09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

公明党との妥協は許されないー大詰めの教育基本法改正

教育基本法改正 公明主導に自民反発 「愛国心」盛り込み不透明(産経新聞 3/5)
 
与党の教育基本法改正検討会(大島理森座長)は五日、焦点である「愛国心」の表現をめぐる協議に入り、最大の山場を迎える。与党間の調整はこれまで、公明党主導で進められており、自民党内からは、不満や「密室協議」との批判の声があがっている。
≪秘密主義≫

「(与党協議の中身、合意事項が)表にまったく出てこないのは問題だ。議論のしようがない」
「卑怯(ひきょう)な決め方ではなく、納得できる決め方をしてほしい」

四日の自民党文部科学部会と文教制度調査会の合同会議。出席者からは、検討会の進め方に対する批判が相次いだ。大島座長は「桜が全部散らないうちにまとめたい」としているが、方向性は見えてこない。
 
■教育基本法改正案に「愛国心」が入るかどうか、4月12日に決定か

本日の産経新聞を始めとする各紙は、昨日開催された与党の教育基本法改正検討会(大島理森座長)において、「国を愛する心」など前文の扱いについて協議したが、意見がまとまらなかったことを報じています。

あわせて、「国を愛する心」を含む前文案を、私共の国民集会の翌日(4月12日)に開催される「与党教育基本法改正検討会」で、大島座長案が提案され、再度検討することが、本日の自民党の教育関連合同部会で確認されました。

私共としては、憲法に匹敵する重要な法案が密室で決定してしまうことに対して、是非とも、声をあげてほしい旨、国会議員に対して陳情活動を懸命に行っています。

また、日本会議国会議員懇談会の国会議員の先生方に対して、「愛国心」「宗教的情操」を盛り込むとともに、日教組による学校支配や扶桑社教科書の採択を妨害する法的根拠となっている「不当な支配に服することなく」という文言を削除するよう、働きかけを行っています。

また、本日の自民党教育関連合同部会では、75名ほどの議員が出席し、先の3点は、絶対に譲れないとの発言が次々と行われました。

11日の国民集会では、私共の趣旨に基づいて活動をしている国会議員の方々が来られます。是非とも、このような国会議員の先生方を後押しすべく、皆さんのご参加をお待ちしています。また。国民大会の紹介を、ブログやホームページ等で紹介していただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

当日は、国会議員とともに、アテネ・オリンピックで金メダル大量獲得に貢献した当時の総監督、福田富昭さんも急遽、登壇をご了承していただきました。

ここで、「愛国心」という趣旨を入れることができなかったら、その事実をもって、日教組らは、「愛国心」につながる教育のすべてを学校現場から排除していくようになるでしょう。

逆に、入れることができれば、愛国心を育む歴史教育、道徳教育を大手を振ってできるようになります。それまで、日教組の先生方によって痛めつけられていた、心ある教員たちが堂々と、愛国心教育をできるようになるのです。

それは、「つくる会教科書」を採択しようとする教員委員たちをも後押しすることになります。

我が国の教育が再生するのか、このままおかしくなっていくのか、その岐路にいま、我々は差し掛かっていることを是非とも広く、皆さんに知らせていただければと心より願う次第です。 
 
●●●●●●●【ご案内】●●●●●●●
教育基本法改正の今国会実現をめざす国民大会
――超党派議連による新教育基本法案の提言


日時 4月11日(火)午後3時から4時半まで。2時開場
場所 憲政記念館大ホール 地下鉄永田町駅徒歩5分
    入場無料、当日のカンパ歓迎
登壇者 
中山 成彬(元文部大臣)
平沼 赳夫(元経済産業大臣、日本会議国会議員懇談会会長)
下村 博文(前文部科学大臣政務官)
亀井 郁夫(前参議院文教科学委員長)
山谷えり子(内閣府大臣政務官)
岩屋  毅(衆議院議員)
稲田 朋美(衆議院議員) 
西澤 潤一(首都大学東京学長、民間教育臨調会長)
三好  達(日本会議会長)
福田 富昭(元アテネ・オリンピック日本選手団総監督)
石井 昌浩(元国立市教育長)
小川 義男(私立狭山ヶ丘高校校長)
ほか、歴代文部科学大臣ほか有識者より

(引用)
教育基本法検討会 与党、文言で協議継続 「祖国日本を愛する心」軸に 
与党の教育基本法改正検討会(大島理森座長)は五日、同法改正の焦点となっている「愛国心」の表現をめぐって協議したが、結論は大島氏が座長案を提示する十二日に持ち越した。与党は月内の改正案提出を目指しており、「祖国日本を愛する心」との文言を軸に決着を図る動きが浮上している。
 
