FC2ブログ
09 月<< 2020年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

「女系天皇容認」よりもまずは宮家の存続・復活から

あまりにも拙速、安易な皇室典範有識者会議
「女系天皇容認」よりもまずは宮家の存続・復活から


●「女性・女系天皇は不可欠」有識者会議が報告書

皇位継承の在り方を検討してきた小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は24日、女性天皇と、その子・孫(女系)の天皇即位を容認する報告書をまとめ、小泉首相に提出した。

報告書は「皇位の安定的な継承を維持するためには、女性天皇・女系天皇へのみちを開くことが不可欠だ」と明記した。皇位継承順位は、男女を問わず、天皇の第1子から出生順に定める「長子優先」とした。これまでの男系男子による皇位継承を抜本的に変える内容となっている。(読売新聞 11/25)

日本会議では、国会議員懇談会を中心に、次期通常国会の内閣部会において、皇室典範改正阻止を図るべく、議員間での勉強会を重ね、その問題点を広く啓蒙しています。

日本会議の月刊「日本の息吹」12月号に「女系天皇容認」よりもまずは宮家の存続・復活を、掲載いたしましたので御参照ください。

皇室典範
第一条[継承の資格]皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
第九条[養子の禁止]天皇及び皇族は、養子をすることができない。


今年一月、活動を開始した小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)は、わずか十四回の会合の後、早くもこの十一月中に最終答申を出すという。しかし伝えられるところの基本方針には疑問点が多すぎる。ここで、少しく論点を整理してみたい。

皇室典範の改正は不可欠

Q)なぜ、いま、皇室典範を改正する必要があるのですか?

A)皇室典範は、皇位継承資格者の要件として、「皇統に属する男系の男子」と定めています(第一条)が、秋篠宮殿下以降、四十年も男子がお生まれになっていないという状況です。つまり、このまま推移すれば、皇太子殿下の次の世代、皇位継承者がひとりもおられなくなってしまいます。つまり皇統が断絶してしまうのです。初代神武天皇から今上陛下まで百二十五代にわたり連綿と続いてきた皇室がなくなるとは、天皇を中心として国民がまとまってきた我が国の国柄がなくなってしまう、即ち日本が日本でなくなるということです。
 
そこで、この危機をなんとか乗り切ろうということで、すでに民間では何年にもわたって研究が続けられてきていました(*1)が、今年一月、にわかに小泉首相の私的諮問機関として「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長、以下、有識者会議)(*2)がつくられたことにより、国民的関心も一気に高まりました。

安易な女性天皇容認論は拙速にすぎるのではないか


Q)有識者会議ではどのような方向で話し合いが進んでいるのですか。

A)最終報告が十一月中にも出される予定と聞きますが、新聞報道によると、?女系・女性天皇を容認し、?皇位継承順位は男女を問わず第一子優先とする方針を固めたようです。

Q)皇太子殿下の第一子、愛子さまが天皇になられる道が開けたということで、それは喜ばしいことではないのですか?各種世論調査(*3)でも国民の多くが、愛らしい愛子さまがやがて天皇になられる、即ち女性天皇容認を歓迎しているようですが、何か問題がありますか?

A)まだ国民には広く知られていないようですが、事はそう簡単ではありません。たしかに、現在の各宮家には、女子しかおられませんので、このままいけば皇統は断絶します。(図参照)

だから、女子にも皇位継承の資格を与えるように典範を改正したらいいというのは、分かりやすい論理です。しかし、実はこれは皇室の伝統を破壊しかねない重大な変更なのです。まずこのことを認識しなければなりません。

その伝統とは神武天皇以来今上陛下に至るまで、百二十五代の天皇はすべて「男系継承」だったという事実です。男系とは皇位継承者が父方の血筋で天皇と結ばれていることを指します。つまり、仮に愛子さまが天皇になられたとして、愛子さまは男系の女帝ですが、愛子様の配偶者(皇配または皇婿という)が皇統の血を継いだ方でない場合、そのお子様が皇位継承者となった時点で、男系から女系へ皇統が移ることとなり、神武天皇以来続いた男系主義が変更されることになるのです。

男系継承の意義

Q)それが、なぜ好ましくないことなのか、わかりません。

A)系図にしてみると分かりますが、女系を認めれば、それこそ、数代先ともなれば系図が辿りにくくなります。極端なことをいえば、源氏と平家のように我々日本人のかなりの人々は何十代も遡れば天皇家とどこかで血が繋がっている可能性もあるわけですから、それこそ皇族と国民を分かつ境界が見えにくくなる可能性があるのです。

