FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日経は「富田メモ」を公開すべきー藤尾発言の可能性あり

日本会議のメールマガを転送します。

 宮内庁の富田元長官の「非公式メモ」が公開された翌日の21日、ある新聞社の取材を受けました。テーマは、靖国問題で、次のようなやりとりをしました。

記者 「昭和天皇のご発言メモについてどう思いますか」
筆者 「昭和天皇様の前で富田長官がメモをとるとは思えないので、恐らく、このメモは、ご会見の後に、走り書きしたものと思われる。新聞記者の方ならおわかりでしょうが、このような、あとでまとめた断片的なメモは、一字一句正確に書き留めたものではなく、メモの走り書きだけでご発言を正確に再現できるとは思わないでしょう」
記者 「確かにそうですね。あとでまとめたメモだけでは、話の内容を正確に読み取ることは不可能です。
筆者 「そうでしょう。それに、もしこのメモに、昭和天皇様が、中曽根総理の反対で靖国参拝にいけない、とおっしゃられていたとしたら、どうされますか。そのメモをみて、昭和天皇は靖国参拝をしたかったのに、それに反対した中曽根総理はけしからんという紙面を作られますか」
記者 「そうした紙面は確かに作りません」
筆者 「要するに、貴社の方針に沿ったメモだから、大々的に紹介しているだけであって、それは恣意的な政治利用にあたるのではないですか」
記者 「それはそうですね」
筆者 「ですから、あくまで、これが昭和天皇のご発言をまとめたものであるにしても、それを断言するためには、なぜこのメモのご発言を昭和天皇のものだと断定したのか、その根拠をきちんと提示してもらいたいと思いますね。そのうえで、これまでの昭和天皇のお考えなども踏まえ、その真意を慎重に検討すべきであって、特定の政治的主張に利用することは慎むべきではないでしょうか」
記者 「おっしゃる通りですが…」

 この「メモ」を、日本経済新聞は独占し、弁護士に預けたまま、公開しようとしていません。

 しかし、日本経済新聞は、「このメモは、富田長官が昭和天皇のご発言をまとめたもの」と断定し、その具体的な根拠をきちんと示していません。ことは重大な問題ですので、メモの全体像も含め、きちんとした情報公開が必要だと思います。

 それに関連して、以下のようなメールを会員からいただきましたので、転送します。富田長官メモには、紹介されている言葉の前に、 「藤尾(文相)の発言」 という文字があったことから、あれは、藤尾文相の発言を書きとめたものではないか、という疑問が出でいるというのです。
 
このような疑問に、日本経済新聞はしっかりと答える責務があると思います。

【兵庫県のMさんより】
昭和天皇のご発言という触れ込みだったメモが、実は藤尾元文相のものだったことが分かったようです。
下記の掲示板の写真をご参照下さい。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1715328

「藤尾(文相)の発言」という言葉が、新聞等で引用された文章のすぐ上にあり、意図的にこの言葉を隠して報道したとしか考えられません。

-------以下、上記URL内の文章のみ引用します。-------------
さて、この画像を良く見て見ましょう
日経の記事になった発言の前にも文章があります

その全文

 前にもあったが どうしたのだろう
 中曽根の靖国参拝もあったが
 藤尾(文相)の発言。
 =奥野は藤尾と違うと思うがバランス感覚の事と思う、単純な復古ではないとも。


私は或る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが、筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが松平の子の今の宮司がどう考えたのか
 易々と松平は平和に強い考えがあったと思うのに、親の心子知らずと思っている。だから 私あれ以来参拝していない。それが私の心だ。

はい、そうです、
中曽根総理大臣の靖国参拝を中止したことが話題になっていた当時の、藤尾元文相の発言です昭和天皇の発言ではありません

藤尾正行といえば1986年中曽根内閣で文部大臣に登用された後、「戦争で人を殺しても殺人には当てはまらない」「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国にも責任がある」などの発言して問題にされ中曽根に罷免された人です。当時、タカ派と呼ばれ、「放言大臣」とか揶揄されていました。

さてこのメモの中で「奥野」という名前も出てきますね奥野という人はどういう人なのでしょう?