「愛国心」の盛り込みをめぐって、自民党は「『国を愛する心』を涵養(かんよう)することをしっかり書き込みたい」(安倍晋三官房長官)と主張。一方、公明党は「『国』という言葉を入れるなら、そこに統治機構は含まれないことを、明示すべきだ」(冬柴鉄三幹事長)としてきた。
 
そのため、検討会では「祖国日本を愛する心」や「郷土日本を愛する心」などの案が浮上。四日の自民党の関連部会でも「祖国愛には、公明党が嫌がる統治機構が入らない印象がある」などの意見が出た。
 
ただ、検討会での与党間調整では、(1)自民党が求めた「宗教的情操の涵養」の不採用(2)日教組などの国旗・国歌反対運動に利用されてきた現行法の「教育は、不当な支配に服することなく」の文言継続-などを決定、自民党側の反発を招いている。また、自民、民主両党などの保守系議員でつくる「教育基本法改正促進委員会」(亀井郁夫委員長、三百八十人)は「愛国心」の文言を盛り込んだ独自の新教育基本法案をまとめており、なお曲折が予想される。
     ◇
■「愛国心」明記 政治に翻弄
 
教育基本法改正をめぐる与党検討会は六十回超の会合を経て大詰めを迎えた。文部科学相の諮問機関、中央教育審議会が「愛国心」明記を求める答申をまとめてから三年。小渕恵三内閣時の私的諮問機関「教育改革国民会議」の提言からは既に六年がたった。愛国心は既に学習指導要領に盛り込まれているものの、自公の路線の違いや政治状況から振り回されてきた格好となっていた。
 
文科省は既に平成十年改訂の学習指導要領(道徳)に愛国心を明記。小学校用は「我が国の文化と伝統に親しみ国を愛する心をもつ」(三、四年生)、中学校向けは「日本人としての自覚をもって国を愛し国家の発展に努める」と記述しており、愛国心の養成は既に教育内容に取り入れられている。ただ、根幹をなす教育基本法にはその理念がなく、現行法は“反日的”な教育を展開する一部教員のよりどころにもなっていた。
 
時代状況の変化を踏まえて、十五年三月の中教審答申は法改正を提言。「日本人の自覚や、郷土や国を愛する心の涵養を図ることが重要」と指摘した。これを受けた形で与党では同年五月から検討会を開催してきたが、「大型選挙を控え党内がまとまらない」といったその時々の政治状況も絡み、愛国心の決着は先延ばしとなっていた。
 
民間教育臨調会長の西沢潤一・首都大学東京学長は「愛国心は自然なものなのになぜもめてきたのか分からない。自公両党は意地の張り合いになってきたのでは。国を愛することは世界への愛につながる。細かい表現にこだわらずに早急にまとめてほしい」と話している。
(産経新聞) - 4月6日3時1分更新

<「愛国心」論議>教育基本法改正の与党検討会、結論出ず

 
自民、公明両党が今国会での提出を目指す教育基本法改正の与党検討会(座長・大島理森元文相)は5日、最大の焦点である「愛国心」の表現をめぐって大詰めの協議をしたが、合意できなかった。両党の「愛国心論議」はすでに3年間を超えるが、保守色の強い表現だけに、同日も「愛」を入れるか入れないかなどで意見が割れ、12日に座長案を示した上で取りまとめることになった。
 
公明党は当初から「『愛国心』は戦時中を想起させる」と反対。自民党からは「国」を「祖国」に言い換える案(中川秀直政調会長ら)や、「愛」を「慈しむ」に言い換える案(与謝野馨経済財政担当相)など、公明党に配慮する案が次々に出された。公明党も「『国』が統治機構を意味しないなら愛国心でも問題ない」(党幹部)などと歩み寄りを見せていた。
 
ところが、自民党内の保守勢力に配慮する安倍晋三官房長官が「国を愛する心をしっかり書き込んでほしい」と注文をつけたことなどをきっかけに、公明党執行部は「愛国心」を容認しない方針で一致。対立の構図に逆戻りしてしまった。
 
同日も公明党から「愛という言葉は無批判、自己犠牲を連想させる」「ナショナリズムは容認できない」などの意見が相次ぎ、自民党は「『愛』の表現は重い」と応酬。
 
大島氏は座長案について記者団に「国が統治機構を含まないことを表現し、国際社会への尊重も考慮する」と述べた。今月中旬の合意を目指しているが、メドは立っていない。【田所柳子】
(毎日新聞) - 4月5日20時46分更

「愛国心」座長案提示へ 教基法改正で与党検討会

 
与党は5日、教育基本法改正検討会(座長・大島理森元文相)を開き、同法改正案で焦点となっている「愛国心」条項について大詰めの協議を行い、12日の次回会合で大島氏が自民、公明両党の主張を踏まえた座長案を提示することを確認した。
 
