07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

立ち上る火柱と黒煙、「桜花」が敵艦に突入するのを確かに見た…特攻隊護衛の元零戦パイロットの証言(下)

立ち上る火柱と黒煙、「桜花」が敵艦に突入するのを確かに見た…特攻隊護衛の元零戦パイロットの証言(下)
産経新聞 H28.11.15

きょうかん
仲の良かった4人での記念写真。前列左が野口さん、隣が畠山さん。2人は教官で後列の2人は練習生だ=昭和19年6月(野口さん提供)


 第二次世界大戦で劣勢に立たされた日本海軍は昭和19年11月、特攻用の航空機「桜花」を戦力とした特攻隊「海軍神雷部隊」を発足する。そして翌20年3月21日、「第一回神雷桜花特別攻撃隊」が出撃する。

初の特攻だ。「プロペラはないし、計器も数個しか付いていない。これでどうやって飛ぶのだ?」。零戦パイロットの野口剛さん(91)は初めてその姿を見たとき、こう驚いた。

その桜花を搭載した一式陸上攻撃機は同日正午前、次々と鹿児島・鹿屋の基地を離陸。野口さんは零戦で護衛するために編隊を追った。

覚悟を決めて離陸した野口さんの頭の中に、離陸直前、上官から言われたこの言葉が何度もよぎったという。「腕で護(まも)れなかったら身を持って守れ」という言葉が…。 (戸津井康之)

「永遠の0」で見た飛行法で特攻隊を護衛

 「第一回神雷桜花特別攻撃隊」の一員として零戦で出撃した野口さんの任務は、桜花を搭載した一式陸上攻撃機の編隊を敵戦闘機から守り、目的地の沖縄方面まで送り届けること。

 「私は左側の一番後ろの位置に付いて編隊を護衛しながら飛行しました。機体を上昇させたり下降させたり、また左右に行ったり来たりしながら。少しでも早く敵を見つけるためです」

 この飛行方法を聞いて、ある映画のシーンが頭をよぎった。「永遠の0(ゼロ)」で特攻隊を護衛した主人公の零戦パイロット、宮部久蔵の飛行方法はまさにこれだったのだ…。

 そのときだった。

 「突然、後方から敵機に銃撃されました。前方しか見えていなかったのです…。敵機が左側に移動したので、私は右から高度を上げて戦おうとしたのですが、方向舵を撃たれ動かなくなってしまい、思うように操縦できませんでした」
編隊からの離脱を余儀なくされた野口さんは高度を下げながら、南大島の基地を目指した。島に不時着して機体を直し、編隊に戻るためだった。

 ふらつく機体を操縦しながら、野口さんは原っぱの滑走路に何とか不時着した。「燃料補給してもらい再び離陸しようとしたのですが、整備士から『機体の穴をふさがなければ飛べない』と言われました」

「桜花が突入するのを私は確かに見た!」

 翌日、鹿屋基地へ帰還した野口さんは、その後、幾度も桜花の護衛で出撃した。

 桜花を搭載した一式陸上攻撃機は重量が重くなり、動きが鈍くなるため、護衛の零戦が編隊から離れてしまうと、敵機に簡単に撃ち落とされていったという。ほとんどの桜花が敵艦隊の上空にたどり着けないまま墜落していったのだ。

 桜花の戦果は数えるほどしか記録に残されていない。だが、野口さんはこう断言した。

 「私は一度だけ桜花が敵艦に突入するところを確かに見ました。駆逐艦か巡洋艦でした。桜花が突っ込むと真っ黒な火柱と煙が立ち上りました…」と。

初陣で帰らなかった友を想う

 次々と同僚らを失っていった悲しさ、つらさを一切表情に出さず、野口さんは神雷部隊の貴重な証言者となってくれた。

 数時間に及ぶロングインタビュー中、終始、冷静沈着かつ気丈に語り続けてくれていた野口さんだが、ぐっと感情を押し込めるように小さく嗚咽(おえつ)する瞬間があった。目から涙がこぼれないように、ぐっと唇を噛みしめながら…。

