FC2ブログ
 

災害救援物資運搬隊北へ

 先日、日本会議として被災地に物資を届けるべく、第一陣として宮城県塩竈市に物資を輸送いたしました。その模様をレポートいたします。

第二次派遣隊は昨日、気仙沼方面に向かいました。

………………………………………………………………………………………………………

○救援物資運搬隊編成

 日本会議・日本会議経済人同志会では、日本の近代以降最大の震災となった東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地域への生活物資支援のため、電硝エンジニアリング社長の住母家岩夫氏を隊長として、第一次災害救援物資運搬隊を編成した。

救援物資は4トントラック1台、ワゴン車1台に、水、野菜ジュース、カップ麺などの食品類、携帯カイロ、タオル、衣類、ウエットティッシュなどの日用品、粉ミルク、紙おむつなどの乳児用品を満載した。
これらの物資の調達は、わずか数日間の準備期間にもかかわらず、経済人同志会関東第一支部を始めとする埼玉県内の企業からの協賛を得ることができた。

3月23日早朝、運搬隊は埼玉県の電硝エンジニアリング本社で出発式を行った後、東北縦貫自動車道を北上、目的地である宮城県塩竈市を目指した。

塩竈市は仙台市の北部に位置し、国府多賀城が置かれた多賀城市に隣接、奥州一ノ宮である塩竈神社が鎮座する日本三景松島の玄関口である。

塩竈市には地震発生後2メートルの津波が襲い、これにより20日時点で死者・行方不明者が70名、避難所生活者が約3300名、自宅退避が53000名と推定されていた。

○東北道北上につれ震災被害が顕著に

この日、東北道は宇都宮以北の区間で一般車両通行止めとなっており、届出のあった災害派遣の車両や大型車のみが通行を許されていた。東北へ向かう車は応援のため各都道府県警から駆けつけたパトカー、人員輸送車、自衛隊の各種車両、救急車、タンクローリーなどが目立つ。

日本会議の物資運搬隊が福島県内に入ると東北道の路面の状態が途端に悪くなる。随所に段差があり、積載した支援物資が荷台で大きく弾む。

東北道と並行して北へ伸びる東北新幹線は、現在も那須塩原・盛岡間で不通となっているが、福島県の福島駅から宮城県の白石蔵王駅の間、随所で架線を支える鉄柱が根元から倒れているのが車中からも確認された。

白石市、村田町付近の民家の多くが、屋根にブルーシートを引いており、このあたりでは、家屋の損壊という被害が多かったようだ。

○仙台平野壊滅

仙台南インターから仙台南部道路に入る。広瀬川と名取市が合流する長町付近から、津波被害の痕跡が見られるようになった。河口から5キロは離れているはずだが、河川を溯上したのであろうか。車内に緊張が走る。

やがて、若林ジャンクションから仙台東部道路に入ると、仙台市内でも最も津波被害が大きかった若林区の惨状が目に飛び込んできた。

この若林ジャンクションも立体交差している部分は津波の被害を受け、瓦礫が流入したが、懸命の修復作業により通行が可能となったものである。

車中からでも水田がヘドロや建造物の瓦礫、そして数え切れない流木で覆いつくされていることが分かる。

仙台地方では、平野の田畑に住む人々の住宅の周囲に、イグネ(居久根・居垣根)と呼ばれる防風林・防砂林が作られてきた。津波はこれらの林を根こそぎなぎ倒し400年来の風景を一変させた。

仙台平野の幅5キロ、南北40キロに及ぶ耕作地が、塩害により今後数年間は稲作困難となることが予想される。

○製造業貿易業にも大打撃

運搬隊は、仙台東部道路を北上、仙台東インターチェンジで有料道路から一般道へと降りることを余儀なくされた。仙台市と多賀城市の境にある仙台港インターチェンジ付近は津波の被害が大きく、また橋梁のジョイント部分で15センチ程度の段差が生じ緊急車両であっても通行が不可能だという。

その後、産業道路に沿って津波被害の甚大な被害を受けた多賀城市を進む。物資輸送を支える主要道路は往復4車線が通行できるようになっていたが、歩道には津波で破壊された自動車が無残な姿をさらし、見渡す限りに家財道具や事務用品、飲食店から流出し異臭を放つ食品等が散乱していた。

家電量販店やショッピングモール等の郊外型大型店舗は、単純な建築構造のためか損壊が激しい。仙台港の輸出用車両基地や一般車両の駐車場から流されてきた車、コンテナなどが二重三重に折り重なり店舗にめり込んでいる。

通常の交通事故では、考えられない光景だ。火力発電所からの送電鉄塔も激しく傾斜している。

○自衛隊の献身的努力による道路復旧

陸上自衛隊第6師団第22普通科連隊多賀城駐屯地前を通過する。22普連では、地震発生後直ちに災害派遣の準備態勢に入り、車列を整えていたところ、津波が砂押川を溯上、氾濫したため派遣用のジープ、輸送車が水没するという残念なことになってしまった。

陸自第6師団(山形県神町)では、発災後、生存者の救助・行方不明者の捜索に重点を置き、12日2670名、13日1941名、15日35名、16日16名の人命を救助、19日以後は活動の重点を物資輸送、給水、炊き出し、衛生、道路啓開、瓦礫除去といった民生支援に切り替えた。

我々運搬隊を含め続々と被災地へ向かう災害支援のトラックやタンクローリー、救急車両などが、重要な幹線道路で安全に通行できるのは、自衛隊員の機動力と献身的な努力あってのことであることを痛感した。

