FC2ブログ
09 月<< 2020年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

「今国会提出断念」報道に対する見解-皇室典範改正案

日本会議国民運動通信144号を転送します。

―「皇室の伝統」の危機は何ら克服されていない

1.「今国会提出」の動きを政府は止めていない

2月7日の秋篠宮妃紀子さまのご懐妊の報道を受け、本日(10日)読売、産経など各紙が皇室典範改正案の「今国会提出見送り」と報じている。確かに「今国会の改正は困難」という見方が浮上しているものの、法案提出に向けた動きを与党執行部は止めていない。

?2月8日、与党幹事長、政調会長会談で「皇位継承と慶事は分けてしっかり勉強していく」(中川秀直政調会長)方針を確認。

?首相は8日夜、記者団に「やはり典範改正は必要だとの議論にだんだんなっていくよう、分かりやすく議論される配慮が必要だ」と述べた。
?9日、自民党内閣部会の幹部は、報告書について初の勉強会を開催。自民党内閣部会で、女系天皇容認の報告書についての勉強会を再来週から開催の予定。

?内閣府に設置された「皇室典範改正準備室」では、報告書に基づいた改正案に関する準備がほぼ終了。
 
以上のような動きを本日の毎日新聞はこう分析している。《小泉首相は9日も改めて改正の必要性を強調した。首相は今国会での同改正法案提出・成立には「こだわらない」慎重姿勢に転じる一方、冷却期間を置く間に女系容認を打ち出した有識者会議報告書の趣旨を政界に浸透させ、合意形成の可能性を探ろうとしているとみられる。》
 
つまり勉強会を通じて与野党幹部への説得と、「慎重派」の切り崩しを行い、延長国会での提出を狙っていると見るべきであろう。

2.問題の本質は何ら解決されていない

仮に小泉首相が今国会の提出を断念したとしても、そのことが「女系」断念を意味しているわけではない。ご懐妊報道後も、小泉首相は女系天皇導入に向けて並々ならぬ意欲を示している。

?ご懐妊報道の直後の7日午後の衆院予算委員会で小泉首相は、女系容認を強調。「皇位が今後、安定的に継承されるかどうかを考えると、皇太子殿下の世代の皇位継承者は、皇太子の後、秋篠宮殿下お一人だ。しかも皇位継承者は、皇太子の後、秋篠宮殿下お一人だ。

しかもお年もそう離れていない。安定的に継承されるかというと、現状のままでは必ずしもそうでない。私は今後も安定的に継承されるためには、女性天皇も女系天皇も認めた方がいいと思っている」、「男子が優先的に皇位につくことになると、それまでの間、長子の女性はどのように過ごせばいいのか。天皇につかれるためには、ご養育の期間は極めて重要だ」

?小泉首相は9日昼も、「皇室典範を改正しなければ、天皇制の維持は難しいということは、議論すればわかる」と述べ、あくまで改正を進める方針を強調した。

以上のように、小泉首相はあくまで女系天皇容認の改正に意欲を示している。仮に今国会での提出が断念となったとしても、それで問題が解決したわけではない。政府は、女系長子優先という「報告書」の内容を否定したわけではないからである。

3.目標は、政府に男系維持を認めさせること

私たちの目標は、今国会の提出を断念させると共に、二千年を越える男系継承という皇室の伝統を踏まえて皇室典範を改正することである(そうしないと、現在の宮家はすべて廃絶される)。
 
つまり、政府に対して、改めて皇室の伝統を守る立場からの皇室典範の改正に取り組むよう迫る必要がある。そのためにも、広く国民に対して皇位継承の伝統や皇室のご存在の意義を知らせる国民運動をより一層強化すべきなのである。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本の建国をお祝いする集いinアクロス福岡

「日本の建国をお祝いする集い」の講演会に行ってきたぞ~('A`)はじめに入場券を買わなければいけなかったが、中には招待状と言えるハガキをもらったから無料だと思っていたじい

建国記念の日奉祝茨城県民大会が開催さる!

●◎祝◎皇紀2666年◎●建国記念の日   奉祝茨城県民大会開催!●◎☆★東中野修道先生が講演★☆    演題 『二千年の歴史を誇る皇室伝統』■■ 行事報告 ■■  平成18年2月11日午後1時より、水戸市、常磐神社会館に於いて、皇紀2,666年建国記念

コメント

初めまして

初めまして、プライドオフJAPANは毎回欠かさず見ております。紀子様ご懐妊によってさぞ小泉総理が断念したかのような印象を受けましたが記事のようにまだまだ油断できない状況との事ですね、福岡でも皇室典範改正法問題についての講演会があってすごくためになりました。百地先生も同じような事をおっしゃっていました。

皇室典範改正

こんにちは
確かに、今のままでは現在の男系継承を維持するのはかなり難しいと思います。旧皇族の竹田恒泰氏もブログで書いてあるように、旧皇族から男系男子を養子に迎える方法が一番良いと思います。さらに各宮家にも同じように男系男子を養子に迎えるの派如何でしょう。今のうちに養子縁組をして皇室教育をされるのが、最善の方法のように思われます。
私は、どこの誰だかわからない民間人を、愛子様のお相手に選ぶより、つい60年前まで皇室だった方のほうが国民が納得すると思います。

どういう訳か、トラックバックが出来なくなってしまっていますので、コメントにて失礼します。

中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その2
http://izariuo.blog32.fc2.com/blog-entry-48.html

