09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

徳富蘇峰が「國民新聞」を創刊

今日は何の日 明治23(1890)年 - 徳富蘇峰が「國民新聞」を創刊。

200px-徳富蘇峰
『蘇峰文選』に掲載された国民新聞社時代の徳富蘇峰

肥後国(熊本県)上益城郡益城町字杉堂村出身。本名は徳富猪一郎(いいちろう)。字は正敬(しょうけい)。

号は山王草主人、頑蘇老人、蘇峰学人など。 筆名は菅原正敬、大江逸、大江逸郎。漢学者・教育者の徳富一敬(淇水)・歌人の久子(共に同墓)の第5子長男として生まれる。

 1873(M6)熊本洋学校に入学。年少のため退学するが、1875父の言に従い再入学。1876熊本洋学校閉鎖にともない、上京して東京英和学校(第一高等学校の前身)に通学するが満足せず、京都の新島襄に感化し同志社英学校に入学。

1880同志社卒業直前に退学し、熊本に戻る。1882大江義塾を開き、父が漢学を、蘇峰は英学・歴史・経済・政治学等を教えた。 1885『第十九世紀日本ノ青年及其教育』を私刊し文壇の注目を集める。1886『将来之日本』を田口卯吉の経済雑誌社より刊行、その好評により、大江義塾を閉鎖して一家をあげて上京。

 1887.2.15(M20)民友社を設立し、雑誌『国民之友』を創刊。当時の総合雑誌として政治・経済・外交その他の時事問題を論じる一方、文学作品の掲載にも力を入れ、明治期の文学者たちの発表の場ともなった。
これに伴い、1888朝比奈知泉・森田思軒と共に主唱した文筆家集団「文学会」を月1回主催。坪内逍遥、森鴎外、幸田露伴。矢野龍渓など多彩な顔ぶれであった(1891春頃まで続く)。

1890『国民新聞』を発刊し、社長兼主筆として、平民主義を掲げ藩閥政治を批判し、明治中期のオピニオンリーダーとして活躍した。 1891『国民叢書』(M24.5~T2.8)、1892『家庭雑誌』を発刊。

1894日清戦争では国民新聞社は戦況を総力取材した。 1895三国干渉を機に軍備の必要を唱え、富国強兵、国家主義を唱道。1896.5.20~翌.6.28 新聞事業視察のため深井英五と欧米漫遊に出帆。

ロシアではトルストイを訪ね友好的な時を過ごした。1897帰国後、8.26松方内閣の内務省勅任参事官に就任(~1898.12.27)。今までは進歩的平民主義の立場の執筆活動であったが、この就任により変節漢と非難される。
 1898『国民之友』『家庭雑誌』『欧米極東』の3雑誌を『国民新聞』に併合する。1902国語調査委員会の委員に任命される。

'05日露戦争講和条約を支持し、それに反対する民衆によって国民新聞社は焼き討ちにあう(詳しくは松井茂【日比谷焼打事件】)。 '07日露戦後の朝鮮・満州・中国を視察旅行。

帰国後、国民新聞の社会面の充実を期し、新聞の大衆化・通俗化をはかる。'10寺内正毅の要請により『京城日報』の監督の任に就く。以後、'18(T7)まで年2~5回ソウルに赴く。

 '11.8.24桂太郎の推薦で貴族院議員に勅任される。'13.2.10(T2)桂太郎の新政党を支持した国民新聞社は、「憲政擁護・桂内閣排撃国民運動」(「桂の御用新聞」と非難を浴びる)によって2回目の焼き討ちにあう。

この焼き討ちで発行部数は23万部から3割減少する。10月、桂の死後政界から離れ、一立言者としての本題に立ち返り『時務一家言』を発刊した。'15.11.3大隈内閣の新聞人叙勲で勲3等瑞宝章。'17中国視察旅行にて張作霖らと会見。

 '18『近世日本国民史』第1巻「織田氏時代」を起稿(大正7年56歳の時から着手し、昭和27年90歳の時、100巻の大著を完成)。

'21.12.8二十余年住んだ青山邸宅地500坪を提供し、「平民大学」など社会教育の場とするため財団法人青山会館の設立を発表('25.4.3開館式挙行)。 '22『国民新聞』夕刊の発行を始める。