与党は同日中に「愛国心」条項での合意を目指す。早ければ月内にも同法改正案の与党案を取りまとめ、5月の連休明けに閣議決定したい方針だ。
 また改正案の前文の政府案を文部科学省が次回会合で示すことも確認した。
(共同通信) - 4月5日21時7分更新

教育基本法改正 公明主導に自民反発 「愛国心」盛り込み不透明
 
与党の教育基本法改正検討会(大島理森座長)は五日、焦点である「愛国心」の表現をめぐる協議に入り、最大の山場を迎える。与党間の調整はこれまで、公明党主導で進められており、自民党内からは、不満や「密室協議」との批判の声があがっている。
≪秘密主義≫

「(与党協議の中身、合意事項が)表にまったく出てこないのは問題だ。議論のしようがない」
「卑怯(ひきょう)な決め方ではなく、納得できる決め方をしてほしい」

四日の自民党文部科学部会と文教制度調査会の合同会議。出席者からは、検討会の進め方に対する批判が相次いだ。大島座長は「桜が全部散らないうちにまとめたい」としているが、方向性は見えてこない。
 
検討会はすべて非公開。議案書はその場で回収されている。自民党の関係部会への報告も口頭だ。「すべての教育法令の根本」(文部科学省)と位置付けられる教育基本法を、制定以来五十九年ぶりに初めて改正しようというのに、具体的な改正点や条文の表現を知る者は与党内でもごくわずかにすぎない。
 
「愛国心」の表現をめぐっては、自民党が「国を愛する心」、公明党が「国を大切にする心」を主張し互いに譲らない。自民党サイドでは、折衷案として「国を愛し、大切にする心」とする案も浮上している。しかし、公明党は先月二十八日の文部科学部会で、「国を愛する心」に反対する方針を確認しており、着地点は不明だ。

≪改正後も問題≫
 
これまでの協議では、「自民党が押し切られ、公明党の主張が通る場面が多かった」(自民党関係者)という。合意内容にも公明党の意見が反映されている。
 
例えば、宗教的な情操をはぐくむという意味の「宗教的情操の涵養(かんよう)」が、改正案に盛り込まれないことになったのがそうだ。

 公明党の「宗派性のない宗教教育はありえない。より広範な宗教教育をしろといっても、それは無理だとの指摘がある」(検討会の斉藤鉄夫衆院議員)との意見が通った結果だった。
 
近年、教育現場では、修学旅行の見学コースから神社仏閣を外したり、給食時に「いただきます」とあいさつするのを「宗教的だ」としてやめさせたりするケースも目立っている。こうした行き過ぎた面は改善されないことになる。
 
一方、「教育は、不当な支配に服することなく」との現行の条項は、残されることが決まっている。

 この条項は、学校での国旗掲揚、国歌斉唱に反対する訴訟などに利用されてきた。社民党の福島瑞穂党首は先月二十三日の参院予算委員会で、東京都が卒業式などに職員を派遣し国歌斉唱が守られているか監視しているのは「不当な支配」だ、と主張した。昨年三月には、扶桑社の中学歴史教科書について、「ベスト」と感想を述べた愛媛県の加戸守行知事が、「教育への不当な介入を禁じた教育基本法に違反する」として、提訴されてもいる。
 
自民党内には、「不当な支配」の条項に対する批判が根強いのだが、これが残るのも公明党の意向が反映されてのことだ。
このため、自民党内には「このままでは何のための改正か分からない」(文教関係議員)との声も出ている。
                  ◇
【教育基本法改正検討会の議論の現状】
 ・「教育の目的」に「国を愛する心」が盛り込まれるか不透明
 ・「前文」に「憲法の精神に則り」との文言を入れる方向
 ・「宗教的情操の涵養」は盛り込まない
 ・「教育は、不当な支配に服することなく」の条文は、現行のまま 
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓国反日の理由

以下のホームページを見ていただきたい。http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html少々長文ではあるが、韓国はなぜ反日であるかということが丹念に書かれてあります。そして韓国の裏で日本征服の糸を引く中共の陰謀。在日は働かずに月20万円を国からもらっているって?

コメント

犬作マンセーしるってか?

