FC2ブログ
 

天皇の国における未曾有の天変地異

「天皇の国における未曾有の天変地異」 No.617 平成23年 3月28日(月)

 天皇皇后両陛下は、第一グループの自主停電時間に合わせて皇居、御所の電気を切っておられる、と伝えられた。まことに、心にしみるありがたさである。

 私の郷里堺には、第十六代仁徳天皇の御陵がある。この御陵から北に約十キロの上本町台地に高津宮がある。

 仁徳天皇は、この今は高津宮がある高殿に登られて、民の竈から煙が立ち上っていないのを眺められた。即ち、「煙未だ浮かばず。天皇愁う」。

そして、百姓の年貢を免除し、自分の着物が破れても新品に替えず、宮殿の屋根が破れて風雨が入っても修理させず、三年が経ったある日、また高津の高殿に登られて、民の竈を眺められた。すると、至る所に炊事の煙が上がっているのが見えた。

 天皇は喜び、「自分は豊かになった、もう心配することはない」と言われた。「煙已に起こる。天皇喜ぶ」。

 そして、何故、ぼろぼろの着物を着て屋根や塀が壊れた家に住んでいる貴方が、豊かになったというのか、という皇后の問いに応えて次のように言われた。
「君主があるのは、百姓のためなのである。百姓が貧しいということは、自分が貧しいということである。百姓が豊かであって、自分が貧しいということはないのである。」

「子富て、父貧しき此の理無し」。(頼山陽「日本樂府」より)

 この仁徳天皇仁政の伝統は、脈々と我が御皇室のなかに生き続け、今、天皇皇后両陛下の「自主停電」となって現れている。東北地方の地震と津波で被災した方々は、電気なく暖房無き被災地で氷点下の夜を過ごされている。そして、天皇皇后両陛下も、その被災地の皆さんと苦楽を共にしようとされている。

 私は、今上陛下の自主停電のことを知り、日露戦争中、冬に暖房をさせず、食事も兵士の食糧ですまされた明治天皇を思い起こした。明治天皇は、お体に悪いからと暖房をすすめる周囲の人に、兵が極寒の満州で戦っているではないか、と申されたという。

 また、母は自分の父から聞いた明治天皇の質素な日常を、涙をにじませて私に語ったことがあった。明治天皇は、普段着をまことに長く着られよれよれだったという。

 ひょっとすると、明治天皇は、頼山陽の「日本楽府」を読まれていたのではないか。そして、苦難に満ちた明治の貧しい国民を富ますために、自らよれよれの服を着ておられたのではないか。

 「日本楽府」には、仁徳天皇の民の竈の故事に関して次にように歌われている。(天皇の)陋屋弊衣、赤子を富ます

 また、仁徳天皇の「君主は百姓のためにある」という基本認識は、我が国の歴史を貫いており、江戸時代の米沢藩の改革者上杉鷹山の「伝国の辞」にも現れてくる。

 「伝国の辞」は、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言に先立って、「人民は国家のためにあるのではなく、国家は人民のためにある」という原則を宣言したものである。

 また、欧米諸国が如何に独立宣言や人権宣言を自分たちのオリジナルだとありがたがろうが、同時に彼らは奴隷制度を続け有色人種は「人間ではない」と平気で思っておれる自分勝手な低レベルであった。そして、その思いこみを痛撃して打ち砕いたのが二十世紀の日本だった。

 従って、偽善でないほんとうの自由と民主主義の原則は、我が国の歴史と国体のなかに貫かれてきたのであって、奴隷制度の国から輸入されたものではないのだ。

 以上の通り、仁徳天皇に思いを巡らせて今上陛下を思い拝するたびに、まことにありがたいと、目に涙が浮かぶのだった。

 そして、本日の産経新聞朝刊を手に取り、第一面に映る写真と「自衛隊員、献身貫く」の見出しを見て胸にこみ上げるものがあった。

 戦後のマスコミの報道姿勢を見ていただきたい。災害であれ事故であれ、自衛隊が如何に黙々と働いても、そのことは報道せず、自衛隊の落ち度ばかりを探して報道されてきた。

 テレビの画面は、自衛隊員の姿をわざと外しボランティアの活動状況だけを流す。また、テレビカメラマンが自衛隊の救援へりに同乗し、へりから救助の状況を映した映像を放映していても、「自衛隊ヘリから」という説明は故意に為されなかった。

