03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑される。

1896年 - フィリピンの独立運動家・ホセ・リサールが処刑される。
PICT51371.jpg
PICT526511.jpg


スペイン植民地化のフィリピンで民族独立運動に起ち上がったが、1896年に刑死する。

 ホセ=リサールはフィリピン独立運動の初期の指導者。5代目世代の華僑系メスティーソ(混血)、ドミニコ修道会所有の農園の小作農であったが、教育の機会に恵まれマニラのサント・トマス大学で医学を学び、21歳でスペインに留学した。

マドリッドで同じく留学中のフィリピン人と会い、フィリピン人はスペイン人に劣るのではなく、足りないのはただ教育の機会だけだと考えるようになり、同胞を啓蒙して、スペインの従属すから解放することに使命を見出した。

フィリピン民族同盟を結成

 1887年に『ノリ・メ・タンヘレ(私にさわるな)』、91年に『エル・フィリプステリスモ』を出版し、激しくスペインの支配を告発した。

92年、マニラに戻り、社会改革を目ざすフィリピン民族同盟(リガ)を結成したが、ただちに総督によって逮捕されミンダナオ島に追放された。96年、かねて志願していたキューバへの軍医としての派遣を許可され、ミンダナオ島を離れた。

フィリピン革命で処刑される

 おりから8月、ボニファシオらが組織した独立派の武装組織「カティプーナン」が蜂起しフィリピン革命が始まると、リサールもその指導者のひとりとして再び逮捕され、簡単な裁判にかけられた。

リサールはこの蜂起には直接かかわってはいなかったが、有罪とされ、12月30日に銃殺刑となった。この日は現在、国民的英雄リサールの命日としてフィリピンの祭日となっている。

参考 『ノリ・メ・タンヘレ』

 ホセ=リサールが書いた小説『ノリ・メ・タンヘレ』については、ベネディクト=アンダーソンが『想像の共同体 ナショナリズムの起源と流行』(1983年に発表され、改訂が加えられ、2007年に日本で『定本 想像の共同体』が刊行された)で取り上げられ、よく知られるようになった。

(引用)1887年、「フィリピン・ナショナリズムの父」ホセ・リサールは小説『ノリ・メ・タンヘレ』を著し、この作品は今日、近代フィリピン文学最高の作品とされている。それはまた「インディオ」によって書かれた最初の小説でもあった。
<ベネディクト=アンダーソン/白石隆・さや訳『定本 想像の共同体』2007 書籍工房早山 p.52>

 注によれば、「リサールはこの小説を、当時、民族的に多様なユーラシアンと原住民エリートの共通語であった植民者の言語(スペイン語)で書いた。この小説と同じころ、最初の「国民主義的」新聞が、スペイン語ばかりでなく、タガログ語、イロカノ語のような「民族」語でも出版された」という。<同上書 p.52>

 ベネディクト=アンダーソンはこの小説の冒頭部分を引用して、そこに小説の登場人物、小説の読み手に暗黙の単一の共同体、つまり「想像の共同体」が生まれていることを述べている。そこから、「国民共同体」がどのようにし「想像」されていくかを、多角的に論じている。

【ホセ・リサール】

リサール


リサールは1861年、ルソン島ラグナ州カランバ町の裕福な中農の家に生まれた。

1611年に創設され、アジア最古で最大のカトリック系大学で、医学部門で高名なサント・トーマス大学で医学(とくに眼科)を学んだ。

その後、ヨーロッパに赴き、スペイン、ドイツに留学して、文学、科学、理学、医学などを修め、その間、プロパガンダ運動にも加わり、その中心的な役割を果たした。

リサールは、医学、文学、化学、絵画、彫刻なおに天分を発揮し、また語学(英、西、独、仏、露語など)に通じていたといわれる。

1887年に発表した傑作小説『ノリ・メ・タンヘレ(我に触れるな、または、社会の癌)』はフィリピンにおけるスペイン政府とカトリック
教会の圧制を批判したもので、禁書とされながらも、フィリピン民族主義の高揚に大きく貢献した。

リサールは留学より帰国後、国内、とくに教会組織に睨まれ、圧迫を受ける。

それから逃れるため、香港、アメリカ経由でヨーロッパに尾もk向く途中、1888年(明治21年)2月28日、日本(横浜)に立ち寄った。
当初は数日間の滞在のつもりだったが、1ヵ月半日本に滞在する。

