fc2ブログ
 

皇室典範に関する有識者会議報告書を読み解く(その2)

●議論が尽くされておらず、課題を積み残していると指摘されている点
(如何に拙速な審議であったのか)
  
1、有識者会議座長吉川弘之氏の発言より

有識者会議の性格について
「男子が良いか、女子が良いかというような判断はせず、要望された制度の安定性のみ議論するしかなかった。…国会ではすべての議論をしてほしい。」

?男系か女系かの議論について

「男系がいいか、女系がいいかという哲学や歴史観に基づいた議論はいっさいしなかった」
「歴史観は当然、すべきだが、それは国会で議論すべきもの。私たちはミニ国会ではない」

?歴史観や国家観での議論について

「私たちは歴史観や国家観で案をつくったのではない。歴史観も議論すべきだが、それは国会で議論すべきだ。

?皇太子殿下ご夫妻に男子が誕生された場合の皇位継承順位について

「そういう仮定の話は議論の俎上には載せなかった。我々は一般的な議論をした。(愛子さまと弟のどちらを選ぶという議論や結論は)全くしなかった」
   
※「仮定の話を検討に入れてはいけないと自ら決め」報告書には「今後、皇室に男子が誕生になることも含め、様々な状況を考慮した」という表現だけを残した。
   
※この点について、慎重な議論を望む論調
「本社の世論調査では女性天皇への支持は多いが、第1子優先かどうかでは分かれている。この微妙で肝心なところは、国会の場でどう判断されるか。結論を急いで期限を切ることなく、世論も確かめながら進めてほしい」(朝日新聞「天声人語」)
「長子優先か男子優先かの議論は、党としてまだ意見をまとめていない。焦眉の急だという議論でもない。慎重な判断も必要だ」(鳩山由紀夫民主党幹事長)

?女性・女系天皇を容認した場合、ご結婚相手にふさわしい方が得られるかどうか、その役割や活動について

「その問題はわれわれの使命の外だ」
「今までそういう経験がない。女性天皇の配偶者というのは一体どういうお役目を担っていただけるものなのか、国民を含めて、つくっていかなければならない」

2、論じられなかった問題(議論を詰めた形跡がないと指摘されている点)

?女系天皇の宮中祭祀について

「皇族でない男性が初めて皇籍に入り、敬宮愛子さまが将来の天皇として重い責務を自ら負う生涯を歩む。女系の天皇で、祖先祭祀が重く受け止められ引き継がれていくのかどうか。有識者会議は、祭祀については、過去の女性天皇もこれを行ったと確認したが、女系天皇が祖先神や歴代天皇を祭祀する意味について議論した形跡はない。」(朝日新聞編集委員岩井克己氏)
「宮中祭祀は天皇が男性であることを前提としている。女性天皇の場合どうするのか。あるいは神道との関係をどうするのか。

?なぜ天皇制が必要なのかという根本的な点

「皇位継承をどうするかは、皇室典範だけではなく、戦後も続いてきた明治の儀礼体系など皇室制度全般にかかわる。『なぜ天皇制が必要なのか』との問も含め、象徴天皇制の将来をトータルに議論すべき。」(同上)

?女性天皇の配偶者の位置付け、役割の議論について

「女性天皇の配偶者を国民感情がどう受け止めるか、配偶者の位置付けや呼称をどうするかもほとんど議論されておらず、無責任極まりない」(国学院教授・大原康男)
  
?天皇制を最終的になくしたいという意思なら、こうした方向でもいいかもしれないが、存続が前提なら考えるべきだ。…天皇制がなぜ存続しているかを考える会議になっていない。(埼玉県上田知事)  

?旧皇族の皇籍復帰について

「男系維持派が主張する旧皇族の皇籍復帰に関しては、『いったん皇族の身分を離れた者が皇族になったり、もともと皇族でなかった者が皇族になるのは極めて異例』だとして、検討に時間をかけなかった。」(産経新聞)
  
?憲法と皇室典範のあり方についての議論

「皇位継承制度のみならず、憲法と皇室典範のあり方を含めて、政府、国会並びに国民の真摯な議論を望むものである。(神社本庁総長談話)

■ご参考
※報告書には課題が残ると指摘されている点(各報道より) 

