FC2ブログ
 

参院選の焦点を、年金問題に矮小化していいのか

 一昨日の産経新聞に、復帰された平沼赳夫・日本会議国会議員懇談会会長のインタビューが掲載されていましたので、転送します。

《これからの日本は、米国的な経済至上主義ではなく、日本が培ってきた伝統、文化を座標軸に据えることが大切だと切に感じる。

 でも5年半の小泉政権は米国に忠実な経済路線を敷いた。それが最大の負の遺産だね。そういう民間人や学者を重用して議会制民主主義が危機に陥った。もちろん「正」の遺産だってある。日米安保とか有事法制とか。靖国神社に毎年参拝し続けたこともその一つだろうね。

「靖国神社に参拝するかしないかを明言しない」というのも、安倍さんらしくないでしょう。彼のことは議員になる前から知っているけど、もっと剛直な男ですよ。保守政治家らしい剛直さと優しさが魅力なんだから、遠慮せずにもっともっと自分のカラーを出した方がいい。就任直後から靖国神社に毎日参拝するくらいの気概を示していれば、支持率は下がらなかったと思うよ。》
 実に見事な総括と展望だと思います。
 安倍総理も「美しい国」創造へ、日本が培った伝統、文化を座標軸にすえるべく、教育基本法改正を成し遂げ、自分の時代に改憲を成し遂げるとの意向を表明されたのではなかったのでしょうか。

 今回の参院選は、政権交代を問う選挙ではないかも知れませんが、安部路線の是非を問う選挙、さらにいえば、日本が培った伝統・文化を座標軸においた国づくりの是非を問う選挙だと思います。

 平沼さんはまた、こうも指摘されています。

《だけど「チーム安倍」の顔ぶれをみると、本当に安倍さんの政治信条を理解して支えているのかと首をかしげてしまう人も多いよね。》

 だからこそ、安倍総理の政治信条を理解し、支える政治家を送り出そうと、日本会議としても今回、参議院比例代表では、自民党の有村はるこ先生と、衛藤晟一(えとう せいいち)さんを推しているわけです。

 攻撃は最大の防御なり。安倍らしさを前面に打ち出してほしい、と切に願わざるを得ません。(江崎)

(引用)
産経190606
【単刀直言】平沼赳夫元経産相 「武士道精神」持て

 ■経済至上より文化大切に

 松岡利勝前農水相があのような形で死を選んでしまったことは非常に残念です。彼は異能の政治家だったからね。かつては典型的な族議員だったが、生まれ変わったように農業改革に尽力していた。安倍晋三首相もつらいでしょうが、乗り越えなければいけない試練なんでしょう。

 ご存じの通り、私は12月6日に脳梗塞(こうそく)で倒れ、先月10日の衆院本会議で約5カ月ぶりに国会に復帰しました。自民党を含む多くの議員が私の座る無所属席まで来て「おめでとう」と声をかけてくれて、本当にうれしかったね。そういえば、安倍さんも私が退院した2月22日の夜に「おめでとうございます」と電話をくれたんですよ。

 倒れた夜は、自民党に復党が決まった11人の無所属議員のお祝い会だった。私の主催でね。ところが「乾杯」と音頭をとった途端に目の前がグルグルと回り始めて…。「主催者が倒れるわけにはいかない」と畳に両手をついて40分間ほど頑張っていたら、周囲が異変に気付いてくれて、すぐに病院に行ったからよかったけど、対応が遅ければ取り返しのつかない事態になっていたかもしれないね。

 「復党問題で生じたストレスが原因だ」などと言われているけど、私は中川秀直幹事長との最初の交渉の時にすでに「自分は戻れないな」と感じていたんですよ。事前に安倍さんと中川さん、森喜朗元首相、青木幹雄参院議員会長の4人で無条件の復党を決めたと聞いていたけど、実際は全然違った。中川さんは「誓約書を書け」「釈明文を書け」の一点張りだ。私は無所属議員11人から一任を受けていたから10回ほど会談を重ね、彼らの復党に何とかめどをつけたけど、実は妻と娘からは「誓約書を書くようなら、私たちはあなたを軽蔑(けいべつ)します」と言われてたんだよ(笑い)。

                  ◆◇◆

 まあ、5カ月間の闘病生活は、縦横斜めから物事を吟味する時間的余裕が与えられたという意味では悪くなかったね。これまでいかに直感に支配されて行動していたかを痛感したよ。

 そこで感じたんだが、今の政治全体に欠けているのは「武士道精神」じゃないかな。「武士は食わねど高ようじ」というけれど、政治家に一番必要なのはけじめでしょう。それがポピュリズムに支配され、けじめを失ってしまった。

 私は初当選以来、政治屋ではなく政治家でありたいと志してきたんですよ。政治屋と政治家の違いは3つある。1つは「千万人といえども我行かん」という気概だ。犬養毅元首相は軍部が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)しているときに政党の指導者として軍部の前に立ちはだかり、五・一五事件で凶弾に倒れた。私の養父、平沼騏一郎元首相も大東亜戦争に反対し、右翼に6発も凶弾を撃ち込まれた。それでもA級戦犯になったけどね。こういう気概があってこそ政治家だと思うよ。