さらにいうならば、生物学的にみてもはっきりするのは遺伝子の話です。遺伝子には性別を決定する性染色体がありますが、男性の性染色体はXY、女性の性染色体はXXです。男女が結婚して生まれた子どもにこの男女の性染色体の組み合わせが伝えられ、次には……というふうに代代子孫に性染色体が伝えられていくのですが、このうち初代の男性のY染色体は、たとえ直系から遠くなっても、男系の男子には必ず継承されていくのです。

つまり、今上陛下はじめ皇族の男子の方々は、初代神武天皇のY染色体をお持ちなのです。このように男系であれば、神武天皇のお血筋を引いた方であり、一般の国民とは違うという系図が分かりやすいのです。「万世一系の天皇」とは男系継承によって支えられてきたのです。

「女性天皇」と「女系継承」とは違う

Q)女系でも天皇家のお血を引いていることには変わりはないですし、男女平等の世の中、女帝がいてもいいのでは? 欧州の君主国には女王がたくさんおられるではないですか。

A)まず注意を喚起したいのは、「女性天皇」と「女系継承」とは違うということです。後述しますが、万策尽きて愛子さまに天皇になっていただく以外に皇統断絶の危機を救う手立てがないというときには、愛子さまに天皇になっていただくしかないですし、この女性天皇の誕生自体を否定するものではありません。しかし、その場合、愛子さまの次の代のことまで考えておかなくてはなりません。
 
繰り返しになりますが、愛子さまの皇配殿下(皇婿殿下)が、「皇統に属する男子」であられれば、そのお子様は男系継承となり問題はありませんが、それ以外の民間の方であった場合、お子様は史上初の女系天皇となってしまうのです。

女性天皇の配偶者(皇配殿下、あるいは皇婿殿下)の問題の深刻さ

さて、問題はそこにとどまりません。さらに深刻なことは、愛子さまが天皇になられた場合、夫君になられる方が現れない可能性も否定できないのです。例えば、イギリスの場合、エリザベス女王の夫君、フィリップ殿下(エジンバラ公)のように皇配殿下(プリンス・コンソート)の候補をプールする皇配制度が確立していますが、我が国にはそのような制度は歴史上ありませんし、これを現代において一からつくるということは不可能です。

それでは民間からということになりますが、雅子妃殿下のとき難航したように、民間から皇室に入るということは、想像を絶する大変なことで、ましてや男子の場合、民間に適した方がいる可能性は著しく低いと思われます。

つまり、愛子さまが皇位を継がれた場合、ご結婚できない可能性も否定できない。また、皇室の伝統からいって、御即位後ご結婚された女性天皇はおられないのです。

Q)それで思い出しましたが、歴史上にも数は多くないが、女性天皇は何方かおられたと聞きますが。

A)たしかに、八人十代の女性天皇は歴史上存在します。(*4)
もちろんすべて男系の女性天皇です。しかし、これらの方々は次の男子の継承者が現れるまでのいわば中継ぎ役を果たされた傾向が強く、八人十代の女帝は、皇位につかれたときはすでに夫君に先立たれておられるか、生涯独身を貫かれた方々ばかりなのです。しかも重要なことはこれらの女性天皇が即位後にお子様をもうけ、そのお子様が皇位に就いた(その時点で皇位は「女系」に移る)例は一度もないのです。

愛子さまに天皇の重責を負わせる苛酷さ

Q)うーん、それでもやはり愛らしい愛子さまが天皇になられるほうが国民の支持も集まりやすいと思いますが。

A)それでは視点を変えてみましょう。天皇の御位というものがいかに重責かということです。例えば、宮中祭祀です。今度ご結婚なされた紀宮さまも、「皇族としてのお立場を強く意識することの一つは宮中祭祀に臨まれる天皇陛下の伝統を守られるお姿である」という趣旨のことをおっしゃってますが、想像してみてください。

仮に愛子さまが天皇になられて、皇配殿下にも恵まれて御懐妊なされたとします。身重の女性天皇に、たとえば時期が冬場であれば寒風吹きすさぶ宮中三殿でのお祭りを課すことがいかに苛酷なことであることか。

ましてやがてご自身の後を継ぐべき皇胤を宿しておられるときでも、天皇としての重責を果たしていかれねばならないのです。御代拝で済むというような話ではないのです。そんな苛酷な境遇に愛子さまを置かしていいのでしょうか?どうもそういう想像力が女帝容認論者には欠けているように思われてなりません。

歴史上の女帝がなぜ寡婦もしくは独身を貫かれたか。そうでなければ祭祀王としてのお務めが果たせないとのお考えだったのではと拝察することもできましょう。

男系継承の伝統を守るには宮家の増設が不可欠

Q)それではどうしたらいいのですか?女性天皇を認めずに皇統断絶の危機を乗り切る方法があるのですか?