?皇位継承の順は、女性・女系天皇を認めること以上に論議が分かれている。(朝日)
?先々、女性天皇が、身体的に過酷な宮中祭祀に耐えられるか、(祭祀の伝統を守ることが)将来の家族像と矛盾するのではないかという議論が必ず出てくるだろう。(国際日本文化研究センター山折哲雄・名誉教授)
?天皇の公務は心身ともにハードで、終身、専念されることを前提に考えると、男子優先のほうがふさわしい。女性天皇も結婚に伴い、懐妊、出産、育児など大事な役割があり、公務への専念が難しくなる。継承順位は男子優先が望ましく、長子優先は再考を求めたい。(所功・京都産業大学教授)
?愛子さまは男系なので即位は妥当だが、女系天皇は天皇制の土台である血筋の純粋性が失われ、伝統的な天皇制の終焉につながる」(ジャーナリスト桜井よしこ)
?宮中祭祀は天皇が男性であることを前提としている。女性天皇の場合どうするのか。あるいは神道との関係をどうするのか。(毎日新聞社説)
?女性天皇と女系天皇の違いのひとつとっても国民がどこまで正確に認識しているのか。男系、女系の問題については国民にわかりやすく説明した上で意見を求めてもらいたい。一年や二年で結論を急ぐべき問題ではない。(産経新聞社説)

※女性天皇・女系天皇は緊急避難であるという意見
女性・女系天皇は皇統を絶やさないためのピンチヒッターに過ぎないはずなのに、長子優先としたのは、不安定な制度設計を嫌う義務局側の役人的な発想だ。女性天皇の配偶者を英国のように『殿下』ではなく『陛下』と呼ぶことも違和感がある。(作家・猪瀬直樹)
関連記事


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■7府県/2政令指定都市
(令和4年5月4日現在)

■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中韓が麻生外相を口撃 『阿呆の枢軸』

 今月26日、麻生外務大臣が中韓による靖国参拝批判に対して、『靖国の話をするのは中国と韓国だけ。ほかから言われた事は殆ど無い』、『日本が孤立してるとか、好かれていないとか

眞の国士・西村 眞悟を絶対議員辞職させるな!

 西村 眞悟代議士逮捕の件については、色々な憶測が流れている。そんな中で、こんな話も出ている。◆背景に「拉致議連つぶし」!? 事件は7月末に鈴木容疑者の書類送検で、一

有識者会議の非常に疑問のある結論

皇室に対して何の知識も持たず、敬意も払わない、小泉の指摘諮問機関の出した回答は、やはり皇室の歴史を認めない回答であった。最悪の回答は今後の日本をどう変えるのだろうか。

天皇制の真の役割とは?

「朝まで生テレビ」を見ていたら、少子化の話題から急に女系天皇容認の話題に変わったので少し驚いたが、なかなか子供が生まれにくいことにちなんで持ち出したのだろうか。それとも有識者会議で決まったことを早く論じたいと思ったのかもしれない。 それはともかく、女系天

神武天皇のY染色体をもつ立花隆氏を天皇に!

私の本名のほうの家名は橘だが、系図によると、橘家は敏達天皇(推古天皇の兄)からでたことになっている。ということは、系図を信ずれば、私の血にも神武天皇のY染色体が流れているということなのである。この一事をもってしても、神武天皇のY染色体を持つ男性などその辺に

「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ後篇

 昔、インスタントコーヒーのテレビコマーシャルで「違いが分かる男の」という宣伝文句があった。 これに茶々を入れたのがオーディオ評論家の故長岡鉄男。曰く、「違いの分かる男がなんでインスタント・コーヒーを飲むのか」 しかし、この疑問はある日氷解する。「この..

コメント

拉致問題の解決を心からお思いの方々へ。
衆議院議員の西村 眞悟氏を絶対議員辞職させてはなりません。
それがたとえ、どんな理由だろうとです。

その理由は↓をご覧いただければお判りいただけると思います。
このことは、現在200名程度しか知らない話です。
http://tk01050.fc2web.com/nipposhinsan/shiryoushitu/index.html

下記のブログにて、西村氏が拉致問題において、
どういう行動をとられていたかも少し説明しております。
『上の奴は、長くて読んでられない』という方は、こちらをご覧下さい。
(陰謀論調になってしまっていますので、注意してご覧ください。)
http://tk01050.blog27.fc2.com/blog-date-20051130.html

