10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

安倍晋三首相vs共産・小池晃氏詳報(前半) 首相「共産党は自衛隊を違憲と…」、小池氏「共産党を改憲に利用しないで」

安倍晋三首相vs共産・小池晃氏詳報(前半) 首相「共産党は自衛隊を違憲と…」、小池氏「共産党を改憲に利用しないで」

 参院予算委員会は9日、共産党の小池晃書記局長が質問に立った。憲法の意向を示した安倍晋三首相は自衛隊を明記する9条3項の新設を例示、小池氏は「究極の二枚舌」などと首相を批判した。


 首相と小池氏のやりとりの詳報は次の通り。


小池氏「首相は、憲法9条に自衛隊を明記する改憲を行い、2020年の施行を目指すと表明した。憲法9条は日本国憲法9条の恒久平和主義の根幹であり、


改憲を目指す勢力がその本丸としていた。期限を区切ったのは歴代首相で初めてであり、極めて重要だと思う」


 「首相は憲法9条の1項と2項のそのまま残し、その上で自衛隊の記述を書き加えると発言した。しかも、ただ追認するだけにとどまらない。


これまで、2項は戦力の保持を禁止しているが必要最小限度の実力組織の保持を禁止するものではないとして合憲としてきた。


この政府の立場に大きな穴を開けたのが閣議決定であり、『安保法制戦争法』だ。首相は自衛隊をどう書くか語っていないが、海外の武力行使の制限がなくなると考えるか」


参院予算委員会の集中審議で、共産党の小池晃書記局長の質問に答弁する安倍晋三首相=9日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)参院予算委員会の集中審議で、共産党の小池晃書記局長の質問に答弁する安倍晋三首相=9日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

小池氏「疑いなく合憲なら改憲の必要はない。それでも改憲するというなら、自衛隊を憲法に書き込むだけじゃないからだ。改憲にこだわっているのだ。


首相がメッセージを出した5月3日、私は石破氏とテレビ討論を行った。石破氏は『今までの自民党の議論の中でなかった考え方だ。憲法と現実の矛盾がそのまま続く』と言った。


2項があるかぎり、自衛隊との矛盾がさらに拡大することになると思う。2項をそのままにしても疑問は消えないと思う」


首相「共産党の皆さんは自衛隊が違憲だとの立場なので、そこで自衛隊の活動を認めるのは矛盾した立場になるのだろうが、私たちは1、2項があっても自衛隊は合憲だという自民党の立場だ。


しかし、その上において、日本を守る実力組織である自衛隊を、世界の国々ではその実力組織を明記している。2項で認められないという立場ならば、3項にまさに自衛隊についてしっかり明記することになるのではないか」


 小池氏「皆さんが合憲が言っているなら書き込む必要がないじゃないか。合憲と書いても何も変わらない。じゃあ何のための憲法の改定なのか。別の狙いがあるからだと思う。


3日のメッセージでは、1、2項を残すことは国民的議論に値すると言っている。では9条2項を変えるという自民党草案は国民的な議論に値しないということになるんじゃないか。撤回するしかないじゃないか」


首相「撤回ということが何を意味しているか。例えば、法案として提出したものの成立しそうにないからやめて撤回する、あるいは廃案になるということだと思う。


しかし、党の考え方は小池さんから言われて撤回することではない。現実的に(衆参で)3分の2を形成し、かつ国民投票で過半数を得られる案は何かということを考えることが、


まさに政治家の責任ある行動だ。国民の審判を受けるのは、自民党の草案ではなくて、まさに憲法審査会に出した案、その上で、3分の2を形成し発議された案が国民の審判を受けるわけだ。


われわれが議論してきた自民党草案を撤回するかとはどういう意味で言っているのかよく分からない。撤回するものではない。谷垣総裁のときにわれわれが作った草案は(党の)公式文書であるということだ」


小池氏「結局、公式文書だと言っている。自民党改憲草案は温存するんでしょう。今回は1、2項を残して、その次には2項を廃止して『国防軍』を書くんじゃないか。自民党の提案は別なんだとなぜ言えないのか」


首相「自民党の草案のままで出しても3分の2の多数は得られないのは冷厳なる事実だと私は認めているわけだ。3分の2を得るのは何かと考えた上で私の案を申し上げた。草案を私が勝手に削除するものではないということで理解いただきたい」


小池氏「自民党の草案は脈々と生きているということだろう。衆参の憲法審査会では、9条は自民党からテーマとして提示されていない。9条がとても議論に入っている、煮詰まっている、佳境に入っている…なんてとても言えない段階だ。


