FC2ブログ
06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

中国という「問題」ー西村眞悟氏大いに語る

時事通信                  平成19年 7月27日(金)

                         西 村 眞 悟

 中国の野菜は食べない方がよい。こう言って、座談会をしたのは平成15年の総選挙であったと思う。この頃、同僚の山田正彦議員は、既に「現場」を観た上で、食べない方がよい、と警告し、本にも書いていたと思う。

 その「現場」とは、中国からの貨物が着く日本の大都会の埠頭である。炎天下、中国からの「野菜」が山と埠頭に積まれている。それが、不思議にも何日経っても腐らない。

黒い液が染み出て海にこぼれているが、腐らない。そして、徐々にその山が小さくなっていく。つまり、出荷され日本の何処かで売られ食べられているのである。

 その後今まで、中国からの食料には各所で注意を喚起してきたつもりである。と同時に、少々高くとも近くで獲れた野菜を食べるべきだと言ってきた。

 高いサプリメントや痩せる食品や健康に良いお茶を、通信販売や自然食品店で買うことを思えば、日々口にする野菜などの食品こそ、安心できるものを選ぼう。安いからと言って「毒」を食べれば、いずれ医療費に跳ね返る。

 しかし、マスコミには、中国食品の安全性についての報道は現れてこなかった。

 そのような折り、例の不二家の賞味期限切れの食品出荷問題が報道され、あれよあれよという間に連日大騒ぎの報道ぶりとなった。そうすると、マスコミは、不二家で働いていた「内部告発者」を探し出してきて、顔を隠し音声を変えて、不二家の悪行を報道することになった。その後、この内部告発は虚偽であることが判明した(しかし、虚偽を報道したマスコミは、今や知らぬ顔である)。

 その時、私は何を思っていたかというと、マスコミはこの不二家を攻撃する基準で、何故、中国からの食品を攻撃しないのか、ということであった。

 すると、今度は、北海道の業者による、肉の偽装が問題化した。この時も、この偽装は「毒」や「異物」を混ぜたのではないから、ずるいけれども中国に比べれば、まだましではないかと思っていた。

 そのような折り、北米から、中国製品を入れた犬猫の餌を食べた犬猫が大量に死んだとか、南米・中米からは、中国製品を入れた風邪薬を飲んで多数の死者がでたとか、歯磨き粉に毒が入っているとかの情報が流れてきた。

 ということは、ここまで来れば、つまり、海外が報道を始めれば、如何に日本のマスコミさんでも、国内と同じ基準で中国さんのことを報道することになるだろうと予測できた訳である。

 そして、やっと今報道が始まったところである。まだ、不二家より遙かに遠慮がちであるが。
 
 すると、中国さんが反応したのでついでに言っておくが、あの「中国メディアの段ボール入り肉まん報道」はやらせであるという中国当局の弁明は、極めて怪しい。

 これは、不二家の内部告発が虚偽でやらせであると判明して一挙に報道が沈静化した日本の状況を参考にして中国当局が仕組んだやらせだと推測する。

 さらに序でだが、この当局のやらせで、重要なことが判明した。それは、やはり中国はオリンピックができるような国ではないということである。

何故なら、中国当局は、自由に「民間メディア」の社員を処分することができることが判明したからである。これは、中国は全体主義で報道の自由がないことを示している。

従って、来年の北京オリンピックが行われるならば、世界中は、ナチスの「民族の祭典」のような中華人民共和国製「中華の祭典」映像を見せ続けられるであろう。

 ところで、中国からの食料に関する当たり前の報道が徐々に始まってみれば、問題は、食料に限らないということが直ちに判明する。
 これは、実は中国からの「物」と「人」を総合する「中国という問題」そのものである。

 映画の「海賊版」による日本映画界の損害は一昨年180億円と報道されているのは序の口だ。

 冒頭で、中国からの「食料」に関する報道も、外国のメディアが取り上げてやっと動き出したと述べた。そこで、次に始まるべき中国からの「人」に関することを指摘したい。

 アメリカの大陸間弾道ミサイルなどの高度の軍事技術が主にクリントン大統領時代に中国に抜き取られ、今や中国のミサイル技術となって我が国始め世界に脅威を与えていることは「公知の事実」である。

