FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

西郷隆盛と藤田東湖-忘れられぬ師との出会い-

今日は何の日 1855年(安政2年10月2日)- 藤田東湖、儒学者(* 1806年)亡くなる。
藤田 東湖(ふじた とうこ)は、江戸時代末期(幕末)の水戸藩士、水戸学藤田派の学者。東湖神社の祭神。

FujitaToukoPictSS.jpg

 水戸藩第9代藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)の側近を務め、その懐刀として活躍したのが、藤田東湖(ふじたとうこ)です。

 藤田東湖は、文化3(1806)年3月16日に水戸で生れました。

 幼少の頃より、東湖は父であり水戸家の儒臣であった藤田幽谷(ふじたゆうこく)からの薫陶を受けて育ち、学問に精進し、次第に藩内で頭角を現しました。

 文政12(1829)年に水戸藩第8代藩主・徳川斉脩(とくがわなりのぶ)の継嗣問題が生じた際には、東湖は斉昭(当時敬三郎)を擁立する一派の中心人物として活躍し、斉昭の第9代藩主への襲封を成功させました。

 その後、東湖は藩主に就任した斉昭の側近として登用され、水戸藩の天保改革の中心人物として藩政改革を推進するなど、その政治手腕は他藩にも聞こえるようになり、彼の名声は一段と高いものとなったのです。
 嘉永6(1853)年、斉昭が幕政海防参与に任ぜられた時には、東湖も幕府から海防御用掛に任ぜられ、攘夷の政策立案に携わり、水戸一藩だけではなく、日本の政治に参与することとなったのです。

 このようなことから、東湖は同じく斉昭の側近・戸田蓬軒(とだほうけん)と共に、「水戸の両田」と並び称せられ、全国の藩士・志士達から絶大な信頼と輿望を一身に集めました。各藩の志ある若者は、江戸に来た際には必ずと言って良いほど、東湖の元を訪れ、その薫陶を受けたのです。

 そして、薩摩藩の西郷隆盛もまた、その例外ではありませんでした。

 西郷が初めて東湖の元を訪れたのは、安政元(1854)年4月10日のことです。

 西郷は友人であり、同志であった薩摩藩士・樺山三円(かばやまさんえん)と共に東湖の元を訪れました。樺山は嘉永5(1852)年に茶道方として江戸詰を命ぜられ、西郷よりも一足先に江戸薩摩藩邸に勤務していました。

 西郷も遅れること安政元(1854)年3月、ようやく江戸藩邸に勤務することになり、樺山から東湖が一大人物であることを聞いた西郷は、是非一度会いたいと思うようになっていました。また、樺山自身も西郷を東湖に引き合わせたいと考えていたため、この運びとなったのです。

 当時、東湖の住まいがあった小石川の水戸藩邸は、現在の東京都の後楽園の位置にあり、西郷と樺山は連れ立ってそこに向かいました。

 東湖と初めて対面した西郷は、東湖の学識、胆力、そして人柄や態度に大きな感銘を受けました。

 安政元(1854)年7月29日付けで、母方の叔父である椎原与右衛門と椎原権兵衛に宛てた手紙の中で、西郷は東湖の印象を次のように書いています。


「彼の宅へ差し越し申し候と清水に浴し候塩梅(あんばい)にて、心中一点の雲霞なく、唯情浄なる心に相成り、帰路を忘れ候次第に御座候」(情は、清の誤記であると思われる)
(『西郷隆盛全集 第一巻』より抜粋)

(現代語訳 by tsubu)
「先生(東湖)のお宅を伺った時は、まるで清水を浴びたような気持ちになり、心中一点の雲霞もなく、ただ清浄な気持ちとなり、帰り路まで忘れてしまうほどです」


