文部省が『尋常小学唱歌』を刊行。

今日は何の日 明治44(1911)年 - 文部省が『尋常小学唱歌』を刊行。

『尋常小学唱歌』全6冊 文部省編集 (1911(明治44)年5月~1914(大正3)年6月)

300px-TokuhonShoka1910_Cover.jpg
『尋常小学唱歌』表紙

101.png
小學唱歌 日の丸の旗 (一年生)
http://www.youtube.com/watch?v=B4Ct9YwroPE

明治の悼尾を飾るのが『尋常小学唱歌』(全6冊)である. これまで小学校では文部省の検定を通った民間の教科書を使用していた.

しかし1902年に,教科書疑獄と呼ばれる教科書採用に関する大規模な贈収賄事件(教科書会社側の贈賄と政界・財界・教育界関係者の収賄)が起こったため,その弊害を防ぐ意味もあって,文部省は教科書を国定にすることにした.

このような動き中で, 文部省はまず国定教科書に準ずるものを作ることにした.

編纂にあたった小学唱歌教科書編纂委員会の委員長は湯原元一、そして委員は

  歌詞関係委員会:吉丸一昌(主任),富尾木知佳,乙骨三郎,高野辰之,武笠 三,
  楽曲関係委員会:島崎赤太郎(主任、歌詞委員会委員を兼任),小山作之助,上 真行,
            岡野貞一,楠美恩三郎,南 能衛


https://youtu.be/-IZViva1ecg
の面々で,1909年6月に第1回の会議が行われた.まず程度を示すものとして,尋常小学読本から韻文を選び曲譜を付け,先行的に1910年7月『尋常小学読本唱歌』(全27曲)として発表した.

作曲に当たったのは,小山.楠美,南,上,島崎,岡野の楽曲関係委員で,作曲が完了したのは1910年2月下旬である.

引き続き慎重に歌詞曲譜の選定を進め,先行作成した曲に加えて総計120曲の教材を順次作成した.

[『東京芸術大学百年史 東京音楽学校篇 第二巻』同編集委員会編(音楽の友社、2004年1月)pp. 749-772].最終的な案は合議で決まったため,作詞作曲に個人的なクレディットは与えられていない.

『尋常小学唱歌』の編集が委嘱されたのは、次の16名である.

  作詞委員長:芳賀矢一(1867-1926) 「三才女」「鎌倉」など作詞
   作詞委員:上田万年(1867-1937)
        佐佐木信綱(1872-1963) 「水師營の会見」
        武島又次郎(羽衣)(1872-1967)
        吉丸 一昌(1873-1916)
        高野辰之(1876-1947) 「故郷」「紅葉」「春の小川」
        八波則吉(1876-1953)
        尾上八郎(柴舟)(1876-1957)

  作曲委員長:湯原 元一(1863-1931)
   作曲委員:上 真行(1868-1937)「一月一日」など作曲
        楠美恩三郎(1868-1927)
        田村虎蔵(1873-1943) 「キンタロウ」
        島崎赤太郎(1874-1933) 「田舍の冬」
        岡野貞一(1878-1941) 「春が来た」「日の丸の旗」
        南 能衛(1881-1944) 「村祭」「村の鍛冶屋」
        小山作之助(1887-1927) 

初め外国曲でもかまわないことになっていたが,最終的には全て日本人の手になったようである.ここに至って,明治中期に音楽教育を立ち上げた伊沢修二の目標

  一 東西二洋の音楽を折衷シテ新曲ヲ作ル事,
  一 将来国楽ヲ興スベキ人物ヲ養成スル事

がやっと達成されたと言えよう.

中には,「日の丸の旗」「鳩」「かたつむり」などに始まり「春が来た」春の小川」「故郷」「朧月夜」など,今でも歌われている歌がある.

この教科書が使われた期間は1911年4月から新訂版が用意される1932年3月までの21年間である.

その後も改訂はあったが,国定の制度は太平洋戦争敗戦直後まで30年以上にわたって続く.これらのシリーズは『文部省唱歌』と総称されている.

国定の唱歌教材のため,唱歌の偏重で和声の感覚がつちかわれなかったとか「レレミレド」というマンネリ化した終止形で音楽芸術の進歩を妨げた,などの批判があるし,外国の曲を全て排除してしまったことも残念なことであった.

しかし,明治中期に西洋音楽教育を導入し,ゼロからスタートした日本人が,それなりに日本の伝統も生かしながら,消化吸収した結果の到達点という意味で歴史的な意味を持っていると言えよう.

その結果得られた何よりも重要なことは,国民の誰もが一緒になって歌うことができる愛唱歌が誕生したということではないだろうか.

