09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

国連の潘基文事務総長はなぜ北朝鮮訪問に野心を抱き続けるのか?狙いはやはり…

国連の潘基文事務総長はなぜ北朝鮮訪問に野心を抱き続けるのか?狙いはやはり…

9月26日、米ニューヨークの国連で開かれた「セマウル運動」の関連行事で、あいさつする潘基文事務総長。右は韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)
9月26日、米ニューヨークの国連で開かれた「セマウル運動」の関連行事で、あいさつする潘基文事務総長。右は韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)


 国連の潘基文・事務総長が訪朝計画を進めている。実現すれば北朝鮮の金正恩第1書記が面談する国際機関の初の要人となる。

来年末で事務総長の任期を終える潘氏は韓国の次期大統領選の有力候補に取り沙汰されており、“南北会談”となれば2年後の選挙前に揺るぎないレガシー(業績)になる。

一方、潘氏といえば習近平氏の抗日軍事パレードに参席し、拍手を送った人物で批判が絶えない。金大中政権時代の北朝鮮に対する見返りなしの支援・協力という「太陽政策」の信奉者ともされる。

北朝鮮核問題、人権問題について金正恩氏とどう渡り合うのか、訪朝実現の暁には潘氏の真価が問われることになる。(久保田るり子)


金正恩氏の外交デビューに潘基文氏は都合のいい名士?

 潘基文氏が韓国報道陣に語ったところでは、訪朝計画は今秋、国連総会に出席した北朝鮮の李洙●(=土へんに庸)外相との面談を機に進み、現在は「可能なかぎり早い時期」を目指しているという。

 潘氏は今年5月にも北朝鮮の開城工業団地を訪問する計画だったが、このときは直前になって北朝鮮側が許可を取り消した。だが今回は、北朝鮮が潘氏訪朝に前向きで、むしろ北朝鮮側が潘氏と誘っている趣だ。

韓国紙によると当初、北朝鮮側は「11月23日」と日付を指定して訪朝を要請したという。この日程は結局、潘氏の都合で延期となったが、北朝鮮は金正恩氏の外交デビューを準備したい理由があるようだ。
来年、金正恩体制は5年目に入る。来年5月には36年ぶりの党大会を予定している。党大会となれば外国からの賓客も招聘する。金正恩体制はこれまでの「強硬路線」から「対話・融和路線」に転換を図っているとの見方もある。

 何しろ金ファミリーの3代目は内政外交ともに業績が皆無。今年は訪露、訪中が取り沙汰されたが結局、調整がつかずに立ち消えとなった。金氏は要人と一度も会談できない“世界の孤児”になりつつある。

核実験とミサイル発射など軍事的示威のみで、叔父である張成沢氏を処刑し、独裁者、恐怖政治だけが際立ち、国際司法裁判所(ICU)に「人道の罪」で付託すべきだという議論が起きている。

 そうした金正恩氏にとって、潘基文氏は「都合のいい名士」との分析がある。

 潘氏は韓国の親北反米政権、盧武鉉政権で大統領府外交補佐官、外相を務め、盧政権の強力なロビー活動で国連事務総長のポストについた。「太陽政策」の提唱者だった金大中氏やその流れをくむ人々と親しく、北朝鮮との“親和性”が高いとされている。

そのうえ国連事務総長という政治的には中立の立場にあるため、核問題や人道問題で国連の立場をいくら表明しても、それで何かが動くといった拘束力や実効性はない。このため北朝鮮にとっては都合がいいというわけだ。

 金正恩氏は、核問題は「米国の敵視政策のため」、人道問題は「北朝鮮では子供や女性の人権が保障されている」などと主張することが予想され、双方が立場を表明する以上の議論に発展する可能性はない。

一方、潘基文氏は次期韓国大統領選の有力候補で当選の可能性もあることから、ここで訪朝を認めて“韓国次期大統領”に恩を売るには格好の機会。どうやら金正恩氏にとって潘氏は余人をもって代え難い相手であるらしい。


潘基文氏にとって会談は至上のレガシー(業績)となる?

