09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

米紙「孫娘PPAP喜ぶ日本人は危機感なし!」 豪腕トランプ政権と挑発・中国が“開戦前夜”

米紙「孫娘PPAP喜ぶ日本人は危機感なし!」 豪腕トランプ政権と挑発・中国が“開戦前夜”
産経新聞 H29.2.6

とらんぷ゜゜゜
2日、米ワシントンで演説するトランプ大統領(UPI=共同)


 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、いま世界で、その一挙手一投足が最も注目されている、変な髪型のあの男に絡むお話です。

 昨年12月、正式な外交関係がない台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統(60)といきなり電話会談を行い、世界を仰天させたドナルド・トランプ米大統領(70)。

 まあ仰天するのも無理はありません。米国は1979年の米中国交正常化以降、台湾を中国の一部とみなす中国の主張を受け入れ、「一つの中国」政策を維持し、台湾の総統との接触を控えてきた経緯があるのですが、トランプ米大統領は知ってか知らずか、これを完全に無視したわけです。

 当然ながら中国側は猛反発したわけですが、年が明けた1月14日付の米CNN(電子版)によると、トランプ米大統領は自分の間違いを正すどころか、2日前の12日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)とのインタビューで「『一つの中国』を含む全てが交渉の対象だ」と明言。「一つの中国」政策見直しのための交渉は可能であるとの考えを示したため、中国側はまたまた強い反発を示したのでした。

 というわけで、両国の関係はますます険悪なものになっているのですが、その険悪ぶりは、われわれの想像をはるかに超えたレベルのようなのです。今週の本コラムでは、まさに一触即発と言っていい米中関係についてご説明いたします。

■尖閣めぐり米国は日本を防衛、国防費57兆円も削減せず…そして

 “そういえば、最近、米中関係ヤバイよな~”などと深く考えもせず、本コラムのネタ探しで海外メディアのサイトを巡回していて驚きました。

 まずは1月19日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP、電子版)です。「ドナルド・トランプは中米の軍備拡張競争を悪化させるか?」との見出しのその記事は、トランプ米大統領の就任後、中国は米からさらなる軍事的圧力を受けているとしたうえで、レックス・ティラーソン米国務長官(64)は、中国は南シナ海に建設した人工島へのアクセスを禁じられるべきであると明言。

 同時に北京(中国政府)では、米の(中国に対する)軍事力の存在感の高まりと(両国の)対立の危険性について、より多くの恐怖が誘発され、東シナ海の尖閣諸島を中国側が強奪しようとした場合、米が日本を防衛する側に回るというワシントン(米政府)の約束を再確認したと強調しました。
そして中国人民大学米国研究センターのShi Yinhong教授の「トランプ政権下では(両国の)軍備増強競争が悪化するだろう」との見解を引用したほか、

米オバマ政権が打ち出した2011年から10年間で国防予算を5000億ドル(約57兆3000万円)削減する方針をトランプ政権が撤回。

対する中国ではここ30年で軍事費が急増し続けている現状などを挙げ、両国の間に緊張が高まっているというトーンで報じています。

 ちなみ2015年時点で比べると、米の軍事費は約6000億ドル(約68兆8000億円)で、中国はその約3分の1の1900億ドル(約21兆8000億円)。

まだまだ差は大きいですが、昨今の中国の経済発展ぶりのスピードなどを鑑(かんが)みれば、何がどうなるか分かりません…。

■「中国は米国と軍事衝突を視野に準備を…そして

 というか、この記事が出てから8日後の1月27日付のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP、電子版)は、さらに衝撃的なニュースを伝えました。

 「中国は米との軍事衝突の可能性に向け、備えを始めている」という見出しなのですが、この記事では<ドナルド・トランプ米大統領が(中国に対する)敵対行為を行う危険性を高めているため、

中国は米との軍事衝突の可能性を視野に入れた準備を進めている>という恐ろしい事実をさらっと明言。

 さらに、中国の人民解放軍が、トランプ米大統領の就任式の前日となる1月19日、自身の公式サイトで、アジア太平洋地域の治安がより複雑化するなか、米中間で戦争が起きる可能性が“より現実的になった”と明言したことを伝えました。

 また、中国の最高軍事指導機関である「中央軍事委員会」の国防部門を担う「国防動員委員会」の関係者が“(オバマ政権以来続く)アジアにおけるリバランス(再均衡)戦略の調整を求める(トランプ米大統領の)考え方や、

東シナ海と南シナ海での(米の)軍事展開、韓国のミサイル防衛システム配備の動きは、キナ臭い動きの地域が発火に近づいていることを示している”と述べたと説明。

 そして「大統領の任期内の戦争(の開始)」や「(何かあれば)今夜にも戦争が始まる」といったトランプ米大統領のスローガンは、もはや単なるスローガンではなく、きわめて現実に近づいているとの警告を報じたのでした…。

こうした中国側の高官の発言は、英紙インディペンデント(電子版)も1月31日付で前述のサウスチャイナ・モーニング・ポストの報道を引用しながら報じるなど、世界が危機感を持って注目しています。