 また、我が海上自衛隊のイージス艦に関する情報が、自衛官の中国人妻によって抜き取られたことも判明している。それどころか、総理大臣自身が、中国の女スパイに接触されていた。

 さらにこの度、在米の中国在外公館が地元の華人団体と学生親睦会を使ってスパイ活動をさせていた事件が相次いで明るみに出てきた。
 そして、欧州においても、産業スパイの追跡がベルギーの大学にある中国学生会に辿り着いている。

 この問題に関し、調査に関与した欧州戦略センター執行長のクロード・モニトキ氏は、

「スパイは何処の国にもいるが、中国のやり方は非常に侵略性を帯びており、規模も大きい。また中国の諜報機関の運営も厳密であり、20年前の旧ソ連のようだ。彼らは国家安全部があり、軍隊にも特別情報局を設置しており、多くの海外の出先機関をコントロールし、特にメディア関係者、もちろん学生も含まれている」と語っている。
 
 またアメリカCIAなどは、海外における中国人学者のほとんど全員と学生の80パーセントは諜報関係に絡んでいると観ている。

 では、日本におけるその数字は如何なるものであるか。少なくとも私が、日本のテレビの座談会に共に出演した中国人大学教授は全て中国当局の代弁者であった。アメリカCIAの指摘した割合を超えると思う。

何故なら、あの厳しいアメリカでもCIAの指摘の通りのスパイがいる。ましてや、スパイ防止法のないスパイ天国の日本では百パーセントスパイとしても非合理ではない。

 では何故、欧米においても「中国人を見たらスパイと思え」という状態になっているのか。それは、「中国は民主国家でないことから、海外にいる全ての中国人に圧力をかけることができる。海外中国人は強制的にスパイにさせられ、中国の在外公館の命令に服従しなければ、国内の親族がトラブルにあう可能性がある」(クロード・モニトキ氏)からである。

即ち、中国は、未だ民主主義国家でないことを我々は肝に銘じなければならないのだ。

 7月24日の夜、テレビ朝日で、信州のレタス栽培の人口4700人の村に570人の中国人が来て働いていると報道されていた。そして、廻りを振り返れば、東京でも大阪でも、例えば、食堂また歓楽街などで、如何に多くの中国人がバイトとして働いていることか。

 中国は、貧富の差で国内都市にあぶれてくる自国民(これを中国では盲流という)を、年間三百万人の割で「国際盲流」として海外に放出するという(黄文雄著、「国難」より)。

この国際盲流の流れは、既に日本の来ているのだ。しかも彼らは、江沢民以来二十年以上も「反日教育」を受けてきた結果、「日本人は殺してもかまわない極悪非道の人種」(中国人のブログより)と思い込んでいても不思議ではないのである。

 私は、箇々の中国人のことを言っているのではない。
彼らをコントロールする彼らの国家に注目しているのだ。

改めて、欧州からの警告、「中国は民主国家ではないことから、海外にいる全ての中国人に圧力をかけることができる」を噛み締めるべきであると今こそ警告したい。

 彼らが日本にきているのは、日本で稼いで国内にいる身内の生活を向上させるためである。中国当局に従わなければ、その大切な国内の身内に危険が及ぶとすれば、彼らはどうするのか。

 きれい事ではない。これは、我が国家の危機管理の領域にある問題である。

 二十一世紀の今でも、中国は民主国家ではなく、今やモンスターなのであるから、現在の出入国管理を改めるべきである。欧州がトルコなどから労働者を受け入れた状況と東アジアは全くちがう。

 今中国はどうなっているか。
八億か七億の農民は一日の収入は一ドル以下の最貧である。つまり、最貧層の世界最大の固まりが中国大陸にある。暗黒大陸は中国にある。遠いアフリカにあるのではない。