 西郷の書いたこの手紙の文面からは、西郷が東湖に大きな感銘を受けた様子が溢れんばかりに出ています。
 また、この手紙の中には、次のようにも書かれています。


「自画自讃にて人には申さず候得共、東湖も心に悪(にく)まれ候向きにては御座なく、毎(いつ)も丈夫と呼ばれ、過分の至りに御座候」

(現代語訳 by tsubu)
「自画自讃のようで、他人には申せないことですが、東湖先生も私を憎まれている様子はまったくなく、いつも丈夫と呼んで下さり、過分の待遇を受けてます」

 まさに筆が踊るような感じと言えるのではないでしょうか。
 私にはこの文面を書いている時の西郷の嬉しそうな表情が目に浮かんでくるような気がします。

 このように、初対面以来、東湖に対する西郷の傾倒ぶりは日増しに高くなっていきました。

 また、西郷は東湖の家に出入りするようになってから、戸田蓬軒、桜任蔵(さくらじんぞう)、原田八兵衛(はらだはちべえ)といった水戸の名士と呼ばれた人々と盛んに交流することになり、このことは西郷自身の自己啓発になったばかりでなく、若き日の西郷の人物形成に多大な影響を与えることになったのです。

 しかしながら、このような西郷と東湖の交流は、ある大きな事件のために、長く続くことはありませんでした。

 安政2(1855)年10月2日、江戸にマグニチュード7とも伝えられる大地震が起こりました。

 「安政の大地震」です。

 東湖は、小石川の水戸藩邸内の自宅でこの大地震に見舞われました。

 東湖自身は何とか危機を脱し、屋敷の庭へと逃れることが出来たのですが、屋敷内に取り残された母親を救出するため、屋敷内に立ち戻ったところ、頭上に大きな梁(はり)が落下し、東湖は母をかばって自らが梁の下敷きとなりました。

東湖は残っている全ての力をふりしぼり、体全身で大きな梁を受け止め、母を脱出させた後、ついに力尽きて圧死したのです。

 この東湖の無残な死に方は、西郷に大きな衝撃を与えました。西郷はこの地震の二日後の10月4日付けで、当時鹿児島に戻っていた樺山三円に対し、次のような手紙を書き送っています。


「扨(さて)去る二日の大地震には、誠に天下の大変にて、水戸の両田もゆい打に逢われ、何とも申し訳なき次第に御座候。頓と此の限りにて何も申す口は御座なく候。御遙察下さるべく候」

(現代語訳 by tsubu)

「去る二日の大地震は誠に天下の大変で、水戸の両田(この地震で、戸田蓬軒も圧死した)も揺り打ち(地震)に逢われた。何と申してよいか言葉もありません。とんとこれきり、何も話す気になれません。私の気持ちを察して下さい」

 悲しみに打ちひしがれている西郷の様子が痛いほど分かるような手紙です。

 西郷は後年東湖のことを次のように語っています。

「先輩としては藤田東湖、同輩としては橋本左内、ともにわしの最も尊敬した人である」

 東湖の死後、西郷はその志を受け継ぎ、将軍継嗣問題や水戸藩への密勅降下等、縦横無尽の活躍をすることになります。

 一方、東湖を亡くした水戸藩は、歴史が示している通り、藩内で内部抗争を繰り返し、血の粛清が吹き荒れ、維新を迎えた頃には、ほとんど有為な人材が残っていないかったのです。

 この水戸藩の末路を見ても、東湖の死はその後の水戸藩の歴史を運命付けたとも言えましょう。

なお、藤田東湖作である「正気歌(せいきのうた)」と「回天詩史」は幕末の志士の人気を呼び、日本中で暗誦された。

特に以下の冒頭が有名である。「天地正大の気、粋然として神州に鍾(あつ)まる」(正気歌)、「三たび死を決して而も死せず。」(回天詩史)

jpnseiki_takukyoshizoncut.jpg

正気歌          藤田東湖

詩の解説

 此の天地間には、正大の気といふものが充満し、常に流動して居る。此の気は、宇宙万物の生成L、発展し、また連行する根元力であつて、其の性や正であり、明であり、また剛大である。

