FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

「現代版教育勅語の制定」を提唱-関西経済同友会

 関西経済同友会が5月1日付で「再び、誇りの持てる国へ」という提言を公表、その中で、「現代版教育勅語の制定」を提唱しています。その部分だけは、下記に紹介します。提言の全文は、下記のホームページにアクセスし、「企画調査部会の提言」というところをクリックしてください。

http://www.kansaidoyukai.or.jp/

 この関西経済同友会は、靖国参拝を支持する提言を出したところで、経済界がこのような提言をしているところに、時代の動きの速さを実感します。昨年12月の新教育基本法制定に伴い、道徳や伝統的価値観重視の流れは決定的になってきています。
 問題は、このような時代の動きに、国会議員やマスコミがついていっているのか、ということです。現に、経済同友会の提言を、どこも報じていません。

 大いにこの提言を宣伝し、新教育基本法の趣旨を生かした学校教育へ、教育委員会や学校に働きかけていきましょう。(江崎)

(引用)

現代版教育勅語の制定
 かつての日本では、家庭が教育の中心的な役割を果たし、日本人として守るべき徳目が親から子へと伝えられ、地域社会でも子供たちを守り育てていた。徳を備えた日本人による社会では、親孝行や忠義が尊ばれており、明治維新前後に日本を訪れた外国人の目から高く称賛されていた。

その後の文明開化の流れの中で、知識や実学を重視した教育が行なわれる一方で、道徳教育が疎かにされ、子供たちの道徳面での乱れが見られるようになった。

こうした状況を憂う地方長官たちの建議を発端として定められた教育勅語には、国民道徳の根本として日本人が守るべき徳目が簡潔にまとめられ、父母への孝行や夫婦の和など、現代にも通用する規範が多く含まれていた。

さらに、学校教育の中で日々唱和されることにより、国民全体に浸透しており、戦前のこうした教育は、欧米をはじめとする各国から、国民教育の成功例として称賛されていたものである。

 しかしながら、教育勅語は、不幸にして戦後の占領政策の中で、軍国主義と結び付けられ否定され、廃止されてしまった。それ以来、日本人として守るべき徳目を具体的に伝える手段は失われたままであり、グローバル化が進む中で、日本人としての価値観が徐々に失われ、高潔さや清廉さ、公徳心が消えつつある。

制定後60年を経て初めて改正された教育基本法には、教育の目的として「豊かな情操と道徳心を培う」と謳われているが、この理念を実現するために、学校教育の現場でいかに子供たちに道徳を浸透させるかが課題となっている。

 そこで、日本人が本来有する美徳を取り戻すため、かつての教育勅語の良い面を取り入れ、さらにグローバル時代に生きる日本人として備えるべき精神や行動規範を含めた新たな徳目集を、「現代版教育勅語」として制定すべきである。ここには、「父母への孝行」を中核に、現代の日本にも通じる徳目を分かりやすく掲げるとともに、ボーダレス化する国際社会の中で、リーダーシップを発揮すべき日本人として備えておく徳目として、「世界の発展への貢献」といったことを含めておく必要がある。

 近年のグローバル化の進展と日本人の道徳の荒廃が進んでいる状況は、文明開化が進展していく明治中期の日本社会の混乱と同じようなものではないだろうか。私たちは全ての教育を学校に押し付けるのでなく、家庭や地域など社会全体で子供たちに道徳を徹底的に教え込み、次代を担う美しい日本人を育てるべきである。

【日本会議大阪より】

■第9回憲法シンポジウムに250名結集-明快となった日本国憲法の欠陥
~拉致問題から安全保障の問題、国際社会に置かれている日本の現状を知る~

 5月3日、日本会議大阪と関西民間憲法臨調が主催して、第9回憲法シンポジウムが大阪府神社庁会館で開催され、地方議員、府民、学生など約250名の参加者があった。

 今回は現行憲法施行60年の節目であり、国会では憲法改正の手続き法である国民投票法案の参院での審議、また自民党が新憲法制定の集いを開催するなど、例年になく、事前の話題づくりもあり、本会も団体動員をせずにこれだけの参加者があったことは改憲論議の関心度が高まっていることを示している。

 東京では当日、民間憲法臨調が主催した「憲法フォーラム」において、日本会議国会議員懇談会を中心とした有志の議員らがまとめた「新憲法大綱案」が発表されたが、大阪では今回初めて拉致事件を真正面に取り上げ、安全保障、国際社会・政治の中の現実的認識からいかに主権を回復していくのか、具体的な課題を参加された方に提起できたように思う。

 基調講演では福井県立大学教授・「救う会」副会長の島田洋一先生より、「拉致問題に見る日本国憲法の欠陥」と題して、最新の情報を踏まえた興味深いご講演を頂いた。講演要旨はおおよそ次の通り。

