FC2ブログ
11 月<< 2018年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 

平沼新党、2大政党時代に向け産みの苦しみか

<<平沼新党、2大政党時代に向け産みの苦しみか>>
【日経BPネット連載・時評コラム拙稿「我々の国家はどこに向かっているのか」】再掲載

*「理念がない敬老会」批判は無責任な論評

 「平沼・与謝野新党」に対するメディアの扱いが急速に冷え込んでしまった。

 「5人目がなかなか決まらない」「国民的人気の高い舛添要一氏が参加しない」などといった事情もあったのだが、「理念がない」という批判が最も強いようだ。

 だが、結論的にいってしまえば、この政治状況の中で「理念がない敬老会」といった批判は、反対勢力のプロパガンダか政治の実像を知らぬ者の無責任な論評といわなくてはなるまい。

 だいたいが、「理念」を持ち出したら、民主党には党の綱領がない。

 自民党から旧社会党まで実に幅広い勢力による「小選挙区対応の選挙互助会」的な政党としての意味合いが濃かったから、統一した政治理念など作成しようもないのだ。
 もっといってしまえば、依然として党の最高実力者である小沢一郎幹事長の「ご託宣」が党の方針や理念の軸となっているというのが実情だ。

 だから、民主党サイドからの「新党には理念がない」という批判はまともに受け取らないほうがいい。

 たしかに、保守再生を掲げる国家観重視の平沼赳夫氏と消費税増税を中心に国家財政の再建を主張する与謝野馨氏とは、だいぶ肌合いが違う。

 だが、だからこそおもしろい、という言い方もできる。

*保守票の民主流入を防ぐのが新党の狙いか

 「応援団だ」としている石原慎太郎都知事が先頭に立って選挙戦を展開すれば、かつて300万を集めた国民的人気の復活もあり得よう。

 任期を1年残すのみの石原氏の国政復帰の可能性も完全にないとはいえない。そうなれば、ムードはがらっと変わる。

 平沼氏が党首、与謝野氏が政策責任者という役割分担のようだが、いずれも長い政治歴を通じて存在感のある政治家である。

 メディアの多くは、当初、予期したような破壊力が出てこないことにがっくりきて、関心が薄れていったという感じにも見える。

 この段階での「保守新党」結成は何を意味しているか。そこを冷静に見ていく必要があるのではないか。

 今回の新党づくりでキーマンとして動いた園田博之氏(前自民党幹事長代理)は、えらく正直に「自民党嫌いの保守票が民主党に流れるのを吸収する役目を負う」と述べてしまった。

 ここが新党のポイントだ。

 つまりは、7月参院選で民主党を「勝たせすぎないようにする」のが新党の重要な役割ということだ。

*「小沢神話」を左右する「2人区の勝敗」

 衆院では民主党は圧倒的な多数を制しているから、どうあがいてもこれを崩すのは難しい。

 新党が予想をはるかに超える国民的支持を得て一大ブームでも起こせば、民主党からの同調者を吸収する可能性がゼロとはいえない。

 民主党にくさびを打ち込むことまでできれば、これは格段に違うダイナミズムを帯びるのだが、まあ、当面はそこまで期待するのは困難だ。

 現在、参院では国民新党などを含めた民主党会派が過半数にかろうじて達している。米軍普天間基地の移設問題などをめぐって、社民党の連立離脱という事態になっても大勢に影響はない。

 民主党としては、小沢氏の号令で2人区に複数候補を強引に擁立するなど、相当に無理をした選挙態勢を築こうとしている。

 これが成功すれば、選挙にはめっぽう強いという「小沢神話」は継続される。

 言い方を変えれば、小沢氏の政治生命を左右するポイントが2人区での勝敗ということになるかもしれない。

 最近の内閣支持率の急落傾向を見れば、そうした小沢氏のもくろみが完全に裏目に出て、共倒れ続出という事態にもなりかねない。惨敗も大勝も紙一重なのだ。

*自民は若手・中堅をこぞって起用するが……

 「平沼・与謝野新党」は、そうした民主党総崩れを引き出す一翼になろうとしている。

 渡辺喜美氏の「みんなの党」は世論調査によっては、公明党を上回る支持を得ている。舛添氏も展開によっては、新党を結成するかもしれない。先行して自民党を離党した鳩山邦夫氏も豊富な資金力をバックにどう動くか。

 自民党の谷垣禎一総裁は、執行部批判をかわそうと、中堅・若手をごそっと起用する人事を発表した。

 参院選挙対策本部(本部長は谷垣氏)の本部長代理に石破茂、石原伸晃、小池百合子の3氏を起用、「影の内閣」に当たる「政権力委員会」(ネクスト・ジャパン)を設置して、それぞれの部門での専門議員をずらりと並べた。

 園田氏の後任の幹事長代理には河野太郎氏を起用した。「古い自民党」を徹底批判している河野氏起用はもろ刃の剣でもあるのだが、そのアピール度を逆利用しようというわけだ。

 だが、それにしても、こうした策によって自民党の支持率が回復するのかというと、どうにもこころもとない。

 執行部一新を主張してきた舛添氏らは、大島理森幹事長を筆頭とする現体制を入れ替えなければどうにも国民受けしないと判断している。

 こうした状況から、参院選に向けて、まだひと山もふた山もありそうだ。

*「民主・公明」過半数割れなら新党の勝利

 結果として、「平沼・与謝野新党」「みんなの党」、それに舛添氏や鳩山邦夫氏らの動きによって、民主党を「負けさせる」ことができれば、この局面での勝利ということになる。