 もう一つは、物よりも精神性や心を重んじる価値観だ。物質偏重の時代だからこそ、そういう価値観が求められていると思う。3つ目は、時代を先取りする先見性だ。この3つの観点から政治をみると、これからの日本は、米国的な経済至上主義ではなく、日本が培ってきた伝統、文化を座標軸に据えることが大切だと切に感じる。

 でも5年半の小泉政権は米国に忠実な経済路線を敷いた。それが最大の負の遺産だね。そういう民間人や学者を重用して議会制民主主義が危機に陥った。もちろん「正」の遺産だってある。日米安保とか有事法制とか。靖国神社に毎年参拝し続けたこともその一つだろうね。

                  ◆◇◆

 実は昨年秋に安倍政権が発足した直後は、失望の連続だったんですよ。「小泉流」のポピュリズムが随所にかいま見えたからね。
 「靖国神社に参拝するかしないかを明言しない」というのも、安倍さんらしくないでしょう。彼のことは議員になる前から知っているけど、もっと剛直な男ですよ。保守政治家らしい剛直さと優しさが魅力なんだから、遠慮せずにもっともっと自分のカラーを出した方がいい。就任直後から靖国神社に毎日参拝するくらいの気概を示していれば、支持率は下がらなかったと思うよ。

 最近の憲法改正や教育再生への取り組みを見ていると、少し安倍さんらしさが出てきたかな。だけど「チーム安倍」の顔ぶれをみると、本当に安倍さんの政治信条を理解して支えているのかと首をかしげてしまう人も多いよね。

 私は今でも自民党を愛していますよ。自民党が下野して、みんな自民党から離れていったときも、全国組織委員長として歯を食いしばって頑張った。そういう誇りがあるからこそ、無所属を通しているんだ。

 まもなく参院選に突入するけど、客観的に見て自民党には厳しい選挙になると思う。国民新党がキャスチングボートを握るという見方もあるが、なかなか難しいんじゃないかな。もし与党が過半数を割るようなことになったら、私には無所属議員としてやるべきことがあると思っている。政局が荒れそうなら、私が動く場面も出てくるんじゃないかな。(大谷次郎)

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

在特会講演会(6月24日)

ランキング(政治)に参加中次世代日本のために在日特権の廃止を! 韓国への反論がここからはじまる~をサブタイトルに、日本から反日国家へのカウンタープロパガンダがはじまります。在日特権を許さない市民の会/東亜細亜問題研

コムスンの問題と厚生労働省の体質

<<コムスンの問題と厚生労働省>>最近のマスコミでコムスンが袋叩きにあっている。確かに彼らのやり方には同情の余地はない。然し、数カ所の事業所の不正のために、会社全体の存続に関わるほどの罰則は厳しすぎはしないか。普通の業態の企業なら、数カ所の不正が発覚した

道徳を教科に位置づけることに反対する中教審--本気で教育改革を考えているのか?

 教育再生会議で話し合ったことが中教審によって骨抜き、否定されるというのは教育改革を望まないというのでしょうか。 道徳は形骸化され、西日本の多くの自治体では人権とか同和教育になってしまっている実態を理解し

コメント

民主党よ、社会保険庁の組合の怠慢の責任を取れ!

社会保険庁の職員は本当に働かない人たちです。それを民主党が支えてきたと言っても過言ではありません。
 それが証拠に社会保険事務所の職員が年金調査のために夜遅くまで外回りをしいるのを見たことがある人はいるでしょうか?
 組合に守られ、上から下まで働かなくてもある程度出世できる仕組みになっているそうです。
 だから、高額退職金と言う形で何億円もの国民から税金を奪うキャリア官僚もキャリア官僚なら、一般職員も一般職員であり、これでは月給泥棒と非難されても言い逃れできないのではないでしょうか?
 そして、そんな労働組合を支援してきた民主党は実は一番責任があるのです。
 むしろ、民主党の責任転嫁こそ、非難されてしかるべきです。

どうした安倍総理

おはようございます。TBありがとうございました。
紹介されている平沼氏の安倍総理談ですが、まさにその通りと感じます。
靖国神社など、堂々と参拝すれば良いのですよ。
最近のメルマガ「アカシックレコード」によると、中朝戦争(←北朝鮮が中共を攻めるという地政学的見解:中共&韓国 VS 北朝鮮&日米裏支援)の局面で、安倍総理は中共&韓国側の味方だと論じられており、一理感じます。
靖国によせる心があるなら、中共などに遠慮することなく堂々と参拝してほしいものです。
そのあたりがはっきりしなくて、安倍総理の立ち位置がはっきりしないので、しょーもない問題で支持率が落ちたりするのだと思います。
小泉氏など経済政策はともすると米国に日本国を売り渡すかのような内容もありましたが、靖国神社に堂々と参拝したり、中共・韓国に毅然とした姿勢を示したので、保守層から安定した支持を得て長期政権運営が可能となったのだと思います。
安倍総理にもそういう政権運営を期待したいですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例