09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

改憲・安保論議を封印し国会論戦でゲスな質問ばかり 民主党がこの体たらくならば安倍首相でなくても…

改憲・安保論議を封印し国会論戦でゲスな質問ばかり 民主党がこの体たらくならば安倍首相でなくても…
経新聞 H28.2.15

かん
「衆参同日選」に向けて街頭演説をスタートさせた民主党の菅直人元首相=2月7日、東京都武蔵野市(酒井充撮影)

 かつて民主党代表を務めた前原誠司元外相が1月25日付のブログで「私は憲法改正が必要だと思っている」と表明した。

夏の参院選で憲法改正を争点にすると発言している安倍晋三首相に「嫌悪感を覚える」としたが、各党と十分な議論を踏まえた上で「堂々と進めてもらいたい」とまで言及した。

 さらに「私が憲法改正で特にこだわりたいポイント」として3点を挙げた。

 1つ目は「前文」だ。前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」の部分について、「あまりにも現実離れし、理想主義に過ぎない」と断じた。

 そして「9条2項」。「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」との記述について、現実に自衛隊が存在し、国民に広く必要性が認められているとして、「読んで字のごとく」に見直すべきだと主張した。

 最後は、自民党なども新たに設ける条項として検討している「緊急事態条項」だ。「他国の憲法では一般的に見受けられる『非常事態宣言発令下における私権の制限』が憲法には概念すらない」と指摘した。その上で「憲法には、平時と有事における国民の権利と義務に違いを持たせるべきだ」と訴えた。

 なぜ安倍首相による憲法改正の争点化を嫌悪するのか理解できないが、前原氏が改正の必要性を訴えた3点に全く異存がない。極めて常識的な見解だ。

「さすが保守系の論客だ」と思っていたが、安倍首相も出席した2月4日の衆院予算委員会基本的質疑の質問に立った前原氏は、憲法についてひと言も触れなかった。
それどころか、民主党の岡田克也代表は「安倍政権下で憲法改正の議論はしない」と堂々と宣言している。

3~5日の3日間行われた基本的質疑でも、民主党の大串博志氏は「安倍首相の下での憲法論議は進め難い」と訴え、階猛氏は「緊急事態条項を軽々に論じるよりも、まずは事前の必要な体制整備、訓練をしっかりやるべきだ」と強調した。

 いったいどれが民主党の真の見解なのか…。国民は迷うばかりだろう。憲法は国の根幹をなすもので、野党第一党の主張がこれだけバラバラでは、国民の信頼を得られるはずがない。

 しかも、大串、階両氏は別の日の予算委の質疑で、必死に「安倍首相が言論を抑圧している」とレッテル貼りをしていた。安倍政権下で報道が萎縮しているのだという。

何を根拠に言っているのか知らないが、本当に萎縮している報道機関があったら、今すぐ報道機関の看板をおろすべきだ。大串、階両氏のレッテル貼りは報道機関への侮辱以外の何ものでもない。

政権時代に数々の言論弾圧を行ってきた人たちが、よく言ったものだ。

 国会の論戦では、「民主党は本当にかつて政権を担っていたのか」と思わせる場面もあった。

 2月3~5日の予算委基本的質疑は、北朝鮮がすでに事実上の長距離弾道ミサイルの発射を国際機関に通告していた時期だった。民主党は統一会派を組む維新の党を含め、この3日間で約11時間45分の質問枠があった。

あれだけ注目されていたにもかかわらず、驚くことにミサイル発射通告を政府にただす民主党議員が誰一人いなかった。

北朝鮮は通告していた発射予定期間を前倒しし、7日にミサイルを発射した。自民党は日曜日にもかかわらず、ただちに谷垣禎一幹事長ら幹部が党本部に参集し、政府に対して日本独自の対北朝鮮制裁措置の強化を求める緊急声明を発表した。

 一方、民主党は何も動かず、7日は岡田氏が非難の談話を出しただけだった。野党にできることには限界があるとはいえ、予算委で「ミサイル発射への対応は十分なのか」と問いただすことは大いに意味があったはずだ。