憲法審査会の幹事でもある船田元氏が『首相には慎重であってほしかった』とブログで記している。ところが首相は改憲に期限を示した。東京五輪と憲法に何の関係があるのか」


首相「2020年、東京五輪が予定されている年に、われわれはさまざまな目標を立てている。そうした意味で、日本が新たなスタートを切る年にしたいと考えている。


自民党にもいろんな意見がある。どの党もそうだ。共産党がどうかはわからないが…。さまざまな議論がこれからスタートする。


9条について一度も出していなかった。だからこそ、自民党総裁として提示した。リーダーとして年限を示すことが責任ある態度だろうと思い、結果を出す議論をすべきだろうと思ったわけだ」


 「今、野党筆頭理事から『それは首相が決めることではない』と言われたから、ここではなるべく答えないようにしているが、小池さんが非常に強くあえて答えろと言われるものだから議論しているところだ」


小池氏「期限を決めることに、これ以上の介入はない。憲法違反だ。何でそんなに急ぐのか。首相はかつて国会で『期限ありきの事柄ではない』言っていた。今までの国会答弁に反するのではないか」


首相「これは相当の時間がたってきたことがあるからだ。小池さんは憲法違反だとおっしゃるが、私は自民党総裁として、いわば党内に向けて言うことでもあるが、党内に対してどう言うか国民の皆さまに示している。


一方、ここでは私は総裁として述べる場ではないから、述べられないと申し上げているわけだ。


ダブルスタンダードという批判にも耐えながら総理大臣と総裁という立場をしっかりとわきまえつつ話しているわけだ。


物事に区切りを付けることは責任を伴うわけだから、責任を持って議論を行うという意思を示したところだ」


小池氏「究極の二枚舌だ。憲法99条に順守義務があるのに改憲の発言を期限まで区切って行うのは憲法違反だ。総理が改憲の期限を区切るのは憲法違反だ」


関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■

コメント

ベアートリス・エグリ aその9

里美です。

【Schweizerische [= Deutsche] Schlagersaengerinnen】= CH-POP [= D-POP] woman-singers

ベアートリス・エグリ[Beatrice EGLI] aその9

Beatrice Egli Schlager und Meer
[Eine schweizerisch-deutsche Schlagersaengerin Beatrice EGLI trat im Ferhsehprogramm <Schlager & Meer: Praesentiert von Beatrice Egli> auf dem MDR (= dem Mitteldeutschen Rundfunk) am Freitag, dem 17. Februar 2017, um 20.15 Uhr auf.]
[Siehe die Webseite ueber das MDR-Fernsehprogramm <Schlager & Meer: Praesentiert von Beatrice Egli>!: http://www.mdr.de/tv/programm/sendung710400.html]
https://www.youtube.com/watch?v=lRWndMBPG-g

【注】
1. 毎日毎日お仕事お疲れ様です。お昼の一時、休憩時間の一時、週末の一時、祝日の一時、祭日の一時などにどうぞ。
2. バックグランド・ミュージック[die Hintergrundmusik]にもどうぞ。
3. ドイツ語の聞き取りの特訓にもお使い下さい。
4. ベアートリスは、スイスのドイツ人歌手です。彼女は、コテコテのドイツ人女子です。
5. 「コテコテのドイツ人」は、ドイツのバイヤン[dt.: Bayern, das zu Deutschland gehoert, japan.: ドイツのバイエルン]、オーストリア[dt.: OEsterreich]、スイス[dt.: die Schweiz]、リーヒテンシュタイン[dt.: Liechtenstein]などのドイツ人を指します。
6. スイス[dt.: die Schweiz]の正式国名は、スイス誓約同盟[dt.: die Schweizerische Eidgenossenschaft]です。
7. スイス(のチューリヒ市[dt.: die Stadt Zuerich]を中心としたスイス国土の大部分を占めているドイツ人地域のドイツ人再々保険会社、ドイツ人再々々保険会社など)と日本国の同盟は、世界の中で最も強力な同盟です。それゆえ、例えば、日本国において災害などが発生したとき、スイスは世界各国の中で最も早く、日本国救助のために日本国へ来ます。

No title

山口さん頑張れ
山口さん頑張れ
無罪放免良かったです!

退場マーチが聞こえてきた

もっと評価されるべき安倍さんの偉業なんだが
安保法案を通したから、最悪9条はそのままでもなんとかなる。
人道支援やテロ対策などの名目があればよい。
これで安倍さんは政治的リソースを使い果たした。

何でもいいから改憲して
歴史に名を残したいのかな安倍さん。
それは日本国民とは関係のない話だ。

国家公務員には国旗国歌擁護義務があるのと同じく、
憲法擁護義務もあるから小池の言い分にも筋が通っている。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例