fc2ブログ
 

許すなジェンダー用語の導入ー基本計画改定について

前回、男女共同参画基本計画改定において、その改定の中核に据えられるジェンダー用語の導入反対に触れましたが、大学にジェンダー女性学の導入が盛り込まれていることについてさらに追求したいと思います。

ジェンダー学の推薦図書である「ジェンダーを科学するー男女共同参画社会を実現するために」(松本伊瑳子・金井篤子、ナカニシヤ出版)には、「多くの女性たちは家庭の中に囲い込まれる生活を半ば強制されてきた」「これは女性に結婚を強制し、女性を母性の中に閉じ込め囲い込む社会的装置<強制的異性愛>でもある」「<男らしさ><女らしさ>の呪縛から両性を解放し、そのようなジェンダー規範を生み出す原因を探るのがジェンダー学である」と定義しています。

さらに、「しかし、このような男女の抑圧装置としての社会体制(性別役割分業)や、社会規範(女らしさ・男らしさ)から自由になり、男女が個人の選択と責任においていきていけるようにしようという考え方にたどりついた。これがジェンダーフリーの考え方であり、性別に縛られることなく……」とジェンダーフリーの定義を明確にしています。

基本計画の改訂において、猪口大臣は、山谷えり子氏らのジェンダー用語削除に対して、ジェンダフリー用語禁止と引き換えにジェンダー用語導入を図ろうとしています。しかし、ジェンダ解消はジェンダフリーのことであることは、先のことからも明白であり、ジェンダーフリーを禁止することはジェンダー解消を否定することであるにもかかわらず、ジェンダー用語を導入したいがために、猪口大臣のほうよりジェンダーフリー用語禁止を訴えてきたとのことです。

これまでの指摘の中で「ジェンダーフリー」が問題であることは多くの議員も認識しているが、「ジェンダー」は問題ないとする議員の認識につけこんで、ジェンダーフリーは禁止するが「ジェンダー」は導入してほしいという苦肉の策なのです。

そして、「ジェンダーは科学する」では、最終的ねらいを次のように宣言しています。
では、実践においては、どのようなことが可能だろうか ファミリー・ロマンスの解体という目下のもくろみに限っていえば、まずは家族制度の見直しが考えられるであろう。もちろんそこには戸籍や養子縁組、結婚制度の問題も含まれる。例を挙げれば、同性愛者のカップルの結婚を合法化するかどうか、同性愛のカップルに子どもを養子縁組することを認めるかどうか、等といっことが、近い将来、日本でも問題になってくるだろう。同性愛の築く家庭は、父、母、子という神話化された家族形態をパロディー化し、同時に、家族というものがパフォーマティブであるという事実を突きつけてくるだろう。父、母、子で成り立つ家庭を築くことは、必ずしも人間の使命ではなく、ましてや本能でもない。父、母、子の関係は、子供が生まれるときの遺伝子的結合を示しているにすぎない

恐ろしい企てです。しかし、家族解体の真のねらいは天皇制解体であることはいうまでもありません。

板東眞理子(昭和女子大副学長・旧総理府で婦人問題を担当し、2001年から2年間、内閣府の男女共同参画局長を務めた) は読売新聞 (平成17/12/14)
の夕刊で「有識者会議」の皇室典範改正の報告書について、次のように語る。

○女性・女帝容認は現実的判断だが、継承順位を『兄弟間で男子優先』ではなく、『長子優先』とした報告書は、世間の”常識”を一歩リードし画期的。一般社会に与える影響は小さくない。
○(2003年、日本も批准している女子差別撤廃条約が国連で審議された際、外国の一部委員から「日本の皇位継承権が男子に限定されているのは条約違反ではないか」との声があがったが)、当時日本政府を代表して、「皇室には独自の歴史・伝統に即したルールがあり、国際条約とは切り離して考えるべき」と私は答弁した。(報告書答申が通れば)、今度は国連の場で胸を張って日本は変わったと言うことができる。
○現行の男子直系による皇位継承という決まりは、側室制度が維持されてこそ可能であった。昭和天皇は、側室制を『人倫に反する』として、排除された。皇室が敗戦を乗り越えて存続できたのは、そういう昭和天皇への国民の幅広い支持があったからで、昭和天皇が一夫一婦制を範とする、近代的な家族観を尊重していたことと無関係ではない。
○いま必要なことは、男女平等を理念とする21世紀の社会にふさわしい皇位のあり方を議論すること。文化や伝統は時代や社会とともに変化してきた。国民の多くが女性・女系天皇を容認していることは、各種世論調査からも明らか。世論を無視して議論を進めることはできない。
○(日本国の象徴、日本国民統合の象徴である天皇にいずれ女性が即位する日が来れば、男性を無意識のうちに女性の上位につけてきた風潮は少しずつ消えていくのでは)。女性・女系天皇が実現したおりには、そのような変化が起こることを期待している。

