04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

軍事を忘れて国家の存続なし

軍事を忘れて国家の存続なし                         No.493 平成22年 3月 3日(水)

 既に、三月三日。梅が咲きはじめたと思っていたら、既に満開を越え、桜の蕾がふくらんでいる。

 我が国の内、国内政治の惨状を見ながら、常に我が国の外、最前線のことを考えている。
 国民教育者の友であり師である森信三先生は、一眼は常に脚下の現実を見つめ、他の一眼で人類の歴史を見つめるべし、と言われた。

 では、我が国の最前線とは何処か。それは
、海だ。決して陸、つまり海岸線ではない。そして、さらに突き詰めれば、我が国の最前線は、海の上の何処かではなく、大陸側の「敵基地」周辺だとなる。

 これは、当たり前だろう。スズメバチの攻撃から身を守ろうとすれば、結局その巣を包囲殲滅することになる。
 決して蜂がその巣から飛び立ってからの各攻撃現場での対処が全てではない。ましてをや、蜂が家の中に入ってきてからしか対処してはならないのでは、一匹の蜂のために家の衣食住の機能が無くなる。
 そこで、我が国の専守防衛という防衛方針であるが、これはまさに蜂が家に入ってこなければ我が国は安全だという前提で、家に入ってくるまでは蜂に対処してはならないというものである。

 ある市民が、市役所に電話をかけて、家の外の街路樹にスズメバチが巣を作って安心して道を歩けない、何とかして欲しいと訴えた。如何に人手不足の市役所職員でも、蜂が家の中に入り込むまで何もできないのです、とは答えない。しかし、我が国の政府はそう答える。それが、政府の専守防衛という方針である。

 この度の防衛予算も、四兆円程度である。周辺の情況を観る目をもっているならば、政府部内から児童手当の財源を防衛予算に投入するべきであるという声が一つでも聞こえてくるかと思っていたが、何も無かった。
 鳩山内閣は、鳩ではなくダチョウだ。ダチョウは、頭を隠せば安全だと思い込む鳥らしい。

 政治の転換とは、この鳩=ダチョウ路線からの転換である。そして、その転換の動きは、現政府与党にはなく国民のなかで大きく始まっている。
 私の出席した集会だけでも以下の通り。

 二月二十三日の和泉、泉大津、高石の商工会議所青年部の公開例会は、「日本の近現代史を見つめ直す」という課題のもとで、戦艦大和の最後の生き残りの語り部である八杉康夫さんの話を聴いた。私も出席して話をさせていただいた。

 二月二十七日には、大阪大手前の国民会館で、対ロシア、朝鮮、支那戦略に関して二時間、話をさせていただいた。
 二月二十八日昼には、岡山県閑谷学校で、弁護士の畏友、南出喜久治氏と吉野吉水神社宮司の佐藤一彦氏の主催する現憲法の無効を訴える集会に平沼赳夫先生、八尾の三宅博氏とともに出席させていただいた。

 そして、同日夜、東京の文京区で、西村塾主催の中條高徳先生の話を聴く会があった。中條先生は、陸軍士官学校六十期生の元帝国陸軍少尉で、「おじいちゃん、戦争のことを教えて」という著者がありアサヒビールの顧問をされている。

 これらの集会に流れる共通した主題は、「歴史の回復による国家再興」である。

 戦艦大和の最後の現場状況報告は、生き残りの士官と兵の双方から聞けた。士官からの報告は、吉田満氏の著書である「戦艦大和の最後」から、兵からの報告は、二月二十三日の八杉さんの話からである。
 彼らは、戦艦大和乗組員三〇〇九名中の生存者二百七十六名のなかの二人である。

 重油の海で八杉さんらを「生きろ」と励まして泳がせて部下が駆逐艦に引き上げられるのを確認した髭の海軍中佐(名前を聞き取れなかった)は、くるりと反転して大和の沈没海域に再び泳いでいったという。

 また、吉田満さんの「戦艦大和の最後」の末文は生還直後の初出テキストでは「乗員三千余名を数え、還れるもの僅か二百数十名、至烈の闘魂、至高の練度、天下に恥じざる最後なり」となっていた。

 しかし戦後の時を経た最終稿では、「大和轟沈して巨体四裂す、水深四百三十米、今なお埋没する三千の骸、彼ら終焉の胸中果たして如何に」となる。

 戦を現実に体験した人にも時間の経過とともに、「恥じざる最後なり」から「胸中果たして如何」までの変化が起こる。これが時の経過というものだ。

 その上で、後世の者の責務は、まさに経過した時と歴史を回復することではないか。この間には、占領軍による検閲があった。


 そして、次はお誘い。

 三月十日は、ロシア軍に対する奉天大会戦勝利の日、つまり陸軍記念日。この日を甦らせるために、戦後に名誉を貶められた乃木希典大将と帝国が死力を尽くした日露戦争の栄光を大いに語る会を次の通り開催させていただくので、御案内申しあげます。

 文字通り、日本人の理と情によって大いに語ります。

 と き  三月十日(水)陸軍記念日
      午後五時三十分開場、六時開始、八時二十分終了
 ところ  九段会館 二階 鳳凰の間
      千代田区九段南1-6-5、電話03-3261-5521
 
 第一部  不肖西村眞悟、「時局と乃木大将を語る」
 第二部  乃木大将を語らせれば、東西それぞれ随一の演者
      西から松浦四郎若、「乃木将軍、信州墓参」
      東から五月一郎、「乃木将軍、伊勢参り」
 
 その後、懇親会つまり軽食とお酒
 
 会 費  一万円
 
 以上です。
 ご参加いただけます方は私の事務所までご連絡ください。
 電話072-277-4140 FAX072-277-4309
 E-MAIL sakaioffice@n-shingo.com

 陸軍記念日に明治の日本と乃木将軍を思いましょう。(了)

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント

最後の頼り

最後の頼りは「力」だけしかないでしょう。友愛で国家が運営できれば安いもんです。
両隣りが軍備を強化して泥棒に入ろうとしているのに見てるだけじゃね。
お坊っちゃん思考で政治を玩具にされたんじゃ敵いません。

専守防衛=日本が戦場


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例