 それは「第一回神雷桜花特別攻撃隊」出撃3日前の3月18日、米艦隊による九州への空襲を阻止するために出撃した(ようげき)遨撃戦での出来事を語り始めたときだった。その出撃は野口さんにとって初の空中戦。零戦パイロットとしての初陣だった。

「無我夢中で隊長機に付いて飛ぶのが精いっぱいでした。引き金の引き方も思うようにならず、気づいたら機銃の弾薬が無くなっているという状態でした。4回ほど離着陸を繰り返し、弾薬と燃料を補給し、空中戦へ戻りました…」

 日本海軍の被害は甚大だった。目の前で多くの僚機が撃墜されていくのを野口さんは目撃した。そしてこの日、野口さんの同期で一番仲の良かった友人の乗る零戦が帰還しなかった。

 「私には両親がいるし、長男でもない。一緒に行こうか…」。こう語り合いながら神雷部隊へ志願したあのときの親友、畠山力(ちから)さんが戦死したのだ。

 「基地で上官からよくこう言われてました。部隊で友人はできるだけつくるなと。その意味がこのとき、よく分かりました…」

 野口さんが、「基地で仲の良かった4人で撮った」という記念写真を見せてくれた。そこには野口さんの隣で優しく微笑む畠山さんの姿があった。

 「畠山と私が飛行教官、後ろの2人が練習生です」。4人ともまだ10代の若者だった。

間違えて陸軍基地に着陸

 もう1枚、野口さんが写真を見せてくれた。

 飛行服に身を包み、飛行帽をかぶった若きパイロット、野口さん、その後ろには軍用機が写っている。

 「鮮明な写真ですね。いつどこで撮影したのですか?」

 苦笑しながら野口さんはこう説明してくれた。

 「都城の基地へ向った際、上空から2つの基地が確認できました。一つの基地にはほとんど機体がなく、もう一つの基地にはたくさん駐機していたので、こちらだろうと、着陸したら、そこは陸軍の基地だったんですよ」

 野口さんは初めて行く基地への移動だったため、間違って着陸したのだ。

「陸軍の隊員が近づいてきて、『ここは陸軍の滑走路だぞ。まあいい。今日はゆっくり泊まっていけ。明日、海軍の基地へ戻ればいいから』と言い、記念写真を撮ってくれたんですよ」

 後日、この陸軍の兵士が現像して届けてくれたのがこの写真だ。

大空への夢は永遠に…

 戦争で多くのものを失った。終戦後、野口さんはしばらく何もする気にならなかったという。

 しかし、夢までは失ってはいなかった。

 「幼い頃から飛行機が好きで。だからパイロットになりたかったんですよ…」。予科練を希望したのも、零戦パイロットになったのも、それが理由だ。

 戦後、いろいろな仕事をしながら野口さんは民間パイロットになるための猛勉強をし、操縦士、通信士、航空士の試験をクリアし、民間ライセンスを取得。民間航空会社でYS11、DC9などの機長として世界の空を飛び続けた。

 「DC9は定年の60歳まで機長を務めました」。定年後も野口さんの空への夢は終わらなかった。

 さらに北海道から、九州まで、全国各地の民間航空会社でパイロットの教官などを務め、83歳まで現役パイロットとして操縦桿を握り続けたのだ。

 野口さんたち特攻兵の証言を集めたノンフィクション「特攻 最後のインタビュー」(ハート出版)の漫画書籍化の準備が現在、進んでいる。

 「桜花の特攻のような悲劇は二度と繰り返してはいけません。そのためにも過去の歴史を若い人たちにもっと知ってほしい」と野口さんは期待を込めた。

 さまざまな悲哀を経験し、それでも大空に憧れ続けた野口さんのたぎる情熱は、いつまでも風化しない…。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : ■国防

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例