fc2ブログ
04 月<< 2024年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

南樺太の悲劇と元兵士の帰国に思う

~見習うべき、スターリンの野望を砕いた日本軍の気迫

日華(台)親善友好慰霊訪問団
藤田 達男

●63年ぶりの帰郷

冒頭から私事で恐縮だが、3年前まで筆者は毎年8月15日に靖國神社に参拝する習慣が無く、8月17日か20日に参拝していた。何故かというと、樺太・北千島での戦闘は8月15日以降も継続しており、親類縁者も戦死、また樺太から命からがら引揚げているからである。

今月19日、樺太で戦死したと見られていた岩手県出身の元帝国陸軍兵士、上野(うわの)石之助さん(83)が在住するウクライナから63年ぶりに一時帰郷した。

各メディアでは樺太の部隊に所属としか報じていなかったが、唯一、岩手日報だけが第百二十五聯隊と部隊名を挙げており、筆者はその記事で衝撃を受けた。上野さんはソ連軍の南樺太侵攻の際、緒戦から勇戦した部隊の生き残りだったのだ。

上野さんが所属していた歩兵第百二十五聯隊は、通称号・要2232部隊、昭和15年札幌にて編成され、同年12月4日軍旗拝受。師管は旭川の第七師団、聯隊区は札幌である。

編成完結後すぐに樺太混成旅団に編合された。その後は昭和20年2月に樺太防衛のため新設された第八十八師団の隷下部隊となっている。昭和20年4月、上敷香に駐屯。さらに気屯に移駐し、国境警備の任に当たっていた。

上野さんは岩手県洋野町の出身、旧師団管区では弘前第八師団であるから、盛岡聯隊区に当たる。なぜ地元の歩兵第三十一聯隊ではなく北海道の部隊に配属されたのか、報道されていないのでよくわからない。但し昭和16年から軍管区制となり、弘前師管は旭川師管と共に北部軍管区になっているので、同一軍管区内での人員の融通はあったかも知れない。


● 国境付近の戦闘

8月9日、当時日本領だった南樺太は、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍第56狙撃軍団約2万の侵攻を受けた。ソ連軍は戦車95両、飛行機100機を前面に押したて侵攻したが、日本側は戦車、飛行機共に皆無であった。

歩兵第百二十五聯隊の主力約3千名は八方山陣地を拠点とし、前衛部隊(2個小隊と国境警察の約100名)が国境付近の半田集落で邀撃、対戦車火器もなく劣勢だったが、一昼夜もちこたえる奮戦でソ連軍にショックを与えた。部隊の死者・行方不明30人、ソ連軍の死者150人。

聯隊主力はその後13日から17日までの間、ソ連軍と激戦を展開して民間人の避難を援護した。18日、大本営の指示により停戦となるが、その時点ではなんと、優勢だったはずのソ連軍が包囲されかかっていた。将兵は停戦の通知に地団太踏んだという。

停戦協定の条項である現状維持を守るよう聯隊が要請したにもかかわらず、ソ連軍は樺太全土と北海道の侵略のため南下を続けた。


● 真岡、豊原の戦闘

同じく第八十八師団の隷下である歩兵第二十五聯隊(通称号・要2221部隊)は、逢坂に駐屯しソ連軍を邀撃した。しかし18日停戦となり、500名以上を召集解除するなど帰還準備を進めていた。

ところが20日、突如ソ連軍は真岡地区に艦砲射撃を加えて上陸、ほとんどが婦女子と老人の避難民に対し見境ない殺戮を開始したため、聯隊はやむなく自衛戦闘を行い避難民の稚内撤収を援護した。この時ソ連軍に殺害された民間人は一千名以上にのぼる。

同じ頃、樺太最大の町である豊原でも戦闘が行われていた。ソ連軍は避難民でごったがえす街中を無差別爆撃し(赤十字の大天幕を張った救護所まで爆撃)、多数の死傷者を出した。さらに豊原攻略を目指して侵攻してきたため、歩兵三百六聯隊基幹の師団主力は自衛戦闘を行い、23日まで続いたのである。

24日に停戦協定が成立したが、釧路市と留萌市を結ぶ線以北の北海道の北半分を占領せんとするスターリンの野望を砕き、日本本土が分割されずに済んだのは、この樺太の第八十八師団と占守島の第九十一師団将兵、および彼らを援護した第五方面軍(札幌)隷下各部隊の奮戦と日本防衛に賭ける気迫によるものである。