 この最貧を「農奴」にして中国沿岸部の「企業」は最低の賃金で世界を相手に大稼ぎしている。この大稼ぎのおかげで、共産党政権は自信過剰で軍備拡張に励み、その上、反日教育で育てた十三億の国民を擁している。

 しかも、WHO(世界保険機構)によれば、中国の売春婦は六百万人(実数は千万とも三千万とも言われる)で、その総売上はGDPの10パーセントである。

 そして、性病は年40パーセントの増加を続け今や五千万人を突破している。また、偽物生産はGDPの八パーセントを占めると推測される。これでは、中国とは匪賊の国家であると見なさざるを得ない(以上、数字は、前掲「国難」より)。
 
 要するに、漢籍に、国が乱れたときに人間が起こす状況を「為さざる無きなり」つまり、考えられるあらゆることをする、というのがあるがあるが、今の中国は、即ち「為さざるなき」状況ではないか。

外国人が書いた本に、「中国は世界をめちゃくちゃにする」という表題があったが、まさにこの「中国という問題」は、核よりも脅威である。この「為さざる無き」状態に走り始めた中国人数億を、あの毛沢東でも止めることはできないだろうと保証しておく。

 近くの日本はたまったものではないではないか。西暦八九四年、
菅原道真が、対中関係を切断した時以上の危機的状況にある。
 
 民主主義国家ではない中国は、日本のマスコミに圧力をかけているので、我がマスコミには今のところ報道はないが故に、今こそ、我が日本社会の脅威である中国という実態、中国という問題を直視すべきである。
 我がマスコミが後追い報道をし始めてからでは遅い。(了)
関連記事



■憲法改正の早期実現を求める国会議員署名について

賛同国会議員441名(10月18日現在)

■国会における憲法議論の推進と国民的議論の喚起を求める意見書採択について

地方議会にて42都道府県 /104市区町村(令和2年5月1日)

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野、福島、北海道、島根、鳥取、青森、奈良

【北海道1】恵庭市【東北3】 三沢市、野辺地町(青森県➋) 二本松市(福島県❶)【関東32】 常総市(茨城県➊)/千葉市、酒々井町(千葉県➋)/久喜市、三芳町(埼玉県➋)/荒川区 中野区、目黒区、足立区、日野市、府中市、町田市、調布市、狛江市、小笠原村  (東京都➓)/横浜市 藤沢市 茅ケ崎市 逗子市 大和市 海老名市 座間市 秦野市 伊勢原市 厚木市 横須賀市 愛川町 寒川町 川崎市 平塚市 小田原市 箱根町(神奈川県⑰)【北陸8】舟橋村 立山町 入善町 滑川市 富山市(富山県➎)/羽昨市 七尾市 内灘町(石川県➌)【東海2】坂祝町(岐阜県❶) 飯島町(長野県➊)【近畿7】綾部市、伊根町、与謝野町(京都府➌)/大阪市 和泉市・貝塚市(大阪府➌)/田原本町(奈良県➊)【中国 1】 岩国市(山口県) 【四国 4】 松山市・今治市・四国中央市・東温市(愛媛県❹)【九州 46】 川崎町 遠賀町 大川市 篠栗町 芦屋町 行橋市 春日市 糸島市 大木町 北九州市 柳川市 福岡市 大野城市 大牟田市 久留米市 筑紫野市 那珂川市 八女市 新宮町 須恵町 遠賀町 糸田町 大仁町 嘉摩市 宗像市 豊前市 うきは市 飯塚市 直方市 宇美町 東峰村 香春町(福岡㉜)/鳥栖市・神埼市(佐賀県➋)/佐世保市・大村市・対馬市(長崎県➌)/合志市 多良木町 熊本市 八代市 玉名市 荒尾市 菊地市 天草市 菊陽町(熊本県➒)


■本会FACEBOOK■

憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

美しい日本の憲法をつくる国民の会結成 http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-6361.html


■日本会議の動画を見る■
●日本会議のyoutubeを見る
■日本会議書籍コーナー■
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

