FC2ブログ
08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

1922年 - ハワード・カーターがツタンカーメン王の墓の入口を発見。

1922年 - ハワード・カーターがツタンカーメン王の墓の入口を発見。

Egypt01b.jpg

ツタンカーメン王墓の発掘ー三千数百年の時を超え、今よみがえる壮大なロマン!

無題
ふ無題

1)ツタンカーメン王墓発掘の物語ほど人を興奮させるものはないし、考古学上の発掘で、これほど華麗なものはないだろう。王家の谷から、ほとんど完全に保存された地下の墓が、約二〇〇〇点の宝物とともに発見された
からである。

 エジプト学は1798年の、ナポレオンのエジプト遠征に始まったといえる。ナポレオンはこの遠征のとき、175人の学者・芸術家を連れて行った。これらの人たちの調査は「エジプト誌」となつて実つた。

この遠征 中に、古代エジプト文学解読のカギを与える「ロゼッタ石」が発見され、1822年、フランスの学者フランソワ・シャンポリオンは、古代エジプト文学の解読に成功した。そこで、学者と芸術家と観光客がエジプトへ殺到した。(黄金のマスク)

2)1822年、フランスの学者フランソワ・シャンポリオンが古代エジプト文学の解読に成功した後、投機的な目的をもった商人達もエジプトへ殺到した。商人達は、自ら盗掘に加わったり、盗掘品の買いあさりなどをした。

その代表的な人物は、イタリア人のジョバンニ・バチスタ・ベルツオニである。彼は歴史にも芸術にもセンスをもたず、ただ古代建造物を破壊して中味を持ち出し、ヨーロッパで売りさばくことのみに関心をもっていた。

 このような乱れた情勢に秩序を与えたのはフランスの学者オーギュスト・マリエットであった。1850年にエジプトへ調査に来た彼は、エジプト政府に対して管理の必要を進言した。

1858年エジプト政府は遺物局をつくりマリエットをエジプト博物館の局長に任命した。マリエットは掘・乱掘、国外持ち出しを禁ずる規定をつくり、出土品収納のための小さな博物館をカイロ郊外の地プーラクにつくった。これが今日のカイロ・エジプト博物館の前身となった。

3)1880年、マリエツトは引退し、同じフランスの学者ガストン・マスペロが後任に任命された。ツタンカーメン発掘物語主人公ハワード・カーターが考古学者として訓練され、評価されるのは、このマスペロによってである。

ツタンカーメンの名と離しては考えられないハワード・カーター。彼は1873年イギリスで、九人兄弟の末っ子として生まれた。父は有能な動物専門の画家であり、アマースト卿を後援者としていた。

無題
ハワード・カーター

ハワードが絵の才能を見せ始めたとき、アマーストは自分友人である考古学者ニューベリー教授に紹介した。教授はエジプトから持ち帰った古い絵を模写する仕事を少年画家に与えた。カーターとエジプトの結びつきはこの時に生まれた。

 教授はカーターの絵の才能を高く評価し、1890年18才のカーターを連れてエジプトへ調査に出かけた。カーターは8年間調査と発掘に加わった。遺物局長マスペロの指導も受けた。

カーターは豊かなエジプト学の知識を身につけた。カーターの考古学者としての能力にマスペロは注目した。1899年、彼は26才のカーターをエジプト・ヌビア地方記念建造物主席監督官に任命した。(写真はカーター)

4)1902年、アメリカの考古学者セオドア・デービスは、エジプト政府から王家の谷の発掘許可を受けた。エジプト政府遺物局が監督するという条件が付いていた。遺物局の出先機関であるカーターは、その監督に当たることとなった。

カーターは監督だけでなく、自分で発掘に参加した。デービスの重要な発掘として、王トトメス4世、王女ハトシェプスート、神官ユヤ、その妻チユヤの墓をあげることができる。ユヤとチュヤは、ツタンカーメン王妃の祖父母に当たる人物である。

 しかし、今日の我々としては、これらの重要な発掘よりも、彼自身の評価しない彼の発掘品の方に、デービスの価値を認めたくなるのである。なぜならば、彼がつまらない、といって省みなかったものによってカーターがツタンカーメン王墓の存在を確信し、ついにそれを発見することになるからである。

デービスはといえば、1912年に彼は10年間の発掘結果をまとめて報告書を発表した。この中で彼は「谷は掘りつくされた」と断定した。その後、発掘許可期限の1914年のはじめまで補足的な発掘を続けたが収穫はなかった。それは「谷は掘りつくされた」とする断定を、さらに補強するように見えた。(王家の谷)

5)「谷」と略称される「王家の谷」とは、なんであろうか。カイロからナイル川を725キロさかのぼった所に、古代エジプトの町テーベがある。それは、第11王朝から第21王朝までの約1000年間、古代エジプトの首都であった。川の西側には、山に囲まれた谷があり、ここに多くの王が墓をつくった。