 無論、こうした中国側の発言は米に対する脅しや牽制(けんせい)の意味合いも強いのでしょうが、トランプ米大統領が「一つの中国」政策を無視するというまさかの対応をとったことで、米中間にかつてない危機が高まっていることは確かです。

 だがしかし。隣国である中国と米が大変なことになっているにも関わらず、いまだ危機感が薄いのが日本です。

 その証拠に、1月25日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)は「日本人はドナルド・トランプ(の政治的・外向的手腕など)について疑問視しているが、(彼の娘の)イヴァンカさんのことは愛している」という見出しの記事を掲載しました。

 この記事、まさに見出し通りで、日本人はトランプ政権が日米安保や対日貿易問題などに与える影響を疑問視しているが、娘のイヴァンカさんは仕事も育児も見事にこなす完璧な女性として尊敬しているなどと説明。

 そして、彼女が次の駐日米国大使になるのではといったタブロイド紙の憶測記事にネット民が熱狂し、イヴァンカさんが動画投稿サイトのユーチューブに投稿した、娘のアラベラちゃんがピコ太郎の「PPAP」を歌い踊る姿にファンが増えているといった話題に言及。

 さらに、イヴァンカさんが着用している衣服やバッグが日本女性の注目を集め、国内のファッションビジネスの需要増に貢献しているといったトーンでも報じています。

 このワシントン・ポストの記事、平たく言えば“日本人はトランプの怖さにちっとも気付かず、娘のイヴァンカのことで大騒ぎしている”と遠回しに日本を嘲笑(ちょうしょう)しているわけです…。

オバマ政権の方針から一転、見るからに好戦的なトランプ政権と、そんな米国に負けじと軍備拡張と挑発行動を繰り返す隣国・中国。日本人はもう少し、今後の米中関係の行方に危機感を持った方がいいと思います。(岡田敏一)




 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。


関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

アンネマリエ・アイルフェルト aその6

里美です。

【Deutsche Schlagersaengerinnen】 = D-POP woman-singers

アンネマリエ・アイルフェルト[Annemarie EILFELD] aその6

Dein Herz ist eine Geisterstadt
[Eine deutsche Schlagersaengerin Annemarie EILFELD fuehrte ihr eigenes Musikstueck <Dein Herz ist eine Geisterstadt> bei<m 19. Schlagermove Hamburg 2015 (vom 10. Juli 2015 bis zum 11. Juli. 2015)> vor.]
[Annemarie EILFELD <Dein Herz ist eine Geisterstadt> 2016.]
https://www.youtube.com/watch?v=jWvppCwv__M

【注】
1. 毎日毎日お仕事お疲れ様です。お昼の一時、休憩時間の一時、週末の一時、祝日の一時、祭日の一時などにどうぞ。
2. バックグランド・ミュージック[dt.: die Hintergrundmusik]にもどうぞ。
3. ドイツ語の聞き取りの特訓にもお使い下さい。
4. ドイツ語を理解することができるようになれば、特に必死になって英語、オランダ語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語などを学習しなくても、英語、オランダ語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語などを理解することができるようになります。・・・でもでも、語学よりも数学、物理学、化学などの理科系科目をしっかり学習して、第1次データに基づき論理的に考える力を養うことが必要であると思います。・・・ところで、語学は、YouTube動画を見て聞けば、学習することができます。
5. ドイツ[dt.: Deutschland]のハンブルク市[dt.: die Stadt Hamburg]の正式名称は、自由ハンザ都市ハンブルク[dt.: die Freie und Hansestadt Hamburg]です。

アイゴー

米国に愛想をつかせない世界

 欧州は、リベラル民主主義への政治的なこだわりがあり、トランプからそこをないがしろにされると、対米従属をやめて自立を検討していかざるを得ない。だが日本など東アジア、アラブなど西アジアは、リベラル民主を重要と思っていない。
トランプから欧州への嫌がらせは政治分野で行われるが、アジアへの嫌がらせはそこでなく、巨額のカネを出させる経済面で行われる。
身代金を払える間は、対米従属できる。
払えなくなった国には財政破綻が待っている。

アメリカ等の得意技、家畜を肥えらせて丸々肥えたら食べる。

白人へのヒガミ

自主自立って
北朝鮮のチュチェ思想だからねえ
自立は当たり前なんだが
難しいよねえ

アメリカ欧州より
ロシア中国南北朝鮮のほうが
法治ガー民主主義ガーとかの
建前ないからねえ

親ロ自称右翼は精神的自立が必要

No title

>ネット民が熱狂し、イヴァンカさんが動画投稿サイトのユーチューブに投稿した、娘のアラベラちゃんがピコ太郎の「PPAP」を歌い踊る姿にファンが増えている

↑ネトウヨ?組織の人でしょ?一般日本人じゃありませんよ。

ゲルマン人と日本人

ドイツ人と北欧人はロシア(モンゴル)の恐ろしい歴史(ノブゴロド大虐殺、タタールのくびき)を忘れない…

日本人はロシア(モンゴル)の恐ろしい歴史を知らない…

明治天皇と昭和天皇と
プーチンドテルテに会わなかった今上天皇は知っている…


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例