A)あります。それは、宮家の数を増やすことです。昭和二十二年十月、GHQにより十一宮家(*5)が臣籍降下を余儀なくされました。以来、宮家は昭和天皇の弟宮の秩父宮、高松宮、三笠宮のみとなり、のちに常陸宮、桂宮、高円宮、そして平成になって秋篠宮家が創設されました。ところが、このうち秩父宮、高松宮、常陸宮にはお子様がおられず、あとの宮家も女子ばかりです。こうして皇統の危機がいま来ているわけです。
 
そもそも百二十五代もの長きにわたって、皇統における男系継承が続いてきた背景には、二つの「安全装置」とも言うべきものがありました。ひとつが「側室制度」であり、もうひとつが「傍系継承」です。

皇統の歴史はその時々の天皇陛下の血筋に近いところから継承されてきたとは必ずしもいえない。直系かつ嫡系が果たされない場合、この二つの制度が男系の皇位継承者を補ってきたのです。(*6)しかしながら、今日、側室制度を復活させることは、なかなか困難が伴うでしょう。

そこで、第二の傍系継承をより強化することが必要となってきます。その傍系を担保してきたのが、各宮家だったのです。実際、今上天皇の直系のご祖先に当たる光格天皇(第百十九代)は先代の後桃園天皇の直系ではなく傍系のご出身なのです。(*7)

ところが、この傍系継承を保証する大切な宮家の数が米占領軍によって、強制的に減らされたために今日の危機の事態を招いているのであれば、廃された宮家の復活ということがまず考えられてしかるべきでしょう。

現在のところ、旧十一宮家のうち八つの宮家があり、そのうち男子が複数おられることが分かっています。(保阪正康「新宮家創設 八人の『皇子候補』」、文藝春秋平成十七年三月号)

Q)しかし、六十年近くも民間にあられた家系の方々が皇族に復帰され、皇位継承者となられることに国民感情が納得するでしょうか。

A)もちろん、そのお方がすぐ天皇になられるというのであれば、国民感情の問題はあるでしょう。しかし、少なくとも、いまの皇太子殿下が天皇におなりになり、次の皇太子をお決めになるのはもっと先のことで年内に結論を出さねばならないというものではないし、仮に愛子さまの次の代ともなれば、さらにずっと先の話でありましょう。

ですから、いま旧宮家を復活させれば、そのお方が皇族としての活動を始められ、皇位継承資格者として国民の理解を得るに足るだけの十分な時間は確保できると思われます。

さらに、例えばそのお方が、いまの皇族の中から配偶者を得られてお二人の間にお生まれになった男のお子様に皇位継承権を与えるという形にすれば、神武天皇のお血筋は保たれ、かつ直系の血も入ることになり、より国民も納得しやすいのではないでしょうか。

逆に今こそ、占領遺制から脱却せねば、皇位の安定を図るチャンスは永遠に失われるかもしれないのです。

とにかく大事なのは、皇統に属する男系の男子を担保する宮家の数を増やすことなのです。このことにより、次の代だけでなくその次の代さらにその次と未来永劫の皇室安泰の基盤をつくることを目指すことこそ、いま為すべきことなのではないでしょうか。

Q)宮家が増えると財政難の折、問題はないのですか?

A)男女共同参画関連費に九兆円という国家予算を継ぎ込むような無駄があるのに、どうして、一宮家あたりたかだか五千万円の宮家運営費用を出せないわけがありましょう。

帝王学は大丈夫か

Q)典範改正を急ぐ理由に、天皇になられる方の帝王学はなるべく早くから修めていただく必要があるということが言われています。だから早く女帝を認めて愛子様の帝王学教育を始めるべきではないでしょうか。
A)帝王学をお修めいただくことはもろちん大切です。しかし、傍系から天皇になられた方々は、生まれながらにして天皇になるというご自覚をもたれた方々ほど帝王学を修められてはいなかったかもしれませんが、むしろ歴史が示すのは、傍系ゆえに意識してより天皇らしく努力されてきた方が多いという事実なのです。

ですから帝王学はもちろん大切ですが、皇族全体のご教育という視点が必要なのではないでしょうか。

拙速は慎むべき

Q)ところで当事者、つまり皇族の方のご意見はどうなのですか?