或はこれを至誠の気といつてもよい。此の正気は、世界中の何れの国にも普く広く流れて居るが、純粋無雑の姿に於て結晶して居るのは、独り我が神州日本のみである。

 乃ち此の正気が、我が神州の物に凝結しては、或は巍々として千秋に聳ゆる秀麗そのものの富士の嶽となり、また国土の四周を環らす洋々として涯りもない広い/\大海の水ともなり、或は其の精美万花に傑出する爛漫たる万朶の桜となり、或はまた鉄兜も断切るほどの百錬鍛功の鋭利な日本刀となつて表れて居る。

 次に此の正気が神州の人に現れては、其の活動振が熊や羆のやうに勇猛な忠臣(●臣)となり、また朝臣の好き仲間(好仇)として役立つ武夫ともなつて活躍して居る。

かくの如き忠勇義烈な人々が、上に万世一系の 天皇を仰いで忠誠の限りを尽くし、以て皇業を扶翼し奉るのであるから、弥々上の御稜威は天地四方に普く広まり、其の明徳即ち御恵は、太陽にもひとしいほどである。かくして我が国体は永遠に尊厳である。

 然しながら、世の中は何時も太平ではなく、時に盛衰消長無きを得ない。かゝる非常時に当つては、此の正気は一屠其の光を放つものである。乃ち仏教伝来し、国論沸騰した際に於ては、大連物部尾輿の排仏思想となり、侃侃諤々、、其の剛直な意気を以て仏教(瞿曇)を排斥した。

また仏教の採否に就いて、蘇我稲目対物部尾輿等の論争が起つた際に於ては、欽明天皇(明主)の御英断となつて表れ、仏像は難波の堀江に投ぜられ、焔々伽藍は焼き払はれるに至つた。

 中臣鎌足は、此の正気を以て彼の逆臣蘇我入鹿を討滅し、これによつて我が皇室国家は磐石の安き得た。和気清麻呂は、此の正気を振るつて宇佐八幡の御宣託を奏し奉り、妖げな僧道鏡の肝胆を寒からしめた。北条時宗は、此の正気の迸るところ、文永十二年蒙古の使者を鎌倉龍口に斬棄て、我の剛気を凜然彼に示してやつた。

 弘安四年元寇の国難に際しては、此の正気が西海に暴風を起し、さかまく怒濤を起し、国民一致の忠烈な奮戦となり、怪しげな気即ち蒙古の暴威を殲滅することが出来た。

 元弘元年八月、北条高時、畏れ多くも 天皇を遷し奉らうとして京都に兵を派した。 天皇は神器を奉じて志賀の浦辺の延暦寺に行幸なさらうと思し召されたが、三条河原に於て、鎌倉兵をたぶらかすため、大納言藤原師賢は、勅命によつて 天皇の御衣を着し御輿に乗り、恰も鳳輦の御一行の如く陽り装うて、月明の夜延暦寺に向かうた。そこで、かしこくも 天皇は笠置山に無事逃れ遊ばすことが出来た。

 また元弘三年春、北条高時大兵を以て芳野を攻めた際、村上義光は、護良親王の御難(屯)を救ひ申しあげるため、親王の御鎧を着し、御身代りとなつて討死し、親王は免れて高野山に御入りになることが出来た。師賢といひ、義光といひ、これら忠臣の業績は、何れも正気の発揚である。

 或はまた、此の正気は、鎌倉の窟に投ぜられ給うた護良親王の●々たる御憂憤の情となつて表れ、後人をして悲憤慷慨に泣かしめ、大楠公と共に桜井駅に伴はれては、其の子正行に対する懇篤なる遺訓となつて表れて居る。

 武田勝頼の臣小宮山内膳が、主君天目山に最後を遂ぐる悲運を見て、我が身先に讒言にあひ幽閉中であつたにも拘らず、其の恩を忘れず、天目山に駈け登り、主君に殉死したこと。