在日高利貸しと韓国

在日高利貸し進出を恐れる 韓国の高金利社会高金利貸し金業者が韓国に回帰 記事の内容は、日本のサラ金業者の韓国進出を悲観している記事ですが、まさに在日系が同民族の庶民を侵蝕するという内容を扱った何とも滑稽な記事

タリバンにも太陽政策を…韓国人拘束事件の隘路

情報が錯綜する韓国キリスト教団人質事件。犠牲者の確認後、新たな韓国特使が現地に向かった。盧武鉉の対タリバン交渉は太陽政策の愚かさまで浮き彫りにするか…

コメント

支那は膨張し、支那人は増殖する

こんにちは。TBありがとうございました。
恐るべき支那の実態ですね。スパイ防止法すらない日本はまさに支那のスパイ天国でしょう。
ただし、これらのスパイは、泳がせるだけ泳がせておいて、一気に反転攻勢に出れば、スパイの数が多いだけ弱点となりますから、水面下で完成度の高い防諜機関を育成していくべきだと思います。
日本は防戦すらしておりません。これが防戦だけでなく、攻勢に出たとき、案外支那は弱いと私は思います。
ソ連が大陸棚説を根拠に北極点付近まで版図にしようとしており、欧米との対立が先鋭化する可能性があります。
日本国としては、中近東と欧米の橋渡し役として機能すると同時に、中近東を中立もしくは「西側」陣営寄りとして固定し、もって第二の冷戦状態を現出するくらいのダイナミックな外交政策を描くべきだと、一面では思います。
つなり敵をはっきりさせるということです。
米国も剣呑ですが、現行犯である支那は看過できません。
朝鮮半島は台湾より優先順位としては下で、印度、豪州よりも下でしょう。どちらに転ぶかによりますが、地政学的に多少不利となっても、この際朝鮮半島は支那・ロシア連合側として切捨て、逆に半島を彼らの弱点として工作を仕掛けるということも一手であると考えます。

この文章は良くない

このような中国批判の文章が多くの日本人に読まれて、認められると、日中友好は永遠までもないでしょう!人の国の悪口ばかり言ったら、何の得があるの?何も進まないでしょう!いつも中国に反日感情があると言っているのに、自分たちの中にも、反中感情があるだけではなく、そしてそれを広げようとしているではないか?このような文章を書く人がいるからこそ、
世界中に戦争が絶えないですよ!どこの国にも整備されていないところがある。現在の中国には、不備なところがたくさんあると認めます。が、その辺ばかりに目を向けて、なんの意味もない!お互いに促進しながら、未来に歩いていくのは正しい道ではないでしょうか!戦争が好きな人だったら、イラクにいけ!アフガニスタンにいけ!戦争の最前線に戦いにいけ!軍国主義を宣伝し、他の国への憎悪感情ばかりを煽ぎ、戦争が起きたら、人の命を自分の汚い欲望の犠牲にするのをもうやめてください。自分の野望だったら、自分だけを犠牲にしなさい!そういう度胸はないでしょう?!地球は何人かのために回転しているわけではない。時も何人かのリーダーのために流れているわけではない。同じく、世も何人かの戦争愛好家のために流転しているわけでもない(実際、そうかもしれないが)。英知のある大和民族の子民よ、悪意のある宣伝を罵倒して、自らの知恵を生かし、世界各国の善良の人々と手をつないで、未来の輝く人生を一緒に創造しましょう!「世界平和・繁栄」の栄光はわれわれの身上で輝く時、微笑みは正真正銘の勝利者の自信であろう。
平和万歳!!日中人民万歳!!!
世界中すべての善良の人々万歳!!!!!






平和とは何なのか?

