主党各議員がこの民主統一同盟の影響下にあると仮定すると保守系新党の結成はあり得ないでしょう。なぜなら前述したとおり、民主統一同盟は自民党内の保守派を「敵」と規定しているからです。

前原誠司、武正公一、古川元久、手塚仁雄、長島昭久、大塚耕平、浅尾慶一郎、達増拓也、細野豪志、松井孝治、蓮舫、中塚一宏 各議員
(元職も含む)の他、
松沢成文 神奈川県知事、上田清司 埼玉県知事など。

ただ、松沢氏などはこの団体に当初参加してはいますが、今は距離を置いているとのことです。現在この団体に入れ込んでいるのは埼玉1区の武正公一議員と手塚仁雄元議員(今回落選)の2人だということです。

言いたいことはこの団体の危険性に注視していただきたいのです。

3.おわりに

民主統一同盟が主張する自主防衛、日米同盟の見直しなども、単にアジアからアメリカの影響力を排除したい為の便宜的なものではないかと考えられます。また北朝鮮に対して経済制裁を主張していますが、その目的はアメリカの支配力からの脱却という点にあるのではないでしょうか。

筆者が最初に「がんばろう、日本! 国民協議会」に接触したのは平成13年秋頃でした。今振り返って考えると、そもそも民主党の政策、マニュフェストと「マニュフェスト選挙」自体、民主統一同盟の仕掛けた物ではないだろうかという疑念も生じます。

現在でも彼らは公安当局の監視対象となっており、筆者も複数のルートから確認しています。彼らと関わりのある民主党議員と各自治体首長、地方議員に司直の手が伸びぬよう、警鐘を鳴らしたいものです。 以 上
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

株価1万4000円台を回復

日経平均株価が1万4000円台を回復した。小泉政権誕生から約4年半かかって、政権が発足した平成13年4月26日の終値1万3973円03銭を上回ったことになる。

人間皆平等?--報道2001を見て

今朝の報道2001は面白かった。それは楽しいという意味ではなくて、一体この人は何を考えているのかなあという感想をもったということなのだが。出演者は猪口邦子少子化・男女共同参画担当大臣と小坂文部科学大臣に評論家の西部邁氏、都立高校教諭の喜入克氏。

宇多田ヒカル 離婚!

宇多田ヒカル離婚!

【お宝】神田うのは日本一チン○ンを見た小学生!その数100本【3P動画】

    神田うの=神、出演者=出  神「小学生の頃、電車乗って帰るとバレーの帰りだから遅いじゃないですか    そうすると見せてくるの。毎回、違う人ですよ。もちろん。    カバンに隠して、となりに座ってるの。「ホラッホラッ」って、、  出「....

あゆがレズバー通い!店内でイチャイチャ!!

あゆ破局!!

民主党・若手将校の暴走

 とあるwebサイトの内容や運営者の行動が人々の逆鱗に触れた時、紅蓮の炎で燃え盛る事がある。 しかしそれを国会議員のHPで見ることになるとは・・・ 嵐の中の党首討論今

コメント

隠れマルキスト

ビートたけしのTVタックルに出てくる原口一博氏は隠れマルキストの疑い有り、ということですな。あやうく騙されるところでした。

改憲で「普通の国」になったから日米同盟はいらない、東アジア共同体(実態は中国主導)に参加せよ、という作戦ですね。

訂正

民主党員の名前が掲載されていましたが、一部訂正しました。
しかも、現在この団体に入れ込んでいるのは武正氏と手塚氏とのことですので訂正とお詫びを申し上げます。

大変申し訳ございませんでした。原口氏などはこの団体に参加してはいますが、今は距離を置いているとのことです。

週刊文春の記事、ようやく出たか、の感想です。記事にもでてくる錦織淳元衆議(弁護士)が民主党にこのテロル団体との橋渡し役をした人物としてインタビュー掲載されてますが、彼もとは私の出身地・島根県で竹下元首相を倒すといって「刺客」だったひとです。最近まで東京の平沢さんの選挙区で惨めにも宗教法人釈尊会の顧問もどきことをしながら支部長してたんですが、民主党内でもぼろかすでRCCからたくさん仕事を流させてる疑惑で国会質問されかけた矢先に例の永田偽メール事件が起き、あの騒動で一番
助かったのはだーれ、なんて言う秘書もいましたよ。
びっくりだったのはこの会のHPにでてくる「望年会」なる忘年会に錦織の子分どもの都議や区議がそろって出てる事実。(ある葛飾区議の解説受け売りですが)
RCCは五期連続赤字ですがこいつらにまさか「革命資金」として流れてなんかいないでしょうかね?

村山政権の功罪

この団体が公然と政権奪取を狙ってきたのが村山三党連立政権でした。ご指摘の錦織議員も記録では「首相補佐」として自民・中川秀直氏らとともに、さきがけからおくりこまれています。当時公安筋からとんでもない左翼弁護士に官邸がジャックされそうだよ、と聞かされたことがあり、いまにしておもうと彼のことだったのかもしれません。
周囲はとうに転向した人物、と無警戒だったのですが、のちに参院選挙で錦織陣営の選対事務局長が検挙され、有罪
となった新聞記事から犯人の名前が知られ、バリ公安事件だったことを知らされました。
つまり国民協議会系で、首相官邸に出入りできる通行証を
与えられた初期のトップが彼なわけで、さきがけ解体後、松下政経組が「免疫」のないことをいいことに、うらで暗躍してきたのが彼だということです。前原や原口をオルグするまでの巧妙な「罠」にこそ、目をむけたいものです。