或は徳川家康の臣、鳥居元忠が、慶長五年二千の手兵で伏見城を守り、石田の軍三万数千の大軍に応戦して討死を遂げたこと。これらの忠節もまた正大の気の然らしめるところである。

 以上は、非常時に於ける正気の発揚に就いて述べたのであるが、世が無事太平大の時であつても、決して此の正気は消え失せるものではない。

すなはち世は徳川の天下となつて太平茲に二百年、此の間此の気は伸々として発展し、表面平静そのものの如くであつたが、一度其の伸張を欠き、欝積屈伏するに当つては、突如四十七士の義挙となつて表れたのでもわかる。惟ふに、人の肉体といふものはたとへ亡びても、其の霊魂といふものは決して滅するものではない。

古の忠臣義士の正気といふものは、長く何時までも此の天地間に存在し、儼として人倫の常道(彜倫)といふものを立派に維持して居るものであることが知られるのである。

 さて現代の国家非常時に処して、誰が此の正気を扶持するのであらうか。それはいふまでもなく、東海の浜に卓立して居る我が水戸藩である。我が水戸藩は、忠孝不二・文武不岐を以て多年修練され、現下尊王攘夷を以て自ら任じて居るものである。

然るに一朝天運悪く、天保十五年藩主斉昭公は、国防に力を注いだ点を幕府から誤解されて、隠居謹慎を命ぜられてしまつた。これ幕府当局の頑固遅鈍、時勢の機微を知らぬものであつて、自分までも罪に問はれ、蔓草のからまつた如く幽閉束縛不自由の身となつて居る。

今主君斉昭公の冤罪であることを誰に向かつて訴へることが出来ようか。自分の郷里は水戸であるが、遠く三十余里も隔つて居る。何を以て先親(亡父幽谷)の霊に御わびすることが出来ようか。

 かくして幽囚生活もだん/\長引き、茲に二周年の星霜を過し、顧みて何とも悲憤慷慨に堪へないものがある。けれども唯力強く思ふことには、此の正大の気が我が魂となつて身に随うて居ることである。

嗟、自分は今此の厄難に遭遇し、万が一にも生きることがないとしても、此の正気と離れることは忍び得ない。

自分は一身の屈伸浮沈などは天地自然のままに委せ、生死また問題でなく、平然自若、びくともせぬ決心で居る。若し幸に生きて世の中に出ることが出来たならば、正気の発するところ、極力我が主君の冤罪を雪ぐことに努めよう。

然らば主君が以前藩政をとられた時のやうに国内の紀律(網維)が立派に立ち、復び盛世を見ることであらう。不幸にして死んでも、忠義の霊魂となり、天地のあらん限り皇国の基礎を奉護し、我が本分を必ず果したいものである。



以上、興亜教育会編纂『藤田東湖正気歌・回天詩・弘道館記 読解』による。
同書の奥付は次の通り。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

統一教会問題で静岡県議会に陳情書を提出 

平成25年11月8日に教育正常化推進ネットワークでは静岡県議会に新興宗教団体への取り締まりを求める陳情を提出しました。 この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪ 政治 ブログランキングへ ↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪ 陳情書は複数あり、首都圏・中京・九州とそれぞれの地区から出されています。 写真および動画は守口竜中...

山本太郎の犯罪や奇行が続々・山本と猪木を即刻クビにしろ!デモ・外国人生活保護不正受給糾弾デモ

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 【国民の代表にふさわしくない議員を即刻クビにしろ!デモin銀座】(11月10日、銀座→内幸町) 山本太郎の不祥事や奇行が止まらない。 それと共に、山本太郎が過去に行った犯罪や奇行なども続々と暴露されている。 最近も、山本太郎が芸能界デビュー前に近所の自転車を毎日盗んで教会に通っていたことを、吉田豪...

コメント

藤田東湖

勉強になります。

No title

「正気の詩」を勉強したい。
藤田東湖の正気の詩原文を表装.
価値のある掛け軸になります。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例