FC2ブログ
 

英国紙に中国の大使が「反日」寄稿、寄せられた500件のコメントの中身とは

英国紙に中国の大使が「反日」寄稿、寄せられた500件のコメントの中身とは

支那は、「チベット問題はどうなのか?」「ウイグル問題はどうなのか?」「天安門事件は?」「文化大革命は?」などを隠蔽して、

日本を軍国主義復活と世界中で吹聴しているが、世界の国民は支那人より利口だ。馬鹿な支那人と軽蔑していることも分からずに・・・・。

英国紙に中国の大使が「反日」寄稿、寄せられた500件のコメントの中身とは


英国紙に中国の大使が「反日」寄稿、 寄せられた500件のコメントの中身とは
2014.02.18(火) 姫田 小夏

 1月7日から始まったソチ五輪。熱闘を繰り広げているのは選手ばかりではない。場外では日中両首脳が火花を散らした。ロシアのプーチン大統領をめぐる綱引きもさることながら、神聖なるスポーツの祭典を“日本包囲網の好機”とばかりに、露骨に政治利用しようとする中国のやり方は目に余るものがあった。

 習近平国家主席のソチ滞在は43時間だったが、その間に12のアポイントを取り付け、プーチン大統領ほか、国連の潘基文事務総長やアフガニスタンのハーミド・カルザイ大統領、ギリシャのカロロス・パプーリアス大統領やチェコのミロシュ・ゼマン大統領との会談を持った。さらにはロシアのテレビ局からの取材も受けた。

 中露首脳会談は、日露首脳会談よりも2日早い2月6日に行われた。40カ国以上の首脳が集まるなか、中国はロシアとの最初の会談を取り付けたのだ。

会談ではシルクロード経済ベルトを中心とした経済関係の強化に話が及び、ロシア側も石油開発、核エネルギー開発、航空宇宙などの領域における中国の協力への期待を示した。

 他方、潘基文事務総長との会談では「2015年は連合国成立70周年であり、世界反ファシズム戦争と中国人民抗日戦争勝利70周年でもある」とし、「連合国は国際社会に向けた記念活動をプッシュすべし」と呼びかけた。習近平氏は日本を包囲し、孤立させることも忘れなかったのだ。

 こうした中国による日本包囲作戦は、すでに2013年末の安倍晋三首相の靖国神社参拝以降、徐々にトーンを強めている。おそらくロシアのテレビカメラに向かっても日本バッシングを展開したことだろう。

 一方で、「安倍晋三首相の訪露はロシアで好感されている」(産経新聞)とも伝えられた。40カ国以上の首脳が集まるなか、プーチン氏は安倍首相との会談後に昼食会を用意したのだ。

これに日本メディアは敏感に反応し、プーチン氏が習近平氏とは食事をしなかったことから、「日ロ首脳間の信頼関係の深まり」(朝日新聞)と前向きに解釈した。

 しかし現実は、経済協力は進展を見せるものの、北方領土問題は依然日本に「譲歩」を迫るという厳しい情勢に変わりはない。

外交部長がアルジャジーラで日本非難

 2014年1月、王毅中国外交部長はカタールの衛星テレビ局アルジャジーラの取材を受けた。

それは、2013年12月、同部長が中東訪問時にイスラエルとパレスチナの和平交渉に及んだことが主要な内容だったが、最後となる第9番目に、防空識別圏設定の質問において、話は安倍首相の靖国神社参拝にまで及んだ。

同部長は「靖国神社は軍国主義を鼓舞する対外侵略の象徴だ」と強調した。

 中国によるこうした“世界規模での世論形成作戦”は、年が明けるといっそう熱を帯びる。

 1月に安倍首相はアフリカを歴訪したが、訪問先の、AU本部のあるエチオピアで安倍首相は、日本とアフリカ開発銀行の協調融資であるEPSAの融資額(2012年から5年間)の倍増や、アフリカの紛争・災害に対応するため、約3億2000万ドルの支援の実施について用意があることを表明した。

 安倍首相がアフリカ歴訪を終えた1月15日、解暁岩駐エチオピア中国大使が早速記者会見を行い「日本は歴史を尊重しない国だ」「安倍首相はアジアにおける最大のトラブルメーカーになった」と吹聴した。