 つまり、今までの我が国のマスコミは、ボランティアの活動と救援物資の分配状況は報道しても、それ以前に為されていた自衛隊員の命がけの姿に焦点を当てて報道してこなかった。

 従って、このマスコミの風潮に合わせて菅という市民活動家の頭の中が動いているのが分かる。

 つまり、菅氏は、十三日、自衛隊十万人動員を言い出したが、それと同時に決めたことはボランティア担当補佐官の任命だった。この未曾有の災害に対する最悪の頭の構造ではないか。この市民活動家は、マスコミは自衛隊ではなくボランティアに焦点を当てるだろう。だからボランティア重視の姿勢もアピールしておかねばならないと思ったのだろう。馬鹿なことだ。

 しかし、最高指揮官が十万人の自衛隊を動員すると表明したならば、同時に彼がするべきことはボランティア担当補佐官を決定してその者を官邸に呼ぶことではなかった。

 そもそも自衛隊十万の動員とは、おおよそ八個師団からなる「軍の編成」なのであるから、最高司令官が為すべきことは、昔の言葉で言う「戦闘序列」の発表とその序列に基づく最高司令官を官邸に呼んで訓辞を与えることであった。

 とはいえ菅君、君の頭がここに至らないことはよく分かっている。反日的・反国家の市民運動家である君にとっては、日の丸は国旗ではなく君が代は国歌ではないのと同様に、自衛隊も違憲だろう。

 しかしだ。国民にとって幸か不幸か、その君が自衛隊員を十万人被災地に送ると言ったことは確かである。しかも、彼らは君らによる予算削減で装備も不十分で携帯食料も2、3日分しか持たされずに現地に出ているのだ。

 低レベルな頭はともかく、君に人間味のかけらでもあれば、現場の自衛隊員を代表する彼らの隊長に「不自由な思いをさせてすまない。行ってくれ、よろしく頼む」と一言くらい言うべきではないか。

 自衛官達は、最高指揮官とマスコミから、ことさら疎外され、東京消防庁のように記者会見もすることもなく、黙々と一番危険な任務を遂行している。その彼らの姿を、本日第一面で産経新聞が伝えたことに、私は敬意を表し心から感謝したい。

 前にも書いたが、「士は己を知る者の為に死す」という。無名の若き自衛隊の勇士達よ、胸を張れ、君たちのことを、天皇陛下と国民は知っているのだ!

 次に、本日の産経朝刊に関して注目した記事を指摘しておきたい。それは、福島第一原子力発電所の事故を世界が如何に見ているかを紹介した記事である。

 マスコミの大勢は、相変わらず「反原発運動」のことは報道し、日本でも千二百人が東京で「反原発デモ」をしたことは報道した。従って、市民運動家頭の菅氏とその内閣は、この福島原発事故に対処するに、原子力発電を国策上如何に位置づけるのかに関し曖昧なままである。

つまり、「この想像できる範囲で最も厳しい試練に直面している」(英紙)ことは、日本が未来の安定した原子力発電の確保のために世界に大きな貢献をすることであると菅氏が認識しているのといないのとでは事態収拾に大きな差が出てくる。

 思うに、市民運動家総理と内閣は、またもマスコミの大勢に合わせて、「反原発デモ」のほうに配慮して原子力発電の将来を如何にするかという課題には見て見ぬふりを決め込んでいるように思う。このような菅内閣と我が国マスコミの風潮に対して、本日の産経朝刊の「オピニオン」蘭は、有効なパンチを与えている。

 そこで紹介された英国ガーディアン紙の環境コラムニストのジョージ・モンビオ氏の、「何故、フクシマは私の不安を取り除き、原発を許容させたのか」という題の指摘は、我が意を得たりと手を打つ記事である。

 彼は、原子力は想像できる最も厳しい試練に直面しているが人類や地球への影響は少ない、として、「原発を廃棄したら、・・・それに換わるものは化石燃料だ。石炭は原発の百倍の害をまき散らす。・・・フクシマは私を原発信者に改宗させた」と結んでいる。

 福島第一原子力発電所において防御作業をしている東電職員、自衛隊員、消防隊員の皆さん、世界が見ている。世界の未来のエネルギーの為に、どうか未来に自信を持って御奮闘されたい。