 今回、自らの訪朝計画について潘氏は次のように語っている。「国連事務総長として、また大韓民国の国民の一人として南北間の平和と和解を図る機会があるなら、できることはすべてやるとの立場だ」

 実は潘氏にとって、訪朝と会談は2007年の国連事務総長就任以来の念願のテーマだった。東アジア初の事務総長として、分断国家の代表として北朝鮮を訪問し南北問題をリーダーと話し合うことは韓国政治史に特筆される価値があるためだ。

さらに国連事務総長としての訪朝はワルトハイム氏(1979年)、ガリ氏(93年)に続く3人目となる。しかも、いまだ金正恩氏と会談した要人は皆無である。

 2期務めた国連事務総長として潘氏の評判は芳しくない。「退屈な演説」が有名で、欧米メディアから「指導力のなさ」が指摘され、国連内では「韓国人優遇」が批判されてきた。さきの訪中と抗日軍事パレードの参観は日米から「中立性を問う」と厳しく言及された。

ただ、潘氏は意気軒高だ。訪朝話以前から韓国での人気がうなぎ上りなのだ。次期韓国大統領選挙は2017年12月。韓国は来年から政治の季節に入る。

潘氏の事務総長任期は来年末までで、韓国の大統領選にピタリと合うタイミングで帰国が決まっている。しかも現在、潘氏は与野党双方から“有力候補”とエールを送られているのだ。

 保守系与党・セヌリ党は有力候補がおらず、朴槿恵大統領は潘基文氏を高く評価しているとされる。一方、野党・新政治民主連合も「潘基文氏は太陽政策の継承者」との待望論が出ている。

韓国では「反北親米が与党、親北反米が野党」がザックリとした傾向で、その双方から声がかかることは前代未聞である。「彼はイデオロギーより野心の人物」との評もある潘基文氏だけに、目下、訪朝にやる気満々といった感が強い。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

産経msnのキムチ松本学

【産経msnのキムチ松本学は、韓国式捏造統計数字記事ステマ配信「期待する閣僚でキモイ石破茂、キムチ小渕優子両氏が突出。同性に人気、無党派からも・・・」して、日本人B層を誤誘導しました。産経新聞の帰化未帰化在日韓国人は、公安案件かつ即時解雇案件だ!】

*****
永田町・霞が関担当 千沙都(ちさと) 女史 コメント H26/9/8 (加筆済版)
◆産経msnの帰化在日韓国人疑惑の松本学はH26/9/8の18:57、韓国式捏造統計数字記事ステマ配信「期待する閣僚で石破茂(韓国奴隷、隠れ公明党)、小渕優子(帰化在日韓国人疑惑、旦那の帰化在日韓国人の瀬戸口克陽は瀬戸口姓から小渕姓へ背乗り、経済産業大臣から引責解雇済み)両氏が突出。同性に人気、無党派から・・・」して、日本人B層を誤誘導しました。
◆産経新聞関係の中でも、とりわけ産経msnは、帰化未帰化在日韓国人の社員、編集者、記者等が多数在籍しています。
*****

@産経新聞の坂本一之、黄金崎元、酒井充、園田和洋、豊田真由美、平山一城、本田誠、松岡達郎、松本学、渡部裕明ら帰化未帰化在日韓国人の即時解雇と採用禁止の要求先
100-8077千代田区大手町1-7-2(株)産業経済新聞社代表取締役社長熊坂隆光F03 3270 5869・3270 9071・3275 8750・3242 7745

@通報先
100-0014千代田区永田町2-3-1首相安倍晋三F03 3581 3883・3581 9351・5510 0654
100-8962千代田区永田町2-1-1-420参議院外交防衛外交委員長片山さつき
100-8970千代田区霞が関3-1-1内閣府副大臣(規制強化担当)高鳥修一F03 3581 4611
100-0013千代田区霞が関1-1-1公安調査庁長官
100-8926千代田区霞が関2-1-2総務大臣高市早苗F03 5253 5190

100-8910千代田区霞が関1-11-23自民党幹事長谷垣禎一F03 5511 8855
〃自民党幹事長代行細田博之F〃
〃自民党政調会長稲田朋美F〃
〃自民党税制調査会幹事西田昌司F〃
自民党全員
次世代の党全員
新党改革全員

メールもFAXも葉書も

by長野県J


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例