FC2ブログ
10 月<< 2019年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

日本=中華“倭族”自治区への転落?

日華(台)親善友好慰霊訪問団
東京支部長   藤田 達男

このままでは我が国と日本民族は中華世界に取り込まれ、シナの一少数民族に転落してしまう…

今年は香港返還10周年とあって、各地で返還記念イベントが催されている。特に香港では、“中華民族文化周”と銘打った各種イベントが盛んで、
“民族團結、民族共融、和諧發展、共同繁榮”などのスローガンが、これでもかと云うほど氾濫している。
先々月には香港で『中華瑰寶-中國少數民族文化展』というイベントがあり、最終日に観覧してみた。本稿の表題はその感想でもある。

20070718110449.jpg


於香港會議展覽中心(Hong Kong Convention and Exhibition Centre)
● 中共の唱える「中華民族大家庭」の虚妄

「中華人民共和国」には現在、56の民族が存在していることになっている。かぎ括弧をつけたのは、中共の主張では台湾の高山族も自国民の範疇に入れているからである。

最大勢力は漢族で人口11億人以上、シナ全人口の91%以上を占めている。
よく“中国五千年の歴史”云々と唱える連中だが、東京外国語大学名誉教授・岡田英弘氏の説によれば、紀元2世紀の後漢時代から三国時代を経て隋の文帝による再統一までの400年間で、戦乱と飢餓により古代からの元祖漢民族は殆ど死に絶えたという。(※1)

現在“漢民族”と称する人々は、匈奴などの北方騎馬民族や西方諸民族、タイ語族系民族などが“漢民族”となった(漢族に同化したのではなく、そのまま入れ替わった)、その子孫である。

つまり現在の漢族は、元々の漢民族に成りすました雑民の群れである。在日朝鮮人が日本人に成りすますのは、まさに宗主国様のパターンを模倣していると云えようか。

漢族以外は“少数民族”として扱われるが、最大人口のチワン族(壯族)は約1,600万人で、広西壯族自治区、雲南省文山壯族苗族自治州を形成している。次に多いのが満族(満州族)で1,068万人、回族982万人、苗族894万人、ウイグル族840万人、土家族802万人と続く。

壯族はシリアと同じ人口、満州族はポルトガルとほぼ同じ、ウイグル族もオーストリアと同じ人口であるから、“少数民族”とは云っても一国を形成できる勢力である。ちなみにチベット族は人口542万人、デンマークやスロバキア共和国とほぼ同じである。

これら56の民族を総称して「中華民族」と言っているのが中共である。
しかしこの「中華民族大家庭」という虚妄は、元々中国国民党に起源を持ち、中共がそのまま受け継いだ、自称漢民族による極めて自己中心的かつ捏造した歴史を前提とした、ろくでもない概念なのである。

● 虚妄の起源は中国国民党と文化大革命

歴代シナでは“中華”の支配システムは受け継がれたが、「国民国家」という概念は存在しなかった。元々寄せ集めの連中であるから当然である。

ところが中華民国が成立し、押し寄せる西洋列強による侵食に対抗するため、近代西洋の産物である「国民国家」を創造する必要が生じた。

また伝統的なシナの領土観念は固定したものではなく、“辺境”という漠然とした境界線が時代によって伸縮している。しかし「国民国家」としては領土を明確化する必要がある。中国国民党=中華民国憲法に、自国領土としてモンゴルやチベットが含まれているのは、“辺境”を自国領土としたためである。

それを最もドラスティックに実施したのが中共・毛沢東で、清朝の版図を踏襲すべく(実はそれ自体が歴史の捏造)東トルキスタン、チベットを侵略。更に文化大革命で、“少数民族”である非漢人を漢族とすべく文化絶滅政策を行い、現在まで継続されている。

しかも東トルキスタン侵攻部隊を「新彊兵団」として常駐させ、自給自足を指示。さらに大量の下放青年を送り込み(都市知識層の島流し)、漢族の人口増加を図ったのである。

最近では「西部大開発」の掛け声と共に、「西気東輸」プロジェクトや「青蔵鉄道」全線開通で内陸部の支配体制を強固にしており、人口でも漢族が過半数を占める事態になっている。

