韓国が反対運動、予断許さず

0 0
韓国が反対運動、予断許さず

lif1505040027-p1.jpg
「軍艦島」として知られる旧端島炭坑=長崎市(奈須稔撮影) .

 イコモスの登録勧告を受け、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産入りが大きく前進した。世界遺産委員会では原則、勧告が覆されることはないが、今回は韓国が各国で反対運動を展開、最終決定まで予断を許さない。

 日本側も各国に賛同を働きかけており、水面下で熾烈(しれつ)な“外交戦争”が繰り広げられている。韓国が登録に反対しているのは、三菱長崎造船所や端島(はしま)炭坑(軍艦島)など7施設。

いずれも韓国側が朝鮮人の強制徴用などが行われたと主張している施設だ。

日本が推薦した候補で歴史問題が持ち上がったのは、平成8年に登録された原爆ドーム(広島県)に米国が不支持、中国が立場留保を表明して以来だが、当時も反対運動までは起きなかった。
 世界遺産委は日本と韓国を含む21の委員国で構成される。韓国は朴槿恵大統領自身が4月にコロンビアやペルーなどの委員国を歴訪し、登録反対を訴えて回っている。

 外務省関係者によると、韓国からの働きかけを受けた議長国のドイツが日本側に韓国との話し合いや、産業遺産に「強制徴用」についての記念碑建立などを促すなど影響が出ているという。

当事国のため発言できない日本は、友好国による反論を通じて投票による決定に持ち込むシナリオだ。

 投票では決定に3分の2が必要。票数が足りなければ、来年以降の継続審議となる可能性もあるため、日本側も投票に向けロビー活動を強めている。


韓国外相「基本精神に違反」反対続ける意向、国会も非難決議

 【ソウル=藤本欣也】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は4日、日本政府が「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録を目指していることについて、

「人類の普遍的な価値を持つ遺産を保護するという世界遺産条約の基本精神に違反している」として批判し、韓国政府として登録に反対していく意向を改めて示した。

国会の外交統一委員会も同日、非難決議を採択した。

 韓国政府は、計23件で構成される同産業革命遺産のうち長崎市などの7施設に、強制徴用された朝鮮人約5万7900人が動員されたと主張している。




「日本に敗れた」韓国、高まる政府批判 慰安婦「記憶遺産」で攻勢

 韓国の朴槿恵政権は「明治日本の産業革命遺産」には植民地時代に強制徴用された朝鮮人労働者が働かされた施設が含まれるとして、世界文化遺産の登録反対を関係国に働き掛けてきた。

だが登録される見込みとなったことで、国内から歴史問題をめぐる外交で「日本に敗れた」と政府批判が高まる見通しだ。

 韓国外務省当局者は4日夜、引き続き登録阻止へ向け「努力を尽くす」と述べた。

 従軍慰安婦問題の「国際化」を図る朴政権は、ユネスコに絡む文化活動も活用、慰安婦問題資料の記憶遺産登録へ向けた作業を進めてきた。今後は“対抗策”として慰安婦資料の登録実現努力も強めそうだ。

 韓国は、安倍晋三首相に米議会で演説させないよう米議会に働き掛けてきたが失敗。オバマ政権が歴史問題を度外視して対日関係を強化したことも重大な外交失敗と政府が批判を浴びており、これに追い打ちをかける形になった。(共同)

関連記事
ページトップ