10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

「昭和の日」ー昭和天皇の旧天皇誕生日にあたる

今年の新入社員の経歴が、社内報で紹介されていた。当然のことながら、ほとんどが平成生まれの若者である。改めて、昭和が遠くなるのを感じる。彼らはまた10代の中頃まで、ゴールデンウイークの初日に当たるきょうを、「みどりの日」として迎えていた世代でもある。

 ▼言うまでもなく4月29日は、もともと昭和の「天皇誕生日」であった。昭和天皇の崩御の後、「みどりの日」となったのは、この日を祝日として残すための緊急避難的な措置だったという。本来ならすぐにも、昭和天皇のご聖徳をしのぶのにふさわしい「昭和の日」とすべきだった。

 ▼実現に手間取った理由は、政局の混乱だった。当初反対していた民主党は、後に賛成に転じ、社民党と共産党は最後まで反対した。背景にあるのは、昭和前半の日本を「暗黒」「軍国主義」と決めつける、歴史観だ。日本人から、自国の歴史に対する愛着や誇りを失わせるのが目的らしい。

 ▼中国や韓国から、戦前の日本人の行為について攻撃されると、事実を確認することなく「ごもっとも」と受け入れる風潮にもつながっている。勢いを得た両国は、やりたい放題だ。中国を訪問中のデンマーク女王が、「南京大虐殺記念館」を参観したという。どうやら中国は、対日「歴史戦」で、欧州までも巻き込むつもりのようだ。

 ▼それに対抗するには、まず日本人が昭和の歴史と真摯(しんし)に向かい合うしかない。足かけ64年に及んだ昭和という時代に、日本人は有史以来の最大の戦争を体験し、敗戦から経済大国へと、奇跡の復活を成し遂げた。

 ▼そこから何を学び、日本の将来のためにどのように役立てたらいいのか。「バブル」さえ知らずに育った新入社員諸君と、一度語り合いたいものである。

昭和天皇とマッカーサー会見の時~日本を動かした一枚の写真~

o-DOUGLAS-MACARTHUR-JAPAN-570.jpg

 1945年8月15日、ポツダム宣言受諾から2週間後、日本の運命を握る人物が厚木飛行場に降り立った。連合国最高司令官ダグラス・マッカーサーである。

 終戦直後、連合国には、天皇に対し厳しい処罰を要求しようとする勢力があった。一方、日本政府は、たとえ連合国に占領されても、何とか天皇制を維持していきたいと望んでいた。

 敗戦から1ヵ月半の後、昭和天皇はマッカーサーを訪ねた。会見の2日後、発表された1枚の写真、それは日本国民に敗戦の現実をまざまざと実感させるものだった。

そこには、昭和天皇の会見をできるだけ印象深いものとして発表しようという思惑があった。会談のあとマッカーサーは、周囲の圧力を退けて天皇制の維持を心に決め、以後さまざまな占領政策を実施する。

 戦後の出発点とも言える、昭和天皇とマッカーサーの会見にまつわるかけひき、内容、反響など敗戦直後の歴史的な事実を、当時の関係者の証言を交えて描く。


 昭和20年8月15日、昭和天皇のラジオ放送によって、日本の敗戦が国民に知らされた。「耐えががたきに耐え、忍びがたきを忍び、以って万世のために太平を開かんと欲す。」この頃天皇が愁いていたのは、占領軍の方針だった。

天皇は、自分の臣下だったものが、戦争犯罪人として裁かれることを心配していた。木戸内大臣に天皇はこう漏らした。「自分が一人引き受けて、退位でもして収めるわけにはいかないだろうか。」

 8月28日、日本の運命を握る一人の男が、フィリピンの飛行場を飛び立とうとしていた。連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーである。太平洋戦争中は、極東軍司令官として日本攻撃の責任者。

一度は日本に奪われたフィリピンを奪回した。そして、日本の敗戦と共に、日本に対する占領政策を遂行する権限を手にすることになった。

 8月30日、マッカーサーを乗せた飛行機が厚木飛行場に着陸した。マッカーサーは丸腰だった。悠然とタラップを降りた。

この時、飛行場で整備担当をしていた芦沢さんは、「彼が敵の総大将かと思うと、悔しさと悲しさ両方で思わず涙が出ました。これからの日本はどうなるのかなあと、絶望的な気持ちになりましたね」。