文革以降、民族浄化を意図した中共だが、現在は前述の“民族團結、民族共融”云々と豹変しており、一見ソフト路線を歩んでいるように見える。しかしその裏ではチベット、東トルキスタンに於ける弾圧が示すとおり、漢族による支配体制が着々と進んでいるのである。

20070718110555.jpg

チベット仏教を弾圧しながら、一方では「中華民族の至宝」と臆面もなく言い募るのが中共の手法(於香港會議展覽中心)

●「台湾収回」の次は「琉球収回」

香港返還を2年後に控えた平成7年(1995年)、当時私は仕事の関係で香港に駐留していた。ある日、尖沙咀のとある料理店で関係者と食事をしていたところ、隣のテーブルにいた大陸側の人間とおぼしき一団が大声で喚きながら飲んでいる。

北京語はほとんど判らない私だが、どうやら香港返還についての話題らしく、知人の香港人が小声の英語で内容を教えてくれた。

連中は、「香港収回(彼らは返還を回収と表現する)の次は台湾収回がいつか。台湾の次は琉球(沖縄)だろう」云々と話していたのである。

現代中国の主張する版図は、歴史上朝貢してきた国・地域を全て自国領と見做していると聞いてはいたが、実際にそういう思考を持った連中を目撃したのは衝撃であった。あれから12年、東シナ海で中国は着実に地歩を固めている。

●中共が沖縄に照準を合わせている事は、下記の記事からも窺い知れる。

[沖縄の日本帰属に疑義=戦後の返還、根拠欠く-中国誌]
 【北京1日時事】中国の国際問題専門誌・世界知識の最新号は、沖縄の日本帰属をめぐる歴史的経緯を紹介した専門家の論文を掲載。この中で、「戦後の日本による米国からの琉球接収は国際法上の根拠を欠き、その地位は未確定のままだ」と主張した。

 中国のメディアに沖縄の日本帰属に疑問を呈する論文が登場するのは異例。中国は沖縄県尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権などを日本と争っている。日本側主張の基礎となる沖縄の帰属についても問題点を指摘し、日本側を揺さぶることが狙いとみられる。
(時事通信2005年8月1日記事より転載)

記事最後の時事通信コメントは「日本側を揺さぶることが狙いとみられる」と悠長な事を云っているが、これはまさしく中国の侵略パターンであると認識しなければならない。

最初に学術論文という形でアドバルーンを揚げる手法は、国際法を遵守する気はさらさら無いが、国際法の中で自国に都合のよい部分は利用して、海洋権益を拡大してきた中国の常套手段であるからだ。

読者諸賢はもうお気づきの事と思うが、民主党の「沖縄ビジョン」(主権の委譲)はまさに、中国に呼応した政策である。第一段階は駐留米軍の追い出しと自衛隊の無力化により、尖閣諸島を手中に収める算段であろう。
自治労が沖縄に出張って執拗な反日運動を展開しているのも、その流れに乗っているからである(だから社保庁は解体が必要である)。

次に控えるのは“琉球独立”運動である。ここまでの過程で、台湾の孤立は決定的となり、東シナ海は中国の“内海”と化している筈である。
極めつけは「日本と中国のどちらに帰属すべきか」等の住民投票が濫発されて、沖縄県政が収拾不能の混乱に陥る事態の生起であろう。

その混乱に拍車をかけるのが、外国人労働者の制限撤廃、外国人留学生の大量受け入れ方針と在日定住外国人参政権付与問題、それに人権擁護法案である。

●シナ人による日本侵略・三段階説

日本ナショナリズム研究所の酒井信彦所長(元東京大学史料編纂所教授)が「シナ人による日本侵略・三段階説」を提唱しているが、我が国では中国人(自称漢族)の人口圧力に対して警戒する人がまだまだ少ない。