 同大使以外にも、駐南アフリカ大使、南太平洋のバヌアツ駐在大使、東欧のボスニア・ヘルツェゴビナ駐在大使、さらには駐オーストラリア大使など、各国駐在の大使を動員して、日本バッシングをあちこちで展開した。

日中大使がイギリスで正面から激突
 日中大使が正面から激突し、舌戦を展開する舞台となったのがイギリスだった。きっかけは劉暁明駐英大使が1月1日に寄稿した英紙「デイリー・テレグラフ」(WEB版)の記事だ。

劉駐英大使が人気小説「ハリー・ポッター」シリーズに登場する悪役の「ヴォルデモート卿」を持ち出し、「日本はまるでヴォルデモート卿のようだ」と日本を批判した。

これに対し、林景一駐英大使は1月5日、同じ媒体において「軍備拡張を続ける中国こそヴォルデモート卿だ」と反論した。

 これを受けて1月初め、英BBCの番組「NEWS NIGHT」が、日本の林景一駐英大使と中国の劉暁明駐英大使をスタジオに招いた。プレゼンターのパックスマン氏が日中関係について斬り込んだ。

 インタビューには先に日本の林大使が、それに続いて中国の劉大使が臨んだ。それぞれ4分ほどの持ち時間だが、出演時間を別々に分けたのは、大使らの議論がヒートアップすることを恐れたためだと言われている。

 これは日本にとっては汚名返上のための絶好のチャンスでもあった。だが、林大使は十分に力を発揮できなかったようだ。

どう贔屓目に見ても「窮地に立たされて、たじたじ」という感は否めず、パックスマン氏がもたついている回答にジリジリしている様子も垣間見られた。中国紙も林大使の英語力について「十分に流暢ではない」と批評した。内容以上に「英語力」で差がついたとは意外であった。

 他方、中国の劉大使は、二番手という立場の有利を利用し、インタビューの流れをすっかり自分のものにすることに成功した。

「私の言うことを最後まで聞け」とばかりに誘導し、日本の無条件降伏と、満州・台湾・澎湖諸島の中国への返還、朝鮮の自由と独立などに言及した宣言が出された1943年のカイロ宣言にさかのぼって言及した。

最後は「実際、安倍は対話のドアを閉じており、歴史認識のない安倍とは韓国も会見を拒絶している」と締めくくった。

説得力に欠ける劉大使の文章
 しかしながら、デイリー・テレグラフ(WEB版)に寄稿した内容は、劉大使のものよりも林大使のものの方が、はるかに説得力のあるものだった。

 劉大使の寄稿は、安倍首相の靖国参拝から始まり、靖国神社の説明と、靖国への訪問は中国や韓国の強い非難があること、安倍首相には自責の念がなく、中国脅威論を高め軍国主義への復活に都合のいい言い訳にしていることなどが挙げられた。

総じて観念的で、言いがかり的な要素の強い印象を与え、根拠のない非難で日本に対する不信感を植え付けさせようとする狙いが透けて見えるものであった。

 その劉大使の文章に比べ、林大使の寄稿は事実を淡々と述べたものであった。2013年2月のレーダー照射事件は戦闘行為にも等しいこと、中国船は繰り返し日本の領土に侵入していること、また一方的な防空識別圏の設定にも及んだ。さらには日本が戦後68年の間、民主主義国家であり続けたこと、人権を尊重し、世界平和にもコミットしてきたことなどを述べた。

さらに、過去20年において自国の軍事費が10%以上も増加している国が、隣国を軍国主義と呼ぶことの矛盾も指摘した。そして、中国が好んで使う「ドイツの謝罪」を例に挙げ、これにはドイツのリーダーの誠実さとともに、フランスや英国、その他欧州のリーダーたちの寛大さが、和解への達成をもたらした重要な要素であったことを加えた。

 ちなみに、劉大使は自らの文章の後半で、近々イギリスで公開予定の映画「The Railway Man(レイルウェイ 運命の旅路)」について、ここぞとばかりに「第2次世界大戦時に日本軍に苦痛を与えられた英国の捕虜の悲劇の物語だ」と取り上げた。

 しかし、この映画は劉大使の意図する材料にはなり得ないものだった。主人公は確かに第2次世界大戦時に日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設現場で過酷な扱いを受けた。だが、この映画は、残虐さではなく、戦争がもたらした憎しみを乗り越えての「和解」がテーマだからだ。

