錦織、ジョコビッチ破った!日本勢初の決勝進出/全米テニス

0 0
錦織、ジョコビッチ破った!日本勢初の決勝進出/全米テニス
サンケイスポーツ 9月7日(日)4時7分配信

錦
 全米オープン第13日(6日、ニューヨーク)男子単準決勝で第10シードの錦織圭(24)=日清食品=が、第1シードのノバク・ジョコビッチ(27)=セルビア=を6-4、1-6、7-6、6-3で破り、日本勢初となる四大大会の決勝進出を果たした。

 30度を超える気温の中、錦織が偉業を達成した。世界ランク1位のジョコビッチ相手に第1セット、第7ゲームをリターンエースでブレーク。第2セットこそ圧倒されたが、第3セットをタイブレークに持ち込みものにした。

 そして第4セット、勢いのまま第1ゲームを鋭いサーブリターンでブレイクすると、第8ゲームでは、この日最速となる195キロのサーブを放つなどギアを入れてサービスゲームをキープ。5-3で迎えた第9ゲームは、40-30からラリーを制して、ガッツポーズを決めた。

 錦織は「嬉しいですね。世界ナンバー1のプレイヤーに勝って、内容も最後すごい良かった。2セット目を取られて、嫌な流れというか、彼(ジョコビッチ)の強さが出てきたと感じ始めていたので、逆転できたのが嬉しい」と喜ぶと「初めての決勝なので気持ちをしっかり持って、決勝の舞台でも芯を持って戦いたい」と意気込みを語った。

決勝もいける!錦織、決勝の相手は過去5勝2敗のチリッチ
スポニチアネックス 9月7日(日)7時10分配信

リレッチ
男子シングルス準決勝でフェデラーを下したチリッチ。決勝では錦織と対戦する(AP)

 全米オープンテニス第13日は6日(日本時間7日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルスで日本選手として史上初めて4大大会の決勝進出を果たした錦織圭(24=日清食品)の相手がマリン・チリッチ(25=クロアチア)に決まった。

 第14シードのチリッチは準決勝で第2シードのロジャー・フェデラー(33=スイス)を6―3、6―4、6―4で下した。チリッチは世界ランキング16位で、同11位の錦織と同様に4大大会では初めての決勝進出。過去の対戦成績は、錦織が5勝2敗で勝ち越している。

 決勝は最終日の8日(日本時間9日)に行われる。




<全米テニス>「4強時代」崩す旗手 錦織決勝進出
毎日新聞 9月7日(日)21時18分配信

錦郡
全米オープン準決勝の試合中、拳を突き上げる錦織=AP

 テニスの全米オープン第13日は6日(日本時間7日)、錦織圭(24)が決勝進出を決めた。まばゆい西日が差すセンターコート。ジョコビッチのストロークがアウトになると、錦織は両手を広げて喜びを表し、拍手と祝福の声が入り交じるスタンドに高々と右手を突き上げた。5年連続の決勝進出を目指していた「最強」のジョコビッチを2時間52分の試合で撃破して歴史の扉を開いた。「新たな歴史を築くことができて非常にうれしい」。上気した顔で錦織は少しはにかんだ。

 ともに技術が高く、接戦にも強い。両者は似たタイプだが、ジョコビッチは全てにおいて錦織を一回りスケールアップさせた選手だった。しかし、この日は錦織がジョコビッチをスピードで振り回し、相手の裏を突くショットを厳しいコースに決めた。どんな球も打ち返す守備力に定評のあったジョコビッチが次第に顔色を失っていく。その表情はおびえに近かった。

 世界から集まったメディアも快挙に反応した。「錦織がジョコビッチを破った」。各国メディアは速報を打ち、ツイッターでも話題が飛び交う。そこには驚きとともに新時代が到来しつつあることの実感が込められていた。男子テニス界は長くジョコビッチ、フェデラー、ラファエル・ナダル(28)、アンディ・マリー(27)の「4強時代」だった。4大大会で4強のうち誰も決勝に進めなかったのは、2005年全豪オープン以来という。その牙城が錦織と、同世代のチリッチによって突き崩されたのだから。

 「彼はこれまで多くの成功を成し遂げてきたが、4大大会の決勝を戦うというのは違う。別の次元のものを手に入れたということだ」。試合後、ジョコビッチは錦織が新たな一歩を踏み出したことを認めた。錦織のことを17歳のときから知るフェデラーも「信じられない才能を持っていた。彼には私も負けたし、ナダルだって追い込んだ。持っているものを示しただけで驚きはない」と称賛した。

 「このまま調子を落とさずにやれれば絶対にいける」と錦織の視界にはすでに頂点が見えている。24歳の若者は日本の歴史を塗り替えただけでなく、世界テニス界の新世代の旗手にも名乗りを上げた。その表情は自信に満ちている。【田中義郎】

関連記事
ページトップ