07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

「国への愛着」学ぶ道徳授業、小学1年から可能に

「国への愛着」学ぶ道徳授業、小学1年から可能に

道徳教育-1

 文部科学省が4日に公表した道徳の教科化に伴う学習指導要領の改定案では、小学1、2年の学習内容について「わが国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつこと」と明記され、現行の指導要領にはなかった「わが国」の文言が追加された。

改定後は低学年向けの教材で日本文化などの取り上げが可能だ。急速に国際化が進む中、子供たちがより早い時期から日本人としての「自己像」を描きやすくすることで異文化理解を深める狙いがある。

 現行の指導要領では、「国への親しみや愛着」を教える授業は小学3年以降から開始することになっており、1、2年は子供たちにより身近とされる「郷土」の学習にとどまる。
 文科省が作成し、昨年4月に全国の小中学校に配布した「私たちの道徳」の3、4年向け教材では、郷土の紹介と併せ、和服や和食など日本文化や節分などの年中行事が写真入りで掲載され、外国文化と比べながら学べる項目が設けられている。

明治時代に活躍したギリシャ出身の日本研究家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の評伝コラムにも2ページを費やしている。

 一方、1、2年向け教材では、郷土を紹介する新聞作りや、京都の祇園祭の紹介を通して郷土への親しみを教える内容にとどまり、「日本」の文言はみられない。

文科省によると、改定後は低学年向け教材でも、日本文化に精通した人物の紹介などが可能となる。

 「国への親しみや愛着」の学習を前倒しした背景について、文科省は「異文化理解の前提には、自国の文化への知識が不可欠」と説明。

現行の指導要領にない「他国の人々や文化に親しむこと」も新たに追加されており、「日本社会の国際化のスピードは想像以上に速く、子供たちにより早い段階から日本人としての意識を持ってもらう必要がある」と強調した。

 グローバル人材の育成は政府の教育再生実行会議が提言した教育改革の主要施策の一つ。文科省はすでに英語教育を小学3年から必修とした上で、5年から教科化する方針を公表しており、「改定案は英語教育の前倒しとも連動している」という。

道徳教育の充実へ皆様のご意見を!!

■文科省、道徳教科化へむけ、「意見公募」を開始

道徳の教科化へ向け、「学習指導要領 道徳編」原案の意見募集が始まりました。今後、道徳教育を充実していく大切な指導要領で、後退することは許されません。

「教材の充実」「伝統文化・愛国心教育の推進」「宗教的情操教育の推進」「家族の大切さ」「モデルとなる人物の例示」「教員養成課程の充実」「教科書検定の徹底」といった、道徳教育への改善案を文科省までお寄せください。

■昭和33年以来の大改革。徳目を体系化し、教科書導入へ

 昨年、文科省の中央教育審議会は、小中学校で実施している週一時間の「道徳の時間」を「特別の教科」とすることを答申しました。文科省は学習指導要領の改訂作業を開始し、このたび告示案を公表しました。

教科化は、「道徳」の時間が特設されて以来の50年ぶりの大改革で、教科書配布を皮切りに「教員養成」「評価」等、積み残された課題を解決する第一歩です。

 今回の告示案では、従来、分かりにくいとされた22の理念について、「節制」「克己」「感謝」「礼儀」「寛容」「公共の精神」「家族愛」「伝統と文化の尊重」「国を愛する態度」「畏敬の念」など、徳目として体系的に位置付けました。徳目が明確になることで、教育目標を体系化し、教科書の編集や検定の目安となります。

■日教組は「現状で十分」「価値観の押しつけ」と猛反発

 昨年、中教審が意見公募を行った際には、教科化に反対する声が多く寄せられたと言います。日教組も「教科化は拙速」「道徳教育より人権教育」といった声明を出し、教科化への抗議活動を行っています。

■「教科化促進」「教科化賛成」の皆様の声を、文科省へ!

 道徳教育を教科とし、文科省の検定を経た教科書を子どもたちに手渡すことで、学習指導要領を逸脱した偏った教材が淘汰されることや、教員が責任感を持って道徳教育を推進することが期待できます。

また、「学習指導要領に則った教員養成」「学習指導要領を遂行するための教員研修」の確立も、今後の課題として要望しなければなりません。

 道徳教育の教科化は、戦後教育正常化の大きな一歩です。
締切は3月5日です。皆様のご意見を、どうか文科省にお寄せ下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[ご参考 過去の意見公募で文科省に届けられた賛成意見(要旨)]

○日本人がもっている世界に誇れる道徳観を提示してほしい。

○「特別の教科道徳」として教育課程に位置付けることを歓迎する。教科化することで、検定教科書を使用することや、評価を行うことに対して責任を持つことにより、道徳の時間をきちんと実施する教師は確実に増えると思う。

○評価を行うことで、教員ももっと児童生徒と向き合ってくれるのではないかと期待している。

○教員の指導力向上には、まずは校長への啓発が第一歩である。免許更新での道徳教育の理論や方法の必修化も考えられる。

○教員養成の段階で、道徳教育の履修の充実を図るべきであり、特に教育実習時に道徳の指導を行うことを必修にすべきである。

○家庭で問題に直面した時に、道徳の時間に学校ぐるみで取り組んでもらいたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
≪意見公募の募集要項≫
(1)提出手段 郵送・FAX・電子メール
電話による意見は受け付けていません。
(2)締切 平成27年3月5日(木)必着
(3)宛先 〒100-8959  東京都千代田区霞が関3-2-2
文部科学省初等中等教育局教育課程課宛
FAX番号:03-6734-4900
電子メール:doutoku@mext.go.jp
※電子メールの場合、件名は【省令案等への意見】としてください。コンピュータウィル
ス対策のため、添付ファイルは受け付けません。必ずメール本文に意見を御記入ください
(4)意見提出様式
郵送の表書き、メール件名に、「省令等への意見」と書いてください。
ご意見の本文に、次の項目を書いてください。
・件名:【省令案等への意見】と明記してください。
・氏名:個人名。団体の場合は団体や法人の名称。
・性別、年齢:団体の場合は不要。
・職業:在学中の人は「高校生」「大学生」など。団体の場合は「団体」と記入。
・住所:団体や法人の場合は事務所の所在地。
・電話番号
・意見:1000字以内(1000字を超える場合、冒頭に簡単な要約を併記して下さい)
※意見の分類:13項目に分かれていますが、分類番号は未記入で結構です。
※複数の論点について御意見をお寄せいただく場合には、とりまとめの都合上、1枚1意
見、1メール1意見としてください。意見は何通でも提出できます。
※詳しくは文科省HPの「申請・手続き」→「パブリックコメント」→「意見募集案内」
から「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案等に関するパブリックコメント」にお
進みください。提出要項、告示案の詳細があります。

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例