しかし、先の第百二十五聯隊も含めた第八十八師団、第九十一師団の将兵は、ソ連に日本本土帰還と騙されて逆にシベリアに強制連行された。これは北海道占領の断念に対する代償だったという説が有力であるが、約7万名の将兵が酷寒の地に不法抑留され、多くの人々が非業の死を遂げたのである。


● 気迫の感じられない政府の姿勢

終戦二日後の昭和20年8月17日、ソ連軍の占守島侵攻を受けて、第五方面軍(札幌)の樋口季一郎司令官は「断乎、反撃に転じ、ソ連軍を撃滅すべし」と指令を出すと同時に、大本営に連絡して停戦の準備を進めている。現在の日本の指導層に欠けているのは、この断固とした気迫である。

外交が交渉事であるのは当然であり、妥協案を見出さねばならない場合があるのは認める。しかし我々のレベルでもそうだが、最初から相手の言い分を聞いて妥協点を探す姿勢では、相手は気迫を感じないどころか、舐めてかかるのが普通だろう。

中国人の民族性は「事大主義」、相手が強いと沈黙するか媚びへつらい、自分より弱いと判れば侮り居丈高になる習性がきわめて強い。朝鮮はその亜流といえる。そんな連中に弱みを握られたり、経済的利益に絡んで「友好」を唱える“中韓隷属”政治家・官僚が増殖した結果が、現在の中韓の思い上がった姿勢を招いているのだ。

もう一つ、今回の竹島調査の一件で、韓国に対しすぐに妥協してしまった外務省(というより官邸自体か?)の不甲斐なさは、ある程度予想された事なので今更驚くには当たらない。むしろ怖いのは、国民全般に自国領土の保全に対する意識が年々希薄になって来ている事ではないだろうか。これは各方面への左翼の浸透と無関係ではない。


● 領土問題のカギは、民間防衛意識の昂揚から

ソ連崩壊後、イデオロギー対立は無くなったかに思えた。いや、正確にはそう思わされたと云ってよい。それから十数年経った今日、日本国中の随所に「成りすまし」左派分子が入り込んでいるではないか。以前本ブログで書いた「保守成りすまし」の民主統一同盟(マル青同)、日本共産党系(!)の某新興宗教団体など、ほんの序の口である。

外務省や文科省には、幾人かの左翼思想、中韓隷属思想の持ち主が役職に就いている。皇室典範改悪問題での“有識者”然り、宮内庁参与に任命された某氏ら然り、司法、マスコミ、教育関係また然りである。男女共同参画事業を推進する連中は、マルクス主義の“階級闘争”を男女の性別にこじつけ、日本の伝統・文化を破壊するのが目的なのだ。

明らかにソ連崩壊後の日本左派は、中国および北朝鮮の手によって再編されている。旧ソ連への忠誠は、中共、北朝鮮への忠誠に転換されたのである。それに加えて現体制や日本そのものにルサンチマンを抱く不平分子、「成りすまし」特定アジア人、さらに日常生活そのものを破壊したい衝動を持った者共が左派の巧妙な煽動に乗ろうとしている。

以前の記事(http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-302.html#more)でも述べたが、我々がすぐに出来る事とは政治家への陳情だけではなく、この手の類の策動を見抜き、潰していく事である。そうしなければ、祖国の為に命を張ったご先祖様や諸先輩がたに顔向けできない。領土問題に対する意識の昂揚も、我々の小さな行動の積み重ねから生まれるのではないだろうか。これは一種の民間防衛意識の昂揚でもある。

現実問題として北方領土にしても竹島にしても、日本は実効支配していない。実際の国際政治では、領土問題で常に分が良いのは実効支配している側である。北方領土はともかく竹島は50年、多くの日本人が殺害されているにもかかわらず、政治が放置してきたツケが回って状況は厳しい。

しかし今、日本に必要なのは、盗られそうな領土は絶対に死守する、盗られた領土は奪回するという“気迫”である。

最後に上野さんの生存と帰国に心から祝意を捧げると共に、本土防衛のために斃れた将兵と非業の最期を遂げた民間の方々、および旧ソ連の不法シベリア拘留により亡くなった方々に、深い感謝と追悼の念を捧げます。