'23.6.12『近世日本国民史』10巻で帝国学士院より恩賜賞を授与される。同年.9.1 関東大震災で国民新聞社は被害を被る。 再建資金で苦慮。'26宮内御進講控として出仕。国民新聞社社屋完成し移転、国民新聞社財政再建のため、根津嘉一郎(15-1-2-10)の出資を仰ぎ、国民新聞社を株式会社として経営を委ねた。

'28(S3)宮中にて「神皇正統記の一節に就て」を進講。同年勲2等瑞宝章。'29共同経営者との不和から国民新聞社を退社。『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』の社賓となる(~'45)。

'30.2.11蘇峰会発足(本部は青山会館で全国40支部)。'31大日本国史会が発足し会長。'37帝国芸術院会員。 '39『昭和国民読本』が50万部を突破し祝賀会が東京日日新聞社主催で開かれる。'40.6.29『近世日本国民史』の連載が1万回に達する。

 '41皇室中心の国家主義思想は、第2次大戦下の言論・思想界の中心で、東条首相を訪問し新聞統合問題について意見を具申する。'42「大日本文学報告会」「大日本言論報国会」が創立されるや会長に就任。

この年『宣戦の大詔』を刊行。'43.4.29文化勲章を受章。同じ受賞者にビタミンを発見した鈴木梅太郎(10-1-7-8)や後にノーベル賞を受賞する湯川秀樹らがいた。

 '45.8.15玉音放送を山中湖畔双宜荘で聴き、毎日新聞社社賓、大日本言論報告会会長の辞任を表明。『近世日本国民史』の執筆を第97巻で中止。

A級戦犯容疑者に指名され、熱海の晩晴草堂に蟄居。'46持病のため自宅拘禁となる。貴族院議員、帝国学士院会員、帝国芸術院会員の辞表及び勲2等、文化勲章の返上の手続きをし、一切の公職を辞退。 '47.3.18東京裁判法廷に提出した「法廷供述書」が却下される。

同年.9.1、戦犯容疑者自宅拘禁が解除され、21か月ぶりに晩晴草堂の門を開く。'48妻の静子が永眠(享年82歳)。 自らの戒名「百敗院泡沫頑蘇居士」と誌し、墓標に「侍五百年之後」と題した。

'51『近世日本国民史』第98巻に着稿。'52公職追放解除。同年.4.20『近世日本国民史』100巻完成。 熱海の晩晴草堂で逝去。享年94歳。絶筆「一片の丹心渾べて吾を忘る」(辞世の句)。遺言により赤坂の霊南坂教会に於いて小崎道雄(8-1-7-1)牧師によりキリスト教式の葬儀が行われた。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝日新聞と吉田清治の心中…葬られた「朝鮮独立支援」

抗日テロ集団の朝鮮人頭目を吉田清治が救った…慰安婦捏造派はそんな妄想話も史実と認めるのか。仕込んだ毒に自ら犯される大失態。素性不明の反日ゾンビが時を越え、朝日新聞を死地に招き入れる。

コメント

ユニテリアン

慶応義塾とハーバードはユニテリアンが作ったという重大な事実があっても、日本の学生ってのは、全く、は?ってな感じ

ユニテリアン運動ってのは、トランシルヴァニアとポーランドで相当の盛り上がりを見せてたんだな。

こんな知識日本に全然、全く入ってない。

ハーバードはユニテリアンではない

デタラメ言ってはダメ!ハーバード大学は組合派(=会衆派)のプロテスタントの神学校から発展した。

おひざ元で惨敗

衆院選の前哨戦といわれる、北九州市議選は、
安倍さんにとって、痛い結果が出たのう。
維新が全滅で、自民も議席減。
どぶ板に徹したが、このざまやった。
中央から応援にも、来れんかった。

トランプになったから、やーさんの経済制裁を、
解除してもらおうと、安倍さんはトランプに、日参土下座やな。
まあこげな器の小さか奴を総理にするような、国民や。
手が付けられん。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例