A)先日、三笠宮寛仁親王殿下が、女性天皇に対して疑問を投げかけられました。(*8)これに対して、有識者会議の吉川弘之座長は、「どうってことはない」と啖呵を切ったといいます。なんという傲慢不遜な態度でしょうか。皇族のご意見にも耳を傾けず、政治家にも介入させず、国民の声も聞かないというのです。

このような専門家もほとんどおらず、いわばごく一握りの素人集団が、百二十五代の皇統の歴史にいとも簡単に改変を加えるということが許されていいのでしょうか。

有識者会議では、男系維持のための宮家増設について真剣に意見を深めた痕跡すらないのです。まるで始めに女性天皇容認、女系容認の結論ありきかのような審議姿勢には深い疑念を抱かざるをえません。

重ねて言いますが、史上例の無い女系天皇の容認は皇配殿下の問題を筆頭にさまざまな難題を皇統に突きつけてきます。時間はまだ十分にあります。いま本当に差し迫って直ちに着手すべきことは、神武天皇以来の男系の血筋を引いた宮家の数を増やすことです。

有識者会議には拙速は謹んで、この宮家増設のことを真先の議題として取り上げて議論を深めてほしいと思います。

※以上は次の論文を主要な参考として分かりやすく構成したものです。《編集部》
○小堀桂一郎「『皇室典範に関する有識者会議』に直言す」(『正論』平成十七年五月号)
○大原康男「日本人にとって皇室とは何か」(『日本の論点』二〇〇六)
○八木秀次『本当に女帝を認めてもいいのか』(洋泉社新書)
○斎藤吉久「女系継承は天皇の制度といえるのか」(『正論』平成十七年十二月号)

(*1)例えば、「皇室典範問題研究会」(小堀桂一郎代表)は、前身の皇室典範研究会の頃より、2年半かけて研究を重ね、今年1月、「男系男子による皇位継承は不動の原則である」ことを軸とした典範改正への提言を発表している。また、この10月には、「皇室典範を考える会」(発起人に渡部昇一氏ら)も結成され、あるべき改正を目指してさらに広範な活動を展開しようとしている。

(*2)「皇室典範に関する有識者会議」構成メンバー
吉川弘之(元東京大学総長)※座長、園部逸夫(元最高裁判事)※座長代理、岩男嘉美子(慶応大学名誉教授)、緒方貞子(国際協力機構理事長)、奥田碩 (日本経済団体連合会会長)、久保正彰(東京大学名誉教授)、佐々木毅(前東京大学総長)、笹山晴生(東京大学名誉教授)、佐藤幸治(京都大学名誉教授)、古川貞二郎(前内閣官房副長官)

(*3)例えば、毎日新聞の調査(2月13日)では、女性天皇容認86%、第一子優先64%、読売新聞の調査(1月18日)では、女性天皇容認79%となっている。

(*4)推古天皇(第33代)、皇極天皇(第35代)、斉明天皇(第37代)、持統天皇(第41代)、元明天皇(第43代)、元正天皇(第44代)、孝謙天皇(第46代)、称徳天皇(第48代)、明正天皇(第109代)、後桜町天皇(第117代)。なお、斉明天皇は皇極天皇の、称徳天皇は孝謙天皇の重祚。

(*5)伏見、山階、久邇、賀陽、朝香、東久邇、北白川、竹田、閑院、梨本、東伏見の各宮家。 

(*6)大原康男國學院大學教授によれば、直系かつ嫡子系は125代のうち41代、率にして33パーセントにとどまる。

(*7)江戸時代後期に即位された第百十九代光格天皇は、先代の第百十八代後桃園天皇とは七親等の隔たりがある。二十一歳の若さで崩御された後桃園天皇には近親に男子がいなかったので、閑院宮典仁親王の第六皇子で当時八歳だった祐宮殿下を天皇の猶子とした上で世継ぎとする旨が決められた。後の光格天皇で第百十三代東山天皇の曾孫に当たられる。なお、閑院宮家は宝永七年(一七一〇)、新井白石の建議によって創設された宮家で、その七十年後に光格天皇を生んだ。