これが「王家の谷」である。王の墓は常に財宝をふくんでいた。だから、ここは古くから「発振者」の宝庫であった。ここで「発掘者」というのは学問的な発掘者のみを指さない。なぜなら、最も古い「発掘者」は現地の墓盗人であったからだ。建造物がどんなに堅固に、どんなに秘密に作られても、そこを襲って破る墓盗人がいた。

古代エジプトの時代に、そのような盗掘があったことは古代の記録そのものに記されている。近代では「クルナの盗賊村」という例がある。村全体が盗掘の専門家であり、発掘品をヨ一口ッパ人に売りさばいていたのである。

 次の「発掘者」は、投機または冒険で建造物を破壊する外国人である。先に書いたイタリア人、ベルツォニの乱掘はこの代表である。彼は狂ったように墓荒らしを続け、エジプトからイギリスへ引き揚げた時「もう谷は掘りつくされた」と公言してはばからなかった。

ちなみに、ベルツォニはその後、酉アフリカの古代の都、黄金の都として伝説の残るトンプクツーの探検に出かけ、その旅行中に死んだ。

6)古代エジプト時代、多くの王が墓を作った。それが「王家の谷」である。そして、ここは古くから「発掘者」の宝庫でもあった。「墓盗人」「盗掘者」などは論外として、学問的発掘の偉大な先覚者としてドイツの考古学者カルル・リヒアルト・レプシウス(1813-1884)を忘れてはならない。

彼は、1844年、大調査団を組織して王家の谷を調べ、ラムセス二世の墓、メレンプタハの墓などを発見した。ついで、1898年にはフランスの.学者ビクトル・ロレ(1859-1946)がトトメス一世の墓、アメンホテプ二世の墓などを発見した。

そして、デービスの発掘、すでに発見された墓は60に達していた。デービスは自信たっぷり に「谷は掘りつくされた」といったのである。ほとんどの学者は、このデービスの意見にくみした。

 しかし、谷は掘りつくされていない、と判断したのがカーターであった。3千3百年前の、第18王朝のツタンカーメンの墓が残っているはずだ、と考えたのである。

なぜか?先に我々はデービスの評価しない発掘品とカーターの関係について少し触れたが、それをもっと詳しく見ることにしよう。

 1909年、デービスは岩の近くの穴で聖刻文字のついている壷を見つけた。一見したところ中味は壊れた陶器の破片、リンネル(織物)、その他ガラクタにすぎないように見えた。

カーターは綿密に調査しようとしたが、デービスはこれを拒み発掘品倉庫に無造作に放り込んだ。これに注目したのは「王家の谷」へ調査に来ていたニューヨーク・メトロポリタン博物館のH・Eウインロックであった。デービスの許しを得た彼は、この壷の内容品をニューヨークに持ち帰り詳しく検査した。

その中味は、ツタンカーメンの名を刻んだ粘土印であり、リンネルはツタンカーメン在位年を記したショールであった。これらはツタンカーメン埋葬の際に使われ、その後でまとめて壷に納められ捨てられた物に違いないとカーターは判断したが、デービスは問題にしなかった。(ツタンカーメン王墓の入り口)

7)1912年、デービスは岩の下からツタンカーメンの名を刻んだ盃を掘り出した時も、別の小さな縦穴からツタンカーメンの名が読みとれる金の薄片を拾い出したときも、これを重視しなかった。

「この品の出た穴がツタンカーメンの墓なんだよ、他に探したってありはしないよ」と彼はいった。しかし、カーターは同意しなかった。こんな貧弱な穴が王の墓なんかであるはずがない。とカーターは考えた。

デービスが見つけた3つの材料は谷のどこかにツタンカーメンの墓があることを証明するのではないか、とカーターは考えた。カーターの理論は精密なのであるが、その理論の細部に立ち入る余裕を、今我々は持たない。

我々はただ、デービスが発掘し、デービスが無視した遺物が、カーターの大発見のスタートになったことを知ればよいのである。

 カーターはそのころ、出資者カーナーボン伯爵の協力者になっていた。1907年からであった。監督官としてデービスの当初の発掘に関係した後、カーターはマスペロ遺物局長の推薦で監督官の職を去り、カーナーボンの協力者つまり発掘指揮者になったのである。「王家の谷」の主要部はデービスが発掘挙を持っていた。

8)「王家の谷」の主要部はデービスが発掘許可を持っていた。したがってカーナーボン出資によるカーターの発掘は、ナイル川よりの特別の許可を必要としない副次的な区域で進められた。それは五年間続いた。

1912年、カーナーボンは、これについて「五年間の成果」と題する書物を出版した。成果には、注目すべき一枚の碑板をふくんでいた。それは「カーナーボンタブレット」と名付けられている。

この1912年は、カーターがツタンカーメン王墓発見への意欲を燃やし始めたときである。デービスが発掘許可を返上したとき、それを引き取ってツタンカーメン王墓を発見しようとカーターは考えていた。

