07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

杜撰な民主党の年金設計案

今国会の重要議題ですが、これでは小宮山大臣ではむりです。

 新聞で発表された限りのデータで、年金設計のいい加減さにはあきれ果てている。
 発表された試料の概要だけから想定される計算条件を、数値を見込んで試算した。

 まず、アラ探しの結果
1 これまでの制度は、家族が単位であった。試算では女性も働く個人単位である。昔は定年まで働いて、年金の支給年齢に近づいた頃ポックリ死亡する方がいくらもあった。それを織り込んで設計していた。今は就労環境が改善され、現役は途中では斃れなくなっている。

2 各種の年金制度の基本部分を統合する方針で立案されたいるが、実態はその方向にはない。年金数理では極めて論理的に、精緻に計算する。しかし将来のリタイアまでならびに受給開始後死亡するまでという未来の、且つ長期の予測が重要な要素である。経済・社会・そして国家の興亡や世界動向に左右される。当然、狂うものなのだ。

3 国民年金の納付率は、当局が納付促進を指揮しているにもかかわらず、現在56.4%にとどまっている。最低保証7万円がもらえるならば、半端な掛け金納付は無意味であり、完納インセンティブが働かない。
4 逆に、高額所得者は給付を頭打ちにされる。そのくらいならば自分で貯蓄し離職後豊かに生活する能力があれば、加入したくない。

5 身障者はともかくとして、今後現場からスピンアウトされた失業者が増加する。社会保障制度は個人の勤労意欲に低下、社会依存体質を促進する効果がある。このような2極分化するような社会は期待できない。金額的に身の丈に合った規模に留めるべきだ。

6 消費者物価スライドは掛け金・給付両建て設計と思われる。今後食料など基礎的な物価は低迷し、医療などの費用が引き上げられた場合、質の高い水準の生活者にとって総体的費用が高騰する事態に即応していない。円安が続く事態では逆に低所得者にしわ寄せが来る。

7 所得が完全に把握されるサラリーマンと、自営業者や無職高収入者と同条件の給付設計では制度の主旨が適合しない人がある。このような人は適用除外を選択できるのか。

8 3年後には団塊の世代が受給者となる。それを支えるために負担する後世代は急激な掛け金上昇の不安がある。

9 そもそも国庫の負担率50%と言うのは高すぎる。大きな政府を目指し、権力の肥大を生む制度となる。25%負担として、国民の自助努力を促すべきではないか。

10 男女に分割して計算すれば、実態の給付額比率は約35:10となる。しかし男女インクルーズした配分は25:20というような比率になることが想定される。定年退職金を半分分けして、妻に「お暇を戴きます」となるやもしれず。

11 そもそも、民主党の提起する制度は掛け金を20歳から納め、死亡する90歳位までの長期間に亘る様々な時流の変化に翻弄されるテーマが幾つも予想される制度である。

12 競馬の馬でも活躍した馬と、そうでない馬の退役後は飼育に差別がある。人間を羊なみに無差別な扱うようでは、馬が笑う。

 まだまだ言いたいことはある。民主党の制度設計には心が入っていないから破綻する。政治主導を言うだけの知識もない。
 一方、官僚は採用されたときに常に「権力は破綻する。絶対権力は絶対に破綻する」と戒められる。議員にはそれがない。だからこれほど『みっともない案』が出てくる。本当は隠しておきたかった筈であった。渋々公表した結果、知識と心の貧しさを露呈した。

  切片だけ公表した数値の検証

 現在の根幹となっている厚生年金保険は、昭和18年の発足。内務省の管轄で、小生の最初に交付された加入員證は「警視庁」が発行した。
 当時は、戦費調達のための目的であって、掛け金を納めても最初の給付までの45年間は給付の必要がないから、全部流用しようとすれば可能な状態であって、掛け金が積み上げられた形跡がない。
 戦後の猛烈なインフレ、新円切り替えなどで通貨価値の下落によって完全に制度は崩れたが、企業年金、国民年金、農業年金、公務員共済、教職員共済、船員保険などの他の制度で補完しながら積み立て方式で運営されてきた。

 戦後は、満蒙からの引き揚げなどで人口が急増、1950年に人口が8400万人であったのが、2000年には1億2500万人にまで増えた。この増加は、年金を受け取る受給資格を満たす人口が増えず、これを支える勤労者が増えた事によって賄って来たのであるが、昭和52年には「少子高齢化」が顕著になり、抜本的な制度変更が必要となった。
 既存の各制度を統合しつつ将来の給付を安定させなければならないことが現実となった。然しそれは、インフレ前の掛け金で当時の物価水準の生活を支えるには、年金の給付を抑えるしかないのは解かっているが、それは、当時国会で議決できる状況ではなく、「後世代負担」という現役が定年となった老後の生活を看るという制度で切り抜けつつ、各制度の統合を図ったのであるが、国民年金という重荷があって実現できなかった。

