FC2ブログ
 

東アジア共同体と「がんばろう、日本!国民協議会」への疑問

「がんばろう、日本! 国民協議会」と、それに同調する一部民主党国会議員・地方議員の外交政策は、中国主導の東アジア共同体確立を加速させる危険性が高いのではないのか?

日本会議神奈川 会員
日華(台)親善友好慰霊訪問団
東京支部長   藤田 達男

●11月5日付の会員投稿・「がんばろう、日本!国民協議会」と民主党の関係について に関連して、この団体と「東アジア共同体」、民主党の外交政策について私見を述べてみたい。

元々、小生は台湾・中国ウォッチャーである。過去にこのブログで台湾人靖國訴訟や関連する事象について書いてきたが、当然中韓メディアや左翼、反日勢力サイドの資料に当たる事が多い。「がんばろう、日本! 国民協議会」に関しても以前から資料を溜め込んでおり、この団体の外交政策に注目してきた。

小生としては彼らが過去に左翼として活動していたとしても、その後十分な反省と勉強を重ねた上で“保守”として活動しているならば何等差し支えないと考えている。しかし過去の非合法活動の清算をしていないか、または根底に共産主義・毛沢東思想があって“保守”を隠れ蓑としているのならば、“改革保守”と称していても論外であろう。

まず第一に「がんばろう~」の要綱と各種論文を読む限り、彼らの云う“歴史意識“であるとか“伝統的文化共同体としての日本”とかは、戦後民主主義に立脚していると云わざるを得ない。大東亜戦争(と彼らは言わないが)の敗戦によって日本は自由と民主主義を手に入れ、それを血肉化してきたのが歴史であり伝統であるという理屈である。

そこには昭和20年以前の歴史は登場しない。それらは否定されるべきものという感覚であっさり片付けられている。当然、皇統と日本の歴史や靖國神社に関しても取り上げられない。極めて不自然な“保守”がそこにある。

おそらく、中身がマル青同(マルクス主義青年同盟)のままであるから、伝統保守派との本格論戦になっては手に余る問題ということであろう。平たく言えば、「化けの皮が剥がれては困る」という事である。

●また彼らは“地球共生国家”を標榜し、“国民主権の発展”として憲法改正に肯定的な立場をとっている。それを「創憲」と称しているが、その前提は“現行憲法の基本秩序・原則をより発展・整備する”ことであり、リベラル派の主張に通じるものがある。憲法改正自体はもはや逆らえない時代の趨勢であり、改憲派か護憲派かという議論は無意味になりつつある。これからの問題は改憲の中味である。彼らの主張は民主党の憲法調査会中間報告に謳われている、“地球市民的価値を定着”させるための『創憲』に近いと思われる。それは「小さな政府」指向から、やがては日本国家の解体につながるものと云えよう。

民主党議員と「がんばろう~」の関係については後述するが、「がんばろう~」の思想が民主党の政策にどれほどの影響力を与えているのか小生には判断が難しい。なぜなら、「地球市民」、「国家主権の移譲・共有」、「“個人”が地域社会や階級・民族などから抑圧されてきた」等々の言葉が並ぶ民主党憲法調査会中間報告はこれだけを読んでいると、「がんばろう~」の主張の方がまともに思える程の酷い代物だからである。

しかしこの中間報告が出された後の政情変化で、民主党左派勢力が減衰しているのだから「がんばろう~」の影響力も限定されるのではと見る向きもあるが、小生はそうは思わない。

なぜなら前原代表を始めとする松下政経塾出身議員を中心とした、民主党右派(実は単なるリベラル派)に分類される人々の対外認識・外交政策と、「がんばろう~」の唱える対外政策、さらに「がんばろう~」のセミナー・講演会に出席もしくは寄稿している学者の姿勢には共通点があるからである。

それは端的に云うと、東アジア共同体の推進である。

●「がんばろう~」に関係し、影響を与えている学者は下記の人々である。

添谷芳秀(慶應大学教授)、中西寛(京都大学教授)、田中明彦(東京大学教授)、森本敏(拓殖大学教授)、村田晃嗣(同志社大学教授)、飯尾潤(政策研究大学院大学教授)、朱建栄(東洋学園大学教授)