ここで結論を申すなら、西村氏が議員を辞める、ということは
その「拉致問題解決についての水面下の行動」が無になってしまうということ。
そしてその結果、拉致問題解決が後退してしまう可能性が極めて高い、という事です。

ともかく、たとえ議員辞職必至だろうがなんだろうが、
西 村 眞 悟 に 今 議 員 を 辞 め ら れ た ら 終 わ り だ !!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ↑これを念頭に、是非下記に凸へのご協力お願いいします。

【堺事務所】 TEL:0722- 77- 4140 FAX:0722- 77- 4309
sakaioffice@n-shingo.com

【国会事務所】 TEL:03- 3508- 7417 FAX:03- 3508- 3897
g03421@shugiin.go.jp

少子化を危惧しているなら・・・

皇族方のご努力で男系天皇が続いてきた、その伝統と歴史の深さを捨てるようになってはならないと考えています。

有識者会議は「少子化だから」と強調しますが、ここに浅はかさを感じます。
まず、少子化は日本の一般社会の問題であり皇室とは事情が違うと思います。

一歩譲って、もしも皇室にも少子化が関係しているのであれば、「旧皇族の皇籍を認めない」というのは将来天皇家が消滅してしまう可能性をはらんでいないでしょうか。少子化を危惧するのであれば尚更、旧皇族の方々が皇籍に戻られて、多くの方々で今まで通り天皇家の血統をお守り頂くという方がよろしいのではないでしょうか。

近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた大陰謀で成立した

証言:
近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた大陰謀で成立した
 -大室寅之祐の弟の玄孫地家[Jike]やすまさ氏が証言した!

現代天皇家も虚構である

昭和天皇裕仁は大室寅之祐の息子、大正天皇はリベラリスト大隈重信の息子だった

天皇家の血統は久しい以前に途絶えている

天皇は保守と革新の対立で国民統合の象徴ではない

現行憲法第1条も自民党改憲案第1条も虚偽、虚構である

天皇家は全員カトリック信者で、心はアメリカ人だと米国では見られている

宇宙管理界の1981年決定で 天皇家は民間人化する運命にある

天皇制廃止。

「先制核ハルマゲドン」の米世界戦略に日本を組み込む、売国的な自民党改憲案とその道具天皇制をまかり通すな!

必見:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/24.html

さらに、大室寅之祐=明治天皇の弟の玄孫地家[ジケ]やすまさ氏の証言の一部を要約すると:

昭和天皇裕仁は大正天皇の息子ではなくて、海賊某の息子地家作蔵の息子大室寅之祐(すり替え東京明治天皇)の息子である。つまり海賊某の子孫である。

現天皇明仁は裕仁の息子ではなくて、徳川斉昭の息子中川宮朝彦の息子東久邇稔彦の息子三笠宮崇仁の息子である。つまり徳川の子孫である。

皇太子浩宮は天皇明仁と美智子の息子ではなくて、前記大室寅之祐(すり替え東京明治天皇)の弟大室庄吉の息子大室儀作の息子大室近祐の息子徳川恒孝の息子である。つまり海賊某の子孫である。

敬宮愛子は、橋本龍太郎の第二夫人の娘和子の娘で、皇太子浩宮と雅子の内密の養子である(雅子の鬱病はそのせい)。つまり庶民の子である。

橋龍は橋本卯太郎と前記大室庄吉の娘大室ヨネとの息子橋本龍伍の長男である。


大室寅之祐が明治天皇に成りすましたとの説。とても説得力がある。ただし裏付けがほしい。天皇陵の発掘調査、天皇家の人のDNA鑑定など科学的な裏付けがあればいいのだ。現代はくだらない神話で国民を扇動できない時代。北朝鮮ならともかく、日本もいいかげんに明治維新神話から目覚めたいものだ。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置

現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会


緊急事態条項を求める意見書



■7府県
2政令指定都市

(令和4年5月4日)


■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市

通称使用の拡充を求める意見書



■6府県
1政令指定都市

(令和4年5月4日現在)

■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市

憲法改正早期実現国会議員署名




■  422名  (令和4年5月4日現在)




憲法改正の国会論議を求める意見書採択可決





地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和4年5月4日)



■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)



辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例