FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

1919年 - ドイツが連合国と第一次世界大戦の講和条約「ヴェルサイユ条約」を締結する。

今日は何の日 6月28日 1919年 - ドイツが連合国と第一次世界大戦の講和条約「ヴェルサイユ条約」を締結する。

280px-Big_four.jpg
1 ヴェルサイユ体制の成立

 1919年1月18日、第一次世界大戦の講和会議であるパリ講和会議が32カ国の参加のもとに開かれた。

 パリ講和会議の基礎となった原則はアメリカの大統領ウィルソンが大戦中に発表した十四カ条(十四カ条の平和原則)であった。

 十四カ条はソヴィエト政権の「平和に関する布告」や秘密外交文書の暴露に対処する形で1918年1月に発表されたが、その主な条項は秘密外交の廃止・海洋の自由・関税障壁の撤廃・軍備縮小・植民地問題の公正な解決・ヨーロッパ諸民族の民族自決・国際平和機構の設立である。


 このうち民族自決の原則とは、各民族はそれぞれの運命を自ら決定する権利を持ち、また自らの国家を建設できるという原則で、国際協調主義とともにヴェルサイユ体制を支える重要な原則となった。しかしヴェルサイユ体制ではヨーロッパにのみ適用され、その適用が最も必要であったアジア・アフリカには適用されなかった。

 パリ講和会議で中心的な役割を果たしたのは五大国(アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・日本)の代表であり、特にアメリカの大統領ウィルソン(任1913~21)・イギリス首相のロイド=ジョージ(任1916~22)・フランス首相のクレマンソー(任1917~20)の三巨頭であった。なお日本の首席全権は西園寺公望であった。

 ウィルソンは理想主義的な十四カ条を講和の原則とし、ドイツを寛大な条件で許すべきと考えたが、クレマンソーはドイツに対する厳しい制裁とドイツを徹底的に弱体化することを強く主張した。そしてロイド=ジョージはウィルソンの理想主義とクレマンソーの対独復讐の調停役を果たした。

 結局、ウィルソンは最大の目的であった国際連盟規約を条約に盛り込むために譲歩・妥協し、はじめはドイツに対する和解を説いていたロイド=ジョージもイギリス国民の対独敵意に押されてクレマンソーに同調したため、クレマンソーの主張する対独強硬策が通り、十四カ条の原則は部分的にしか実現しなかった。

 1919年6月28日、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿鏡の間で、連合国とドイツとの間にヴェルサイユ条約が調印され、以後連合国とオーストリア・ハンガリー・ブルガリア・トルコとの間にそれぞれサン=ジェルマン条約(1919.9)・トリアノン条約(1920.6)・ヌイイ条約(1919.11)・セーヴル条約(1920.8)が結ばれた。なおサン=ジェルマン・トリアノン・ヌイイ・セーブルはパリ近郊の都市名・地名である。

 ヴェルサイユ条約は15編440条からなり、その第1編は国際連盟規約であった。その主な内容は以下の通りである。

 ドイツはアルザス・ロレーヌをフランスに、そしてポーランド回廊をポーランドに割譲し、さらにベルギー・チェコスロヴァキア・リトアニア・ポーランドに若干の領土を割譲した。ポーランド回廊とはドイツ本土と東プロイセンの中間地帯で、ポーランドに海への出口を与えるためにポーランド領としたので、ドイツは本土と東プロイセンが分断されることとなった。

 またダンチヒは国際連盟管理下の自由市となり、ザール地方は国際連盟管理下に置かれ15年後の住民投票で帰属が決定されることとなった。

 この結果、ドイツは戦前の面積・人口の10%以上を失うこととなり、さらに海外の全植民地も失い、将来のオーストリアとの合併も禁止された。

 ドイツは軍備も大幅に制限された。徴兵制は禁止され、陸軍は10万、海軍は兵員1万5000・艦艇36隻に制限され、軍用飛行機・潜水艦の所有も禁止された。

 またフランス・ドイツの国境での紛争を防止するためにライン川の東岸50kmの地帯は非武装地帯とされてドイツの軍事施設と駐兵は禁止され、西岸は連合国が15年間保障占領することとなった(ラインラントの非武装)。

 さらにドイツは巨額の賠償金を課せられた。但し、ヴェルサイユ条約では総額や支払い方式は決定されず、1921年4月のロンドン会議で総額が1320億金マルク(天文学的数字といわれた)に決定された。