第一段階(精神侵略)は歴史教科書問題、南京大虐殺、従軍慰安婦強制連行など、嘘と欺瞞を内外で執拗にアピールする手法であり、既に成功を収めている。

第二段階(人口圧力による侵略)では、不法滞在者の増加と平行して外国人労働者の制限撤廃、外国人留学生の大量受け入れによる合法的人口侵略が行われよう。この“侵略”はグレーゾーンの範疇なので、日米同盟が緊密であろうと、憲法改正で自衛隊が国軍となろうと、防ぎきれない。

第三段階は軍事侵略であるが、第二段階が完成した時点で我が国は本論のタイトル「中華“倭族”自治区」に変貌している可能性が高いので、中国に抵抗する勢力は最小限の武力で鎮圧できる。

かつて江沢民が言い放った「日本は20年後には無い」という言葉の真意はここにある。中国にとって目障りな日本を始末するには、日本を中華世界の中に組み込むのが最善策なのである。中共の崩壊より先に我が国が崩壊する危険性は高い。

●定住外国人参政権付与問題、人権擁護法案などは現在のところ在日、総連(北朝鮮)、解同、公明党や狂信左翼らが主役であるが、連中は中国にとって都合が良く、またいつでも使い捨てにできるダミーである。朝鮮人の人口圧力などたかが知れており、今後は中国人問題が重くのしかかって来るだろう。

なぜなら、小渕内閣の時代に設けられた「21世紀日本の構想」懇談会(座長:河合隼雄・国際日本文化研究センター所長)が2000年1月18日に提出した「21世紀日本の構想報告書」では、「~日本で学び、研究している留学生に対しては、日本の高校・大学・大学院を修了した時点で、自動的に永住権が取得できる優遇策を考えるべきである」と、明記されている。

その基本線があるので、下記の方針が出て来るのである。

[外国人留学生、10倍増を提言へ=25年に100万人-再生会議分科会]

 政府の教育再生会議(野依良治座長)は18日午前、首相官邸で「教育再生」分科会を開き、日本の大学・大学院への外国人留学生受け入れについて、2025年をめどに現在の10倍に当たる100万人を目指す方針を決めた。5月に取りまとめる第2次報告に盛り込みたい考えだ。

 文部科学省などによると、06年5月現在の留学生数は、大学・大学院合わせて計約9万4000人。海外から優秀な学生を多く受け入れることで、日本の高等教育の質の向上を図るとともに、国際化を促進するのが狙いだ。
(時事通信2007年4月18日記事より転載)

100万人の内訳はどう見てもシナ人が過半を占めるであろう事は、誰が考えても判るだろう。彼らが永住権を獲得し、外国人地方参政権も手中に収めれば、特に地方でシナ人による地域乗っ取りが進行する筈である。

さらに人権擁護法案の問題点の一つである、「人権擁護委員の選任について国籍条項が整備されておらず、偏った政治思想をもった外国人にもその資格が与えられる可能性がある」点についても、現在は在日、北朝鮮が想定されているが、これがシナ系人士による反シナ的言動の取締りに容易に転換し得るのは火を見るよりも明らかである。

●注視すべき前東京入国管理局長・坂中英徳氏の影響力

また5月15日の法務大臣閣議後記者会見に於いて、長勢法相は外国人労働者の受入れ問題に関して注目すべき発言を行っている。

「~現在の受入れの目的が国際技能移転ということになっているわけですけれども,私は全部とは言いませんが,これは実態とほとんど合っていない,これがまた混乱の基になっていると思いますので,目的自体も国内の労働力確保という視点に転換をするということを考えるべきではないかと思っています。~」(※2)

もっとも長勢法相は前記発言に続けて、
「同時に,大事なことは外国から来られる方が長期に滞在をしたり,あるいは定住化をするということは避けるべきだと,~(中略)~それから,経済界の中には,業種・職種の拡大というのは,事実としては強いものがありますが,そこで気を付けなければならないのは,枠をきちんと決めとかないと,野放図なことになったのでは,日本は占領されてしまいます。
日本の労働市場は乱されないようにしなければなりません。」

