『道理』が喪われた戦後日本の教育

添田隆晴伊勢原市議会議員の原稿を掲載いたします。
20060724105126.jpg

■プロフィール
そえだ たかはる 昭和二十一年神奈川県県生まれ。特定医療法人徳洲会勤務を経て、平成十五年四月 伊勢原市議会議員初当選。文教福祉常任委員会委員。神奈川教育正常化連絡協議会委員。

『道理』が喪われた戦後日本の教育

日本の国柄に基づいた新憲法、新教育基本法の制定の運動が繰り広げられている昨今、私は日本会議首都圏地方議員の同士と共に、地方議会から『誇りある国づくり』の動きを起こすべく活動をしております。

いま、最重要改革は荒廃した教育現場の正常化であり『真の教育改革』の実現です。では真の教育改革とは何か、それは制度の改廃といった表面的なものではなく人間が人間としてあるべき生き方そのものに立ち返る根源的な思想の上に成り立つもの、それは何かと、問われた時「私は『道理』であると即座に答えます。」

何故か、それは戦後ひたすら豊かさを追い求め、ある程度満たされてきたにも関わらず心が満たされていないことに多くの人々が気付き始め子供たちの心の中にはぽっかりと大きな穴が空き大切な何かが欠けてしまっている事実を直視しなければならないと考えているからです。

日々報道される子供たちについて様々論じられていますが、大人が自分自身に人間としてあるべき生き方=『道理』を常に自問し人生の目的を意識し、後に続く若い世代に『道理』を示してきたのかという視点を忘れてはなりません。

つまり、子供たちが健全に成長して欲しいという強い願いと「手本」は目の前の大人であるという誇りと気概、そしてどんな困難も乗り越えられるという使命感がなければならないと考えます。

昨今、社会問題となっている学校現場に於けるジェンダーフリー思想の取り組や過激な性教育、国旗国歌をめぐる騒動を起こしている人にその覚悟というものがあるのでしょうか。

東京都立学校教育アドバイザー鷲野一之氏の著書〔先生たすけてください〕の中で、心の教育をしてやれなかった子供たちは今、40代、50代になり日本の社会の中堅にある。

これでは日本がおかしくなるのは当然ではないか。『三つ子の魂百まで』という一度この大切な時期に教育を誤ってしまったらどうなるか。半世紀以上に亘って日本国民は取り返しの付かない実験台にされてしまった。今の日本人は立派な歴史と優れた国民性による美しい心を忘れ、国家としての誇りまで失っていると述べられています。

今こそ、戦後六十一年GHQの占領政策によって失ってしまった心の教育『要・手本』を取り戻さずして学校教育の再建・正常化は成しえないと考え、私は神奈川教育正常化連絡協議委員、日本会議首都圏地方議員として、日々教育現場の問題点を見極め改善に向けて心血を注いでおりその必要性を痛感しています。

過激な性教育・男女平等教育との闘い

私の住む伊勢原市の教育現場に目を向けると山谷えり子参議院議員が国会で質問し、小泉首相も驚いた『過激な性教育』や『ジェンダーフリー』の取り組みが見えてきました。

例えば男女平等教育(性差を無視・男女ごちゃまぜ)、過激な性教育(性器を過剰に意識させる)等、とても正常とは思えない取り組みが行なわれています。

このような偏った取り組みが子供の成長過程に大きく影響し、国民の貴重な税金ですべてを賄う義務教育が一部の偏った思想を持った人によって教育され続けた場合、民族の消滅、文化の消滅に繋がっているのではないか、不安を抱く多くの国民から文部科学省、教育委員会、教職者一人一人の責任が問われています。 

一方で議会も教育現場の問題点等の指摘や改善を求める姿勢が余りにも足りません。例えば議会が行なう学校視察は校舎・給食室・トイレ等の施設が重視され教育に関する視察予定はなく給食の試食で終わっていました。

私は保健室の視察調査を委員長に求め、そのことから平成十六年度に新たに購入した性教育の教材、『性器つき人形』の実態を知ることになりました。

私は驚いて校長、養護教諭に説明を求めましたすると私を除く他の議員は説明を聞くことなく全員保健室から出て行ってしまったのです。おそらく面倒なことには関りたくはなかったのでしょう。私は他議員の行動に憤りさえ覚えましたが改めて自分がやらなければと痛感しました。

市内の、ある小学校では保健室に赤ちゃんと子供、成人男女の裸の写真が掲載された本があり、養護教諭に指摘すると『子供たちが見たいと言うから置いた』と何の問題意識も無く答える始末です。校長・教頭に説明を求めると『成人男女の裸の箇所の部分は問題ですね』との回答でした。

学校図書から児童生徒は相応しくない箇所を見分けながら読むことが可能でしょうか。

学校には今なお問題をその場で認めない体質が残っています。購入図書について予算、決算審査で指摘し現在ではかなり改善されてきていますがまだまだ児童生徒に相応しくない性に関する本や漫画本が多数あります。市民の税金で購入する学校図書は慎重に選んで頂きたいものです。

