08 月<< 2017年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

危ぶまれる「子どもの権利」条例

20070106141432.jpg

この度、首都圏地方議員発行の「地域から誇りある国づくりを-地方議員の闘い」が出版されました。

本単行本には平沼赳夫氏(元経済産業大臣)・櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)より特別寄稿をいただきました。

まず、最初に古賀壮士日野市議会議員の原稿を掲載いたします。
20070105130856.jpg

危ぶまれる「子どもの権利」条例

今、全国の地方自治体で「子どもの権利条例」を制定することが流行している。平成十年に制定された川西市の「子どもの人権オンブズパーソン条例」平成十二年に制定された川崎市の「子どもの権利に関する条例」等(以下、総称して「子どもの権利条例」)が代表的で、「子どもの権利条例」制定の流れは全国の地方自治体に広がっており、日野市も例外ではない。

 「子どもの権利条例」は、一九七八年(昭和五十三年)に国連でポーランドが提案し、一九八九年(平成元年)、国連総会で採択、平成六年に日本が批准した「児童の権利に関する条約(以下、児童の権利条約)」に基づき、条約中にある「児童の意見表明権」等を国内法の中に具現化していこうとするものである。

 これだけ聞くと、子供にとって有効で積極的な条例だと受け止めるかもしれないが、実は多くの問題や欺瞞性・危険性をはらんでいる。 そもそも「児童の権利条約」の理念は子供の保護であるが、条約に記載されている保護の正確な意味は、未だに児童労働、児童売春、少年の徴兵等が盛んに行われている発展途上国や地域の子供たちを保護するということである。

その証拠に、条約批准時のドイツは「本条約は子供を親や法的な保護者の手から解放して成人同等の地位に置こうとするものではない」という批准議案書を、国内各州の議会に送付している。

また「児童の権利条約」の提案国であるポーランドは「家庭内における子供の地位についてのポーランドの習慣と伝統にそって親の権限の尊重の下に行使される」と解釈宣言を行っている。

さらに米国は当初、ベトナム反戦運動の中で高まった反伝統的意識に押され、提案国のポーランド案にも無かった子供の「自己決定権」まで主張しておきながらその後、危機感を募らせた保守派の巻き返しもあって、「国連の児童の権利条約は自然法上の家族の権利を侵害するものである」として批准すらしていない。

加えて我が国でも、平成五年五月十一日の衆院外務委員会において小西正樹外務大臣官房審議官(当時)は「本条約の実施のためには現行国内法令の改正または新たな国内立法措置を必要としていない」と答弁している。さらに言えば、そもそも我が国の民法は児童に法的行為能力を認めていないはずである。

 それにも関わらず「国連」と「児童の権利条約」の権威を意図的に利用して、条約本来の趣旨と異なる「子どもの権利条例」制定の動きが日本中に蔓延している理由は何か。それは「子どもの権利条例」を足がかりに、我が国の家庭や学校の秩序破壊を目指す勢力と、市民参画を積極的に進め、加えて子供の権利擁護にも前向きに取り組んでいるという姿勢を見せたい行政側の狙いが一致した結果であると思われる。

しかし、子供を保護や躾の対象ではなく、子供は権利の主体であり躾や道徳教育は子供の権利を侵害するものだと主張する「子どもの権利条例」が制定されたことによって生じる恐ろしい事態や結果を、議会も行政も想像するべきである。

はじめに、行政側の問題点を指摘する。近年もてはやされている市民参画という美名の下、条例案の策定を公募の市民委員に丸投げする事例がよく見られる。

今、全国の自治体で進められている「子どもの権利条例」の条例案策定作業も例外ではない。真っ当に働き、真っ当に家事をこなし、真っ当に子を育て、日々を暮らしている人々のあずかり知らないところで、一部の声の大きな人権派や左翼活動家のみが、行政の各種委員会や審議会等に入り込んで、自らの主張のみを声高に叫ぶという現象が全国で起こっている。

しかも、日野市の「子どもの権利条例(素案)」を策定した「おとな会議」と称する人たちは、その住所氏名が公表されておらず、行政側も情報公開を拒否している。

この件は、私の先輩議員である渡辺眞市議が行政の態度を厳しく質しているが、行政側は「おとな会議」の構成員が、市内の特定勢力に乗っ取られていたことが明るみに出てしまうのを恐れて、住所氏名の公表を避けていると考えられる。