インターネットで歌詞とか音源は多数見つかつが,元の形の旧仮名遣いの歌詞と楽譜のまとまったものは案外見つからない.屋上屋を重なる感はあるが,全曲を元の形のまま載せた.また,馴染みが薄くなった故事を題材にしたものも多いので,注を加えた.

[2011. 5. 22 付記] 最近,後藤による岡野の楽曲の音楽的特徴が解析が進められ,いくつかの楽曲が岡野の作品と推定された.[Cf. 後藤丹,「音楽」8, pp. 49-66 (2010. 11. 30)]:『岡野貞一の旋律構造―作品特定の手掛かりとして―』] 書誌的な手掛かりが乏しい中,きわめてユニークな研究方法と言えよう.


収録された曲の題材には自然、修身、歴史、産業などがあり、他の教科との連絡が意図されていた。

第一学年[編集]
1.日の丸の旗 (現在では「ひのまる」)
2.鳩
3.おきやがりこぼし
4.人形
5.ひよこ
6.かたつむり
7.牛若丸
8.夕立
9.桃太郎
10.朝顔
11.池の鯉
12.親の恩
13.烏
14.菊の花
15.月
16.木の葉
17.兎
18.紙鳶の歌
19.犬
20.花咲爺

第二学年[編集]
1.桜
2.二宮金次郎
3.よく学びよく遊べ
4.雲雀
5.小馬
6.田植
7.雨
8.蝉
9.蛙と蜘蛛
10.浦島太郎
11.案山子
12.富士山
13.仁田四郎
14.紅葉
15.天皇陛下
16.時計の歌
17.雪
18.梅に鴬
19.母の心
20.那須与一

第三学年[編集]
1.春が来た
2.かがやく光
3.茶摘
4.青葉
5.友だち
6.汽車
7.虹
8.虫のこゑ
9.村祭
10.鵯越
11.日本の国
12.雁
13.取入れ
14.豊臣秀吉
15.皇后陛下
16.冬の夜
17.川中島
18.おもひやり
19.港
20.かぞへ歌

第四学年[編集]
1.春の小川
2.桜井のわかれ
3.ゐなかの四季
4.靖国神社
5.蚕
6.藤の花
7.曽我兄弟
8.家の紋
9.雲
10.漁船
11.何事も精神
12.広瀬中佐
13.たけがり
14.霜
15.八幡太郎
16.村の鍛冶屋
17.雪合戦
18.近江八景
19.つとめてやまず
20.橘中佐

第五学年[編集]
(みがかずば)
(金剛石・水は器)
1.八岐の大蛇
2.舞へや歌へや
3.鯉のぼり
4.運動会の歌
5.加藤清正
6.海
7.納涼
8.忍耐
9.鳥と花
10.菅公
11.三才女
12.日光山
13.冬景色
14.入営を送る
15.水師営の会見
16.斎藤実盛
17.朝の歌
18.大塔宮
19.卒業生を送る歌

第六学年[編集]
1.明治天皇御製
2.児島高徳
3.朧月夜
4.我は海の子
5.故郷 (第六学年用)(ウィキソースによる歌詞)
6.出征兵士
7.蓮池
8.燈台
9.秋
10.開校記念日
11.同胞すべて六千万
12.四季の雨
13.日本海海戰
14.鎌倉
15.新年
16.国産の歌
17.夜の梅
18.天照大神
19.卒業の歌

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

ついに、靖国批判だけではなく、明治神宮批判まで始めた中国

今に始まった事ではありません。

第二次安倍政権発足間もない頃から、中国メディアは「明治神宮は軍国主義のシンボル」という報道を始めています。
正月に参拝する総理や国民を、オドロオドロシイ解説と共に紹介し、戦前の軍国主義の名残である天皇制…とやっていました。
習近平は、よほど過去の「謁見事件」を根に持っているのでしょう。
胡錦濤の時代はまだましでした。

早く適切な広報活動を行わなければ、靖国と同様の「プロパガンダ」を世界中にばら撒かれてしまいます。
それから、なぜこのような報道が習近平になってから突然増えたのか分析して、問題の解決に努めた方がいいかも知れません。

日本の良いトコ、悪いトコ・・主観や憶測ではなく、客観的に日本を分析してみよう―中国ネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000022-xinhua-cn
>4月28日に安倍首相が明治神宮を参拝したことは中国でも各メディアが報道した。その中で明治神宮は「明治天皇をまつった神社で、19世紀末から20世紀前半にかけての軍国主義化の象徴」などと紹介されている。これ以外にも最近の日本絡みのニュースには「軍国主義」という言葉がよく使われており、日本に対する警戒感が強まっていることをうかがわせる。

チュウゴクガー

満州族と朝鮮族にとって漢民族は宿敵だからチュウゴクガーと安倍首相チュウゴク包囲網という面はありそうですが普通の日本国民にとって中韓北露ぜーんぶ困ったちゃん!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例