 マッカーサーとその一行は、宿泊地の横浜に向かった。沿道には、24kmにわたって一定の間隔で、マッカーサーを護衛するための日本の憲兵が立っていた。同じ日、横須賀にアメリカ艦隊が姿をあらわした。

そして、アメリカ海兵隊第1陣13,000人が上陸を開始、こうして日本占領が始まった。木戸内大臣の記録。「厚木へ米軍進駐の状況を聞く。事故もなく、和やかな空気の中に行われたる模様なり。厚木進駐の状況を言上す」。

 マッカーサー到着の3日後9月2日、この日、東京湾に浮かぶ戦艦ミズーリの艦上で、日本軍の降伏調印式が行われた。

午前9時4分、天皇および日本国政府を代表して、重光外務大臣が調印、続いて、マッカーサーと連合国代表8人が調印。日本はポツダム宣言を受諾して、連合国に降伏することが正式に承認された。

 マッカーサーは日本政府に対し、今後の政策立案は、連合国軍総司令部GHQが直接行うと通告してきた。

当時マッカーサーの秘書官だったフランクサットンさんは、「当初、米国政府の計画では、日本に軍事政権を置くはずでした。実際に、米国で軍事統治の訓練を受けた部隊が、いつでも日本に出発できるようになっていたのです。」

GHQが行政、司法、立法すべてにわたって日本を統治する。それが米国政府の計画だった。

 調印式の翌日の9月3日、外務大臣の重光がマッカーサーを訪ねた。GHQが、直接日本を統治するのは、国民は混乱するだけだから、政策の実行は日本政府を通して行うよう申し入れた。

重光の作成した文書によれば、マッカーサーの答えは、「自分は、日本国を破壊し国民を奴隷にする考えは全くなし。

要するに、政府と国民の出方一つにて、この問題はいかんともなるものなり」。マッカーサーは、日本の政府を介した間接統治を行うと約束した。

この報告を聞いた昭和天皇の様子を伝える重光の手記「陛下より、それは誠に良かったねと、一方ならず、お言葉があり」。

 しかし、占領軍の動きは予断を許さなかった。9月8日、進駐軍は横浜から首都東京に進駐した。同時に、日本政府の意向を無視して、GHQ本部を皇居の隣に移した。マッカーサーは、この場所から次々と日本統治の施策を実施していく。

 9月11日GHQは、事前通告なしに、元首相東條をはじめ37人を戦争犯罪人として逮捕、拘留した。昭和天皇の恐れていたことが、発生したのである。

日本政府には、いずれ、天皇や皇族も、戦犯として逮捕されるのではという危機感がつのった。

 マッカーサーに、大きい影響を与えた人物がいる。軍事補佐官ボナーフェラーズである。フェラーズは、太平洋戦争が始まる前から日本軍と天皇について研究していた。

フェラーズは、天皇は日本人の精神的なよりどころであるとして、天皇の意向を利用した統治を進言したのである。

秘書官は「マッカーサー元帥が、日本に到着した当初から、日本政府が大変協力的で、天皇が出した勅令「武器を捨てて占領軍に協力せよ」が実際に、非常に効果のあることがわかったんです」。

 しかし、GHQにとって問題だったのは、昭和天皇がどういう人柄なのか、全くわからないことだった。「昭和天皇を呼び寄せて、面会してみてはどうか」と進言があった。

マッカーサーは答えた。「いや、私は待とう。そのうち、天皇の方から、私に会いに来るだろう」。昭和天皇とマッカーサー会見の半月ほど前のことだった。

 9月10日、昭和天皇を戦犯として裁くことがアメリカの政策であるとの決議案が、アメリカ議会に提出された。この決議案の背景には、アメリカ本国と連合国とに沸き起こった、天皇の戦争責任を追求する世論があった。