本音は、「男性を無意識のうちに女性の上位につけてきた風潮は少しずつ消えていくのでは」とのフレーズに垣間見ることができます。彼女達は、女系天皇の推進者であり、女系天皇が何代もすすめば、「皇室」と「民間人」との違いがなくなることに着目し、必然、天皇制否定の世論を喚起することを企んでいます。

今、皇室典範改正問題で男女平等を大きな争点としていますが、この意味でも、ジェンダー思想は日本の伝統文化を解体する目的であることは明白であり、この危険な思想を、内閣府の男女共同参画局よりトップダウンで指令するために、ジェンダー用語導入を図ろうとしているのです。
関連記事


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男らしく女らしく

ジェンダーとは、社会的文化的に作られた性差をいうそうです。生物学的、先天的な性差ではなく、後天的、生まれたあとに社会や文化によって作り出されるものという概念のようです。たとえば、ジェンダーフリーは「男だから泣くな!」とか「女らしくしなさい」

差別と区別

ジェンダー問題、「差別と区別」・男らしさ、女らしさの概念を否定・看護婦、保母、スチュワーデスなどは差別用語・学校の名簿は男女混同が望ましい・男は「黒」、「青」、女は「赤」、「ピンク」というのは差別男女の壁を取り払ってしまった時にに表面化すること。それによ

池田大先生の狂気と唯我独尊

昨日のエントリーで、創価学会の池田大作名誉会長が、韓国・朝鮮をこよなく愛していると書いた。が、この大先生が愛しているのは韓国・朝鮮だけではない。中国(中共)も大好きなのだ。創価学会のサイトを覗くと、池田大先生がいかに中国を評価し、日中友好に尽力しているか

継承問題を稲作に置き換えて考えると…

月刊WiLL1月号で上智大学名誉教授の渡部昇一氏が『あまりに拙速な女性天皇容認論』を寄稿され、そのなかで「種と畑」の例を披露されていたので、私は日本人にとって一番身近な食材“米”に見立てて「種と畑」の理論を考えてみたい。 天皇家に代々伝わる品種があるとする。

フェミの高笑いを、男女共同参画社会基本法の改正のバネに!

TransNewsAnnexさんがブログで以下のように高笑いしながら、世界日報の記事を転載している。♪ 馬鹿ウヨ政治家連中がどう言い繕おうと、今回は猪口サイドのほぼ完勝(バックラッシャ-の完敗)といえる。その意味では世界日報の強烈な危機感は的を射ている。単純なレッテ..

逆援専門のセフレ検索サイト♪★

なんと、女性ユーザの約80%は現役風俗嬢やキャバ嬢ですょ★

コメント

インチキジェンダーフリーは国力を低下させる

http://www.nikaidou.com/column02.html

インチキジェンダーフリーは国力を低下させる
【12/19(月)6:45】

<dさんより>

● 国内フェミニストの悪行
・「ジェンダーフリー」という造語を隠れ蓑にして、男性差別、伝統文化破壊、社会秩序破壊、家庭崩壊などを行う。
・DV(ドメスティックバイオレンス)は家庭内暴力の意味なので「親→子」「妻→夫」「孫→祖母」など、さまざまなパターンがあるはずだが日本では「夫から妻への暴力」という固定された刷り込みのみ行う。
・夫婦別姓を主張(韓国、北朝鮮みたい)
・少子化加速(エンゼルプランは少子化防止のはずが10年で「 1.42→1.24 」とマイナスの効果しか生んでない)
・過激性教育(国会でも話題になった)
・「男女平等」「女性優遇」を都合のいい時に使い分ける(女性専用車両導入、男女混合名簿)
・日本の伝統破壊(ひな祭り廃止、鯉のぼり廃止、女人規制の山に強引に入るなど)
・10代にフリーセックス推奨、妻へ不倫推奨
・女性を無意味に甘やかし、男性へネガティブキャンペーンを張る(マスコミもタッグを組んで番組作成、CM放送)
・成果がないくせに防衛費以上の予算の無駄使い(防衛費は減らされているというのに・・)
・DV防止法を悪用し、冤罪レベルでも離婚を推進する(被害者家族も存在する)
・少子化を加速させるために、専業主婦に対してニート無職というマイナスイメージを植付ける。
・男の暴言はDV認定、女の暴言はスルーという男性差別。(結婚していなくてもDV防止法が適用できる)