日本の安全保障を担った経験がある政党としては、実にお粗末な対応だった。

 単に姿勢の問題かもしれないが、姿勢を示すことは政治においては極めて重要だ。日本にとって重大な脅威である北朝鮮のミサイル発射が通告されてからも、民主党が力を入れていたのは金銭授受疑惑で閣僚を辞任した甘利明前経済再生担当相の追及だった。

 民主党は1月21日発売の週刊文春で甘利氏の疑惑が報じられた翌22日、さっそく追及チームを設置した。週明けの25日以降、疑惑に関して独立行政法人・都市再生機構(UR)や国土交通省などの担当者を呼び、ほぼ連日、追及チームの会合を開いた。

 会合は報道陣にも全て公開された。ある日の会合をのぞくと民主、維新両党議員による怒号の嵐が吹き荒れていた。

甘利氏との面会の有無などに関し、URや国交省が「整理した上で回答したい」「調査中だ」と回答すると、「そんなもの答えられないのか!」「何のために来たんだよ!」「今すぐ答えられる人を呼べ!」との罵声が浴びせられ、聞いている方が不快になった。

民主党政権が看板にした「政治主導」では、こういった光景が日常的に繰り返されたのだろう。

 疑惑を追及するのは結構だ。ゼロ回答や曖昧な答えに終始したUR、国交省らの姿勢にも問題がある。とはいえ、報道陣を前に役人を威圧的につるし上げる民主、維新両党の議員は「俺たち、頑張っているぞ」と必死にアピールしているとしか映らない。

 甘利氏は1月28日に閣僚を辞任した。だが、追及チームは「幕引きは許さない」として、その後も連日のように会合を重ねている。その間の北朝鮮のミサイル発射に対する対応は前述の通りだ。アピールする方向が間違っている。

 政府・与党に対する攻めどころは、自民党が慎重な定数削減を含む衆院選挙制度改革の実現や、甘利氏の疑惑問題の温床といえる企業団体献金の禁止など、たくさんある。

民主党は維新とともにパーティー券も含めた企業団体献金を全面的に禁止する法案の共同提出を目指している。だが、自民党が反対している以上、実現の見通しはない。

ならば、せめて維新のように自主的にまず禁止措置をとれば国民へのアピールにはなる。しかし、「自民党を利するだけ」(枝野幸男幹事長)として、民主党にその気はさらさらないようだ。

 政府・与党を攻めあぐねる民主党だが、そもそも民主党自身が肝心な政策で態度があいまいだ。消費税再増税も米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設も環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)も原発再稼働もしかり。

こうした注目課題は、いずれも民主党政権時代に推進した政策ばかりで、下野して3年が過ぎたのに、いまだに賛成なのか反対なのかはっきりしない。だから、国会論戦で“ゲス”な質問しかできないのではないか。

 そんな中で、菅直人元首相は7日、自ら「衆参同日選キックオフ」と銘打ち、地元で街頭演説を始めた。

過去2回の衆院選で連続して選挙区で落選し、特に前回の平成26年12月の衆院選では最後に比例復活で滑り込んでいたことなどお構いなしだ。なお現役にこだわり、相も変わらず「脱原発」実現や「憲法改悪」反対を訴えていた。

 民主党のこんな体たらくを見れば、安倍首相でなくても近々解散を決断するのではないか。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

犬養毅

犬養毅は5.15事件でなだれ込んできた軍人に「まあ待て。靴くらい脱げ。話せば分かる」と言って靴を脱がせ別室に誘導しほぼ説得しかけてたところ、後からきた軍人がその光景を見て、仲間に対し「コラ、何話しとるんだ」といったニュアンスで発した「問答無用」で撃たれた

犬養毅は即死ではなく、撃たれた後に、しばらく息があった。しかし絶命するまでの間、うわごとのように「あの若いのを連れてこい。話せば分かるんだ」とつぶやき続けていたという。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例