09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

官邸が狙う 「女系天皇」 を陛下が憂慮

「論談」に、平成18年02月06日付けで、投稿が匿名で投書されています。

女性・女系天皇容認の「有識者会議」の報告書の内容は、実は平成9年より、古川貞次郎前官房副長官ならびに薗部逸郎最高裁判事が中心となって進めてきたことは先日も書きいたように明らかです。

この古川氏は小泉首相と「有識者懇談会」との昼食会も設定し、女性・女系天皇を明確に推進しています。羽毛田宮内庁長官は厚生省時代に古川氏の部下であり、古川氏が宮内庁に送り込んだとのうわさがあります。

また、ご承知のように、風岡宮内庁次長は創価学会とのうわさがあり、奥様は明確に学会員です。古川貞二郎氏を中心に、羽毛田長官・風岡次長が女性・女系天皇の推進者であることは、匿名の投稿記事からも明らかで、許されないことは天皇陛下の御意志であることを表明している点です。

ご承知のように、羽毛田長官は三笠宮寛仁親王殿下のご発言を、政治的発言と非難していましたが、自らが天皇の政治利用を企てているのです。また、官邸に天皇陛下の御意志だと伝えたのは、羽毛田長官であることはある信頼すべき情報で明らかです。

また、武部幹事長や細田前官房長官も天皇陛下のご意志である事を表明していたことは、匿名の投稿記事からも明らかですが、その出所は「宮内庁」発であるに違い有りません。

先日の閣僚懇談会で小泉首相が天皇陛下のご意志である事を表明したことも明らかなように、官邸・自民党幹部は天皇陛下のご意志であることが昨年末頃から浸透し、マスコミや秘書の口から天皇陛下のご意志であるとのうわさが広がっていたのも事実です。

古川氏、羽毛田氏などは何を意図してこれを推進しているのか謎です。なお、小泉首相は彼らの意向にのって推進しているのであって、首相が当初から組しているとはいえません。

しかし、伝え聞くところによりますと、小泉首相は秋篠宮紀子妃殿下のご懐妊のご慶事にもかかわらず、依然として皇室典範改定案の国会提出をあきらめていないということです。
マスコミの報道に惑わさることなく、国会提出阻止に向けた布陣を固めなければなりません。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉は皇室潰しを強行する!!

狂気の宰相はまだ諦めない。皇室の破壊は彼奴の企む日本国の文化と歴史の破壊に欠くべからざる要素だからだろうか。小泉政権の狂気は更に深化し、日本国にいよいよあからさまに牙を剥き始めた。

日本の建国をお祝いする集い

今週土曜日に日本の建国をお祝いする集いがあるぞ~('A`)平成18年2月11日(土)14時開会(13時開場)アクロス福岡「シンフォニーホール」福岡市中央区天神1-1-

不遜な動きをする官邸と宮内庁幹部

今朝の新聞各紙で皇室典範改正見送りという見出しが踊っていますが、この皇室典範の改正には、首相周辺や宮内庁内部にきな臭い動きがあったようです。日本会議のブログ「草莽崛起

コメント

本当に皇室の意思を尊重したいのなら、皇室典範は長子優先に改正した上で、自発的な皇位の放棄を認めればよいだけの話だが。

もし放棄すれば、女系否定は明らかに皇室の意思であったことが明らかになる。

これすら認めないのは、単に
「バカウヨが女系否定のために、皇室の意思を口実に使った」
としか思えないがどうか。

>皇室典範は長子優先に改正した上で、自発的な皇位の放棄を認めればよいだけの話だが。

あなたも有識者同様、もう少し歴史を勉強したほうが良いね。

「これは陛下のご意思である」と言うお言葉を利用した君側の奸は、昔もいませんでしたっけ?

女系天皇を認めよという勢力の執拗な動きの背後には、左翼主義・進歩主義がらみのものだけでなく、もっとどろどろしたものがあるのではないかという気がします。
要するに、一言で言ってしまえば、小和田氏の権勢欲があるのではないでしょうか。
小和田氏のような権力欲も名誉欲もあるエリートが、この問題でまったく動かないということはないでしょう。

保守側の一部がさかんに女系容認を主張していますが、小和田氏が何らかの働きかけをしているのではないか、と疑う人がいてもあまり責められない状況ではないだろうか。

自民党が姑息な手。陽動作戦に出た!油断できない!