→明らかに日本の国力を衰退させる工作ですね。こういう連中は一見正しいことを言っているように見えて、実はぜんぜん違う。まぁラッシュ時の女性専用車両位はいいとして、その他は全部おっしゃるとおり。「男女の違いを無くすことは、元々ある人間としての尊厳を汚すということで、人種差別である」と思いますが、いかがでしょうか。

この通りだと思いました。まとめ方が分かり易い。

↑こんな「ようちゃん」のようなIQゼロの馬鹿ウヨ連中がはびこってるようでは、そりゃ日本の将来は明るくないでしょうねえ。

ジェンダー大好きサヨク

↑mmmmみたいなカキコをみると、どういう人達がジェンダーフリーを推進しているか良くわかりますねぇ。

mmm→レッテル貼りしか能のない輩

>IQゼロの馬鹿ウヨ連中

またまた、2ちゃんねるに棲息すべきバカ荒しが何を間違えたか、よりによって日本会議のブログにさ迷い込んだだけの事。

日本は言論自由やさかい、何考えとっても別にええねんけど、ココでカキコするなら、もうちょっと真っ当な議論せぇや!

「男女平等」は、そう簡単にはいかない。家庭破壊を伴う、欧米型男女平等

労働市場での「男女平等」と女児への性的虐待は関連する。
http://www.asyura2.com/0510/social2/msg/406.html
投稿者 東京音頭 日時 2005 年 12 月 19 日 21:27:20: lgPwXYAv4QVow

(回答先: 人々の幸せのための「男女平等」は、そう簡単にはいかない。家庭破壊を伴う、欧米型男女平等 投稿者 東京音頭 日時 2005 年 12 月 19 日 16:15:40)

普通、親は娘を守る為、家の中に簡単に男性をいれませんよね。
ましてや、娘とその男性がふたりっきりになることは、避けますよね。

この投稿は大変力作で説得力があります。
是非 読みに入ってください。

今後の課題

プロジェクトチームならびにジェンダーフリーに反対する地方議員の皆様のご努力に敬意を表します。

基本計画改定が事実上決まったとのこと、大本の基本法がジェンダーフリー思想を盛り込んでいる中で、基本計画改定をより良いものにするのは至難の業と思っていました。困難な中で着実な成果をあげていただいたことに感謝します。

ただ、率直に申し上げて、もっと多くのことができたのではないかという気がしてならないのです。プロジェクトチームの保守国民層の巻き込み方にもっと工夫があってよかったのではないか、ということです。

一例を挙げます。全国から3500件もの意見や苦情が集まった実態調査。このうち30数例の要旨がホームページに公開されましたが、もっと多くの事例を集めてなぜ印刷した小冊子を作らなかったのでしょうか。私はプロジェクトチームに直接電話して、2回このことを訴えました。しかし明らかに事務局の方は消極的でした。一方、山谷先生の講演会に足を運んだ方の報告によると、参席者はこれらの事例の話を聞いて、非常に驚かれるのだそうです。ホームページに既に公表してあっても、その内容を把握している方は多くない、山谷先生の講演会に行く人ですら、講演会に行って初めて実態調査の結果を知り、驚くという状況なのです。これで実態調査結果を国民に周知したことになるのでしょうか。

小冊子を作り、そこに事例や集まった性教育副教材の写真なども入れる。それを各議員の支援者にどんどん配布する、希望者には安価で提供する。講演会では1人1人に配布する、そういうことをしていけば、情報はもっと広がったはずです。そしてこんなひどい実態が生じたのは、基本計画に「性教育の充実」という項目が入ったからだ、ジェンダーの思想が基本法にあるから、こんな男女ごちゃ混ぜ教育が横行するのだ、と説明すれば、ジェンダーの難しい議論が分からない人でも、みなプロジェクトチームを信用して応援するようになるでしょう。私はあれほど大がかりな調査をやりながら、なぜそこまで詰めなかったのか、本当に不思議でならないのです。

私の知人がプロジェクトチームに電話したときは、「そんなに配布したいなら、自分でホームページからダウンロードして配布したらどうですか」と言われたそうです。確かにその通りです。しかしネットからプリントアウトしたものを配るのと、安倍幹事長代理名で印刷された小冊子を配るのとどちらが効果的でしょうか。考えてみるまでもないことです。