 まず拉致は戦争犯罪行為であるにもかかわらず、憲法では全く有効に機能していない。

 学生にレポートを作らせた場合、金正日の北に対して厳しく対応していくことは一様に書くが、「日本は軍事力を使ってはいけない」「軍事的な圧力を使えば戦前のようになる」との件が多く、いかに憲法前文が描く歴史観に学生たちがすり込まれているを実感する。その意味で、憲法の歴史観の不備を正すことが大事だ。

 今、起こっている慰安婦問題は、北が拉致問題と絡めることによって、かつて日本は450万人の強制連行と20万人の慰安婦を性奴隷にしたことがあり、拉致問題の前にこりに謝罪することだと主張、米国もこれに巻き込まれている。しかしあくまでも北は慰安婦問題を出すことによって、拉致問題の重大性を薄める狙いがある。

 外務省が従来、きちんとした対応をしてこなかったつけが今、出ている。これに対しては、慰安婦は商行為であり、決して性奴隷でなかった事実を主張し、中国での脱北女性が性奴隷になる悲惨な人権侵害に対して、わが国が強く抗議していくことが人権侵害に声を挙げていく姿勢を示していくになる。

 次に米国の要人は拉致事件などは海兵隊、特殊部隊を使ってでも、被害者を救出するという意見を多く聞くが、正義のために攻撃的な行動するという発想は極めて健全である。しかしわが国は集団的自衛権の行使ができないことで、軍事的圧力を示す姿勢をとれない。

 たとえば米国では、レーガン大統領が「我々は勝つことによって冷戦を終わらせる」と主張し、ソ連のテクノロジーを攻撃し、SDI構想を推進することによって、ソ連が崩壊した事実もあり、北の現政権の崩壊も圧力によって崩壊する可能性がある。

 6カ国協議後、米国の政権内部では北との融和路線をとる国務省と北の本質を知って強行な圧力路線をとる国防総省のあつれきがあるが、ブッシュ大統領もそろそろこの状態に嫌気をさしている。

 拉致問題では中国が重要な鍵を握っているが、既に2人の中国人女性が拉致されている事実も明らかとなっており、救う会では一緒に北に圧力をかけようと呼びかけており、いずれ中国政府も動かざるをえなくるだろう。また中国は脱北者を難民でなく不法移民者と見なすことによって、国連難民高等弁務官に接触させずに北に送還させることをしているが、国連こそこのような事態ほ見逃してはならない。

 無論、憲法改正するには時間がかかり、拉致解決はすぐにやらねばならない問題であるが、国内にある圧力反対の意見に対して、集団的自衛権を行使することによって、戦闘区域では同盟国と共同行動をとり、決して敵前逃亡をとらない姿勢を示し続けることが、拉致解決に繋がっていくものと確信するから、活発な改憲論議は必要である。

 続いてシンポジウムの時間では、島田先生の他、関西民間憲法臨調代表の吉田和男先生、同会代表委員の慶野義雄先生をパネリストに、同会幹事の大矢吉之先生、奥村文男先生をコーディネイターにして、基調講演の内容をさらに深めていった。

 冒頭では奥村先生から国民投票法案の問題点について、簡潔な説明があり、続いて、参加者から提出してもらった質問内容に沿って、拉致問題と憲法の関係、元首規定、ナショナリズム、明治憲法のすばらしさの継承について、様々な視点から議論が展開された。

 島田先生の提起からも国際社会に置かれている日本を正確に把握できなかった、それ故に対応することができなかった、その元凶に現行憲法が存在することを改めて認識できたこと、憲法改正か否かの選択肢ではなく、実際に拉致被害者を助け出し、核問題に対応するためにはどのような改正内容が国民世論を形成し、機能することができるのかを否応なく考えさせられたシンポジウムであった。

 当日はマスコミの関心も高く、朝日、大阪日日、毎日放送、関西テレビの取材があった。

【富山県のMさんより】

富山県富山市在住ですが、県内でも9条の会が増殖しており危惧しておりました。

草の根ネットワーク、微力ながら応援させて頂きます。

なお、北日本新聞が3日、県民200名に行ったアンケートでは、憲法改正に賛成が計48%、反対27%。9条に限った賛否は「改正は必要」が35%、「不要」は38%との事。護憲側の動きの割には冷静な結果です。

富山県内では、改憲に関する報道はありませんでした。護憲は「憲法擁護富山県民連合」「憲法9条の会inとやま」に関する報道が多数ありました。ローカルねたで恐縮ですが、参考までにメールします。