(*8)福祉団体「柏朋会」の会報に寄せられたエッセイで三笠宮寛仁親王殿下は身内の小冊子なのでと前置きした上で、皇位継承問題についてお考えを述べられている。この中で殿下は、「二六六五年間の世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのか」とされ、「万世一系、百二十五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で今上陛下迄続いて来ているという厳然たる事実です」と述べられ、

?臣籍降下された元皇族の皇籍復帰や
?現在の女性皇族に男系の元皇族から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与えること、
?廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀を元皇族に継承して宮家を再興する、など提案されている。

そして、最後は「陛下や皇太子様は、御自分達の家系のことですから御自身で、発言される事はお出来になりませんから、国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄発展するでしょう」と結ばれている。(読売新聞11月3日)
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女系天皇問題は小泉首相の一人芝居・天皇廃絶を企図するフェミニズム報告書

昨日、小泉首相に「皇室典範に関する有識者会議」の最終報告書が提出されましたが、今回はそれについての批判の声を紹介します。※何か新しいニュース等があれば追記していきます

死ね朝日、死ね売国奴

有識者とやらの会議の結果が出て、それとともに新聞各紙の社説も出揃いました。で、朝日は相変わらずの売国奴っぷりを発揮。~引用開始~皇位継承 時代が求めた女系天皇  皇室典範に関する有識者会議の報告書がまとまった。  皇位を継承する資格を女性とその子孫の女系皇

聞き捨てならん

毎日皇室典範:有識者会議報告書に与野党幹部コメント ▽冬柴鉄三・公明党幹事長 有識者会議が、男系か女系かなど問題とされていた点を十分に調べたうえで結論を出したのだから、答申内容はそのまま立法化すべきだ。いろいろ議論すべきものではない。ってオイ!

日韓連携で拉致問題解決を!-全国学生連続フォーラム

しばらく更新せず、ネット以外のことに没頭していました。水曜日は福岡市の筥崎宮参集殿で開かれた第35回福岡憂国忌(三島由紀夫・森田必勝両烈士慰霊祭)に運営として参加しま

皇室典範改悪阻止「草莽崛起」国民大会を開催さる!!

●◆二千年以上続いた日本の国体・      国柄が毀されようとしている●◆■戦後最大の危機が       起こっている!★皇室典範改悪阻止「草莽崛起」国民大会を    開催!!皇室典範改悪に反対する全国草莽崛起の会が主催する緊急集会が、平成17年11月1

皇室典範報告書 発言と内容が矛盾している

報告書は皇位継承問題解決の道筋を示したのではなく、議論を国会に丸投げしたといって良いと思います。尚、小泉首相が郵政解散に打って出た事によって、自民党国会議員は自由に議論ができなくなったと一部で言われていますが、これは誤解です。何も恐れる事はありません。

ほしのあきの“セフレ”の正体!

ほしのあきのセフレ発覚!!

矢田亜希子の男の乗り換え方。

プロ野球で各球団から戦力外通告を受けた選手が再就職に挑戦するトライアウトはいつ見てもわびしさが漂うが、7日のトライアウトで周囲から特に同情の目を向けられていたのが前中日の平松一宏投手(31)だ。【関連・矢田学生時代のパンチラ】01年に女優・矢田亜希子(2

TBS小林麻耶アナ3股!!女子アナ遊び放題!!

先日、携帯電話で泣きながら話している姿が目撃されたTBS・小林麻耶アナ(26)。電話のお相手は同局の「安住アナでは?」との噂もあった。そんな彼女に3股疑惑が浮上している。「本命と言われているのがバラエティー番組担当ディレクター。30代前半のイケメンです。小林が新

ほしのあきの“セフレ”の正体!

ほしのあきのセフレ動画

最新更新画像!!

芸能お宝画像と動画!!

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ【ゴマキ乳首ポロ】キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ

ゴマキお宝ポロリ動画・画像

【流出】倖田來未と西川貴教【動画】

今、絶好調の倖田來未が過去に関係があったお相手。 それは、TM Revolution 西川貴教(35)!! 西川はPUFFY吉村由美との離婚後に倖田と知り合ったようだ。 「西川は約3年前に友人を通じて倖田と知り合い、倖田が西川のマンションに通っていたそうです。 うまく

・「女系天皇」問題に関する当Blogの議論を首相官邸に紹介しました

・「女系天皇」容認という問題の意味を考える ~2600年の歴史を鑑みて~・「女系天皇」容認という問題の意味を考える2 ~女系と女性をすり替えて世論をミスリードするマスコミ~ この二つの記事には非常にたくさんのコメントを頂きました。その数はわずか一週間足らず...