奥野誠亮はこの当時国土庁長官藤尾氏と同じようにタカ派と呼ばれ「従軍慰安婦は商行為」とか日中戦争について「あの当時日本に侵略の意図は無かった」とか発言し同じく国土庁長官を辞任させられています。

その奥野氏は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の初代会長でもあるわけです。

つまり靖国神社参拝推進派 藤尾氏と奥野氏、同じタイプのタカ派と呼ばれていましたが実は靖国参拝を推進する奥野氏と違い、藤尾氏は靖国参拝をしていないのです。また「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」にも参加していません。

つまり、藤尾氏のこの発言は同じタイプと言われるが行動が異なる奥野氏のことに触れるとともに、自分(藤尾氏)が何故、靖国参拝をしないのか、その理由を発言したものなのです。

さらに昭和天皇が参拝を止めたのは1975年です。しかしA級戦犯の合祀は1970年に決定されています。当時、合祀は宮司預かりとなっており、実際にはA級戦犯合祀されたのは宮司が変わった1978年

1975年当時に1978年に合祀されることもわかり得ないのに、それを理由として参拝を中止したと言うのは辻褄が合いませんね。

つまり、この発言は昭和天皇の参拝取りやめに関する発言では無いのは明白で、藤尾元文相が参拝を中止した理由を述べた発言です。
マスゴミの捏造報道もいい加減にして欲しいものですね( ´∀`)

【Mさんより】
世間を騒がせている、所謂「昭和天皇ご発言」を、↓のURLで写真をもう一度見てみよう。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1715328

この写真から確実にいえるのは、日付は4/28、そしてこのメモは4項目めであることです。(メモの一番上を参照)

最低限、1―項目のメモに何が書いてあったのかを我々は知る必要があるし、それらを見れば誰の発言か分かる筈である。ところが、日本経済新聞は産経新聞に対してこの1-3項目に関しては見せられないと言ったそうだ。


ところで、この写真を見て気づくのは、この所謂「ご発言」のメモの前のページだが、実はこれもメモ帳に直接書いたものではなく別の紙に書いたものを貼ったか、或いは別の紙に書いたものをコピーしたものを貼ったように見うけられる。

しかも、「ご発言」のメモの貼り付け方と違い、紙全面に糊を付けて貼ってある。

このメモ帳は、そもそも直接書くものではなく、別のメモ用紙を貼りつけるスクラップブックのようなものなのか?こうなると、このメモ帳自体が怪しい。違和感はまだある。↓この写真を見て欲しい。

http://ca.c.yimg.jp/news/20060720133420/img.news.yahoo.co.jp/images/20060720/jijp/20060720-04602612-jijp-pol-view-001.jpg

後ろに過去のメモ帳らしきものが並べられているが、過去のものは大きさも形式も同じノートなのに、左側にある62年のものは、まったく違う形式な上、9月から12月までの3ヶ月のものなのに厚さも断然分厚い。
また、それに比べて今回のメモはまた一段と大きさも形式も違うようだ。

少なくても10年も同じようなメモ帳にメモを取っておられた人が62年になって急にメモ用紙でとるようになり、その次の年にはまた別のスタイルのノートに書くようにしたと?

そうこう書いているうちに、「ご発言」メモの前のページを画像反転してコントラストを調整するなどしてくださった方があるのを見つけたの
で、それを見てみた http://tech.heteml.jp/2006/07/post_638.html

これを見ると表題は「※ Pressとの会見」となっているようです。残念ながらすべては読めませんがその中で「4.29に吐瀉」なら「昭和62年4月29日、昭和天皇の86歳のお誕生日をお祝いする、「祝賀の儀」の後、「宴会の儀」が宮殿の大食堂豊明殿で行われた。この宴会の最中に天皇陛下が戻されたのだ。」という事実に合致するが、メモの日付とは整合性がとれない。4:29とも読めなくは無いが、ちょっと不自然。

また、このメモ(?)の内容の前段階?があるはずと思いましたが、何故か?がありません。もしかしたら?に奥野発言に関するコメントがもっとあったはずなのにそのメモ用紙が無くなっているかもしれません。

昭和天皇のお言葉をメモしているのにもし、そのメモを紛失しているとしたら富田氏はとんでもない人ということになりますね。高松宮様のご薨去は、昭和62年2月3日なので、このメモが昭和63年のものというのは合っているのでしょう。このメモ、調べれば調べるほど不可解です。

【福井県のKさんより】
いつも、日本会議のメールを楽しく読ませていただいております。
富田メモの件ですが、突然この時期に、富田元宮内庁長官のメモが出てきたのか疑問に思う一人です。ひとつは、小泉総理の8月15日靖国神社阻止。もうひとつは、総裁選挙が絡んでいるのだろうと思います。

私はこの件の黒幕は中曽根元総理であろうと思います。まず、小泉総理は、反中曽根政治で、中国の圧力で靖国参拝を中止した中曽根氏に対して、中国からの批判があろうと靖国参拝を続行している。

小泉・中曽根は天敵関係にある。

それはどこでメモとつながるか、まず、メモを書いたのは富田元宮内庁長官です。彼は警察官僚出身です。そのメモ情報はそれらのラインの人が知ってたのでしょう。

つまり、内務省人脈であり、その頂点にたつのか中曽根氏です。中曽根内閣の官房長官を勤めた後藤田氏(元警察庁長官)の部下が富田氏(元警察庁警備局長)です。

また、その数週間前に古賀衆議院議員(遺族会会長、靖国神社総代)が、A級戦犯分祀論を個人的見解として述べました。そして、靖国神社総代を辞職する。

遺族会は「分祀問題は靖国神社が判断する問題」として触れないことにしている。それをあえて会長がA級戦犯分祀論を述べている。その後に天皇のメモ、はたして偶然の一致なのか、密接に関連しシナリオがあったと推測する。

