fc2ブログ
03 月<< 2024年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

まず、謝れ、謝罪なき菅不信任の動きは私利私欲!

「まず、謝れ、謝罪なき菅不信任の動きは私利私欲!」平成23年8月4日号

昨日と今日、仲間と共に早朝の朝立ちをした。毎週水曜日と木曜日は朝立ちの日。朝立ちとは、朝の駅前で通勤客に挨拶しビラを配る活動のこと。

 今朝は、ニュータウンの栂美木多駅前。配っているビラは、表紙は「東日本被災地の報告」、裏は時事通信からの抜粋で、「菅直人に復興策なし。従って権力にしがみつくことが彼の仕事」という内容。

 さて、今朝、私に話しかけてくれた二人の紳士について述べる。お二人とも、初めて話しをする方々だった。

 まず、一人の方が近づいてこられたので何を話されるのかと思っていると、

「西村さん、悪かった、申し訳ない。僕、前の選挙で、民主党に入れたんです。こんなことになるとは思わんかった。反省してます。頑張って下さい。」

 そして、改札口の方に急がれていった。ありがたいことだと、この方をお見送りして前を向くと、横にもう一人の方が立っていて握手してこられ、「民主党、何とかして下さいや。滅茶苦茶やないですか。どうにかなりませんか。」と言われるのだった。
 お二人とも、実に明快で率直な言い方をされた。特に最初の方は、今の菅直人と民主党内閣の情けない状況を自分が民主党に投票することによって招いてしまったと本心思われて、責任を感じておられる風情だった。

 このお二人をお見送りした後、私の脳裏に、最近の民主党内の動きが思い浮かんだ。それは、報道に曰く、小沢一郎氏は菅内閣の不信任案提出の腹をくくった、海江田が、大臣を辞めると言った、ということ。

 そして後、駅前で売っていた週刊新潮を見ると、冒頭に農水副大臣が若い女と夜な夜ないちゃついている写真。次に海江田が泣いている写真。その次は、「医者が必要なのは『菅総理』だけではない!どう考えてもビョーキな『7人の政治家』」という表題の記事があり、見たくもない人物の顔写真が載っている。そして、我々が配っているビラには、東日本の被災地の窮状を伝える写真が載っているのだ。

 東日本の人々の苦しむ中、全国の中小企業の孤軍奮闘の中で、それと無関係な世界の東京のこの現場のいかがわしさ!不肖宮嶋氏的な表現をすれば、「こいつら、どつき回してションベンかけてドブに捨てなあかんやつらや」(私の表現は、もっとどぎついので失礼ながら勝手に宮嶋さんにしゃべってもらった)。

 そこで、海江田が大臣を辞めると言ったのに何故辞めないのかと質問されて泣いたことや、小沢一郎が菅を辞めさせるための不信任案提出という動きをしていることを如何に評価すべきか、ということであるが。今さら何を言うとるのか、ということだ。

 夏の初めに、野党が菅内閣不信任案を提出したときに、この面々、何故それに賛成しなかったのか。特に小沢派は不信任案採決前夜に七十名以上集まって、「不信任賛成」と気勢をあげたくせに、一夜明けると総崩れになって「不信任案反対」に回って菅内閣を「信任」しているではないか。

 そこで言う。騙されるなと。

 マスコミも多くの国民も、この一日延命すれば一日国益をどぶに捨てる菅直人を辞めさせる民主党内の動きに期待するムードがあるが、それこそ、また誤魔化され騙される道なのだ。彼らは、政治家ではなく、興行師なのだ。

 この民主党内閣が生まれるのは、二年前の総選挙の結果である。そして、この選挙で、民主党に一票を投じた一人の国民でさえ、今朝の駅前のように、「悪かった、反省している」と言われている。

 他方、泣いている海江田や不信任案提出予定の小沢や、菅辞任の説得をしていると言われる幹事長の岡田や、菅をペテン師と呼んだ鳩山、そしてあの自称黄門とは何だ!