平和万歳!、ですか。もとより、だれも平和を望まない人などいないですよ。『平和を希求するのなら、今直ぐ戦争の準備をしろ」これは、永い古代史を経験して来たトルコ人の教訓です。私もその通おりだと思います。ところで、人が安易に口に出す、平和とはいったい全体どのような状態のことを際しているのか、余りにも抽象的です。平和とは戦争のない状態ですよ、とあなたなら、答えるでしょう。しかしそんなものは、日本史の中にすら存在しない。それらしきものは、戦争と戦争の間にできる束の間の平安のようなものです。ごくたまに、すうと気が抜ける程平穏な時がある、そんなとき、わたしは、あ~、この状態が平和というものなのだ、と考える時があります。しかしそんな平和など、ほんとうに一瞬のことです。 しかし、 すうと気が抜ける程平穏な状態が、もし継続していくのなら、その状態は、大変危険な事です。これを個人ではなく国家に置き換えて想像してみると、その危険性がよく分かるはずです。世界の全ての国家が、同時に、同じ様に平穏な営みが可能なら、なんら危険性はないのですが、残念ながら、現実の世界は、ますます露骨で冷酷な生存競争の真っただ中にある。『平和を希求するのなら、ただちに戦争の準備をしろ」、このトルコの教訓の意味することは、ほんとうに平穏で安堵できる生活(平和)を保ち、誰からもその平和を侵犯されたくないのなら、いつでも国民全てが、武器をもって自衛する気構えと、その準備を怠るな、ということだと思います。 この際云わせて頂きますが、俗にいう平和主義を騙る人は、堕落している。懐疑心を放棄した、ひ弱な精神に堕落したといいたい。 懐疑心を放棄することは、真実の追求をも放棄したというこになり、それは楽チンな事なのです。

中共のスパイさん

チベット、ウイグル民族虐殺、台湾問題だけでなく、自国民をも文革で殺してきた中国のどこが平和??
友好万歳!と言っとけば、平和になる友好になると思ってるんですかね。阿呆か。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 

最近の記事

プロフィール

日本会議地方議員連盟

  • Author:日本会議地方議員連盟
  •  日本会議(会長 田久保忠衛・杏林大学名誉教授)は、平成9年5月、各界代表や都道府県代表が参加して設立されました。元気で誇りある国づくりをめざして、超党派の国会議員懇談会(会長 古屋圭司)の皆さんとともに全国で国民運動を推進しています。

     このたび、日本会議に所属する全国の地方議員が連携し、地方議会から「誇りある国づくり」を発信するため日本会議地方議員連盟を設立しました。(平成17年3月6日)

     議員連盟では、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹に関わる基本問題に連携してとりくむネットワーク作りを進め、「憲法・教基法」の改正をめざします。

     議員会員(年間1万円)には、会員専用サイトを設け、国会の動き、時局問題に対する見解、全国地方議会の動きなど国民運動情報を提供します。
    皆さんどうぞご入会ください。

    入会はこちらから

     ●日本会議地方議員連盟へのご入会の案内20070112155311.jpg

    ■設立趣意書

     戦後わが国は、日本の弱体化を企図した占領政策の桎梏から抜け出せないまま、外交、防衛、教育、文化などの国の根幹にかかわる基本問題について、多くの病弊を抱えたまま今日に至っている。

     近年、新教育基本法の制定、国民投票法案の成立、さらには防衛賞昇格など、戦後体制を脱却する動きは注目すべきである。しかしながら、その潮流はまだ大きなものとはなっていない。

     この時にあたり、今こそ発言し行動する真正保守の結集が問われている。ここに志しある地方議員は「誇りある国づくり」をめざす日本会議と連携し、地方議会よりその動きを起こし、日本の国柄に基づく新憲法制定へ向け日本会議首都圏地方議員懇談会を設立する。

     全国の良識ある地方議員が我々の趣旨に賛同され、あまたの先人が築いてこられた、この祖国日本を再建するため、我々は、下記の基本方針を掲げて献身することを誓うものである。

        (平成十九年十月六日)

    〈基本方針〉
      
    1、皇室を尊び、伝統文化を尊重し「誇りある日本」の国づくりをめざす。

    2、わが国の国柄に基づいた「新憲法」「新教育基本法」を提唱し、この制定をめざす。

    3、独立国家の主権と名誉を守る外交と安全保障を実現する。

    4、祖国への誇りと愛情をもった青少年の健全育成へ向け、教育改革に取り組む。

    私たちはめざします。
    全国に3000名議員集団を!