このうち『東アジア共同体評議会』(会長・中曽根康弘)の役員名簿に名を連ねているのが、添谷教授、田中教授、森本教授である。また中西教授は東アジア共同体の熱心な推進者である。

村田教授は以前、中西輝政・京大教授と改憲論争を繰り広げていたが、元々は外交史が専門の改憲論者である。ただしその改憲の方向はリベラル派に近いと思う。飯尾教授は政治論、政策論の専門で、『21世紀臨調』のメンバーである。昨今はやりのローカル・マニフェスト運動の推進に寄与している。朱教授は『日本華人教授会議』の会長であり、最近よくマスコミに登場しているが中国政府の代弁者と云ってよい。

これらの顔ぶれを見ると、「がんばろう~」が影響を与えているのではなく、指導を受けていると見るのが妥当であろう。共通性を求めると、飯尾教授を除き皆、東アジア共同体の推進もしくは理解者であり、朝日新聞によく登場する面々でもある。

添谷教授の持論は簡約すると「日本は大国ではない、大国として振舞うべきではない」、「中国がアジアの大国で盟主、日本はナンバー2として補佐する役目にある」、「明治以降の近代日本はアジアにおける欧米の代弁者であり、日本のアジア主義は戦争とアジア支配を正当化」というもの。朝日受けする内容である。

中西教授は首相の靖國参拝を「東アジア共同体構想にとってマイナス」と断じており、また過去の著作を読むとどうも師匠の故・高坂正堯京大教授のリベラル部分を強く受け継いでいると思う。ちなみに民主党の前原代表も高坂先生の弟子である。

朱教授と『日本華人教授会議』は現在小生が注目しているところである。彼らは基本的に中国政府の意向に近い論文・見解を出しており、特に日台中関係について日本の政財界にどう中国側の意図をアプローチしてゆくか要監視である。

日台中関係については同様に、添谷教授、田中教授の動向もチェックする必要がある。なぜなら添谷教授は平成12年度参議院委託研究「台湾プロジェクト」の長であり、また去る9月6、7日に開催された「台日フォーラム2005年東京会議」に両氏が出席するなど台湾問題に関わっているが、基本スタンスが(潜在下に中国主導の)東アジア共同体推進であれば、議論をミスリードする可能性も否定できないからである。

ただし民主党内には親台湾派の議員連盟である『日本・台湾安保経済研究会』があり、台湾支持は自民党以上に明確なので、易々と奸計に惑わされる事は無いであろう。

気懸りなのは山崎拓・元自民党副総裁が民主との“大連立”を示唆する発言をしており、そうなると自民党内媚中派と民主左派・リベラル派が結託するという事態も考えられる。靖國代替追悼施設議連の立ち上げは民主への“餌”と見る事もできるだろう。

「がんばろう~」が現状で一番危険と思われる点は、上記の学者たちの理論指導の下に民主党を中心とする各国会議員、地方議員への影響力を強めて、対外政策、特に東アジア共同体推進を後押し、更には台湾海峡有事と台湾独立に関する日本のプレゼンスを無力化するよう誘導する事(中国主導の東アジア共同体構想から導かれるのは、台湾の“香港化”)なのである。

●下記に「がんばろう~」の出版物、HP、各議員のHPおよび関連団体の資料から、この団体と関わりのある各議員を分類してみた。日付は諸行事開催日である。

1.「がんばろう~」に距離が近いと思われる民主党衆院議員

達増拓也(岩手1区)2005/3/1がんばろう事務所・ゲストスピーカー
武正公一(埼玉1区)2004/10/2定例講演会パネリスト、
2004/5/17岩槻・ゲストスピーカー
枝野幸男(埼玉5区)2005/11/28総評会館・講演会・講師(予定)、
2005/4/4さいたま市・ゲストスピーカー、
2005/3/17定例講演会講師、
2004/11/27定例講演会パネリスト、
2004/3/09定例講演会講師
古川元久(愛知2区)2005/2/1がんばろう事務所・ゲストスピーカー、
2004/5/23シンポジウム・パネリスト
前原誠司(京都2区)2004/11/27定例講演会パネリスト、
2004/2/17定例講演会講師
北神圭朗(京都4区) 会員、2005/8/24協議会主催『北神圭朗君を励ます会』、
2004/9/28大阪・ゲストスピーカー
馬淵澄夫(奈良1区)2005/11/22がんばろう事務所・ゲストスピーカー(予定)、
2004/9/29東京・ゲストスピーカー

