04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

IS・クルド・トルコ・アサド政権…泥沼シリアをどう解決

IS・クルド・トルコ・アサド政権…泥沼シリアをどう解決
産経新聞 H28.11.13

あいえすか
1日、シリアとの国境地帯を監視するトルコ軍兵士(ロイター)

そうかんず


 米大統領選が最終盤を迎えた今月初旬。時折響く砲撃音が、前線が近いことを教えていた。

 トルコ南部にあるシリア国境の町カルカミシュ。トルコが8月、隣接するシリア側の町ジャラブルス周辺へ地上部隊を派遣した。

 住民のひとりは「トルコも実際の戦争に入っていくことになるなんて」と、戸惑いの表情を浮かべる。

 ◆同盟国と不協和音

 「ユーフラテスの盾」と名付けられた同国の軍事作戦には2つの狙いがある。

 1つは、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の国境地帯からの排除。そしてもう1つが、シリア反体制派が国境地帯を掌握するのを支援し、シリア北部での少数民族クルド人勢力「民主連合党(PYD)」の伸長を抑止することだ。

 いったい何が、北大西洋条約機構(NATO)の一員でもあるトルコにシリア領への越境に踏み切らせたのか。背景にあったのが、シリア情勢をめぐる米国との意識の食い違いだ。

 シリア内戦の決着よりも当面はISなどの過激派の掃討を優先させるオバマ米政権は、ISとの地上戦を担う存在としてPYDを支援。アサド政権とつかず離れずの関係を保つPYDも、米国の支援を利用する形で勢力圏を拡大させた。
しかし米国のこうした態度は、トルコにとってはマイナスに作用する。

 PYDは、トルコが国内で戦う非合法武装組織クルド労働者党(PKK)の実質的な傘下にあり、PYDが国境地帯を勢力下に収めることは、PKKの活動活発化につながるためだ。

 また、PYDが勢力圏を西へ伸ばすことは、トルコが目指すアサド政権排除の障害ともなる。

 8月の軍事作戦開始直後、米国は同盟国トルコの顔を立てる形で、PYDに対し、ジャラブルス近郊を流れるユーフラテス川以東へ後退するよう勧告し、これが守られない場合は支援を見直すことを示唆した。

 だが、トルコ南部ガジアンテプでクルド支援に従事するエルカン・シャヒンさん(33)は「PYDはクルドの土地を守ろうとしているだけ。米国も本音では認めているはずだ」と、クルド勢力が西進を諦めることはないと語る。

ISとの戦いでPYDを頼りにせざるを得ない米国は、結局はクルド勢力の伸長を黙認する-との“読み”だ。

 ◆「誰の味方なのか」

 2011年に始まったシリア内戦は、発生からの約5年で、難民の大量発生やISの台頭、クルド勢力の伸長とそれに対するトルコの軍事介入など、次々と局面が変化してきた。ロシアやイランの支援を受けるアサド政権は、軍事面で反体制派を圧倒しつつある。


そんな中で米国は、ロシアとの協議を通じて停戦を模索もしてきたが、その範囲に反体制派の一翼を担うヌスラ戦線(シリア征服戦線に改称)といった過激派を含めないとしたことなどで、停戦枠組みに実効性を与えることはできなかった。

米国の支援を受ける反体制派からも「米国は誰の味方なのか」(自由シリア軍)と憤りの声が上がる。

 そして、トランプ次期米大統領の下では、シリア政策の力点が「IS壊滅」にこれまで以上に集中するとの見方が強い。

 トランプ氏は選挙戦で、IS掃討に向け地上軍の投入や「戦術核の使用」、ロシアと連携も辞さないと述べる一方、米国の介入を避けてロシアとイランに委ねることを示唆してきた。

また、トランプ氏は当選後、米紙ウォールストリート・ジャーナルとの会見で「われわれは反体制派を支援しているが、彼らが何者かが分かっていない」と述べ、オバマ政権が続けてきたPYDや反体制派に対する支援を見直す考えを示した。

 米情報企業ストラトフォーは、「アサド政権とイランの立場が強まり、政権と対立するトルコなどが(内戦への)関与を強める」と分析する。

 シリア情勢でトランプ氏を待つのは、利害が衝突し、がんじがらめとなった泥沼だ。(トルコ南部カルカミシュ 大内清、ワシントン 青木伸行)




 トランプ次期米大統領が直面する世界の情勢と新政権の外交戦略について現場ルポを交えて報告する。
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例