 問題はその「負けさせ方」の程度だ。

 こうした勢力にしてみれば、民主党に公明党を加えれば参院過半数確保というかたちになるのが、最も回避したい構図だ。

 公明党は「与党復帰願望」をもろに出し始めており、この参院選でキャスティングボートを握ろうとしている。

 自民党と離党組新党などによって、「民主・公明」でも過半数に及ばない、という結果を生み出すことができるかどうか。そこが最大の焦点である。

 安倍、福田、麻生の自民3政権を窮地に追い込んだ「衆参ねじれ」の逆バージョンが誕生することになる。

 新党結成となると、そこだけに関心が集中しがちだが、現時点は政界再々編の過渡期にあるのだという大きな流れを見据えたい。

 国民新党も含めて、将来の2大政党時代に向けての産みの苦しみのさまざまな様相があらわれるのが、この参院選なのではないか。

*地域別比例代表や復活当選などは廃止せよ

 主導権を握るキーワードは「第2期政治改革」ではないかと思える。

 リクルート事件以後の政治改革は衆院選挙制度改革に矮小化された、などという批判があるが、小選挙区制導入は2大政党時代を導き、政党・政策本位の政治体制を導こうとする点では間違ってはいなかったと思いたい。

 政治の混迷から中選挙区制への復帰や大選挙区制(複数連記制)といった「争いごとを避ける日本的農耕民族型風土に沿った選挙システム」を求める声もないわけではない。


 自民党と社会党、それに若干の少数野党が巧みにすみ分けた時代への郷愁だ。

 だが、そういう流れでは、政党政治と議会制民主主義を踏まえた先進民主主義国家の政治システムとしては、いかにも寂しい限りだ。

 ここは、衆院の完全小選挙区制と、参院の「政局に介入しない」体質への転換が求められるのではないか。

 衆院を300の小選挙区制だけにしてしまえば、大幅な議員削減効果が生まれる。国民にだけ犠牲を強いているという批判をかわすには、国会が血を流す構えを見せるのが一番だ。

 完全小選挙区制にして、地域別比例代表や復活当選などという不可思議なシステムは廃止する。これによって、2大政党時代が本格的に到来することになる。

*道州制の導入で参院を米上院型に改組する手も

 参院は衆院と選挙制度も似てしまい、衆院と同じように政局攻防の舞台となったことで、「再考の府」などといわれていた権威をすっかり失った。

 若林正俊前参議院議員の「代返」投票などは弛緩した雰囲気の象徴だ。

 戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が作成した憲法草案では「一院制」だった。これを「なんとか二院制に」と日本側が押し戻し、貴族院タイプではなく選挙で選んだ議員で構成することを条件に、GHQ側が認めた経緯がある。

 そうしたことも踏まえ、地方分権の徹底を加味すれば、参院を米上院型に改組する手がある。

 道州制が導入された場合、参院を道州の代表院とするわけだ。

 日本全体を10ぐらいに分けて、それぞれ5人程度を選出することにすれば、参院は50人ですむ。道州代表ということなら、1票の格差がいくらあっても構わないということにもなる。

 道州制の導入は衆院小選挙区の区割りを考える上でも、効果的だ。

 現在は47都道府県にまず1議席与え、残りを比例配分して議席数を決める仕組みだから、東京の世田谷区と同じぐらいの人口の県が存在する以上、どうしても1票の格差が2倍以上になってしまう。道州制によって、「県境」がなくなれば、区割りもかなり楽になる。

 新党ラッシュの中で、有権者の気持ちをどうつかむか。聖域化されてきた「国会の現状」にどこまで切り込むかがカギとなりそうな気がしている。

★★花岡信昭メールマガジン788号【2010・4・10】★★
★ブログ「はなさんのポリログ」 <http://hanasan.iza.ne.jp/blog/>
★メルマガバックナンバー <http://www.melma.com/backnumber_142868/>
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やりたい放題の国労の問題解決に和解金200億円?

 国鉄の分割・民営化に反対した国労組合員らがJRに採用されなかった問題が政治決着し、政府が1世帯当たり約2200万円を和解金として支払う代わり、国労側は旧国鉄(現・鉄道建設・運輸施設整備支援機構)を相手取った係争中の訴訟すべてを取り下げると言う合意につ...

コメント

私も平沼新党を心待ちにしていた一人ですが、正直なところ強く惹き付けられる“何か”が伝わってこない。それは恐らく“具体的なプラン”が見えないからだと思います。党ホームページから結党主旨・綱領を見ましたが、“そこから、どんな法案に繋げていくのか”という具体性が見えなくて、惹き込まれないのかと思います。ただ、消費税を上げることだけは分かっているのです。これでは国民は一歩下がってしまう。国民からしてみれば「宗教法人にも課税してくれますか?電波使用料を上げてくれますか?広告税を創設したり、パチンコに何らかの形で課税制度を作れませんか?消費税UPより先にすることないですか?」そんな気持ちで見ているのではないでしょうか。もう少し踏み込んだ具体的な策をアピールして頂ければ、有権者からの注目・期待が集まると思います。

日テレ調査で鳩山内閣の支持率が遂に30%を切った。当然の結果である。普天間基地問題で言を左右して米国及び日本国民を惑わせ不信感を与えた責任は万死に値する。

世論調査での支持率が下降を辿り、あの民主党支持メディアが鳩山氏の“迷言”を報じるようになったことには何か裏があると注意している保守有権者がいるようで興味深いです。
http://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/143866296.html

保守党が、これほどまでに細かく分かれてしまって比例代表の票が分散されることが果たして良いのでしょうか?

何が何でも

何が何でも民主党を降ろす事が日本をづくう事に成る。これで良いではないでしょうか、批判した政党はシルバー世代の怒りを買いました。
一番選挙には真面目な年代ですから世代交代、シルバーは駄目だと大声を挙げた人達は「天に唾吐く」でお返しを貰うでしょう。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例