カーナーボンはカーターを信頼していた。カーターの執念、カーナーボンの寛大さ、この二つの見事な組み合わせが、ついに大事業を達成させることになるのである。

ツタンカーメンの呪い



1922年11月4日、ハワード・カーター率いる考古学調査隊は、のちに20世紀最高の発見と称賛される偉業を成し遂げた。エジプトの「王家の谷」で古代エジプト第18王朝のファラオ、ツタンカーメンの墓の入口を発見したのである。

ツタンカーメンの黄金のマスク

ところが、その華々しい発見と引き換えに謎の怪死事件が続出することになる。
有名な「ツタンカーメンの呪い」である。その前兆は墓の入口が発見された1922年11月4日に起きていた。

カーターが飼っていたカナリアがコブラに食べられてしまったのだ。カナリアはエジプトで幸運の鳥とされていた。その幸運の鳥がツタンカーメンの墓を発見した直後に死んでしまうとは、なんという不吉な出来事だろうか。

さらに不吉な前兆は続く。封印されていたツタンカーメンの墓の入口には、「偉大なるファラオの墓にふれた者に、死はその素早き翼をもって飛びかかるであろう」と死を警告する碑文が刻まれてあったのだ。

この碑文の内容は現実のものとなる。調査隊のスポンサーでもあり、墓の開封にも立ち会ったカーナヴォン卿が発掘の翌年4月に原因不明の高熱で急死。同じ時、カイロ中の電気が停電した。

犠牲者はこれに留まらない。カーナヴォン卿の死の直後には墓の開封に立ち会った考古学者のアーサー・メイスも急死。同じく開封に立ち会ったアラン・ガーディナー、ジェイムズ・ブレステッド、ハーバート・ウィンロック、アーサー・キャレンダー、リチャード・ベセルも相次いで死亡。

さらにはツタンカーメンのミイラの検査を行なったダグラス・デリーが肺虚脱で亡くなり、同じく検査を行なったアルフレッド・ルーカスも同時期に急死した。

結局、犠牲者はこの後も続き、1930年までにツタンカーメンの墓の発掘に関わった22人が死亡。1930年まで生き残ったのはわずかに一人だけであった。
やはり碑文に刻まれていた呪いは事実だったのである。

この「ツタンカーメンの呪い」は、ツタンカーメンの墓の発掘話のときによく出てくる有名な話だ。しかし、この有名な話とは裏腹に、その真相を調べてみると、実はデタラメと誇張のオンパレードだということがわかる。

そもそも最初の不吉な前兆とされたカナリアの出来事は、発掘当日ではなく、1ヶ月以上後の12月中旬に起きたことだった。さらに入口にあったとされる呪いの碑文の方は完全なデッチ上げである。そのような碑文の存在は確認されていない。

では呪いの犠牲者とされた人たちはどうだろうか。カーナヴォン卿の死については、発掘後、数ヶ月で亡くなったのは事実であるものの死因は不明ではなかった。
髭を剃っていた時に誤って蚊に刺された跡を傷つけ、そこから熱病に感染し、肺炎を併発したことが死因だったのである。

もともと彼は発掘のずっと以前の1901年にドイツで遭遇した自動車事故が原因で健康状態は良くなかった。さらに医師の助言を無視することもしばしばで、彼が57歳という当時では高齢といえる年齢で亡くなったこと自体に不思議はない。

また彼の死と同じ頃、カイロで停電が起きた件は、当時の電力事情が非常に不安定で、日頃から頻繁に停電が起きていたことを知っていれば驚くにはあたらない。



その他に呪いを受けたとされた人たち

さて、カーナヴォン卿以外にツタンカーメンの呪いを受けたとされた人たちはどうだろうか。まず「発掘に関わった者のうち、1930年まで生き残ったのはわずかに1人だけだった」という伝説は、まったくのデタラメである。

そもそも、最初にツタンカーメンの墓の前室に入り、まっさきに呪いの犠牲者となってもおかしくない4人(ハワード・カーター、カーナヴォン卿、アーサー・キャレンダー、イヴリン・ハーバート)のうち、1930年までに亡くなったのはカーナヴォン卿だけである。

カーターは1939年の65歳まで生き、キャレンダーも同じく1939年まで60歳を越えて生きていた。さらにカーナヴォン卿の娘イヴリン・ハーバートに至っては、亡くなったのが1980年、死亡時の年齢は78歳だった。

また墓の開封に立ち会った他の人たちも死亡時期が捏造されている場合が多い。たとえばアラン・ガーディナーが亡くなったのは実際には1963年(84歳)、ブレステッドは1935年(70歳)、ウィンロックは1950年(66歳)である。

ミイラの検査をしたダグラス・デリーも1969年(87歳)まで生きていて、同じ時期に亡くなったとされるアルフレッド・ルーカスが実際に亡くなったのは1945年(78歳)だった。他にもカーナヴォン卿の死の直後には、墓の開封に立ち会ったアーサー・メイスも急死したとされるが、実際に彼が亡くなったのは1928年、カーナヴォン卿の死からは5年も後のことである。


関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

憲法を変えよう

憲法を変えよう 美しい日本の憲法をつくる国民の会

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例