9月中旬、新たに外務大臣になった吉田茂は、昭和天皇に招かれ皇居を訪れた。昭和天皇の用件は、マッカーサーに会いたいということだった。

 9月20日午後吉田は、昭和天皇の意向を伝えにマッカーサーを訪れた。吉田は、マッカーサーにこう聞いた。「閣下は、陛下がお訪ねになることを期待されていますか」。

マッカーサーは答えた「天皇にお目にかかることは、私としてももっとも喜ばしいことと考えている。しかし、私は、天皇の自尊心を傷つけたり、困らせるようなことになってはよくないと考えている」。

このあとマッカーサーは、場所は、GHQよりもアメリカ大使公邸のほうが良いと告げた。天皇の対面を慮り、プライベートな訪問の形にしたかったからだといわれている。

 この頃の昭和天皇の考えが、内大臣の記録に残されている。「天皇に対する米国側の論調につき、すこぶる遺憾に思し召され、自分の意志を新聞記者を通して明らかにする」と。

このあと、昭和天皇は、アメリカ人記者2人を招き、「日本の将来は英国のような立憲君主制がよいこと、日本は、再び戦争を起こさないための必要な手段をとりうること」を伝えた。

 9月26日付けニューヨークタイムズの見出し、「天皇、今は戦争反対だと語る」だった。その頃マッカーサーは、会見を前に、昭和天皇に関するあらゆる情報を集めるよう、部下に指示していた。秘書官は、「我々は昭和天皇について、徹底的に調べました。

例えば、彼は海洋生物学の権威でした。昭和天皇がタバコ好きなことも知りました。そこで、マッカーサー元帥は、タバコを持っていくことにしました。こうして、元帥は、昭和天皇についての十分な知識を持って臨むことができたのです」。

kaiken25m.jpg
昭和天皇とマッカーサーの歴史的会見


マッカーサーと昭和天皇の会見写真

 9月27日午前9時50分、昭和天皇を乗せた車が、アメリカ大使館公邸に向かって皇居を出発した。シルクハット、モーニングで正装した昭和天皇の表情は、同行した通訳は「非常に厳しいお顔だった」と回想している。

 作家の工藤さんは「まず側近は、生きて帰れるかどうか心配したんですね。陛下は、決死の覚悟で乗り込んだわけです。日本の運命と自分自身、皇族の運命がかかっていましたからね」。

 午前10時、車はマッカーサーの待つアメリカ大使公邸の門をくぐった。大使公邸の玄関にはマッカーサーの姿はなく、出迎えたのは2人の副官だけだった。マッカーサーはこの時、出迎えも見送りもしないと決めていたのである。昭和天皇は、同行したくない大臣などと次の間で別れ、通訳と二人だけで奥の部屋に向かった。

 10時5分過ぎ、レセプションルームで出迎えたマッカーサーは、昭和天皇を部屋の奥へと案内した。米国バージニア州のマッカーサー記念館に、会見時の写真が3枚残されている。

1枚目はマッカーサーが目を閉じているため不採用、2枚目は昭和天皇の口が開いているため不採用、3枚目は、ゆったりと腰に手を当てたノーネクタイのマッカーサー、モーニング姿で直立不動の昭和天皇が映し出されている。採用されたのはこの写真だった。

 写真撮影のあと、2人の会見が始まった。その場で、どのような会話が交わされたのか、日米両国の政府は、未だに何も発表していない。しかし、マッカーサーは、回想記にこの日の模様を記している。

 「タバコに火をつけて差し上げたとき、私は天皇の手が震えているのに気がついた。天皇の語った言葉は、次のようなものだった」。

 天皇は「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、私自身を、あなたの代表する諸国の採決に委ねるため、お訪ねした」。

 「私は、この瞬間、私の前にいる天皇が、日本の最上の紳士であることを感じとったのである」。

 35分にわたった会見が終わった時、マッカーサーの昭和天皇に対する態度は変わっていた。マッカーサーは、予定を変えて自ら昭和天皇を玄関まで送った。マッカーサーにとって、最大の好意の表れだった。