日本と日本人をよりよく理解するため、滞在中、汽車や人力車などを利用して国内(宇都宮、日光、国府津、小田原、湯本、熱海、藤沢、江ノ島、戸塚など)を旅行した。

リサールは短い滞在ながら、日本および日本人について好印象を持ち、「日本人は温順、平和、勤勉で、将来ある国民である」「日本とフィリピンとは緊密な交渉を保たねばならないであろう」などと、本国の家族や友人らへの手紙や日記に書き残している。

1888年4月13日、横浜より「ベルジック号」に乗船し、アメリカ経由でヨーロッパに向かう。

ヨーロッパに赴いたリサールはロンドンに滞在し、1891年、『ノリ・メ・タンヘレ』の続編として、第二の傑作小説『エル・フィリブステリスモ(暴虐の支配)』を著し、ベルギーで発行したところ、この小説を契機にいよいよその名声が高まった。

スペインの残忍さとフィリピン人の惨めさを勇敢な筆致で描いたリサールのこの二つの小説は、後の革命の導火線となった。

1892年7月にマニラに戻ったリサールは、平和的革命要求を掲げつつ、フィリピンにおけるプロパガンダ運動を支持するとともに、財政的支援を行うために市民運動組織「フィリピン同盟」を創設した。

しかしながら、こうした革命運動はスペイン官憲の容認するところとはならず、1892年7月に逮捕され、ミンダナオ島ダビタンに流刑となる。

その後、1896年8月、カティプナン反乱の首謀者として逮捕され、同年12月30日、マニラのバグンバヤン(現・リサール公園)で銃殺刑となり、36歳の短い生涯を閉じた。

【おせいさん】

リサールは日本滞在中、日本人女性「おせいさん」(本名・臼井勢以子)と知り合い、つかの間のロマンスを楽しんだといわれる。
「おせいさん」の兄は彰義隊に加わり、上野で戦死。

父は千葉県出身の幕臣で、明治に入り横浜で貿易商を営んで財を成し、彼女は東京都内の私立女学校を卒業し、英語(および多少のフランス語)を解し、当時の日本女性としては素晴らしい教養を持ち、編み物、絵画を得意とし、音楽、読書、歌舞伎を好む人物であった。

リサールはスペイン公使のハウス・ゲストとして東京麻布にあるスペイン公使邸に滞在していたが、同公使邸周辺に日本人の高級住宅街があり、その一角に「おせいさん」の住む「臼井家」もあった。

リサールは、スペイン公使邸に滞在し始めてから数日後に、ほぼ毎日夕方、散歩の途中スペイン公使邸を通る日本人女性「おせいさん」を見初め、公使館に働いている日本人庭師の助けを借りて「おせいさん」と近づきになり、交際を重ねるうちに親しくなった。

「おせいさん」は、不遇な状況にある独立の志士リサールと彰義隊として上野で戦死した兄の姿を重ね合わせ、リサールに深い同情の念を抱いたといわれる。

「おせいさん」は、リサールが都内および地方を旅行した際、ガイド兼通訳として十分な役目を果たしたのみならず、日本語、墨絵、日本の歴史、文学を教えた。

リサールは、日本の歴史物語の中では「赤穂浪士」に非常な感動を示したという。

リサールは、「おせいさん」の豊かな教養、美貌と気品の高さにすっかり魅了されたといわれ、ガイド、教師、通訳というよりは恋人的存在であった。

しかし、革命本能が強かったリサールは、祖国の大義のためヨーロッパに在留するフィリピン人同志と交わるべく、恋愛の情を断ち切って「おせいさん」と別れ、1888年4月13日、横浜からヨーロッパへ赴いた。

「おせいさん」はリサールの処刑後、しばらくしてから、化学専攻の英国人教授アルフレッド・チャールトンと結婚した。
チャールトン氏は教育分野での貢献により日本政府より勲五等を授与されている。

「おせいさん」は第二次大戦中は東京から山口県萩市に疎開していたが、1947年(昭和22年)5月、80歳で他界した。
両人の間に、もうけられた一女(ユリコ)は、貴族院議員の子息である瀧口吉春と結婚し、一児吉亮を、もうけた。

この「おせいさん」の孫に当る瀧口吉亮氏は、在チュニジア駐在特命全権大使や財団法人国際教育協会常任理事などを歴任した元外交官である。

(参考:佐藤虎男・著 『フィリピンと日本』 サイマル出版社 1994年9月初版)

(平成25年6月18日追記)