    「誇りある国づくり」を掲げ、皇室・憲法・防衛・教育等の課題に取り組みむ日本会議と連携し、地方議会を拠点に、次のような運動を推進します。

    ①改正された教育基本法に基づき、国旗国歌、日教組、偏向教科書問題など、教育改革に取り組みます。

    ②青少年の健全育成や、ジェンダーフリー思想から家族の絆を守る運動を推進します。

    ③議会制度を破壊しかねない自治基本条例への反対など保守の良識を地方行政に働きかけます。

    【役員紹介】

    役員一覧

カテゴリー

ブログランキング


閲覧者数平成19年8月15日カウンター設置
現在の閲覧者数: banner.gif←他サイトも参照下さい。



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

憲法改正早期実現国会議員署名


■  422名  (11月21日現在)




憲法改正早期実現意見書採択可決


■36都府県 /59市区町村議会

■石川、熊本、愛媛、千葉、香川、富山、兵庫、鹿児島、群馬、栃木、岡山、大分、宮城、山形、高知、佐賀、埼玉、山口、長崎、宮崎、和歌山、岐阜、神奈川、大阪、福井、京都、茨城、東京、徳島、静岡、新潟、秋田、山梨、福岡、滋賀、長野

■【神奈川県】横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市、愛川町、寒川町、箱根町【東京都】荒川区、小笠原村、日野市、中野区、府中市、町田市、調布市【千葉県】酒々井町【茨城県】常総市【京都府】綾部市【石川県】羽昨市、七尾市、内灘町【富山県】舟橋村、立山町、入善町、滑川市、富山市【大阪府】大阪市、和泉市【奈良県】田原本町【愛媛県】松山市、今治市、四国中央市【福岡県】福岡市、北九州市、川崎町、遠賀町、大川市、篠栗町、芦屋町、行橋市、春日市、糸島市、大木町、柳川市、【佐賀県】鳥栖市、佐賀市【長崎県】佐世保市、大村市、対馬市【熊本県】合志市、多良木町、菊陽町で可決


辺野古移設賛同  地方議員署名


■現在署名数 1812名(231議会)




私たちのめざす 方針と活動



一、新教育基本法に基づいた教育改革と教科書採択を推進する

一、議場への国旗掲揚を推進し、地方から誇りある国づくりを提唱する

一、議会否定につながる自治基本条例を阻止し、議会活動を活性化する

一、ジェンダー思想を相対化する、家族の絆を守る運動を推進する

一、時局問題への対応を敏速に行う

一、研修会、講演会を開催し、会員相互の見識と親睦を深める

一、全国に3千名の地方議員ネットワークを形成する

…………………………………………………………………………

■【人権救済法案問題】
●人権侵害救済法案に反対する意見書案

※人権侵害救済法案の問題点について

…………………………………………………………………………

■【自治基本条例問題】   
議会否定につながる自治基本条例の阻止を

①自治基本条例の問題点について

②外国人に対する住民投票権の付与について

……………………………………………………………………………

■【議場の国旗掲揚推進】
地方議会議場での国旗掲揚について

……………………………………………………………………………

■【外国人参政権問題】
●外国人参政権に反対する意見書採択について

反対決議は362市町村議会(H22年9月1日現在)

慎重議員署名4071名・535議会(同年9月1日現在)

慎重首長署名568自治体(7県知事221市区340町村長・同年9月1日現在)

………………………………………………………………………………

 

尖閣諸島上陸許可要望議員署名


      ↓
■議員署名用紙

現在 4182名
(387議会)

詳細はこちらをクリック

石垣市長・議長連名のお願い文ご活用下さい
      ↓
●石垣市連名の議員署名のお願い文







 
 
 
 

議会否定の自治基本条例