政治家不在

自公連立の弊害と、マトモな野党が存在しない日本の現状が「愛国心」と云う「国」としての根源の「文字」も教育に入らない国、世界が狭く成った?と云えども、こんな事で騒いでいるのは日本ぐらいでしょうね。
腐り切ってる民主党の党首選びを大ニュースの様に取り扱うマスコミも、狂ってるがこんな大事な事を昔のやり方で非公開で決めるのはやめて欲しい。

愛国心教育と称して、お上(=腐敗官僚)に逆らわない「国畜」作りに熱心な狂信的バカウヨの皆さんお元気ですか。

「俺たちは支配者のおこぼれに預かれる」と思ってるだけ呑気ですな。脳みそが空っぽなバカウヨこそ、最初に粛清されるのにw

粛清!は赤の得意技

浅間山荘事件を思い出すね、覆面君。

毒饅頭

公明党との連立が、宗教と言う、憲法上、政治に対して本来介入を許されていない事を堂々と行っている最大宗教団体の政治組織という現実に目をそむけていることで、わが国の中枢に害毒が流されている。
自分たちの勢力拡大のために『在日参政権』の付与などを堂々と公約に掲げる団体を放置してしまっている現在の状況をどうすればよいのかははっきりとしており、一般の国民は公明党との連立に対して拒絶間を持っていることになぜ気が付かないのだろうか。

粛清されるのに!

潰れた国の得意の「政策語」を使うなよ。粛清だって、古いねえ。

反日国に土下座する公党もどきの存在

下記の情報は 鋭敏な情報収集力を有する 各位に措かれましては 既に
認識済みの情報と 思われますが.... 公明党 神埼党首の発言です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>塩崎外務副大臣は、今年度の中国向けの円借款について
>日中間で東シナ海の天然ガス開発などの懸案事項をめぐる協議が
>続いていることを踏まえ、年度内の供与決定を見送り
>来月以降に先送りする方針を明らかにしました。

>これについて 公明党 神崎代表は、 中国との間では首脳間との
>交流もできていない。
>そうしたときこそ、政府は円滑に円借款を決めるべきで
>決定を先送りして何の意味があるのか。
>関係改善を遅らせるようなことをすべきでない」と述べ
>政府の対応を批判しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

何故に 公明党なるものは 恰も 共産党一党独裁国 支那
全人代 (日本の国会に相当する) の代議員であるかの如き 発言を平然として
何らの羞恥心も無く ほざくのか?

上記の 素朴な疑問は 普通の まともな日本人であれば
当然至極である。

上記の 素朴な疑問に答へる為の 情報の片鱗が NET 上に見つかりました。
下記の URL サイト を ご覧下さい。

その キ―ワ―ド は 公明党 = そうかせんべい なる等号式に在ります。

そもそも 公明党なる政党の 売り は 弱者のみかた/差別反対
である筈であるが

所が 弱者のみかた であり かつ 日本国民の 生命/財産を死守すべき立場に
あり乍ら この 日本の 公党もどきは テロリスト/ならずもの 北鮮による
日本人に対する 拉致事件に対して 誠に不可思議なことに 拉致の拉の字も
発言した事実が 過去に措いて 全っく無い。
果たして この政党は 本当に 日本国の政党であろうか?

尚 日本国民 有権者/納税者は 当該 公党もどき に対しても 分け隔てなく
平等に 年間 Total 約 一億円/人 の血税/税金を お支払いしております。

更に 共産党一党独裁国は 核弾頭を搭載した 弾道ミサイル の標準を
日本に向けている 事実が有るが
我が 日本国は 上記の 核弾道ミサイル 等々に依り 恫喝/強迫され続けている
相手国に 是 又 兆円 オ―ダ― の血税/税金を きまい良く 貢いでおります。

又 この 共産党一党独裁国は 日本国民の血税である 兆円オ―ダ―にも達っする
金額が ODA なる美名の下に 付与されている事実を 隠蔽しており
中国人民は 罹る事実を 知らされていない。

依って 当然ながら 日本に対する 感謝も無く 寧ろ
憎つくき日本 ....なる怨念/妄念を 反日教育により 徹低的に 叩き込まれ
愛国無罪の旗印のもとに 反日感情は留まる所を知らず 増幅の一途を辿るのみである。

共産党一党独裁国に対して こびへつらう 前記の 公明党 神埼発言と同様な
発言は 日本の国益追求を 責務とすべき国会議員 政権与党の中にすら
少なからず存在するが
何故か 罹る 国会議員どもは この一党独裁国に対しては 只管
平身低頭するのみであり 相手国の問題点を 指摘する事は皆無である。

共産党一党独裁国の 秘中の得意技である 酒池肉林の供応/攻撃に依り
急所を 完璧に掌握されている為か?

普通の まともな日本人の 大多数が認識している 前記の 現実/事実を 無視して
この 公党もどき は 善隣友好平和なる 虚しき たわごと を 念仏の如く
只管 繰り返すのみである。

罹る 上記の 事実より この政党もどき は 日本の為の政党に非ず !! であり
近隣 反日国の為の 代議員が集積した政党であると 断ぜざるを得ない。
正に 日本の国益追求の 義務を放擲した 血税泥棒/税金泥棒である !!


     ― 以上 ―

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例