【ホセ・リサール】

リサールを南海の頼山陽といった人があるのは、ある意味であたっている。
一枝の筆よく、7千余(その頃は2千余の島といわれていた)70余の人種からなるフィリピンを打って一丸の国民とする機運を作った人だからである。

別の人はまた、リサールをフィリピンの汪精衛おうせいえいだという。
これも適当な比喩だ。

すなわちアギナルドが風雲を駆使し、雷霆らいていを叱咤する乱世の英雄であり、実行家であるに対して、リサールは思想家であり、そして「種子蒔く人」であった。

生まれたのは西暦1861年で、血統をいうと父方は明末みんまつに亡命した支那商人であり、母方はフィリピン固有のタガログやビサヤンの血は元より、スペイン、支那、また日本人の血まで交じっている。

リサールが万能の天才で、本職の眼科医としてドイツにまで知られていたばかりでなく、詩をよくし、小説を書き、絵画彫刻ともに巧みであり、農学や博物学方面にも業を残し、歴史や古文書にも卓越した才能を見せ、語学にいたっては7ヵ国語に通じていたのは、この入り交じった血のお蔭だろう。

しかし万能の天才も、中心を一貫する燃ゆるような愛国心を抱いていなかったら、只の才子たるに留まったであろうが、リサールはそれをもって、同胞を鼓舞し、独立の気運を醸成した。

しかも一面にその大望を抱きながら、母が眼病に苦しんでいるので、医学上の専門としては眼科を選んだという優しい半面もある。

リサールが初めて読んだヨーロッパ文学はデュマの『モンテ・クリスト』で、これから深大な感銘を受け、後にまたウージュヌ・シュウの『流浪のユダヤ人』を読んで、これにも影響された。

それでヨーロッパに留学中、自分もペンを取って、『ノリ・メ・タンヘレ』という小説を書いたのである。

フィリピン人がカトリックの僧侶とスペインの悪政に、どんなに万斛ばんこくの恨みを呑んでいるかを描いた作品で、遊学研究の地のベルリンで出版され、官憲の目をくぐって、フィリピンに密輸入せられた。

なにしろフィリピン人のもつ最初の小説、最初の国民文学だから、それは地下にくぐって手から手へと渡って愛読せられ、全群島の文字ある者を湧き立たせた。

このためスペイン官憲から睨まれ、祖国へ帰っても落ち着くことが出来ず、明治21年の春には、日本に亡命して1ヶ月ほど滞在した。

この間に、おせいさんという娘とプラトニックな恋愛事件があったことは、リサールの遺品の中に、後でその写真が発見され、日記にも彼女のことが見えるので、疑いもない事実である。

日本を去って再びヨーロッパに流寓るぐうし、先の小説の続篇『フィリブステリスモ』を書いて、いよいよスペイン政府の怒りを買った。

そして捕まって、ダビターンという島に流し者になった点は、ビクトル・ユーゴーと似ている。

この間に、マニラを中心としてカチプナンの結社ができ、発頭人のボニファシオは、リサールの全島に人望の盛んなのを見て、ひそかに救出して首領にいただこうと渡りをつけたが、「いや、自分は、あくまでも平和手段をもって、島の改革をはかる所存だから、秘密結社への加入は断る」といって拒絶した。

だからリサールとカチプナンとは何の関係もないのである。

だが、リサールの筆の影響力の大きいのを、何より恐れるスペイン当局は、いろいろな経緯の末、遮二無二にリサールを元凶ということにしてしまって、これに死刑の宣告を下した。

この時、リサールを慕う同志は、しきりに脱走の計画をめぐらし、それをすすめたが、運命の窮まれるを覚悟した彼は、「一粒の麦、地に落ちて死せずば、万石の麦とならじ」といって、断った。

明治29年12月、バグンバヤン(今のルネタ)の草原が刑場となり、朝霧の中に響いた銃声は、この愛国者の一命を奪った。
時に年37。

しかし彼の期待した通り、その血潮の跡から、無数の愛国の芽が吹いて、7千の島々にスペイン打倒、祖国独立の意気がみなぎり渡った。

「いよいよ好機いたれり」と喜んだのはアギナルドである。

しかもリサールの死後、その愛妻のジョゼフィーヌがアギナルドの陣営に身を投じ、自ら剣を持ちスペインへの復讐を誓ったのだから、アギナルドの率いる独立軍の士気は、いよいよ振い立たずにはいなかった。

(参考:木村毅 著 『布引丸ーフィリピン独立軍秘話』 恒文社 1981年9月発行 第1版第1刷)

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例