 ちなみに、主人公は泰緬鉄道での過酷な体験の記憶にいまだ苦しめられるという生活を送っているのだが、ひょんなことから当時の日本人通訳の永瀬が今も存命であることを知る。その男性は、償いの思いから戦争体験を伝えようとタイで暮らしていた。永瀬隆氏は実在する人物である。

 その永瀬を真田広之が演じているが、「日本人として、このストーリーを世界に語らなければいけないと思った」(シネマトゥデイ)とコメントしているのは興味深い。

 おそらく劉大使もここまでの内容とは知らなかったのかもしれない。「和解」をテーマにしたこの作品、劉大使にも、また多くの中国人にもぜひ見ていただきたいものである。

林大使が指摘するように、和解は両者の未来志向の寛容さによってもたらされる。世界世論に訴えて圧力によって覆すといった手段で行うべきものではない。

中国の主張を冷静に聞き流す読者たち
 さて、さらに関心を引くのが、読者から記事に寄せられたコメントである。デイリー・テレグラフの読者の間では、「チベット問題はどうなのか?」「ウイグル問題はどうなのか?」「天安門事件は?」「文化大革命は?」などの議論が持ち上がった。いずれも中国にとっては“禁断の泣き所”である。

 参考までにマリナ・メンデスさんのコメントを紹介しよう。

I am too far away from both Japan and China to really have a strong interest in their problems with each other. But in my humble opinion, the Chinese government must compensate and apologize to the Tibetans and Uighurs, and vacate their homelands which it has invaded and occupied illegally through killing and wars of conquest, before it can talk to Japan about any similar issues (apology, militarism, etc.)

 要約すれば「日本の謝罪や軍国主義について語る前に、中国政府はチベット、ウイグルに対して謝罪すべきである」という内容である。

 中国に有利な世論を形成するには、日本に「軍国主義」の烙印を押すのが手っ取り早い。だが、それは69年前の終戦までの話であり、現在に至るまで日本はどことも戦火を交えていない。

建国後も国内外で武力をふりかざし軍事予算を積み増す中国が、「日本は軍国主義だ」と中傷しても、なんら説得力を持たない。ましてや、世界の国民が冷静に判断すれば、「共産党独裁で人権をないがしろにする中国が、日本のことを言えるのか?」という議論にも容易に発展する。

 中国はテレビ放送など多様な手段を通して日本攻撃を展開している。中国中央テレビだけでも24チャンネルを有し、6つの公用語で放送、また中国ネットテレビに至っては12言語での視聴が可能だ。

世界への情報伝達力は、いまだ「NHKワールドの英語放送」の域を出ない日本をはるかにしのぐものがある。また、各国駐在大使を総動員しての刷り込みも効果を上げたかもしれない。さらにネット上では、「世界に散らばるイングリッシュネイティブの中国系」が中国政府の主張を声高にバックアップするシーンも日常化している。

 ただし、それらは共産党の宣伝メディアによる情報発信であり、鵜呑みにできるものではないことを、一部の聴衆は認識している。

 デイリー・テレグラフに書き込まれた500を超えるコメントの中には、中国支持者によるものももちろん存在した。だが、それでもなお、全体としては中国の一面的な発信に疑問を投げかける冷静な読者が世界に存在することを告げるものであった。

 ものごとを多面的に見る習慣を持つ国際感覚のある人たちから見ると、中国の対日バッシングはいかにも「子供じみた行為」に映る。中国は世論形成作戦をあまりやり過ぎると、かえって藪蛇になるだけだろう。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて43都道府県 /112市区町村(令和3年1月10日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良、広島

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日韓国交断絶国民大行進・竹島の日、今年も政府主催式典は開催せず・不法上陸犯の崔在翼も逮捕せず

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 日韓国交断絶国民大行進in帝都(平成26年2月22日=竹島の日、銀座) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000569-san-pol 「竹島の日」今年も政務官出席し式典 産経新聞 2月22日(土)19時45分配信 第9回「竹島の日」記念式典で、...

コメント

どこにも馬鹿が絶えいない

>デイリー・テレグラフに書き込まれた500を超えるコメントの中には、中国支持者によるものももちろん存在した。

少数派といえども、支那支持者って、かなり馬鹿だ。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例