中曽根元首相、山崎拓元幹事長、古賀元幹事長あたりが中心人物か、ともあれ、天皇を政治利用する人達を徹底的に追及し、小泉総理が8月15日に靖国神社に参拝できる環境(世論)をつくるべきです。
以上、私の意見ですが、今後とも宜しくお願いします。

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毎日新聞の卑怯さに呆れた

 今月20日、日経新聞が火をつけ、殆どのマスコミが煽りに煽った、昭和天皇がいわゆる『A級戦犯』の合祀に不快感を示していたと『される』メモ発見騒動。これで議論に決着がついた、分祀論に弾みがつく、国立追悼施設の建設が必

天皇さまが泣いてござった

奇妙な富田メモが世間を騒がしているようである。 ・昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀 朝日新聞 2006年07月20日11時12分 昭和天皇が死去前年の1988年、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことについて、「私はあれ以来参拝していない そ

いわゆる「富田メモ」について(最終)

もう、これで最後にしますが、前回のエントリーに対して次のような疑問が寄せられています。したがって、私の見解をこの場で述べておきたいと思います。昭和63年(1998年)6月28日付の富田メモにある発言は、3日前の25日に行われた昭和天皇の記者会見に関するものではないか

富田メモを検討する3

 前回の続き。  富田メモは、奥野元国土庁長官の件に続いて、次の言葉を記していた。  「前にあったね どうしたのだろう  中曽根の靖国参拝もあったか 藤尾(文相)の発言。  =奧野は藤尾と違うと思うが バランス感覚のことと思う 単純な復古ではないとも」  私はこ

昭和天皇発言について--日経報道は真実なのか?

 遅ればせながら日本経済新聞が20日朝刊で報じた昭和天皇の「A級戦犯」合祀に不快感を示したという発言のメモについて遺族会会長の古賀誠元自民党幹事長はじめ鬼の首をとったかのように陛下の大御心と持ち上げる意見があります

コメント

胡散臭い富田メモを糾す


再度 例の胡散臭い 手帳に貼り付けた メモに纏わる件ですが
下記の 各種の URL サイト を拝見しますと 具体的な画像情報を
駆使する形で ひだりまきども(マスゴミ/T.V)に依る報道 即ち
数多の疑惑のポイントを 縷々 指摘されて居ります。

又 多種多様な情報を 簡潔に纏める形態での 情報も拝見可能です。

http://fout.garon.jp/?key=GDT3HkSXTLEDTh_4Hcy1Hp:GwW&ext=jpg&act=view

まとめ1:http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1714485

富田メモ捏造と罵詈雑言発言との密かなる連携


例の 問題の富田メモは 捏造である …… なる ブログ が
遂に 出るべくして出ました。
( 下記 URL 参照 )

数多の NET 参集者の中の どなたかが 何と 過日の
ひだりまき マスゴミ報道 T.V 画面の画像情報を処理する形で
問題の 富田メモの裏面に記載された ペン書きの文章を解読して
NET に晒して居られる様です。

我が日本の NET 界には賢い テク二シャン が居られる様です。
またまた 愚かな ひだりまき マスゴミどもの正体が 白日の下に
暴露されている。

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/07/post_5e43.html

所で 話しが やや飛びますが かの共産党一党独裁国は 靖国を
不倶戴天の敵として 飽く事無く日本国民/有権者の血税である
年俸(少なくとも数千万円オ―ダ―)を貪る 国会議員である
カトウ、ヤマタク、ニカイ、タニガキ、ノダ …… etc. &
オザワ、カン、ハトヤマ …… 等々の おれきれきとの密かなる連携にて
従来より悪罵の限りを尽くす形態にての プロパガンダ/情報操作/工作を
実行しつつ有りますが
但し 上記の 国会議員さんの方々は 日本の議員さんでは無く
共産党一党独裁国 全国人民代表会議の代議員さんで在る……なる解釈を
しますと 何らの違和感も有りませんが

共産党一党独裁国は この度び 遂に「しびれ」を切らしたのか 下記の
究極の罵詈雑言を発っした様である。

正に 絶好の タイミング である。

共産党一党独裁国 一流の/お得意の 連携技/得意技が出ました!!