病院に逃亡した永田議員ですが、逃亡先の碑文谷の病院は
国民協議会べったりの手塚元議員の親族経営の私立病院。
本当のメールの出所を明かされたくない連中に「拉致」されたも同然だったんでしょう。永田氏の胸中やいかに?
心よりお見舞い申し上げます。

民主統一同盟の政界浸透

出雲の国の怪男児さん、あやとりさん、参考になるコメントありがとうございます。

先週の週刊文春の記事でも、相変わらず民主党が主なターゲットの記事になっていますね。自民関係者では愛知氏や伊藤達也氏などの、こう言っては失礼だが大勢に影響ない人の名前が挙がっていますが、真に要注意なのは以下の2人だと思います。

1.上野賢一郎議員(滋賀1区) この御仁は「がんばろう~」の会員そのもの。関西の「がんばろう~」各集会に頻繁に顔出しています。

2.世耕弘成議員(参議院) 2003年7月10日「がんばろう~」講演会の講師をしていたのを確認。自民党の広報戦略の要にある人物が、こんな団体に接触しているようでは終わりです。

民主前原氏自身は「がんばろう~」会員では無いのですが、後援会関係や系列県議・市議に「がんばろう~」が浸透しているようです。その要は、隠塚 功・京都市議でしょう。この人も「がんばろう~」の会員そのものです。昨年の衆院選挙では、前原陣営の選対幹部を務めています。

民主統一同盟の浸透度は、地方議会・自治体のほうが問題かも知れません。

(参照) 2005年11月12日 付け拙稿・東アジア共同体と「がんばろう、日本!国民協議会」への疑問 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-184.html#more

自戒を込めて 

藤田先生、ご指摘ありがとうございます。
自民党にまで汚染拡大していたと知りショックです。
議員秘書の年齢が下がり、極左テロについて何も知らない人間が増えています。革マルとの違いも「左翼でない僕にはピンと来ない」、と笑う新人君もいて、ベルリンの壁崩壊以来、左右対立は終焉したかに楽観視する風潮が蔓延しています。
安易に講演依頼を受けてしまうところに連中の付け入る余地があるわけです。国民協議会については彼らのWEBの文体を一瞥するだけで、「あっ!極左ぽいぞ」とわかるのに
本当に不注意です。
ところでさっき投げ込みがありまして民主党が調査した汚染議員の献金実態報告があります。これによると皆さんが注目されている、旧島根2区の錦織氏がまだ衆院議員だった当時の平成8年に、戸田氏より100,000円献金されていたと出ています。さきがけ当時の話ですからずいぶん古い付き合いですね。彼が枝野、前原らを誘いこんだのでしょう。自民でもキチンと調査すべきで、とくに地方議員・首長選では中央の目が行き届かず危険です。
 自公民相乗り推薦候補も危機感をもってもらいたいものです。

国民協議会の政界浸透

おきつさん、コメントありがとうございます。
余り知られていない国民協議会ネタは結構あります。
例えば昨年11月13日の愛知県新城市長選で当選した現市長の穂積亮次氏(53)は、「民主統一同盟」の前代表で、かつてのマル青同代表でした。
75年の岡山大ノンセクト学生襲撃殺人事件にも関り、事件後の”総括”では殺人に対する反省はまるで無く、「死体はもっと深く埋めるべきだった」などと“反省”していた連中の一人(今はどう考えているかは知りません)。
開票日の夜、2ちゃんねる某左翼掲示板では「マル青同初の市長誕生か?」で盛り上がっていたという事です。愛知県新城市は左翼過激派がまるで平家落人部落よろしく集団移住しているのかも知れません。

今年に入ってからも、とんでもない情報があります。時期を見て書くつもりです。

錦織淳氏、懲戒請求された情報

藤田先生 新城市長がマル青同との情報驚きました。
市民はきちんと彼の正体を知らされて投票したんでしょうか。今回の文春報道を契機に市議会・マスコミ・有権者が一体となって決起すべきでしょう。
 ところで「司法ジャーナル」なる有名サイトがありますが、再三話題になってきている、島根出身の錦織淳元衆議(弁護士らしい)がこのたびマル青同から政治献金をうけていたことを文春取材時にかくしてごまかそうとしたことで弁護士懲戒請求をかけられたことがでています。
 なるほど錦織氏は弁護士報酬としてではなく、政治献金として戸田氏個人から現金をもらっていて、しかも文春では、それが何悪い、と開き直る有様です。
 テロ集団の意を受け政治活動資金をもらうことを是とする「正義感」がわたしにも全く理解できません。
 新城市長も錦織氏とおんなじ悪あがきをするかもしれませんが、一般的に献金提供者を「マル青同」と認識できたのに金をもらったり、みずからマル青同での活動歴のある「選良」はこの際総辞職すべきでしょう。
正直に過去を有権者の前で告白し懺悔したくないというのは、つまるところ有権者を騙すことでもあり詐欺師です。

本日夕方、飯田橋駅街頭にて国民協議会なる怪しい政治団体に声を掛けられ口論してしまいました。あまりにもその30代の男が左翼的だったので何とか逃げましたがあの鼻毛の伸び具合は彼女がいないようです。ネットで調べてびっくり、民主党が関係しているとは。やはり興味本位で話してはいけませんね。街頭の勧誘は宗教か政治家キャッチセールスしかないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと失礼します。
この団体の一員と個人的に知り合いなのですが、違和感ある言動をしていました。児童ポルノ法改正案も毎日新聞変態記事も、その重大性を理解していない様子でした。やはり危険集団でしたか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例