 オーストリアはサン=ジェルマン条約によってドイツとの合併を禁止され、旧帝国内のポーランド・ハンガリー・チェコスロヴァキア・セルブ=クロアート=スロヴェーヌ(後のユーゴスラヴィア)の独立を承認し、また「未回収のイタリア」をイタリアに割譲したので、かっての大帝国は一挙にその面積・人口が戦前の約4分の1に減少した。

 ハンガリーはトリアノン条約によってルーマニア・セルブ=クロアート=スロヴェーヌ・チェコスロヴァキアに領土を割譲して面積は3分の1、人口は5分の2に減少した。

 ブルガリアもヌイイ条約によってセルブ=クロアート=スロヴェーヌ・ギリシア・ルーマニアに領土を割譲した。

 トルコは、イラク・ヨルダン・パレスチナをイギリスの、そしてシリア・レバノンをフランスの委任統治領とすること、ボスフォラス・ダーダネルス両海峡の開放・国際管理・非武装、極端な軍備制限、治外法権の承認などを規定した屈辱的なセーヴル条約を承認した。

 この結果、ヨーロッパでは民族自決の原則に従って、旧オーストリア=ハンガリー帝国とロシア帝国の領内からフィンランド・エストニア・ラトヴィア・リトアニア・ポーランド・チェコスロヴァキア・ハンガリー・セルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国(1929年にユーゴスラヴィアと改称)が独立した。しかし、民族自決の原則はヨーロッパ以外には適用されず、アジア・アフリカの人々を失望させた。

 トルコに属していた中東地域に関しては、大戦中にアラブ人に独立を約束したフセイン=マクマホン協定(1915)とユダヤ人に独立を約束したバルフォア宣言(1917)はともに無視され、イラク・ヨルダン・パレスチナはイギリスの、シリア・レバノンはフランスの委任統治領とされた。

 委任統治とは、第一次世界大戦後の敗戦国ドイツ・トルコの領土処分の一形式で、国際連盟から統治を委任されるという形をとったが、事実上は領土の再分割であった。なお、第一次世界大戦中に日本が占領した南洋諸島も戦後日本の委任統治領となった(1920)。

 パリ講和会議でつくられた戦後の新しい国際秩序はその中心となったドイツとのヴェルサイユ条約からヴェルサイユ体制と呼ばれている。

 ウィルソンの14カ条に基づいて創設された国際連盟は世界史上最初の本格的な国際平和機構で、ヴェルサイユ条約によって規定され、1920年1月10日に正式に発足した。設立時の加盟国数は42カ国であったが1934年には最多の58カ国が加盟した。

 本部はスイスのジュネーヴに置かれ、総会・理事会・連盟事務局を中心に運営された。
 総会は国際連盟の最高決議機関で、全加盟国1国1票で構成し、全会一致が原則とされた。

 理事会は国際連盟の最高機関の一つで、イギリス・フランス・イタリア・日本の4常任理事国と4非常任理事国(22年から6カ国、26年から9カ国となる)で構成された。

 また国際連盟には国際労働機関(ILO)と国際司法裁判所が設置された。ILOは各国内の労働問題の調整機関として勧告や調停を行った。また国際司法裁判所はオランダのハーグに常設され、国際紛争の裁判を行ない、その判決には拘束力があったが実効性には問題があった。

 国際連盟には多くの問題点・欠点があったので、小紛争の調停などには一定の成果をあげたが、大国の関わる紛争解決には非力であった。

 国際連盟の最大の問題点はアメリカ・ドイツ・ソヴィエト政権(後のソ連)の大国が不参加または排除されたことにあった。

 提唱国のアメリカでは戦後、孤立主義が台頭し、上院でヴェルサイユ条約批准が否決された(1919.11)ために参加しなかった。敗戦国のドイツと社会主義のソヴィエト政権は排除された。

 また武力制裁がなく、経済制裁(経済封鎖)のみであったこと、総会の議決が全会一致で意思統一が困難であったことなどの問題を抱えていたため、国際連盟は第二次世界大戦を防止することが出来なかった。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

反日伝書鳩ルーピー帰巣せず…孫崎亨も道連れで“爆死”

中共が新たに打ち出した尖閣侵略の反日プロパガンダ。党外交顧問の全面引用を受けて民主党は火の粉払いに必死だ。更に、ルーピーは売り出し中の反日評論家も道連れにした。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例