 人口は低開発国ほど増加率が高い。先進国のそれは2000年までの50年間に年率0.758%、発展途上国は1.931%である。手作業で製品を生産する低開発国はどうしても人力に頼る必要があり、先進国は先端的な産業で集中的に生産する。この差は世界の潮流であって、人口の減少は我が国だけの特殊事情ではない。

 問題は、国民の意思として、国土の面積や資源の量に合った人口を維持することが必要であり、中国の一人っ子政策は、一人ならばどうしても男子が欲しいと考える結果女性不足、嫁さんが来ない男性が増え、チベット、ウイグルから若い子を本土の都市で高賃金で仕事があると誘い、そのまま都市で嫁にしてしまった。そのため、チベット、ウイグルには女性は年寄りしかいない。子がないから家族は先行き消滅するという「民族浄化」が起きている。

 少子化というのは、年金だけの問題ではない。一人の女性が平均して生涯に子供を産む数「合計特殊出生率」は最低2.08なければ国家の人口は維持できない。まして、長寿国と言われる我が国は世界的に最長の国になっている。

 年金の背景には、個別の政策では語れないこのような背景を統合して考えなければ長期的に適切な制度とはならない。 (針ヶ谷)
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

極右九策

改正1・極右九策草案
1、  国のかたち
・一国家一文明=国教を縄文神道とする
・国教信奉者に国籍を付与する(3代両親共日本国籍)
・男系存続皇室典範改正
・質実剛健(選択的贅沢禁止法)
・中央集権の強化と経済特区の設置
2、  外交・防衛
・核保有(空母=10隻・核搭載潜水艦=100隻・核弾頭=3000発)
・日米同盟の強化
・民間防衛(武装遊撃隊100万・武装自警隊200万)
・防諜法・共謀罪・内乱罪・騒乱罪.・外患誘致罪
・国籍法の改正・厳正化
・国籍条項の復活徹底
・国家反逆罪の遡及特別法
・友好国の選択と集中共存進化
3、  経済・財政
・200兆円の政府紙幣発行
・国家公務員の給与50%削減
・累進課税の強化・産業の研究開発費支援強化
・基幹産業の国有化(交通・電信・電力・水道・ガス・工廠)
・公務員の労働三権の剥奪
4、  憲法改正
・自主憲法による国軍保持・徴兵制
・官選都道府県知事・市町村長は知事が任命・議会は公選
・公務員の国籍条項の厳正化(5代両親共日本国籍)
・治安維持法
・参議員は無給名誉職(衆議員3期12年以上・7代両親共日本国籍)
5、  教育
・平成版教育勅語(商売国家から士農工商道国家)
・歴史・理数・語学の徹底
・大学は旧帝大のみ、あとは専門学校
6、  国土
・インフラの見直し整備
・減災都市
・遷都(首都の要塞化)
7、  文化
・伝統文化の継承と発展の支援
・文化による価値観の再教育(公・私・素・雅の調和)
9、  母性保護(少子高齢化対策)
・養育期の労働時間50%以上削減と養育費の支援
・育児休暇は1児3年(給与の50%支払う=5代両親共日本国籍)

No title

東電支援、経営権が条件:
細野経済産業相が要求。細野は過激派との関係が報道された怪しい人物だ。
何をするかわからない。東電は徹底抗戦すべきだ。国民は応援する。
もともと東電は津波の被害者だ。すぐに復旧して、電力の安定供給に向かうべきなのに、細野は逆に東電を叩き、原発を停止させ、日本経済を破壊し、失業を蔓延させている。
本来の仕事が全く分かっていない。これも早期更迭だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪維新の会、中央政界進出方針:
大歓迎だ。戦後の自民、民主の腐敗した体制にはうんざりだ。清新な愛国勢力に期待している。他にないのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天皇陛下、心臓バイパス手術:
国民は成功を祈っている。成功したら国旗を掲揚いたします。
また天皇とはなにか、国民は胸に手を当てて考える時が来ている。それは自分とは何か、を問うことでもある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内閣支持率30%、危険水域へ:
解決は早期選挙だ。国民は、鳩山、菅、野田と馬鹿にされて怒っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
首相:女性宮家と皇族復帰のだきあわせ:
女性宮家を通そうとする策略だ。女性宮家は一切拒否だ。OKなのは皇族復帰だけだ。
猿でもわかる騙しだ。
http://pub.ne.jp/surugasankei/




 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例