とも発言しているので、単純な受け入れ拡大ではない。しかし誤解を生じやすい発言であり、部分的な制限撤廃を進めても、将来なし崩し的に全面受け入れへ拡大する危険性は高いのではないだろうか。

このような発言が飛び出す伏線は、2年前に公表された法務省の「第3次出入国管理基本計画」にある。

[外国人労働者拡大へ、法的保護も検討…第3次基本計画] 南野法相は29日の閣僚懇談会で、2005年度から5年間の外国人の入国、在留管理の指針を示す「第3次出入国管理基本計画」を報告した。

 人口減少社会への対策として、外国人労働者の受け入れ拡大について「着実に検討していく」と明記した。研修や技能実習制度で入国した外国人の法的保護策についても検討する方針を示した。

 基本計画は、少子高齢化時代の労働力不足に対応するため、現在も外国人労働者の入国を認めている専門的、技術的分野の対象の拡大を検討する方針を示した。外国人医師や看護師については、研修目的で認めている就労期間を延長する。

 また、外国人の研修生や技能実習生について、研修手当や賃金の未払いなどをきっかけとする失跡や不法残留が問題化している。このため、研修・実習生の待遇について、「運用の適正化を図るとともに、制度自体の見直しも併せて行っていく」方針を示した。
(読売新聞2005年3月29日記事より転載)

この「第3次出入国管理基本計画」の基本構想は少子化による人口減少化の中で、現状の日本経済の繁栄を持続させる視点から構築されているが、法務省内でこれら外国人政策に影響力を持っていたのが坂中英徳・前東京入国管理局長(平成17年退官。現在、外国人政策研究所・所長)である。(つづく

関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■憲法改正の早期実現を求める意見書採択について

地方議会にて36都府県 /59市区町村

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本最大のシナ毒商品…チャイナ-フリーを明示せよ

過熱する米国のシナ毒食品騒動。ある企業はシナ原材料なしを明示した「チャイナ-フリー」のシールを導入。我が国で「シナ抜き」の表示が必要なのは意外な定番“商品”だ。

世界を殺す「メイドインチャイナ」の言い分

 世界中のありとあらゆる方面から、その危険性を指摘され批判の声が高まる最中、またぞろ、反省とか学習とかが出来ない支那畜大センセーが、無謀にも反論に出ている模様です。中国製品は低品質の代名詞ではない

支援加配教員の出張は改善されているのか

 7月に入り福岡県では児童・生徒支援加配教員の書類審査が行われている。 ところが、その審査が杜撰極まりないものである。 県下に6つある県教委の教育事務所の一つ、南筑後教育事務所の池上とか言う係長の説明を聞

わずかな手間で、「世論」を形成できる

昨日、行きつけの書店に行くと、はぶて虫さんの著書「これでいいのか!『天声人語』 ~ すべての受験生に捧げる(文芸社刊)」が並んでいた。全部で5冊。入手したい人はお早めに!大阪・梅田にある「旭屋書店本店」の3階、男子トイレの向かいに置いてある。間違って「ブ

創価「見ないふり」か

ランキング(政治)に参加中特定国犯罪を「見ないふり」の公明党 偽パナソニック電池発火の恐れ&hellip;中国製の懐中電灯、米でリコール&nbsp; 【ワシントン=渡辺浩生】米消費者製品安全委員会(CPSC)は17日、中国製の懐中

「米中汚染食物非難合戦」から「チャイナ・フリー」を思う

 最近、米国政府は支那産の食品輸入禁止を行ったが、これに対抗して中共政府が米国産ハムなどの汚染度を公表し、報復的に輸入禁止処置を取った。事実とすれば、両国とも当然の処置で、国民の安全を考えた措置である。だが、我が国では牛肉を除いて米国産食品が汚染されてい

コメント

「坂中英徳」氏

さっそく「坂中英徳」でググってみました。

写真では人の良さそうなオヤジに見えますが、言動はまるで「売国」ですなぁ…
こんなのが法務省の高級官僚だったとは…

まずは地方から

まずは地方議員さんでしっかり加入者を増やしてください。国会議員はなかばダメそうなので。

10年ほど前、中国(上海)からの留学生に直接聞いた話です。
「沖縄は中国の領土だと習った」と。
中国共産党は、沖縄は取る気満々でしょう。
日本も勢力下に置こうとしているのも明らかです。