この小冊子に、5月のシンポジウムの安倍議員や山谷議員の発言録も載せておけば、さらに大きな効果があったはずです。私はそんな小冊子を作ってくれたら、10冊でも20冊でも買い取って、あちこち配って歩く、と事務局の女性に話したのですが、結局聞き入れてもらえず、大変残念です。

それから、プロジェクトチームには公聴会を開いていただきたかった。全国に、今のジェンダーフリーに反対する草の根の人々がいるのです。彼らはプロジェクトチームの動きを心から応援し、支えたいと思っている人たちです。日本会議に属する人だけが反ジェンフリの活動をしているわけではないのです。個人や小さな市民団体で学校や教育委員会や内閣府と直接やり合っている人もいます。そういう人たちの声を直接聞いてほしかった。またそういう人たちに直接語りかけてほしかった。プロジェクトチームが今何に取り組んでいるのか、参画局との話し合いで何が分かったのか、どこまで是正できて、どんな問題が残っているのか、そういう報告を直接国民にしてほしかった。そして、公聴会を通して、もしかしたら、プロジェクトチームの方々も気づかない視点を、国民の側から提供できることもあるかもしれない。

フェミニストらは議員も一般庶民も一緒になってネットワークを作り、ネット上やリアルの集会で一体化して議論し、何か事があると、瞬時に抗議行動や陳情や動員に動ける体制ができています。これは率直に凄いことです。保守側もそういうネットワークを作っていくべきだし、プロジェクトチームからそういう働きかけ、進んでリーダーシップを取る動きがあってもよかったのではないでしょうか。

あえて偉そうに書きましたが、それもこれも、ジェンダーフリー運動がこの国を滅ぼすことになるだろうという危機感ゆえとご理解いただきたいのです。

ジェンダーフリーは容認しない、しかしジェンダーは入れる。これでは中途半端です。ジェンダーの語や概念が残れば、フェミは別の言葉を使って、これまでと同じことをやりかねません。「ジェンダー平等」「ジェンダー・バイアス・フリー」など別の用語は既に用意されています。こうした言い換えによる逃げ道を断つためにも、「ジェンダーフリー」という言葉が指し示す概念の内容を正確に定義し、具体例を数多く盛り込むことが大事だと思います。

混合騎馬戦が非常識だとするなら、混合名簿はどうなのか、混合身体検査、さん付け統一はどうなのか。そして最大の問題は伝統的な性別役割分担の取り扱いです。これを非常識な例に入れ、伝統的性別役割分担を尊重する、これは女性差別とは何の関係もない。この点を明確にしなければ、教育現場の混乱は収まりません。また「性のグラデーション」や「性的指向の多様性」なども教育現場から追放しなければならないと思います。

ジェンダーフリー教育の最大の狙いは、性別役割分担の撤廃です。男女を完全に同じに扱うことです。ところが、これは、明らかに「画一的に男女の区別をなくする、男女の中性化を目指すジェンダーフリー」の事例であるにもかかわらず、内閣府はこれを「ジェンダーフリー」の事例として認めようとしません。この壁を突破してこそ、真の男女平等、真の男女共同参画の道が開かれるし、日本の伝統文化も守られると思います。

男と女は違います。先の天皇陛下のご発言でも、女性皇族には女性らしい特別な役割があるとのお話が盛り込まれていました。男性と女性では異なる特性がある。この当たり前の伝統を尊重する男女共同参画でなければならないのではないでしょうか。

大澤真理が持ち込んだ「伝統的性別役割分担を否定した男女平等」路線と訣別し、男女特性論に立った男女平等路線に立ち返る、この目標に向かってプロジェクトチームが進んでくださることを切望してやみません。

>少子化を加速させるために、専業主婦に対してニート無職というマイナスイメージを植付ける。

専業主婦予備軍ともいうべき、家事手伝は厚労省はニートには含めていませんが、男女共同参画局をかかえる内閣府が家事手伝をニートに分類したために、ニートの数が突然増えたということもありました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置

現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会


緊急事態条項を求める意見書



■7府県
2政令指定都市

(令和4年5月4日)


■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市

通称使用の拡充を求める意見書



■6府県
1政令指定都市

(令和4年5月4日現在)

■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市

憲法改正早期実現国会議員署名




■  422名  (令和4年5月4日現在)




憲法改正の国会論議を求める意見書採択可決





地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和4年5月4日)



■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)



辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例