07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

硫黄島への決死の飛行 特攻覚悟の一式陸攻パイロット、田中修・元海軍中尉の証言(上)「P38ライトニングの追尾を振り切れ!」

硫黄島への決死の飛行 特攻覚悟の一式陸攻パイロット、田中修・元海軍中尉の証言(上)「P38ライトニングの追尾を振り切れ!」

高高度を飛ぶ一式陸上攻撃機。終戦まで海軍の主力攻撃機として使用された

 第二次世界大戦下、日米の激戦地となった硫黄島。この島を舞台にハリウッドの巨匠、クリント・イーストウッド監督は米側の視点から「父親たちの星条旗」を、日本側の視点から「硫黄島からの手紙」の映画2本を撮った。「硫黄島~」は栗林忠道陸軍中将が東京の家族との手紙の絆をテーマにした作品。だが、手紙がどうやって島へ届けられていたかは詳しく描かれていない。その手紙を決死の飛行で届けていたのが、元海軍一式陸上攻撃機(一式陸攻)パイロット、田中修さん=滋賀県草津市在住=だ。硫黄島へ向かった多くの一式陸攻が撃墜される中、戦火をくぐり抜け生き残った田中さんの最後の任務は特攻だった。「仲間の死を決してむだにしてはいけない」。戦後72年目の夏、田中さんは初めて取材に応じ、平和の尊さを訴えるとともに、壮絶な特攻計画を明かした。(戸津井康之)

硫黄島への決死の飛行

 「私のパイロットとしての最初の任務ですか? 硫黄島へ赴任する士官を乗せ、兵士宛の家族たちの手紙や物資を積んで空輸すること。島に着くと、今度は本土へ帰還する士官を乗せ、兵士から家族あての手紙を積んで基地へ戻ることでした」

 戦後72年を迎えた夏。滋賀県草津市で暮らす94歳の田中さんは静かに語り始めた。

 昭和19(1944)年7月、一式陸攻のパイロットとして千葉・木更津の航空隊に赴任した。翌年初めにかけて、同基地と硫黄島間を計十数回往復したという。

 硫黄島は現在の東京都小笠原村に属す。東京都中心部から南方へ約1200キロ離れた小笠原諸島の南端に位置する東西8キロ、南北4キロの小さな島。

戦時中、南洋の戦場の拠点として旧日本海軍、陸軍ともに基地を構えていた。日米決戦時の海軍の司令官は市丸利之助少将。そして陸軍の司令官は栗林忠道中将。映画「硫黄島からの手紙」の主人公は栗林中将で、俳優の渡辺謙が演じていた。市丸、栗林ともに「硫黄島の戦い」で戦死している。

 「島のみんなが手紙を待っていた。撃ち落とされるわけにはいきませんでした」。海軍のパイロットとして島へ手紙など物資を輸送していた田中さんはこう振り返る。

 この海軍側の手紙の空輸を描いたテレビドラマ「硫黄島~戦場の郵便配達~」(フジテレビ系)が平成18(2006)年に放送されている。実在した一式陸攻の根本正良機長を俳優の伊藤淳史が、市丸少将を藤竜也が演じた。実は田中さんと根本さんは、ともに第十三期海軍飛行予備学生出身だ。

若き機長

 田中さんは大正11年、京都市で生まれ、大津市坂本で育った。同市内の高校を卒業後、同志社高等商業学校(現同志社大商学部)へ進み、在学中の昭和18年、第十三期海軍飛行予備学生に志願し、海軍へ入隊。三重県の三重海軍航空隊、鹿児島県の鹿屋海軍航空隊などで操縦士となるための厳しい訓練を受ける。

 「赤とんぼ」と呼ばれた九三式中間練習機や九十六式陸上攻撃機などを使った操縦訓練を経て、一式陸攻のパイロットになった田中さんは19年7月、木更津基地へ赴任。一式陸攻の若き機長として、硫黄島への物資輸送などの任務に就いた。

 一式陸攻は搭乗員8人(7人乗りの場合もあった)で任務に就く。

「私が機長(正操縦士)で、副操縦士と偵察士2人、通信士が2人。搭乗整備士1人に射撃手1人の計8人。戦争の後半はずっと同じ搭乗員でチームを組んでいました。当時、機長の私が22、23歳で、下は17、18歳。みんな20歳前後の若者たちでした」

 田中さんが当時の写真を手に取り、見せてくれた。

 パイロットスーツの装備を身に着けた若き日の田中さん。静かに微笑むその表情は、青年というより、まだ少年の面影をたたえていた。

米戦闘機の追尾を振り切れ!

 ドラマでも描かれていたが、硫黄島へ向かった一式陸攻の多くが、米戦闘機の銃撃や米艦隊の艦砲射撃により撃墜されている。

 約1200キロ離れた硫黄島への飛行時間は一式陸攻で約4時間半。田中さんは何度も米軍機と遭遇し、危険な状況に陥ったという。

 「現在のようなレーダー技術には頼れません。だから敵の戦闘機に見つかる前に、いかにして先に敵機を発見するかが重要でした」と田中さんは言う。

 だが、敵戦闘機のパイロットも先に日本軍機を見つけ出そうと必死だ。

 「島が近づいてきたころ、米戦闘機P38ライトニング数機と遭遇。すぐにP38は追尾してきました。私は海面に向かって下降し速度を上げ、機体をスライドさせながら敵機の機銃の弾丸をよけました」

 田中さんは、こともなげにP38の機銃の弾丸をかわしたかのように語ったが、卓越した操縦技術があったからこそ、一度も撃墜されることなく、何度も硫黄島への物資輸送という危険な任務を遂行できたかが理解できる。

田中さんが操縦していた一式陸攻の最高速度は約450キロ。一方、空中戦で戦うために開発された戦闘機P38の最高速度は670キロ。8人乗りで機体も重い一式陸攻が、単座で機動性能の優れたP38の追尾を振り切ることは実は至難の技だったのだ。

     =【銀幕裏の声】元海軍中尉の証言(中)は、8月9日の予定
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : ■国防

コメント

津軽藩士殉難慰霊の碑

オホーツク海に面した北海道・斜里町に立つ「津軽藩士殉難慰霊の碑」。

江戸時代後期、幕府の命で北方警備に派遣された津軽藩士が、厳冬の斜里で病に倒れ、100人中70人が死亡。碑は彼らの霊をなぐさめるもの。

事件は長く秘せられていたが1954年に生存者の日記が見つかって明らかになった。

No title

「せっかくその街で売っている中で最強の装備を揃えたのにすぐ後のダンジョンに同じ物が落ちていた」っていう現象は、同じように装備を整えてそこで力尽きた他の冒険者が居たと考えれば何の不思議もない

宝箱と言うのは隠喩で実は冒険者の死骸

大貫 健一郎

特攻隊振武寮──証言:帰還兵は地獄を見た──

単行本 – 2009/7/10

大貫 健一郎 (著), 渡辺 考 (著)

「父は特攻隊が美化されることを、常に危惧していました」
(大貫少尉の長女・大貫妙子さんミュージシャン)



昭和20年5月、陸軍が福岡に設けた生き残り
特攻隊員の収容施設・振武寮で、大貫少尉は上官に殴打され、怒声を浴びつづけた――。
話題のNHKスペシャル「学徒兵 許されざる
帰還」の単行本化!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例