「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ前篇

 初めて楽天広場に記事を書いたのがちょうど一年前、「中島らも追悼写真展東京開催へ」なる記事であった。以来三百六十五日全て埋めてきて、今日から二年目に突入した。 去る十月九日に「愛子内親王殿下がおかわいそう」なる発言をしたが、世の中には似た様な事を考える..

朝敵名簿

朝敵(ウィキペディア)女系を認めることは王朝交代を認めることに等しい。例えば、英王室の例を見ると、数々の女系継嗣による王朝交代がおきている。ノルマン朝3代ヘンリー

コメント

日本史上最大の逆賊吉川弘之

過去に逆賊は沢山いましたが、吉川弘之が史上最大の逆賊でしょうね。歴史書にしっかり刻みましょう。教科書に刻みましょう。

逆賊

吉川でなく小泉では?

下種の勘ぐり

女系を認めて、第一子優先、内親王の皇籍離脱を認めない
…って天皇廃絶どころか、皇室、天皇の乗っ取りが可能な
様な…
少し妄想を広げれば、中国との友好の為にとか言って、
主席の子や孫と結婚させよう、言う事になれば…
日本の天皇と言うのは名前ばかりで中身は中国と言う事に
今の不敬極まりない国会を見ているとこれくらい平気でや
りかねない様な気がします。
これ以上酷くならないうちに、皇室典範を皇室にお返しす
るのが一番良い様な気がします。

旧皇族の竹田とやらは、自分が天皇になって、自分が事業で失敗してためた借金棒引きを狙っているそうじゃないか。

そんなわけのわからないインチキ野郎を天皇にしてあがめろなんて大笑い。やっぱりバカウヨは救いようがないな。

皇室典範を皇室にお返しするのが一番良い様な気がします。

皇室の伝統というのなら、さっさと千年の都の京都に帰っていただくべき。

皇室を江戸に拉致して政治利用(悪用)した明治政府・バカウヨが悪い。

そう言えば「お国のために身を投げ出す子どもを育てるべき」とか言って教育基本法改正を唱えていた代議士の西村某が、裏でちゃっかり私腹を肥やしてたそうじゃないか。

教育基本法改正を唱える奴は、みんなこんな腐った奴ばかりなのか?


http://www.sankei.co.jp/news/051125/sha035.htm

>政府や国会に皇族方の意向を確認することなどを求める声明を発表した。

ここで産経新聞お得意の「皇族発言捏造」ですかね?
秋篠宮の発言を捏造した前科があるから>産経

愛国者、今立たずして、いつ立つべきか!

判りやすくまとめていただきありがとうございました。

「皇室典範に関する有識者会議」報告書全文に目を通して見ましたが、一見伝統を尊重する姿勢を見せているような装いをしていながら、それを一つ一つ否定していくという論理操作を繰り返し、よくよく見れば支離滅裂な内容になっています。そして依拠するものは、「男女共同参画」と「世論」の二つばかりということで、戦後民主主義とジェンダーフリーの妖孼が、皇位を窺窬するところまできているのだと思われます。この「有識者」会議は、東大関係の人脈が目立ちますが、かつてサンフランシスコ講和条約の批准に際して、全面講和を主張した南原繁東大総長を、「曲学阿世」と批判した吉田首相の言葉が、今、ここに繰り返したくなります。しかも、「有識者」らは、「曲学阿世」であることを、隠しもせず、「曲学」を旨とし、「阿世」に基づくという、恐るべき恥知らずを露呈しています。

断じて許されるべきではありません。

愛国者、今立たずして、いつ立つべきか!

有識者を選んだのは誰?歴史の詳しい人も入って居ない様だし非常に違和感覚えるね。
明治政府ですら皇室典範の検証には20年以上掛けている、一年やそこらで1500年以上の歴史を棒にフルのかね。
天皇家が果たして来た歴史が今の日本の国柄を維持して来た、李朝を対称にこの500年、戦国時代、徳川時代にも日本が日本で有った(中国では明、清、中華民国、中華人民共和国)李朝は明、清の属国これも歴史。
こんな国は世界を探しても無い。世界が認める歴史、昭和天皇崩御の折の世界の対応が証明している。

竹田様は勇気有る方と思う、愛子さまが成人になさり、ご学友と御結婚なされて、市民との御子様が天皇になった方が怖い。

西村眞吾代議士の国防論は貴重だ、罪を犯したが、彼の大義を理解して釈放したら 受けいれだけの、懐の大きさを持つべきだ。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例