○慢性化する物資不足、輸送力と流通ルート回復が急務

運搬隊は塩釜ガス体育館で物資を降ろす。当地は塩竈市内で最も高台にあり、体育館は全国から寄せられた支援物資の集積センターとなっている。

体育館内には多くの支援物資が積み上げられていたが、それを避難所や自宅退避者に配布する体制は必ずしも十分ではないようだ。市内には依然として孤立状態にある離島もある。自宅退避者に対して市から配給された物資は発災後10日間で一人当たりカップラーメン1個という。

避難所の様子は繰り返し報道されるが、避難所に通えない高齢者、ガソリン不足や津波で移動手段を失った被災者には物資が届かないという現実がある。市内コンビニエンスストアはどこも営業再開のめどが立たない。仙台市内中心部の商店街でも地震後営業再開できたのは2週間で2割程度。ほとんどが物不足に苦しんでいる。

ニュースでは、福島県から出荷された葉物野菜に基準値を上回る放射性物質が検出されたとして、政府は福島県に対して出荷並びに摂取を見合わせるよう指導したと繰り返し報道されている。

宮城県ではいくつかの自治体で電力が回復し、テレビの視聴も可能となってきた。極端に物資が不足し、生鮮食料品の流通がストップしている中、「直ちに影響が出るものではない」という発言と「ねんのため摂取しないよう」との官房長官会見を、避難所暮らしでおにぎりやカップ麺など炭水化物中心の食事を強いられている人たちは、どんな思いで聴いたのだろうか。

○被災した予備自衛官も活動開始

運搬隊はその後、国道45号線沿いや塩釜港周辺の被災状況を視察した。途中、被災した相原酒店の前を通過する。ここは宮城の地酒を中心に扱うお店だ。

先日、店主の相原健太郎さんが予備自衛官としての召集を伝達を受け、これに応じるシーンがNHKで放映されていた。瓦礫に埋もれた店舗を背景に「この時のために訓練してきた。今いかなかったらこのあと10年後悔する」と相原隊員は語っていた。

また、「家のことで頼りにしていたが、みんなのためだから」と送り出す母親の姿も印象的だった。このほかにも
多くの被災した予備自衛官が、23日に多賀城駐屯地に出頭し民生支援活動を開始した。

○すべてのライフラインが途絶した離島

塩釜港では、観光フェリーが岸壁に打ち上げられている。フェリーや離島を結ぶ連絡汽船の発着場も一階は水没したため、業務が再開できる状態ではなかった。

塩竈市は松島町、東松島市と隣接する松島湾上に桂島、寒風沢島、野々島、朴島などの有人島があるが、これらは震災後依然孤立したままであり、物資輸送は自衛隊に頼らざるを得ない状況に置かれていた。

それでも塩竈市職員によれば、島民たちは「もっと大変なところがあるから我々は大丈夫」と語ったという。国土交通省は航路の安全確保や障害物除去が確認できたため、26日から連絡船の運行再開を発表した。

○警告されていた連動型大地震

 東北地方を襲ったM9.0という巨大地震は想定されていなかったのだろうか。

 政府がこれまで想定していた連動型巨大地震は静岡県沖を震源とする東海地震、愛知県・三重県沖を震源とする東南海地震、そして和歌山県から高知県沖を震源とする南海地震の三つが連動して発生するタイプの地震であった。

一方宮城県沖では、過去30~40年を周期としてM7.5規模の地震が繰り返され、各種研究機関の想定でも30年以内の宮城県沖地震発生確率を99%としてきたため、地元自治体はその想定に基づいて警戒や訓練を繰り返してきたのである。

ところが今回の地震は、その想定を大きく上回り、幅200キロ、南北400キロで海底地盤が動くという1000年に一度の巨大地震となってしまった。

近年、宮城・福島・茨城にまたがるマグニチュード8.5(想定)の巨大地震が貞観11(869)年に発生していたことが、平安時代の歴史書や津波堆積物が沿岸から5キロ程度の内陸部にまで流入していたことなどによって明らかとなり、学会では被害想定の見直しを始めていた矢先の巨大地震発生であった。

今回の地震は地震学・建築学に携わる研究者にも大きな衝撃を与え続けている。

運搬隊は、往復14時間の強行日程を終え午後10時過ぎ、埼玉県の電硝エンジニアリング本社に帰着した。

今後、日本会議・日本会議経済人同志会では、第2次災害救援物資運搬隊を28日より、宮城県気仙沼方面に向けて進発する予定である。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国と韓国から毒がやってくる

 東日本大震災において風評被害等もあり水や食料が被災地では不足をしている。だが、それに応じて中国と韓国が応じてしまったのだから始末に負えない。  中国は上海のキャベツを緊急輸出したということだが、その上海で豚100頭あまりが突然死するという事態にな…

コメント

チェルノブイリ周辺で癌治療に従事した医師が語る内部被曝の危険性

チェルノブイリ周辺で癌治療に従事した医師が語る内部被曝の危険性

すげのや昭

現地行った者としては、本当に言いたいのは子ども達やあるいは妊産婦、胎児の命を守るという意味でいったら5年とか10年、チェルノブイリでもって甲状腺がんの子どもが増えたのが5年後なんですよね。

ですから次は経路汚染、経口的になるからだから
取り込まないようにするってことは当たり前のことなんですけれど、それが抜けちゃっていることで「安心、安心」って放射線1回浴びることは、そんな問題ではないですよね。
あれは外部被曝なんですよね。
皆さんだって検査された時にエックス線浴びるわけですよね。 それは1回だけですよね。そうじゃないんです。入ったものは沈着して抜けない.


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例