コメント御礼

皆様コメント有り難うございます。

狂斎殿、坂中氏はまだ取り上げる保守論客が少ないようです。我々も油断していました。

日本殿、左派の攻撃は国政よりも地方議会・行政の方が、深刻な事態を招いています。一人でも多くの地方議員の方々に目覚めて頂けるよう、微力ですが頑張ります。

とおる殿、シナの身勝手な理屈を粉砕しない限り、我が国の明日はないでしょう。一人ひとりが声をあげれば、大きな流れになると信じて頑張りましょう。

藤田様、コメントを頂戴し、有難うございました。
NHKや朝日などの偏向報道を糺すべく、微力ながら頑張りたいと思います。
有難うございました。

藤田様
「のんきな日本人」の管理人、saratomaでございます。
今回の記事、まったく同感であります。日本の危機が明快に論じられておりましたので、僭越ながら、小生のブログでも紹介させていただきました。ご一読いただければ幸いであります。
http://nonki-nihonjin.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_cbd6.html
今後ともよろしくお願いいたします。

御礼

Saratoma殿、貴エントリーを拝見しました。小生の拙い記事を取り上げて下さり、有り難うございます。今回の記事は我が国にとって、もっとも「あってはならない」最悪シナリオですが、皆さんの不安感に火をつけてしまったらしく、困惑しております。

 小生の知人は香港だけでなく広州や深圳にもおり(もちろん中国人)、たまに飯を食うのですが、時々「日本の着物は元々唐時代の衣装だから、日本人こそ中華の伝統を受け継いでいるのではないか?」とか、「中国の古典が一番保存されているのは日本だ。日本こそ中華正統では?」と言う人もいました。
小生が『文明の衝突』を引き合いに出し、日本文明と中華は違うと説明しても、こんな調子です。貴エントリーにあったように、中共が勝手に「日本人は中華民族の一員だ」と言い出しかねない土壌は存在していると思います。

また我が国にも、「日本も中華世界の一員になるべきだ」と主張する元伊藤忠商事・常務取締役の藤野文吾氏のような御仁がいるので、もしかしたら我が国のシナ化は意外と早いかも知れません。

ここは元々地方議員さんのブログなので小生の出番は月に2、3回ですが、皆さんのお役に立てるような記事が提供できるよう頑張ります。今後ともよろしくお願いします。

感想

中国の本音はだいたいこういうことでしょう。
今の我々「日本人」には不愉快極まりないことで、あまりの不愉快さに生きる気力さえなくなりそうだが、こういうことを忘れないようにして日々精進するしかないでしょう。
ロシアはロシアで自分の地図を描いていることだろうし、アメリカも「頑として」沖縄から出て行かない訳だからね。朝鮮は朝鮮で、日本は朝鮮の亜流と信じて疑っていない。
こういうことを考えると、私はつくづく、国とはなにか、そのなかで日本とはなにか考えてしまう。
そういう日本も、例えば石原莞爾の「対米最終戦」というのは、中国を足場に、米国と雌雄を決する、という構想だったようで、そのために満州国を作り、更に華北全体を日本の自由にしようとした。
その意味では、長い長い日中の覇権抗争が、今も当然のように、続いており、第二次大戦前との対比で言えば、今は彼に「逆襲」されている局面にある。
我々としては、「侵されず」の一線は、それこそ「日本人」が居なくなるまで放棄する選択肢はなく、人口減などで大変厳しい情勢ではあるが、歯を食いしばって耐え忍び、そのなかで良い打開案を見出していくほかはあるまい。
ただ、「こんなことを考えている中国(人)はケシカラン!」と息巻くだけでは、生産的でない。国とはそれぞれ神話がなければ成り立たず(俺は何何人だ!という元気が出ない)、神話とは得てしてこんなモノであるからだ。

チーム R



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 三好達元最高裁長官)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例