07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

光ある郷土史から国を愛する教育を 

柏崎市議会議員 三井田孝欧氏の原稿を掲載いたします。

みいだたかお。昭和47年生まれ。名前「欧」は、親日国ポーラン
ドに行った父親による命名。原子力発電所運転員を経て、平成15
年、柏崎市議会議員に初当選。「ハーフシリアス、ハーフギャグ」
がモットーの納豆研究団体「納豆学会」主宰。

 『ふりつもる深雪に耐えて色かえぬ松ぞ雄々しき人もかくあれ』
                      昭和二十一年 御製

 大東亜戦争の敗戦、そして七年間におよぶ占領期間に日本の思想的武装解除が行われたことは万人が知るところ、と思っていたが、そのこと自体を知らない者も数多い。実は私もその一人であった。
 話は飛ぶようであるが、数年来、私は納豆についての研究をしている。日本の納豆のみならず、アジアにしかない無塩発酵大豆食品について探求をしていたところ、ある日、インドネシアの「テンペ」という、クモノスカビで造る納豆を知った。

食品、いや食文化を知るためには、その国の歴史も知らなければ全体像はみえてこないため、インドネシアの歴史を改めて勉強したところ、何やら訳の分からない年号にあたった。

「17805」である。この年号が皇紀2605年8月17日と分かった段階から、私の頭が氷解しはじめる。学校で教えられた歴史は何なのか、アジアを植民地にしたという凶悪国家・大日本帝国という認識が崩れていった。

 私の経験はあまりにも偶然であり、僥倖であったかも知れない。しかし、これから日本を支える今の子供にこそ、世界的な視点で本当の歴史を理解し、郷土、国を愛してほしいものである。

「ふるさとから日本へ」

 地方から国を変える、とはよく言われるが、地方議員であるからこそ力を発揮し、結果的に国を変えることになる一つが、郷土史と日本史との橋渡しであると私は考える。

自分のふるさとがいかに国に貢献してきたのか、堂々とふるさと自慢ができる、誇りある郷土史を、次世代を担う子供達に教えるのである。

 我が柏崎市は、『日本書紀』天智天皇の条に「越の国から燃える水と燃える土を献上した」とあるように、古くから石油が染み出る地であり、明治二十一年には、日本石油株式会社が設立され、日本の近代化に寄与してきた。

現在も東京電力株式会社がもつ世界最大の原子力発電所を抱え、同じくエネルギー面で国に貢献している。また、石油業が発展すると同時に文化が花開き、多くの文化人を生み出してきた。

 このことだけを取り上げても、「へぇ~、そうなんだ」とあらかたの子供は驚く。

 マスコミ等で北方領土の問題が取り上げられれば、一八〇八年、樺太最西端ラッカ岬(北緯52度)に「大日本国国境」の国境標を建てた、柏崎市の偉人・松田伝十郎のことを話すのである。

現在の教科書では、間宮林蔵は習っても、松田伝十郎は習わない。間宮林蔵の三日前に樺太に行った郷土の偉人を習わないのである。

 どの自治体においても、国の発展に貢献した偉人や事柄は数多く存在するであろう。そこに光をあて、まずは郷土に誇りをもってもらい、郷土を通して国に目を向けてもらうのである。

この仕事こそ、国会議員ではなく、きめ細やかに動ける地方議員がその力を十分に発揮するのではないか。一律の教科書に載っていない、いわば「教科書に載せたい郷土史」を掘り起こすのである。

 最近では、地元・日本海の荒波を見ていても、

 「この海を見て、鹿島鳴秋が『浜千鳥』を作詞したんだよ」

と語るような私であるが、童謡『浜千鳥』自体が現在の教科書には載っておらず、子供には「何それ?」状態。リサーチ不足を反省することしばしばである。

同様に宮島郁芳を教えるも、演歌『金色夜叉』が知られていないが故、同様の失敗。ここにも、日本文化の断絶があるように思うのは私だけではあるまい。

*『浜千鳥』の歌碑は、新潟県柏崎市、千葉県南房総市和田町、高知県安芸市にある。
*『金色夜叉』の碑は、新潟県柏崎市、静岡県熱海市にある。

「近現代史の光と陰」

 これまでの歴史教育、特に近現代史では、史実ではないことも含め、「陰」ばかりが強調されてきた。「光」となる歴史部分は引き出されず、それは近現代の郷土史においても同様であろう。特に戦後、軍人は対象とならず、我が柏崎市でも、大東亜戦争末期、二式複座戦闘機「屠龍」で超空の要塞「B29」を26機撃墜、本土防衛に活躍した樫出勇中尉をはじめ、軍人は未だ郷土史で取り上げられていない。

 近現代の郷土史にも「光」をあて、子供達が身近に感じ、感動するような歴史を掘り起こすことも、誇りある国づくりへの第一歩ではないだろうか。
 歴史は、「陰」ばかりという一面的なものではない、色々な角度から見ることも大切である。
 「裏を見せ、表を見せて、散るもみじ」良 寛

「日本から世界へ、そしてふるさとへ」

 郷土史を通して、国に目を向いたところで、今度は世界的な視点に移る。世界のなかで日本はどう見えるのか。特に歴史認識の問題とされている近現代史において、一番重宝するのが、大東亜戦争前のアジア一帯の地図(厳密な意味でのアジアは存在しない)である。

この地図で、シャムと呼ばれた現在のタイ王国、我が国以外に独立国がない状態をしっかりと見せる。「タイ」という国名も植民地支配を受けず、独立を保ったことの「自由」に由来すると教え、植民地支配をしていたのがどの国なのかを認識してもらう。

いわゆる村山談話の「(アジア諸国を)植民地支配と侵略によって」はどこの国であろうか、世界的な視点から初めて気付く子供が多くいることであろう。そして、その時代、自分のふるさとの人々がどのような暮らしをし、またどんな偉人が活躍していたのか、身近な事に戻って考察することで、日本という国がいかに素晴らしい歴史を持ち、輝きをはなってきたのか、実感できるはずである。

 光ある郷土史から国を愛する心を育む。地方議員が提唱、実践し、国を変えていくことができると私は信じている。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国分寺市に意見を--フェミ条例の阻止を

 老兵さんからの情報で国分寺市が参画条例のパブリックコメントを募集していることが分かりました。 期限が10日と時間がないので、皆様意見提出のほどよろしくお願いいたします。老兵さんからの内容今、

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例