 彼らは、この結果を招くために、二年前にはポスターに「生活第一」、「政権交代」と書いて全国を飛び回って興行して、煽りに煽り、投網のように票を国民から掬い上げた側であり、今日の結果の張本人にして、それから二年間にわたり無象有象のチルドレン達と与党の利益を貪っていた連中ではないか。

 従って、真に国家と国民の公の観点から、自分たちが造ってしまった菅内閣がだめだと思うならば、まず国民に「偽物を押しつけてしまいました、申し訳ない」と謝ってから、不信任の動きをすべきではないか。

 繰り返すが、彼らの巧妙な宣伝のために民主党に投票してしまった一人の国民でさえ、謝る必要などないのに、謝っておられるのだ。

 従って、結論。現在の我が国家の惨状に関して、また、長引く東日本の被災者の苦しみに対して、生々堂々の謝罪もなく反省の弁もなく、夜行性の生き物のように菅降ろしを表明してマスコミに登場している面々の動機は、自分の売り込み、私利私欲に基づくものである。

 最後に、男が泣くということについて。

 海江田君が泣いていた。また、小沢氏も窮地に立ったときに、時々涙ぐむ。はっきり言っておく。これらは、自分が追い詰められたときに泣いているのである。小人の泣きだ。

 ところで、西郷南洲は、よく泣いた男だと言われている。南洲遺訓が伝えるところでは、西郷さんはこのように言って泣いた。

「・・・然るに草創の始めに立ちながら、家屋を飾り、衣服をかざり、美妾を抱え、蓄財を謀りなば、維新の功業は遂げられ間敷く也。

 今となりては、戊辰の義戦も偏に私を営みたる姿に成り行き、天下に対し戦死者に対して面目なきぞとて、頻りに涙を催されける。」

 先ほど指摘した週刊新潮の写真と記事一つ見ても、民主党の中は、西郷さんの言う「衣服をかざり、美妾を抱え、蓄財を謀り・・・偏に私を営みたる姿に成り行き」という状況ではないか。

 ここにおいて、民主党の幹部たる者の内、今こそ「天下に対し面目なし」と、西郷さんのように泣く者、一人もいないのか!

 そこで、では斯く言う西村は泣くのか否か、と訊かれると思うので答えておきたい。

 不肖西村、海江田君のような泣き方は断じてしない。我が泣くときは次の時だ。

 英霊の話をしているとき、皇后陛下の御歌を詠むとき、そして、、忠臣蔵と乃木さんとの浪曲を聴けばすぐ涙が溢れてくる。(西村眞吾)
関連記事


■緊急事態条項の国会審議を求める意見書採択

■22府県/4政令指定都市
(令和5年1月10日現在)

■宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、石川県、福井県、滋賀県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、熊本県

■千葉市・川崎市・大阪市・堺市


■夫婦同姓を維持し、旧姓の通称使用の拡充を求める意見書採択

■6府県/1政令指定都市
(令和4年5月4日現在)
■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市




■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

【原発】「人権擁護法」よりも「日本人保護法」「大和民族保護法」が必要

政府は国民の命や健康を軽く扱っているように思います。
原発被害についても、見栄えの良いパフォーマンスか、一時的、表層的な対応ばかりで納得が行きません。

ベラルーシ政府の具体的な対応などとは大違いです。

今後は、国民を被曝や差別から守る為に、「人権擁護法」ではなくて、「日本人保護法」や「大和民族保護法」が必要になってくるでしょう!

福島の耳なしウサギは被ばくが原因 「奇形児出産への懸念」=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0805&f=national_0805_031.shtml

上のコメント主へ

下の動画1:30で同じ耳なし兎の飼い主らしい奥さんが、

「だからね、これが放射能のせいとは言い難いんですけどね」と言ってますよ。


http://www.youtube.com/watch?v=doT9CQFBL7U&feature=related


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置

現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会


緊急事態条項を求める意見書



■7府県
2政令指定都市

(令和4年5月4日)


■山口県、愛媛県、山梨県、熊本県、栃木県、神奈川県、大阪府

■川崎市・堺市

通称使用の拡充を求める意見書



■6府県
1政令指定都市

(令和4年5月4日現在)

■熊本県、福島県、栃木県、群馬県、石川県、長野県

■神戸市

憲法改正早期実現国会議員署名




■  422名  (令和4年5月4日現在)




憲法改正の国会論議を求める意見書採択可決





地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和4年5月4日)



■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)



辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例