確かに市民参画といえば聞こえは良いが、参画しているのが一部の勢力のみでは、到底真の市民参画と呼べるものではない。

だからといって、いわゆる普通の市民も委員会や審議会に強制的に参加させるべきだとも私は思わない。私が暮らす日野市の人口はおよそ十七万三千人で、市民一人一人から意見を聞くことなど物理的に不可能である。

世界中の大多数の国が代表民主制という政治形態を布いている所以である。従って我々議員は重大な責任と使命とともにその職責を果たさなくてはならない。

次に「子供の権利条例」を制定したがっている市民側勢力の問題点を指摘しておく。

それは一部の活動家や人権派と称する人たちが「市民参画」を利用して行政を抱きこみ、子供に子供自身が権利主体であると知恵をつけ、子供の意見と見せかけて自分たちの主張を代弁させようとするのが目的と思われる点である。

学校における卒業式や入学式等の儀式的行事において、ごく一部の来賓や教職員が、国旗の掲揚や国歌の斉唱をこれ見よがしに拒否する光景は全国どこでも見受けられることである。権利ばかりが三十以上並ぶ「子どもの権利条例」にある「意見表明権」を子供たちにけしかけ「君たちには国旗国歌を拒否する権利がある」と教える教員が出現するようになることは容易に想像がつく。

 また、近年急速に進んでいる少子化の影響で、各種子育て支援や保育時間の延長が叫ばれているが、そこにつけこんで家族や社会の解体を目指す、性差否定(ジェンダーフリー)という思想がある。この性差否定主義者は子供たちに「性の自己決定権」を教え込み、昨今問題化している過激な性教育を助長することになる。少女売春にも法的根拠を与えることにもなりかねない。

 さらには「ありのままの自分を分ってもらう権利」を根拠に不登校やニートが肯定されるようになる。「自分の居場所を持つ権利」を主張した子供のために親や保護者は個室を与えなければならなくなり、個室の改築費用に行政は補助金を出すようになることも想像できる。

 このような事態が「子どもの権利条例」によって実際に表層化してくることを、我々政治は差し迫った現実的危機として自覚しなくてはならない。

今こそ我々は、子供を置き去りの正体の知れぬ一部の大人のみが行っている議論から解き放たれなければならない。子供は権利より温かい眼差を求めている。「子どもの権利」を主張する人ほど、実は子供たちを置き去りにしているのである。従って子供を不幸にするのがこの条例であると結論づけたい。

我々は「児童の権利条約」を意図的に曲解して作成された「子ども権利条例」が子供たちの未熟な欲望と一部の左翼活動家を肥大化させ、権利を誤って理解した子供たちがやがて親となっていくことを絶対に回避しなくてはならない。

「児童の権利条約」等で子供を守るような社会を作らないことが、行政と議会、ひいては政治の役割である。

最後に、条約や条例で子供の権利を守らなくてはならない社会に日本はまだ陥っていないことを信じつつ。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします。  日本は、根本的に建て直しをしなければならないところにきています。昨年発足した安倍内閣は、「戦後体制からの脱却」ということを言っています。脱却には、三つのポイントがあると思います。憲法の改

コメント

アフリカの話

国連てのは世界の最低国が基準だよ、日本は世界の経済大国、自由国いい加減に国連などと言う、田舎の芝居小屋で決めた事など、日本人に当てはめるなよ。
日本の子供の権利?100パーセント補償されている。バカな大人が面倒見ない奴が居るだけ、子供を育てられないバカな大人の育成に間違っただけの事。
最終的には文部科学省と教員組合が合作でバカな親の製造に手を貸したツケを払う羽目に陥ってる、子供の権利など日本政府がは取り上げた話など聞いた事がない。
日本の子供、普通に生きてるだろう、反日教員が一部日本の子供の権利を取り上げて居る奴等は居るけどね。

関連スレッドです

小児驕る(スレッド主:中仙堂様)
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?forum=8&topic_id=948&order=DESC&start=0
(新着順です.また投稿は登録者のみとなります)

貴サイト 関連スレッドにご推薦戴き感激です。
ありがとうございます
稚拙ですが小生のコーナーご紹介いたします

《大日本史》http://www57.tok2.com/home/zao/dainihon.01.html
《寄らば大樹》http://www57.tok2.com/home/zao/minaminoki.html
《巨人の魂》http://www57.tok2.com/home/zao/kyojin.html


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

最近のコメント

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例