★皇室典範改正案 修正した上で今国会への提出を模索する動き

・皇室典範の改正をめぐる自民党内で論議を行う内閣部会の中心メンバーらが9日、
 極秘に集まり政府側から説明を受けた。一方、自民党内では改正案を修正した上で
 今国会への提出を模索する動きも出てきている。

 会合では、政府側から女性・女系天皇を容認する有識者会議の報告書などについて
 説明を受け、内閣部会での本格的な論議は再来週にスタートさせることを確認した。
 こうした中、自民党内では改正案について、女性天皇は認めて男系を維持するなどの
 修正をした上で、今国会への提出を模索する動きも出てきている。久間総務会長は、
 記者団に対し「世論が集約できれば今国会に提出してもいい。提出しないと無責任」と
 述べている。
 http://www.news24.jp/52309.html

今回は女性のみ容認に修正されようが、この時期に提出されるなら
あくまでも愛子天皇ありき、秋篠宮はずしの非常に恣意的な法案
安定継承などはただの建前

安定継承論議は後回しにして、今法案の阻止を図らないと
何年後かにまた女系容認の改正が起こりかねん

TVでも日テレのみで新聞は触れずのこの修正の動きは
断固阻止する必要がある

皇室典範問題~世継ぎの問題に矮小化されてしまっている。

今回の皇室典範改悪問題の最大の問題点は
世継ぎの問題に矮小化されてしまっていることだと思います。
現行制度だと、時の政治家・権力者によって
いとも簡単に皇位継承者が決められてしまうことが
分かってしまいました。

皇室内部のことは皇族の方の自主権が尊重できる
仕組みを作るべきです。その代わりに
皇室の中の方も、国民の税金ではなく、
自分たちで運営していけるように考えるべきです。

寛仁親王が仰っていましたが、国民の税金で食べている
ということに負い目を感じているそうです。
しかし、その一方で、経済の自由、職業選択の自由、
移動の自由、結婚の自由、時間の自由など
あらゆる自由が制限されている辛い身分にあるのです。

また、戦後すぐに貴族制度が廃止されて、
今やあの僅かな皇族一家が狭い皇居の中に丸裸で閉じ込められ
1億2千万人の日本国民の中で飛び地に追いやられた
孤独で辛い立場にあるのです。

そういうわけですから、私はこの問題が
世継ぎの問題に矮小化されてしまっていることに
危惧を感じるのです。

>本当に皇室の意思を尊重したいのなら、皇室典範は長子>優先に改正した上で、自発的な皇位の放棄を認めればよ>いだけの話だが。

>もし放棄すれば、女系否定は明らかに皇室の意思であったことが明らかになる。

 なぜ長子優先に改正するのですか?
もしその理由が伝統による考えであるのならば、男系継続の理解もできると思います。
 またただ放棄すれば皇統が途絶えてしまいますので、皇統を維持するための方策を盛り込まないといけないでしょうね。

>これすら認めないのは、単に
>「バカウヨが女系否定のために、皇室の意思を口実に使った」
>としか思えないがどうか。

「でたらめの皇室の意思を建前にした女系推進派」
というのがここの記事の趣旨であったはず。
貴方の発言では皇室の意思を口実(理由)に使ったことは悪いというような印象を与える文ですが、いけないことじゃないと思いますよ。皇室のかたがたの意見も聞くべきだと思います。もちろん嘘はいけませんが。

「 kkk 」

>「バカウヨが~」

罵倒コトバをつけないと、自分の意見も言えんのか?
早よ2chにでも去ね!

>Kuantanさん
>保守側の一部がさかんに女系容認を主張していますが、小和田氏が何らかの働きかけをしているのではないか、と疑う人がいてもあまり責められない状況ではないだろうか。

私は勘ぐり過ぎだと思いますよ^^;)
でもいろいろ考えるのは良いと思います。

気になったのは「保守」のこと。
 保守は「伝統的価値観の肯定とその価値観の現在への反映を主張する」ことでしょう。
だとすれば、日本の伝統の最たるものである天皇制の伝統を破壊する女系推進は、もはや保守ではないと言えます。
 私は小泉首相がリアリストであって保守では無いと思います。
 私は保守です。

論談

この論談なるブログは中国の支援を受けている節が濃厚である。一見、保守派にみせかけているが、皇室に関するさまざまなデマ記事を流布させること(「目安箱」の冷泉文恵なるライターなど典型)により、庶民レベルに皇室に関する疑念を抱かせることを狙っていると思われる。この宮内庁事務官?とやらも保守派の分断を狙っていると読めば納得できる。
編集子はこのような得体の知れないブログを取り上げないことをおすすめする。

左翼の工作員

>この論談なるブログは中国の支援を受けている節が濃厚である。

あなたは、左翼の工作員ですか?