また昭和20年8月17日以降の占守島防衛戦については、筆者も深い思い入れがあるので、稿を改めて8月にご紹介します。
「昭和」はまだ終わっていない。

(参考資料ほか)
・相良俊輔著、「流氷の海」(光人社刊)
・札幌護国神社(筆者取材)


(追記)
朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】4月19日付け記事に、
「在日サラ金に嫌がらせしよう ~あなたにもできる経済制裁~」
http://blog.livedoor.jp/asapykadan/archives/50013819.html)と題して、誰でも簡単にできる方法が紹介されています。

最強かつ最後の敵は世界の裏で君臨し、日本を変質させようと企む欧米・ユダヤ系資本やフリーメーソンでしょうが、当面の重要課題は中国の日本解体工作(下手をすると日本侵略)を阻止することです。

朝鮮はその前座のようなもので、大は中国政府による日本世論分断工作から、小は保守系政治ブログへの撹乱工作的投稿まで、連中の工作に対して用心すると共に、(二階堂さん的に云えば)手始めに日本国内で悪事を働く“害人”と反日日本人を駆除しなければなりません。
日本の建て直しは、こういった小さな行動の積み重ねから始まるのです。
関連記事


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

またも騙された日本の外務省

「竹島周辺の海洋調査」問題を土壇場で有耶無耶にしたつけが、数日も経たないにも拘らず既に回ってきたようだ。過去の記事と共に引用する。------------------------------------------------------

自民党の敗北は、当然の帰結

23日に投開票された衆院千葉7区補選、岩国市長選、沖縄市長選において、自民党は悉く敗北したのだが、この1日前の22日、竹島周辺海域での海洋調査を巡る日韓交渉が妥結した。

日本軍は鬼畜だったのか?ウクライナ抑留の上野さん

&lt;html&gt;&lt;font size=&quot;5&quot;&gt; 日本軍は鬼畜だったのか? ウクライナ抑留の上野さん&lt;/b&gt;&lt;/font&gt;&lt;font size=&quot;3&quot;&gt; 元日本兵で抑留先のウクライナから帰郷した上野石之助さんは、再び第2の故郷であるウクライナに戻って行かれま

コメント

もうひとつ

終戦後の満州、朝鮮で起きた悲惨な事実も忘れてはならない

肥田式強健術

イルミナティー(ユダヤ国際資本家)による世界支配は崩壊しつつある。その理由は二つある。一つは中国をコントロール仕切れそうもないから。もう一つはオカルト的な理由。

心ある日本人はイルミナティーと中国に挟めれて身動きできない日本の絶望的な状況に葛藤する。馬鹿な日本人は日本の右傾化を嘆いてみたり、あるいはアメリカ政府を妄信したりする。

どうやらソフトランディングはありえない模様。真実を知る者あれど、動きなし。壮大な破壊のあとにある、創造と至福千年に思いを馳せるばかり。あぁ、慟哭。

日ソ不可侵条約

ウクライナ上野さん記事から興味深く読ませていただきました。
カラフトのソ連侵略は思っている以上に残酷なものでしたね。まさに、上野さんを含む日本兵士に最敬礼をしないといけない。

またウクライナに帰った上野さんが、重い口を開くこともないでしょうしね。

僕の故祖父は、満州でした。田中角栄ぐらいの年齢。
開戦と同時に兵士になり戦車の運転をしていたんですが、すぐに被弾し重傷で帰国したそうです。帰国は、かなりやんや言われたそうです。

祖母や子供孫には、一言も戦争を話さないまま他界しました。

貴ブログを引用させて頂きました。

いつも草莽崛起さんの記事で勉強させて頂いています。このたび、ウクライナから帰還された上野さんの記事に大変感銘を受けた次第です。ご了解も得ませず、大変申し訳ございませんが、今回の記事を私のブログで紹介させて頂きました。紹介させて頂きました私のブログをトラックバックさせて頂きました。もし、不都合がございましたら即刻、削除させて頂きます。事後報告で大変、申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。ミケ


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置

現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会


緊急事態条項を求める意見書



■7府県
2政令指定都市

(令和4年5月4日)


■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市

通称使用の拡充を求める意見書



■6府県
1政令指定都市

(令和4年5月4日現在)

■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市

憲法改正早期実現国会議員署名




■  422名  (令和4年5月4日現在)




憲法改正の国会論議を求める意見書採択可決





地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和4年5月4日)



■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)



辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例