・憲法擁護富山県民連合
 3日、又市・社民党幹事長がJR富山駅前ほか4箇所で街頭演説、
約130名参加との事。公演内容は以下の通りです。

【社会新報】富山県版 from 社民党富山県連合
 憲法記念日 又市氏・森田氏が街頭で訴え 
http://blog.goo.ne.jp/sdp-toyama/e/f995fa79a39d097129cce1b77d67fa88
・憲法9条の会inとやま
 3日、奥平康弘・東京大学名誉教授が県民ホールで講演会を行いま

した。朝日新聞(富山版)に記事がありましたので添付します。
(誤字脱字がございましたら申し訳ございません)
~~~
・KNBニュース 憲法記念日、平和憲法を守ろう
 http://www2.knb.ne.jp/news/20070503_11214.htm
・「戦争イヤ、9条守れ」 労組員ら、護憲キャラバン /富山
 
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/toyama/news/20070504ddlk16040281000c.html
・9条テーマに--3日、県民会館/富山
 
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/toyama/archive/news/2007/05/01/20070501ddlk16040095000c.html
・9条小杉の会:13日に発足会--射水/富山
 
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/toyama/archive/news/2007/05/03/20070503ddlk16040651000c.html

北日本新聞
・社説 憲法施行60年/意義と役割よく考えよう
 http://www.kitanippon.co.jp/contents/syasetsu/4530.html・改憲賛成48% 憲法施行60年・本社県民アンケート
 
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20070503/4531.html
~~~

朝日新聞 富山版(2007年5月4日)

憲法施行60年「9条を守れ」各地で

憲法施行60年となった3日、県内各地の講演会やフォーラムで憲法についての議論がされた。衆院で国民投票法が可決されるなど憲法改正へ向けた動きが強まるなか、市民に隠れている9条改正反対の意識を掘り起こそうとする訴えや、環境を守る立場から9条を守ろうという呼びかけがあった。

富山市

富山市の県民会館では、憲法9条を守る立場から設立された「9条の会」の呼びかけ人で憲法学者の奥平康弘・東大名誉教授が講演した。

「9条の会」は、ノーベル賞作家の大江健三郎さんや評論家の加藤周一さんら9人が呼びかけ「憲法9条を世界に輝かせたい」として04年6月に発足した。

奥平さんは自衛隊と憲法についての解釈などで、呼びかけ人や賛同者の中でも9条や平和への考え方は異なる部分も多いと説明。その上で「9条改正に反対する志や理由は様々でも、色々な人たちに働きかけることが重要」と話した。

また、「9条の会」の地方組織が全国に広がっていることや、講演会が各地で満員になっていることなどを紹介。「もともとあった鉱脈に当たった。9条改正に反対する意識は地下に隠れていただけで、やり方次第で表に出てくる」と活動への手応えをかたった。

魚津

松江市の島根原発から青森県六ヶ所村まで原発のある町を歩いて自然や平和の大切さを伝え、憲法9条を守ろうと訴える「ウォーク9」の一行が3日、魚津市を訪れた。森林ボランティアグループ主宰の正木高志さん(61)の呼びかけで始まった。松江市を3月に出発、主に日本海側を通り6月22日の六ヶ所村到着を目指して、平和を守りたいと考える若者ら10人が歩いている。木を植える活動をしていた正木さんは、島根原発を目のあたりにし「原発は環境を汚染し、戦争になれば狙われもする。平和があってこそ自然を守る活動もできる」と考えた。

「平和憲法を守ることは地球全体を守ることにつながる。環境を次世代に伝えるためにも9条を変えてはいけなのです」

各地で交流会やライブ演奏会も開催。魚津でも4、5日に「新川学びの村天神山交流館」で「アースディとやま2007にいかわ」前夜祭として開かれたフォーラムに参加した。基調講演で正木さんはアフリカの太鼓をたたき、自然や平和の大切さを歌い、「環境は見えにくいので意識するのが難しいが、これ以上奪ったら生きていけない」と訴えた。
~~~
・憲法9条の会inとやま
 http://www7a.biglobe.ne.jp/~toyama-9jo/
・アースディとやま2007にいかわ
 http://ed-nkw.net/
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改憲問題と中曽根、若宮さんの意見

5月6日のテレビ朝日のサンデー・プロゼクトで三大新聞の社説責任者による、護建か?改憲か?の討論があったが、面白いことに気がついた。<<朝日の若宮さんの意見>>朝日新聞の若宮啓文論説主幹の発言だ。9条に関連して、日本は今までアフガン、湾岸戦争、イラク問題等を

「ああいえば上祐」一考

ランキング(政治)に参加中「カルト」の本質は変わらない! オウム上祐前代表派が新団体設立=「ひかりの輪」、麻原脱却を強調  オウム真理教(アーレフに改称)から脱会した上祐史浩前教団代表(44)はセミナー最終日の6日、東京都世

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例