ひぐらしさん

>>保守側の一部がさかんに女系容認を主張していますが、小和田氏が何らかの働きかけをしているのではないか、と疑う人がいてもあまり責められない状況ではないだろうか。

>私は勘ぐり過ぎだと思いますよ^^;)

我々国民は妃殿下は皇太子殿下に特にと望まれて結婚なさったと思って来ました。しかし、そうではなく、ある官僚グループがお妃候補に薦めていたというのが事実です。

ぜひ、こちらを読んでみてください。

「皇室典範に関する有識者会議」への疑問と社会的大混乱の予感
~企業経営にも大きな影響
http://www.teamcg.or.jp/project/yawata/jiji01601.htm

女帝問題について朝日新聞に掲載されたコメントの補足
http://www.teamcg.or.jp/project/yawata/jiji01901.htm

無断掲載削除


草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN御中 御担当者様


株式会社政経論談 管理担当者、政田 幸一と申します。

早速ですが下記、貴サイトに掲載されている記事についてお尋ね致します。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-264.html

当方では下記アドレスでご案内している通り無断転載をお断りしています。
http://www.rondan.co.jp/html/home/desk1.html
「 当ホームページに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
すべての著作権は、論談 またはその情報提供者に帰属します。」
上記を確認の上での転載記事でしょうか?

確認されている場合は必ず当社担当者の名前をお知らせ下さい。

当社では
「 リンク時の URL は、"http://www.rondan.co.jp/" で お願いします。」
としておりますが記事へ直接リンクしていない事に合わせ論談を論壇として
記載し更にリンクを
http://www.rondan.co.jp/html/mail/index.html
とされている現状を当社としてどのように解釈して良いか戸惑っております。

つきましては掲載記事を削除すると共に謝罪文をトップページに
「掲載されてから削除した期間と同じ期間」掲載する事を求めます。



〒151-0071
東京都渋谷区本町3-52-6 京西ビル3階
電話 : 03-3374-1151(代)
FAX : 03-3374-9116
政田 幸一

懐かしき「論談」…

「論談」…懐かしいサイトですね。十年前のゼネコン危機の時期には、情報収集のためによくアクセスしていたものです。埼玉のゼネコン談合組織の件などは該当人物も知っていたので、どうしたもんかとハラハラしながら見ていた記憶があります。

見なくなった理由は、今の二階堂などと違ってガセも多かったし、低俗エロ小説風記事や裏世界のニオイがぷんぷんと漂っていた事、そして、どうもこれは「成りすまし」ではないかと感じたからでした。

ところで上記のコメントが載っていたので久しぶりに「論談」のサイトを見ましたが、相変わらずというか、論談の政田氏と北代氏は昨年9月29日ホテルニューオータニに於ける「中共建国56周年祝賀レセプション」に出席し、王毅駐日大使と3人で写真に収まっている。
そのほか毎年いろいろな中共の行事に顔を出しているようだが、果たして日本人として、ちゃんと王毅駐日大使に見識の誤りを指摘しているのでしょうか?

まぁ、「論談」にそれを期待するのは無理かもねぇ。

総会屋=「論談」

最近は鳴りを潜めているようだが、論談もとい論談同友会の実態は、新興総会屋グループ。
つまり「政治ゴロ」

ここの管理人氏は連中を真正保守派と誤解したのだろう。
日本会議は思想的民族派であるから(つまり闇の勢力と関わり無いから)脅しやすいと見ているはずだ。

管理人同士で話が出来ているのかと思っていたが、迂闊でしたな。
ところで、幾ら要求してきたのか?興味アリ

媚中派総会屋のサイト

論談のHPを見たら上のコメントの政田氏の文章がトップページど真ん中に、これ見よがしに張り付いてるぞ!

さらになんと、先週までは左側に貼り付いていた「日中友好」欄が消えている!w
「過去の記事」の中に吸収されて目立たないようになっているじゃないか!ww

「日中友好」の論談同友会メンバーと中国要人の記念写真多数は“媚中ムード”満点のお宝写真だから保存しておかなけりゃwww

密告

楽天株式会社は結社インフィニティの騙りです。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例