また、2年生・6年生が書いた性教育についての感想文の掲載されたPTAの広報誌(平成四年発行)が保護者から私の手元に届けられ、性教育の授業内容の実態に唖然としました。

2年男子『先生が赤ちゃんの成長を教えてくれました。僕は余り知りませんでした。でも、精子と卵子がどうやって合体するのだろう』

6年男子『保健の話を聞いて僕は、思春期はいつごろなるのか早くやってみたい。3億から1匹卵子の中に入ったのが僕だから良かったと思った。命は大事にしたいと思った』

この感想文からも何も知らない児童生徒は先生から学校で受ける性交や性器の説明、成長過程を無視した過激な性教育でこれまで知らなかったことを知った児童生徒は過激な性教育の授業内容にどのような影響を受け、児童生徒はどのような想いで授業を受けていたのでしょうか。

子供が目を輝かせてどんなことも吸収して行く大切な時期に過激な性教育の授業を受けさせていいでしょうか。このような過激な性教育で本来の澄んだ目と心を曇らせてしまう子供が最近多くなってきています。性に関する問題は深刻な事態となっており一刻の猶予も許されない。

私の孫も一年生の時は学校で教えて貰ったことを良く話をしてくれましたが、2年生、3年生になるに従って、『知らない・分からない・忘れた』と言うばかりで学校の授業内容を聞くと嫌がり以前の様に自分からは話したがりません。皆さんのご家庭では如何でしょうか。

運動会も同様で騎馬戦を5年生の男女が混合で騎馬を組み男子の腕に女子が跨がり懸命に戦っていました。私はビックリして校長、教頭、教育委員会に『男子の腕に女子が跨いで戦う騎馬戦の成果と、教育目標についてを説明できるか』と思わず叫んでいました。

数日、後騎馬戦について女の子に感想を尋ねると、ほとんどの女の子は『気持ちが悪い』『大嫌いだ』と訴え更に、女性教師の受け持つクラスの児童だけが男女混合で騎馬を作り、女の子を乗せての騎馬戦であったことが、女の子の話から判明し愕然としました。

早速、学校長に男子が作る騎馬に女子を乗せて戦う騎馬戦の改善を申し入れ、その結果男女混合で作る騎馬は廃止になりましたが男女混合騎馬戦は今だ行なわれております。

他にも男女混合名簿・修学旅行・キャンプ等で男女同室宿泊・男女同室着替え・男女混合徒競走・児童生徒の呼称を『さん』と統一して呼んでいながら学校は児童生徒を『さん』で統一して呼んでいないと説明するなど、男女ごちゃ混ぜにする男女の取り扱いに『おかしい』『不自然』だという保護者の声と改善を求める声を頂きます。

学校や教師だからといって児童生徒に何を教えても、どう指導してもよいというものではないはずだ。家庭崩壊を招きかねない日教組が取り組む偏った男女平等(ジェンダーフリー)・人権教育を一刻も早く教育現場から排除し、多くの家庭が求める、真の男女平等教育・人権教育の醸成を求めていく必要があります。

もはやこのまま、学校の運営や児童生徒の成長過程に大きな悪影響を与える過激な性教育や、男女の区別、性差、質の違いを尊重できない学校、教師には子供を預け続けることはできません。

今こそ我々地方議員も国会議論のみに委ねるのではなく、『子供の目が輝く真の教育』教育正常化に向けた議論を推し進め、地方の現場の民意を反映する『波・うねり』を日本の隅々にまで届けるための活動とその責務を全うすることが必要であると身にしみて感じています。

今後も日本会議首都圏地方議員懇談会の同志と共に『誇りある国づくり』に心血注ぎます。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

支持します。

余りにもひどい学校教育の現場に驚きました。
左翼の日本潰しの工作、陰謀を壊滅させるべく中央からの改革を強く求めます。

~市川市で改正された男女共同参画条例に関して~

平成18年12月の市川市定例会で、過激なジェンダーフリー条例と化していた
市川市男女共同参画条例を正常化する改正案が賛成多数で可決されました。

今回、その条例正常化の動きの中心となった市川市の高安市議が、なぜそのような条例が
市川市から起こったのか、またどうやってその問題点に気づき正常化を図ろうとしたのか、
そういった事を語ってくださる機会がありますのでご紹介させていただきます。

公開講演会~ジェンダーフリー「過剰」是正を目指して~市川市

講師高安紘一先生

真っ当な市川市男女共同参画条例が成立

◆「今、学校でどんな教育が行われているか?」市民の声に触れて
◆ジェンダーフリー(性差否定)教育、過激な性教育の実態に唖然
◆保守系市議会議員の大結集、プロジェクトチーム結成、2年間の勉強…

◆家庭の尊重、専業主婦を否定しない、父性・母性の役割の大切さを見直し、男・女らしさを否定しない…
◆日本の心を取り戻そう!文化・伝統の英知を次代へ引き継ぐ

日時平成19年1月28日(日)開演14時(受付13時半)

場所柏市中央公民館(柏市柏5-8-12)5F講堂

入場無料


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例