2.今回落選組

手塚仁雄(東京5区) 2005/8/9定例講演会パネリスト、
2005/2/21越谷・ゲストスピーカー、
2005/1/13定例講演会パネリスト、
2004/12/14私学会館忘年会参加、
2004/7/22越谷・ゲストスピーカー
中塚一宏(神奈川12区)2004/10/2定例講演会パネリスト、
2004/5/23シンポジウム・パネリスト、
2004/1/23定例講演会講師
吉田 治(大阪4区) 2004/3/28セミナー・パネリスト
樽床伸二(大阪12区) 2005/4/24大阪・セミナー・パネリスト
中山義活(東京2区) 2004/12/14私学会館忘年会参加
本多平直(埼玉12区) 2004/12/9越谷・ゲストスピーカー

3.今は距離を置いている議員

原口一博(佐賀1区) 2005/1/13定例講演会パネリスト、
2004/11/3セミナー講師、
2004/5/23シンポジウム・パネリスト、協議会主催『原口一博君を励ます会in大阪』
長島昭久(東京21区) 2004/12/14私学会館忘年会参加、
2004/9/29東京・ゲストスピーカー、
2004/5/23シンポジウム・パネリスト
細野豪志(静岡5区) 機関紙 319号 (2005/11/1発行)・インタビュー
小宮山泰子(埼玉7区)2004/12/9越谷・ゲストスピーカー、
2004/9/27越谷・ゲストスピーカー、
2004/7/22越谷・ゲストスピーカー
高山智司(埼玉15区) 2004/9/27越谷・ゲストスピーカー
市村浩一郎(兵庫6区)2004/3/28セミナー・パネリスト

4.自民党で接触のあった議員

上野賢一郎(滋賀1区)2005/1/30京都・ゲストスピーカー
水野賢一(千葉9区) 2003/1/28定例講演会パネリスト
世耕弘成(参議院) 2003/7/10定例講演会パネリスト

5.民主党参議院議員

尾立源幸、山本孝史、福山哲郎: この3人は各種会合に頻繁に出席
蓮舫 2005/8/9定例講演会パネリスト、
2004/7/18東京・ゲストスピーカー
浅尾慶一郎、大塚耕平、松井孝治の各氏: 過去参加あり

6.接触はあったが、明らかに主張が異なる議員(民主党内・伝統保守派)

野田佳彦(千葉4区)
松原 仁(東京3区)
笠 浩史(神奈川9区)
(註: 最強の伝統保守派・西村眞悟氏には、さすがに「がんばろう~」も接点が無い)

7.地方自治体首長、地方議員

松沢成文・神奈川県知事、上田清司・埼玉県知事、木村良樹・和歌山県知事、
山田 宏・杉並区長、福島浩彦・我孫子市長、石川良一・稲城市長、根本 崇・野田市長、木下博信・草加市長、木下敏之・佐賀市長、岡本泰明・柏原市長、

(民主党都議会議員)花輪智史、初鹿明博、柿沢未途、伊藤正樹、伊藤悠、野上幸絵、猪爪まさみ、吉田康一郎、酒井大史、原田大、小澤昌也の各氏、
森山浩行・大阪府議、吉本誠兵庫県議、白川秀嗣・越谷市議、隠塚 功・京都市議、木村正治・東大阪市議、江田健治・白井市議会議長、中村・白井市議、岩田・白井市議、松本・印西市議、後上民子・前久喜市議、田口初江・吉川市議、中村とおる・所沢市議、白土春日部市議、中野蓮田市議、佐野英史・奈良三郷町議、南部としこ・京田辺市議、山下まさし・亀岡市議