 翌日日本の新聞は、昭和天皇とマッカーサーの会見を一斉に報道したが、写真は、不敬にあたるとして掲載が禁じられた。

GHQは、直ちに禁止処分を取りやめさせて、写真の掲載を指示した。会見の翌々日、写真は新聞の一面に掲載された。そして、日本中の人々に衝撃を与えた。

作家高見順は「かかる写真は誠に古今未曾有」と怒りをあらわにした。昭和天皇とマッカーサーの記念写真は、日本の国民に、あらためて敗戦を実感させるものだったのである。

 写真掲載の3日後、マッカーサーは軍事補佐官から、天皇について進言を受けた。「もしも天皇が、戦争犯罪人のかどで裁判にかけられれば、統治機構は崩壊し、全国的な反乱が避けられないだろう」と。

この年11月、アメリカ政府は、マッカーサーに対し、昭和天皇の戦争責任を調査するよう要請した。マッカーサーは、「戦争責任を追及できる証拠は一切ない」と回答した。

 敗戦から1年余りの昭和21年11月3日、それまでの大日本帝国憲法に代わって、GHQの改正案を元に政府が手を加えて、日本国憲法が公布された。

その第1条にこう書かれている。「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、その地位は主権の存する日本国民の総意に基づく」。

 会見の後GHQは、財閥解体、農地改革、婦人参政権の確立など、次々と政策を推し進めた。マッカーサーは、日本人についてこう語っている。

「現代文明をもって測定するなら、我々が45歳だとすると日本人は12歳の少年のようなものである。日本人は、新しいモデル、新しい考えを受け入れることができる。

日本に基本的概念を植え付けることは可能である。彼等は生来、新しい概念を柔軟に受け入れるだけの素質に恵まれている」と。

 1950年、朝鮮戦争勃発、マッカーサーは、朝鮮戦争に乗り込み戦争の指揮をとった。しかし戦争の方針をめぐって、大統領と対決、総司令官を解任された。

1951年、4月16日、マッカーサーは日本を離れることになった。日本を占領するため来日してから6年後のことだった。そして1964年、マッカーサーは84歳でこの世を去った。

imagesXRFIG0ER.jpg
 1946年1月、昭和天皇は人間宣言を行った。その年の2月から9年かけて、日本各地を巡幸し、国民と直接言葉を交わした。1977年夏、那須御用邸で記者会見を行い、初めて戦後の思い出を語った。

しかし、マッカーサーの初会見で、何を話したかについては言えないと答えた。「マッカーサー司令官と、はっきり、これはどこにも言わないと約束を交わしたことですから。男子の一言の如きは、守らなければならない」と。

 1989年1月、昭和天皇が亡くなるまで、ついにマッカーサーとの会見の内容について語ることはなかった。


関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昭和の日・激動の時代に日本国民を励まし続けた先帝陛下(昭和天皇)のお言葉と全国ご巡幸

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 先帝陛下(昭和天皇)の戦後の全国ご巡幸 【先帝陛下(昭和天皇)のお話】 ●戦中 アッツ島の守備隊 昭和18年(1943年)5月12日の米軍アッツ島上陸以来、先帝陛下(昭和天皇)は、同地の守備隊の模様をいたく気にかけられ、 毎日のように戦況を御下問されておられた。 5月29日夕刻、守備隊から...

コメント

昭和は永遠に不滅

未来永劫、昭和を正確に語り継ぐことが必要です。

昭和天皇陛下、万歳!

昭和天皇陛下、万歳![Der Kaiser von Japan Showa, hurra!]

昭和の日 に

「昭和の日」いや敢えて「昭和節」と呼ばせていただきますが、この時期に、元朝日新聞の若宮が北京のホテルで亡くなりましたね、何か因縁めいたものを感じます。

熊本地震などで、すっかり忘れていましたが、セ号沈没も16日だったでしょうか。

北一輝の遺書

北一輝の遺書は北の妻すず子が持っていたのを三浦義一へ譲り、三浦から児玉誉士夫が一千万円で買い取り、それを更に児玉から桑原武夫(人文研)が二千万円で購入したという話を鶴見俊輔から聞いたと松本健一が本に書いてた。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例