人民日報「靖国神はアヘン」
 中国共産党機関紙の人民日報は23日付紙面で、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示していたとされるメモが見つかったことに関し、靖国神社は日本の「軍国主義者」が大衆を洗脳するために使う「アヘンだ」と批判する署名論文を掲載した。
 人民日報は、昭和天皇の発言について「A級戦犯の合祀に強烈な不満を示したものだ」と指摘、「メモが明らかになったこの機会に、日本は天皇の真意を真剣に受け止め、軍国主義の芽を摘み取るべきだ」などと警告している。
 中国各紙は日本で天皇が不快感を示したと伝えられて以来、小泉首相の靖国参拝自粛を迫る記事を繰り返し報じている。
[2006年7月23日19時9分]

他の番組で

テレビを入れたら旧自民党極左の野中元幹事長と渡部民主党現幹事長が恥ずかしげも無く「小泉首相」は傲慢、無礼と非難しておりましたが、未だ元幹事長の使い道が有ったのかと驚きました。
人間もここまで恥知らずに生きられるものと感服、南京記念館に名前が残って居る事を恥とも思わず、ギャラを受けてテレビに顔を曝す神経、凡人からみれば傲慢で無作法な人ですね。
今回の事件、一連のタイミングの良さ?も、チームワークは非常に悪いもので凡打の連続、追悼建設議連?自民、民主連合議連?マスコミ日径、朝日、読売、毎日連合?中共対日放送局が連日連打するも2日でノックアウト、裏では「逃げ腰」でコールドゲームどころか放棄試合の状況。
罪作りな「メモ」、「捏造、誤報」試合をどの様にゲーム終了を図るのでしょうか?今度は土下座、謝罪は必要では無いでしょうか。
日径の社員、インサイダー取引で逮捕されたのを機に一気に解決を図って貰いたいものです。

富田メモ問題を有耶無耶にすること無かれ!!


富田メモ問題ですが ひだりまきども/マスゴミ(新聞 & T.V)は
瞬間湯沸し器 状態 即ち 当初は 打ち上げ花火の如く 派手に出現したものの
後続の手が無く沈黙している。

NET 界では 数多の疑惑/捏造説で 今 尚 沸いて居ります。
( 下記 URL 参照 )

過日の 日本偏向放送協会(NHK)に依る  たわごと報道である
天皇戦争裁判報道事件と同様に ひだりまきどもの常套手段である
卑劣/卑怯な手法 即ち 曖昧模糊とした 有耶無耶な状況に
引き込み 時間稼ぎの形で 終焉させる意図が透けて見える。

結果的に 例へ 捏造報道であれど 是が一人歩きする形で 数多の
普通の まともな日本人が 騙され貶められる形に帰結することが
予測される。

今こそ こころある日本人は 過去に措ける 類似の多数の事例に学習し
罹る ひだりまきども/マスゴミどもの謀略工作に 臆すること無く
ひつこく/執念深く 追求の手を緩めること無かれ!! と希求する
次第です。
全ては 日本国民/有権者の 世論の動向 如何により確定する。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

http://vortex.milkcafe.to/giwaku.html

メモをよく見て

この部分 
 前にもあったが どうしたのだろう
 前に あった時 どうしたのだろう と書いています。
上のメモの解説はテレビなどでも見ます。
これは園遊会の放送で
昭和天皇が『あそう、よかったね』と言うようなご発言を彷彿とさせるように誰かが仕組んだものと考えています。
そのせいで昭和天皇のお言葉と言われるとなんとなくそんな気がするのです。さすが左翼は印象操作がうまい。
誰も言わないので送信します。

拡大する音の連鎖について

拡大する音の連鎖について、官邸、政治家、マスコミの皆様へ、伝えさせて頂いています。
http://c-docomo.2ch.net/test/-/bouhan/1152711773/i
http://i.z-z.jp/pcbbs.cgi?id=touron-doujyou&th=756&p3=

日本全体に拡大していると思われる音です。

http://jbbs.livedoor.jp/news/1687/storage/1130461726.html

開かない場合。
http://www.google.com/search?q=cache:L-ZV9LmhlpwJ:jbbs.livedoor.jp/news/1687/storage/1130461726.html%20%89%E1%82%E6%82%AF%20%83_%83j%83G%83%8B&hl=ja&inlang=ja&strip=1
『蚊よけ ダニエル』

核武装で拉致問題を打開しよう

拉致問題研究会

核武装で拉致問題を打開しよう。

六者協議で日本人拉致問題は等閑視されたままである。わが国を馬鹿にして埒外に置くことを許すべきではない。何としても拉致問題をテーブルに載せなければならない。しかし、現状においてその力は日本にはない。拉致問題を議題としないのなら、わが国は、独自に核開発を行うべきである。わが国が核兵器を保有すれば、核不拡散体制は崩壊するから、米露中の核保有国グループは拉致問題を六者協議で取り扱わなければならなくなる。もちろん南北朝鮮にとっては日本の核は脅威となるから拉致問題を無視できない。今こそ傲慢な金正日に鉄槌を下すときだ。国民の力で日本の核武装を推進しよう。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例