神々の掟、国の掟

はじめまして。私にも中学生の子供がいます。我が子が大きくなる頃、この国は溶けてしまっているのではないかと一抹の不安を感じつつ、昨今のメディアの左寄り軽佻浮薄ぶりに怒り心頭の毎日です。そんな時にこのブログを見付け、まだまだ大和心が失われたわけではないのだと、いくばくか安堵した次第です。
さて、皇室典範改正問題です。すでにご存じの方がいらしゃると思いますが、ここでギリシヤ悲劇の『アンティゴネ』という物語を紹介させて頂きます。
テバイの王オイディプスが亡くなった時、その後継をめぐって長男のエテオクレスと次男のポリュネイケスが争いました。
結果、次男は追放されアルゴス国王の娘婿となりましたが、すぐに養父を口説き落としテバイを攻撃しました。
しかし戦闘は熾烈を極め、兄弟はともに刺し違い戦死してしまいます。
テバイの王を引き継いだ叔父クレオンは、兄の亡骸を丁重に葬った後、弟には反逆者の烙印を与え、その亡骸を野晒しにし誰であろうと慰霊したり埋葬した者は厳罰に処す旨を国中に布告しました。
兄弟には妹が二人おり、下の妹イスメネは国王の布告した「国の掟」に従ったのですが、姉のアンティゴネはその亡骸を埋葬しようとしました。
「国の掟」を破ろうとした姉に制裁を下そうとする叔父に姉のアンティゴネは、「国の掟」が「神々の掟」に優先するなどとは夢にも思わなかった。「神々の掟」は昨日今日出来たものではなく、永劫の昔から生き続けているものなのではないのかと言い放ち、自らの命を断ちました。
今回の皇室典範問題ばかりではなく、靖国参拝問題、玉串料問題等にも通じる人間としてのテーマが、この古き物語にはあります。
日本人としてこの国に生まれ、育った私はアンティゴネに同意します。
長い雑文を書かせて頂きましたが、何かの参考になれば幸いです。大変失礼致しました。

小泉首相は女系容認を諦めてないだろう。

小泉首相が諦めたとは信じられません。小泉首相は一言も諦めたとは言ってないのですから。

今回の皇室典範改悪問題は、女系の是非云々ではなく、現行制度だといとも簡単に国会議員の過半数で皇位継承者が決められてしまうことが問題なのだと思います。よって、このような改悪問題は、今のままだと永遠に起こるものだと思います。(

小泉首相は一度も「今国会提出見送り」「断念」ということを自身の口から発していない。今国会への事実上の女系容認の法案を狙ってくる(2006年02月14日)

2006年02月14日
「見送り」報道に、浮かれていて良いのか [ 国内政治 ]
 何かにつけて、変わり身の早い永田町。

 すでに「皇室典範問題は終わった課題」という空気が、三つの議員会館を吹き抜けている。

 どの議員事務所を回っても、「お疲れ様でした」「良かったですね」という按排だ。

 この問題に当初から危機感を持っている議員事務所をたずねても、「急速に安堵感が広がって、逆に怖い。引き締めるのが大変だ」という声を聞く。

 もよう眺めをしていて判断を留保していた議員のところでは「深刻な党内対立にならなくて良かった」「危うく反小泉の烙印を押されるところだった」という具合で、党に設置される勉強会を生かそうという気がなさそうだ。

 小泉首相は、一度も「今国会提出見送り」「断念」ということを自身の口から発していない。「慎重に」というのは、事態が変われば、いつ再びむくむくと頭をもたげるかわからない代物で、決して安心できるわけではない。

 「勉強会」というものも、官邸サイドや党執行部は「有識者会議の報告の線」でまとめようとしてくるわけで、「白紙撤回」が現段階で約束されたわけではない。田中卓氏や、所功氏、高橋紘氏などを総動員して、ねじ込もうとしていると言われる。

 「男系維持」を叫ぶ議員がふやけてしまっては、成るものも成らなくなってしまう。

 「神社新報」最新号に、新田均皇學館大学教授が、諸君三月号の反論を書いたという。田中説、所説への反論を、気持ちのある議員に配らなければ。

http://plaza.rakuten.co.jp/goaheadgo/diary/200602140000/

皇室典範改悪・小泉に騙されるな!「第三子誕生の前に改正しよう」小泉首相と有識者会議の「密談」

週刊文春 2006年2月23日号 / 2月16日発売

紀子さまご懐妊
宮中(奥)全情報 二人のプリンセスお世継ぎをめぐる12年
ご懐妊直前 紀子さまが雅子さまの前で流した涙

▼学習院のママたちに「おねえさま」と甘える紀子さま
▼「サーヤと勘違い」石原伸晃「ノリコと読んだ」岡田前代表
▼愛子さまご出産にも立ち会った紀子さま担当女医
▼「ゼッタイに男」ってホント!? 「男女産み分け」最新事情
▼ご懐妊の記事をボツにした中国「人民日報」
▼「第三子誕生の前に改正しよう」小泉首相と有識者会議の「密談」
▼寛仁さまに「黙れ」と命じた朝日社説「豹変」の赤っ恥
▼川嶋家は築36年マンション、小和田家は主なき豪邸
▼「第三子即位」皇居に住むのは雅子さま、紀子さま?

>「第三子誕生の前に改正しよう」小泉首相と有識者会議の「密談」

http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例