(文中敬称略)
以 上

(参考資料)
・「がんばろう,日本!」 国民協議会ホームページ
・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
・日本再生 308号(2004/12/1)、318号(2005/10/1)
・「がんばろう、日本!」国民協議会要綱
・『毎日新聞』2005年7月23日「論点」
・『読売新聞』2005年6月9日朝刊「談論」
・財団法人 平和・安全保障研究所RIPS' Eye NO.5(2003.9.1)、NO.9(2003.10.30)、
 NO.11(2003.12.5)、NO.26(2004. 8.16)、NO.49(2005.9.1)、NO.51(2005.10.17)
・東アジア共同体評議会ホームページ
・「21世紀日本の構想」懇談会議事概要、報告書
・財団法人 霞山会 月刊「東亜」2004.11月号、2005.5月号、2005.7月号
・『立法と調査』・別冊( 2001年3月)
・和田春樹ホームページ
・台湾週報 2005年8月30日
・民主党憲法調査会「中間報告」2001年12月18日

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本郵政社長に西川善文氏

昨日のビッグニュースは、やはり「日本郵政株式会社」社長に三井住友銀行前頭取の西川善文氏の起用が決まったことだろう。讀賣、朝日、毎日、日経、産経、東京の主要6紙が、すべて社説で採り上げている。民間会社のトップ人事を全紙が社説で採り上げる、あまり記憶にない出

★ 谷口誠 『東アジア共同体 -経済統合のゆくえと日本-』 ...

東アジア共同体をとなえた本。そんだけ。じゃすまないので、続き。国際経済外交の一線に立っていた元外交官が、グローバリゼーションに触発されて世界各地でおきている、FTAや地域統合をアジアでも作りましょう、と提言してくださいます。そして、イニシアティブをとら..

【証言】ジャニーさん「家に来ちゃいなよ」【動画】

Kinki KidsかTOKIOあたりが皮切りだと思うんですが、5年ぐらい前までは「触れてはいけない存在」として箝口令が敷かれていた(に違いない)ジャニーズ事務所のジャニー喜多川についてここ1~2年、堰を切ったように所属タレント達から面白エピソードが披露されてるのは何故な

マツケン異常男性器とSEX裏事情

マツケンとかつて愛人関係にあった、あるゲイバーのニューハーフ(元男性)の告白によると、マツケンが元アイドルの女性と結婚したことはかなりの衝撃だったという。もちろん、マツケンが長年ゲイバーに通い、ニューハーフの愛人が何人もいたことはマスコミでも周知の事実で

梨花の壮絶失恋立ち直り話

これまでも多くの衝撃的な恋愛暴露をしてきた梨花が、またまたビックリ失恋話を語った。■梨花のフラレパターン梨花の恋はまず、告白されて付き合うパターンが多いらしく、最初は相手に思われているのだが、だんだん自分の方がハマってしまうのだとか。そしてこ

【証言】ジャニーさん「家に来ちゃいなよ」【動画】

Kinki KidsかTOKIOあたりが皮切りだと思うんですが、5年ぐらい前までは「触れてはいけない存在」として箝口令が敷かれていた(に違いない) ジャニーズ事務所のジャニー喜多川についてここ1~2年、堰を切ったように所属タレント達から面白エピソードが披露されてるのは何故

売国議員と選挙民

又売国議員が集まって、アジア三馬鹿国の意向どうりの靖国に変わる『戦没者追悼施設』を作ろうとして集会を持ったようだ。しかし、不思議なのが、こんな、日本という国家を外国に売り渡そうとしている議員を選ぶ地元『選挙民』の民度の低さだ。自分たちが生きているこの日本

いざ!攘夷へ

 幕末に列強の横暴をよしとせず、外敵に真っ向から挑む者たちがいた。各藩に属する武士たちである。光圀公が啓いた尊皇派の水戸藩士や、大藩に相当する薩摩藩、長州藩などである。彼らこそ、後に260年間に渡る幕藩政治に終止符を打ち、明治維新を行い、列強からの独

中国が嫌がらないこと=日本が属国になること

売国新聞が、売国記者を使って与えられた中国共産党のスポークスマンの役割を必死に果たしています。11月16日の朝日新聞紙面からです。(著作権等に問題があるなら、誰か教えてください)~引用開始~王毅・駐日中国大使に聞く冷え込んだままの日中関係に、好転の兆しが見え

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例