 なお、二十六日産経夕刊には、福島第一原発から四十五キロの距離にある相馬市の立谷秀清市長は、「相馬市を離れるつもりはない」と放射線への不安を払拭する為に域内に踏みとどまることを表明した旨報じられている。

 また同紙に、放射線への不安故に、日本を脱出する外国人が相次ぐなか、英国人のリチャード・ハルバーシュタットさんが、避難便に乗らず、「この町の魅力は人につきる。友人達とサンマのぬたをもう一度食べたい」と石巻市に引き返したことも報じられている。

 そこで、付け加えて申しておきたい。

 私の住む堺市の男性(七十歳)は、「風評に怯えてはいけない。福島の原発は安全であることを身を以て世界に示すために、七十歳の私が出来ることとは、福島第一原発の近くに住むことだ。それくらいのことしかできない。従って、私がそこに移住できるように取り計らってほしい」と私の事務所に陳情された。

 そこで菅総理と官房長官に聞く、君らはぴかぴかの防災服を着て、ぺらぺらしゃべる量は多いが、世界に向けて、原発の将来を如何にするか、その為に日本人が如何に戦っているか、政治家として発信できないのか。

 さて、昨日は香川県高松市国分寺町会館に、「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表と八尾の三宅博さん、三田の三木けえさん、そして私が集まった。高松市議会選挙候補の

「藤澤たけし」さんを応援する為である。

 会館には、高松の憂国の人々が集まっておられた。そして、平沼代表は、獅子吼に近い演説をされた。平素はまことに穏やかな平沼代表が獅子吼される様を見ていて、三月二十日の堺泉ヶ丘の集会で、評論家の青山繁晴さんが、「この緊急時に、我が国の内閣総理大臣を務めえる人物は、平沼赳夫さんをおいて他にない」と断言したことを思い起こした。

 今、我が国は、甦りの時、その為にすさのお的な荒ぶる魂が求められる時がきている。それに呼応して、平沼代表の声が獅子吼に近くなってきているのだと思う。

 感慨深い高松であった。高松からの帰路は、三宅さんとスバルアウトバックで鳴門大橋、明石大橋を乗り継いだ。

 淡路島の道路は照明灯が点灯されずに暗く、各所のサービスエリアでは、半旗が掲げられていた。日本の甦り前夜である。

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

原発事故、トレンチをコンクリートで固めたら

福島原発・2号機の立て坑から高放射線量の水 地下から漏れ出す?
2011.3.28 19:08 (1/2ページ) 産経ニュース

 東京電力は28日、東日本大震災で深刻な被害を受けた福島第1原子力発電所で、1~3号機の海側にある深さ約16~26メートルの3つの立て坑から高い放射線量の水があふれ出しそうになっていると発表した。2号機の立て坑では、水面の放射線量が1時間あたり1千ミリシーベルト以上に達している。1~3号機の地下1階にたまっている水が漏れ出したとみられる。
 この立て坑は、冷却用の海水をタービン建屋まで運ぶ配管が通っている通路「トレンチ」に降りるためのもの。1号機では深さ16・1メートルに対して残り10センチのところまで水面が到達。深さ15・9メートルの2号機の立て坑では残り1メートル、深さ25・7メートルの3号機では残り1・5メートルまで水面が上がっている。
 2号機の立て坑の水面の表面の放射線量は1時間があたり1千ミリシーベルト以上。1号機は0・4ミリシーベルトだった。3号機は周辺のがれきが障害となって測定できていない。
 立て坑には通常、水が通ることはない。東電は1~3号機のタービン建屋の地下1階で見つかった水の放射線量と、立て坑の水の放射線量の値が近いことから、地下の水が何らかのかたちでトレンチに流れ込んでいるとみている。
----------------------------------------------
上記、放射能漏れ事故、を丁度テレビで見て驚きました。
例えばトレンチをあの先日海水注入で用いた「コンクリート用ホース」で、いっそコンクリートで固めたらいかがでしょうか。私は素人ですが。次々と放射能、プルトニュウムがもれたら大変危険です。
 

御陵の学究について

時々新聞で、天皇御陵を研究する目的で、主に大学の研究グループが、宮内庁に対し、立ち入ることを要請し、一部許可されたという報道を目にします。
これが、天皇家の過去の歴史を覆し、いろいろと並べ立てて、国体を脅かす事態にならないかという危惧を持ちます。
それでなくても、教科書に神国日本のことが省かれて育った日本人が多数を占めるのに。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例